« 飯田市内にて | トップページ | 第四回飯田線:日程 »

2009年10月12日 (月)

戻ってきまして・・・

 なんか、昔の掲示板みたいな使い方をしていますが、ちょっと前に戻ってきました。

 ということで、今日の成果ですが、飯田線の「秘境区間」、千代・金野・唐笠・門島の各駅です。ほんと、これ、早朝(というほどでもないが・・・)の時間を使わないと、こんな短時間に4駅もこの区間で取材なんてできないんですよね。

 飯田駅を、天竜峡方面の始発列車に乗って、一気にこの4駅を片付けて、天竜峡駅に9時台に戻ってくることができる、っていうことを「発見」して、この3日目の予定って、ずっと動かさずに温存していたんです。だから昨日、あえてこの4駅を外すようにして動いていたのでした。

 そういうわけで、今回の旅全体では・・・

 飯田線 高遠原~桜町・切石~伊那八幡・千代~田本・為栗・鶯巣、

 っていうことになりました。

 そんなわけで、田本駅と坪尻駅が繋がったことになります(笑)。なんか、田本駅って坪尻駅と似た部分があるんですよね・・・。

 というか、飯田線全体での未取材駅を挙げた方が早いと思います。えっと、未取材駅は(何か抜けたものがなければ・・・)

 温田・平岡・伊那小沢・中井侍・城西・相月・佐久間

 以上7駅ということで、温田と平岡はあえて今回外したような感じになったんですが、どっちも特急「伊那路」が停車するんで、セットにして割と楽に片付けることができそう。中井侍と伊那小沢は、来週の「さわやかウオーキング」のコースにもなっているぐらいなんで(ただし、中井侍駅がスタートで。ゴールは鶯巣を過ぎて、平岡駅)多分、歩いてセットで片付けることができそう、っていうことは、やっぱり時刻表をたどってみると、どう見ても最難関が「城西・相月・佐久間」の3駅みたいなんですよね・・・。行くには行けるんですが、なんかどこかの駅で2時間ぐらい待たねばならないとか、そんな話になってくるみたいです。

 ということで、眠いんでさっさと寝ることにしまして、明日以降、例によって「日程」から始まる旅行記となります。

 だからこの前「今のうちに普通の日記を書いておかないと云々」って書いたのがそういうことでして、旅行記が続くな、と思っていたわけです。束の間の2日間の「普通の日記」だったのでした。

|

« 飯田市内にて | トップページ | 第四回飯田線:日程 »

コメント

いよいよ、飯田線も終盤に入りましたね。5月7日のコメントで「飯田線に入りまして、このあと飯田線から出ることができるのは何日後だろうか・・・」なんて書いておられましたが、今年1年で飯田線が終わってしまいそうですね。

投稿: あいうえお | 2009年10月12日 (月) 23時38分

 なんか、飯田線独特の雰囲気に慣れてしまったというか、ほんと、今年は飯田線の年だったんだなと思います。

 ちなみに、一応、残り7駅については、今のダイヤならば1泊2日ないしは土曜日半日出勤した場合の3連休(2.5連休)で対応できるかなと思っておりまして、豊川あるいは飯田起点で日帰りでの対応が可能かと思っています。(要は、どっちかに2泊する形で、朝出て同じところに帰ってくるということ)

 あと、きっぷについても「青空フリーパス」の範囲内だけ残しましたので、これも時期を選びません。

 ただし、この場合は、今のダイヤならば、18時台までかかってしまうこともありまして、日の長い時期じゃないとダメかなと思っています。

 それと、今後の予定も考えまして、来年の春以降に残りを片付けるつもりです。

 ・・・と言いつつ、紅葉も終わって色がないとかいいながら、11月の3連休に行ったりして・・・。

投稿: 川口@区間全駅 | 2009年10月13日 (火) 22時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« 飯田市内にて | トップページ | 第四回飯田線:日程 »