« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

大晦日

 こんばんは・・・。ということで、この一年、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします・・・。

 なんて書いてみたりするんですけど、今日は基本的に家にいたんで、特に何もなく。今から風呂屋へは行って、ちょこっと水中歩行(っていうか、最近、温度が高いんで1時間持たない)してこようかと思ってます。

 この1年ですよね・・・。

 まずは、何度か書いていますけど、某試験に10年ぶりに科目合格しまして、久しぶりに前へ進めたかなというところ。

 よく考えると、この科目、大学の時からちょこっとやっているわけで、もちろん、15年、延々とやり続けてきたわけでなく、何となく頭の片隅にあっただけだったり、何なら頭の片隅からも消えていた期間もかなり長かったんですけど、一応、これで大学の時に始めて、未解決になっていたことは片付いたかな・・・。でも、その時とは内容が大きく違うんですけど、でも、この15年ぐらいの間に企業会計っていうもんがどんな変化を遂げたか、よく分かりました。

 それと、これもここによく書いていたんですけど、いろんなものを捨てた年だったと思います。あー、これ、最近読み始めた方のために、物理的に本とか、不燃物を捨てたということであって、それ以上の意味じゃないですよ。

 中には中学校の時に読んでいた本とか、そんなものも多くありましたし、部屋の中が異様にすっきりとした年末を迎えております。

 どっちにしても、過去というものをいろいろ清算した年だったんではないかと思うわけです。もちろん、4年前に転職した会社には、まだいますし、物理的にはそんなに変わっていないんですけど、その変わらない中でもいろいろと整理していった年なんだろうなと思います。

 っていう考え方もできるんですけどね・・・。実際はそんな美しいものじゃなくて、単に思考が変わってきて「ものを取っておく性格」から「面倒なんで捨ててしまえ」っていう性格に変わって来つつあるのと、試験の方は、前の年、本当は受かるぐらいの力はあったんですけど、たまたまテキストで扱っていなかった論点がドンと出て、合格が1年保留になっていたのを、順当に取ってきただけ、っていうだけなんですけど・・・。

 そんなわけで、このサイトそのものについては10周年記念っていうことでさんざん書いたんでおいといて、それ以外の普段の生活についてはそんなところです。

 仕事については、昨日、ちょこっと書いたんで、そういうことにしておきます。

 明日は元旦なので、毎年恒例、普通に更新します。一部「東へ向かう仮置き場」からの移転もあったり、五稜郭駅を江差線から函館本線に移したりという作業もあるんで、ちょこっと時間がかかるんで、更新自体は夕方から夜になります。

 というか、偶然、宝くじの抽選を見ていたんですけど、矢が当たらなかったら、その桁の分だけやり直しになるんですよね。で、一つ、あたらなかったものがあったんで、再度、その桁だけやり直し。そのとき、「まさか、また生演奏するんじゃないやろうね」って言っていたら、本当に、その一桁のために楽団が演奏していた・・・。

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

年末

 ツイッター(Twitter)ってどうもよー分からん。こんばんはー。

 ということで、ここに書き込む時間が不定期になるよ、って書いたら、本当に夜になってしまったわけです。

 今朝は、ちょっと遅めに起きて、年賀状。減らしたりとか、あと、身内の方が亡くなった方も多かったんで、少ない枚数になりました。

 年賀状が行き来していたからこそ、近年、数年ぶりに会った人とかもいるし、そういう意味では重要なんかなとも思ったりもします。それに対して、会社が別々になっても会うことが多い人なのに、会社が同じ時に年賀状を行き来させる習慣がなかったんで、未だに年賀状を出さないというか、住所すら知らん(でも、お互い、家には行き着くことができる)なんていう人もいたりして。だから、年賀状の枚数=交友関係の広さ、にはならないとは思うんですが、でもなんか年賀状を出した枚数は少ないんですよね。ということで、この作業はすぐに終わりました。

 ちなみに、その年に一度でも会ったことがある人には、ひと言メッセージは書かずに、印刷したものをそのまま送るんですけど、宛名だけは下手な字で手書きさせて頂いています。その、約1分間でもその人のことを考えた、っていうことで、ご勘弁を・・・。

 あと、ほんと、会社が別々になって、そんなに親しくなかった人なのに、惰性で年賀状が行き来している人もいたりして、しかも近況すら知らせないんで、この人いったい今は何をしているんだろう?、っていう人もいるんですけど、その人には今年、出さないようにしてみました。

 それが終わって、年賀葉書を持って外出。まずは献血へ。この前から行こうとしていたんですけど、結局行っていなくて、そのうち「年末年始は血液が不足するからキャンペーンやるよー」っていう葉書が届いていたんで、成分献血の受付が終わる11時過ぎに行ってみました。

 というか、成分献血やったことないんですけど、機械に繋がれている時間がまだるっこしいと思うんですよね。ということで400ミリリットル。

 「年末年始は混雑するので覚悟してきてください」という意味のことが書いてあったんで、覚悟していったんですけど、いつもより空いていまして、単なる事務手数の時間だけの待ち時間で済みました。前にいた人、問診の時に「頭が悪い」みたいな、お決まりのことを言っていたんですが、どうも血液の比重が不足していたらしく、献血ができなかったみたいです。そのあとだったんで、比重の検査の時「あーしっかりありますね」ってしみじみ言われた・・・。

 そんなことで、キャンペーンなんで、いつもより「記念品」が豪華でして、
 ・ボックスティッシュ3箱
 ・ハンドソープ
 ・お湯を注ぐコーヒー2個
 以上を頂きました。普段は歯磨きセットとかだけなんですが。

 赤十字血液センターが通勤路中にあるんで、献血が終わったあと、会社の近くのポストに年賀葉書を入れ、休みではあるんですが、会社へ。

 結局、銀行へ行く必要もなくなり、無理に出勤をする必要もなくなっていたんですが、妙に仕事というものが遅れておりまして、それも、別に今すぐやらなければならないというものでなく、いずれやらなければならない、という性質のもの。

 結局ですね、経理っていう仕事は、いくらかっこいいことを言っても、地味な部分ってどうしても残ってしまうわけで、例えば支払ったあとの請求書なんて、そのまま放置するわけにもいかないし、いずれ何らかの形で片付けないとダメなんです。

 でまあ、これを取引先ごとに綴るか、月別に綴るか、なんて言うこと、会計事務所で「経理指導」という立場から、どうやって指導したらいいんや、みたいなことを言い合っていたのを傍から見ていたんですが、そんなもん、実際に請求書綴ったことないくせにね・・・。

 えっとですね、今の自分の会社の取引状況+あとからの資料の必要性+自分の書類整理能力から考えて、振り込んだ順に、月別に綴っていくのが、今の置かれている立場ではベストだと判断しております。・・・なんて書いていくと、ちょっと前に書いていた「経理の仕事論」になってしまうんで、今日はやめとこ。ただし、これは置かれている状況によって、取引先ごとがいいことも多いんで、この文だけで鵜呑みにしないで下さい。

 それで、この業界独特のことかな・・・。請求書がFAXで届いて、すぐに振り込んで、あとから請求書の原本が郵送で届く、なんていうことが往々にしてあるんです。これね、月締めの請求書を翌月の支払日に払う、なんていうことだけやっているところだとあり得ない話なんですけど、この業界ではそういうものが大量にあるわけで。

 だから、一旦、FAXの請求書を綴っておいて、原本が来たら差し替えて綴りなおす、っていうことをやっていたんですけど・・・・、やめました。めんどくさいし、生産性がない。

 ただ、これ、FAXのやつを綴っておかないとダメなのか、原本じゃないとダメなのかは自分の中では割り切れていないんですけど、一応、FAXのを綴っておいて、あとからの必要性があったときのために、原本は別に綴っておくことにしました。

 って、決めたのはいいんですけど、「あとで原本と差し替えよう」と思って、請求書とネットバンキングの振込の控えをセットにして、振込順にクリアファイルに入れて、分厚くなったら別のクリアファイルに入れ・・・、ってやっていた束が、えっと、5月あたりから・・・(笑)。

 11月からは請求書の原本と差し替えることをやめようと割り切ったんで、振り込んだときに既に綴ってしまっていたんですけど、5月から10月がね・・・。

 うちの会社、振込件数だけはやたらとあるんで、請求書とネットバンキングの画面コピーを1ヶ月分綴ると、普通の「綴り紐」で、ちょうちょ結びがぎりぎりできるか、片結びしかできないぐらいになるんです。

 ってことで、昨日の夕方、掃除が終わって、みんな帰ったあたりから、ひたすらパンチで穴を空けて綴る作業・・・。

 こういう単純作業って、母親譲りなんか、ものすごい加速してしまうワタクシ。やり始めると結構進むわけで、昨日、9月まで終わらせて、今日、10月分をやって完成。ただ、昨日、ファイルを開いた状態で机の上に置いてきたんで、今日行ってやらないわけにいかなかったんです。

 というか、請求書を綴るとか、領収書を貼るっていう仕事、なんやかんや言うて、今の制度上はなくならない仕事なわけで、これをいかに効率よくやるか・・・。今まではこういう仕事も何となく繁閑の波の中でできていたんですけど、支店もできたりして、こういう仕事が大量に置き去りになっているわけなんです。優先順位をきっちりつけることができる人間だと思っているんですけど、優先順位の低い仕事が大量に残っている・・・。

 そんな仕事とか、あと、いろいろとあったわけですが、まあ、月末の銀行営業日なんで、入金もあるわけで、普通に仕事はあるわな・・・。

 でも、こうやって考えると、やってもやっても終わらないぐらい仕事がある、っていうことは感謝すべきことなんかも知れん。基本的に経理って、会社が動いている限りは、あるいは潰れてもしばらくは、仕事は自分の意思にかかわらず、自分の努力とは別に、「湧いて出てくる」わけで、それを当たり前と見るか、尊いものと見るか・・・。

 なんていうことを考えながら請求書を綴っていたんですけど、まあ、脳が暇だったわけで。

 そうやって、慣れない手つきで年賀状ソフトを使っている人を横目に、普通に仕事をしてきたわけですが、やるかどうか分からないんですけど、たっぷり仕事を持ち帰ってきました。ちょっと前に仕事の「技術革新」って書いたんですけど、その革新前の仕事がたっぷり残っていましてね・・・。どうせ年始は寒波で外へ出ないし、ゆっくりとやりますか・・・。

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

 なんか、今週って、ずっと雪か雨の予定じゃなかったんだろうかと・・・。おはようございます。

 そんなことで、今朝はいい天気。なんか、この前の日曜日は、「晴れている年内最後の日」だったはずなんですけど、さて?。とりあえず、今日は自転車通勤ができます。

 なんとなく「年末年始はどっか行くの?」と聞かれることが多くなってきまして、確かに、1年で一番長い休みなんですよね。

 ただまあ、明日から年末年始の休みなんですけど、そこから1月4日まで。6日間休みのうち、両端(30日と4日)が銀行営業日なんで、しかも月末が絡んでいたりして、ちょこっと仕事に行くかも知れないわけで、というか、30日については行くわけで、純粋には4日間。

 しかも、その中に大晦日と元旦が入っていて、大晦日はどこかへ行くわけでもなく、元旦は、親戚も遠いんで特に何もしないんですけど、家にいたい日。

 となると、出歩けるのは2日と3日だけになるんです。どっちも天気悪いみたいですし、太平洋側へ行くと天気がいいと言っても、そこへ行くまでに挫折しそう・・・。

 そろそろ「雷鳥」にも積極的に乗れる時期が限られて来つつあるようで、ダイヤ改正までには一度は西の方へ行っておきたいんですけど、この天気の下でわざわざ行かなくてもいいだろうと思いつつ、でも4日間も5日間も家にじっとしていられないかもと思いつつ、何となく迷っているんです。

 行くとすれば京福電鉄(京都)?。でも、なんか、日本海側で雪の時って、京都あたりも雪っていうイメージが強いんですよね。湖西線を抜けて山科に入っても、なんか雪が積もっているという光景をよく見るんで、わざわざ寒い中行かなくてもいいんじゃないだろうかと・・・。でも「冬の京都」の割引きっぷがあって、京福電鉄1日乗車券も含まれているんで、何となくお得感もあるわけで、ちょっと迷っております。

 なんか、朝、ここに書くようになってから内容がちょっと薄くなってきたような気がしておりまして、というのも基本的に最大15分しか書く時間が無いんで、気合いの入った内容が書けないんですよね。まあ、明日からしばらくは時間制限がないんですけど、こういう時に限って、書きたいことが思い浮かばないわけです。

 かといって、一時期みたいに夜書いて、時間無制限になって、毎日これに時間をかけるのもどうかと思うわけで。

 とりあえず、明日からしばらくは、書き込む時間帯が不定期になりますのでご了承ください。

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

乗車

 おはようございます。

 ということで、土曜日。久しぶりに列車に乗りました。

 なんていう書き込みが成り立ってしまうほど、こういうサイトをやっているくせに、列車というものに乗っていなかったわけで、10月の3連休以来ですもんね・・・。

 あと、趣味が絡まないものとしては、夏以来。夏の時も純粋な「用事」だったんですけど、それに趣味をねじ込んでしまったんで(青春18きっぷを消化するために、寺井駅までしか用事がないのに、福井まで行ってしまったし→ちゃんとこのサイトのネタを撮ってきた)、趣味が絡まなかったと言えばそうでもないんですけど。

 ってことで、行き先が動橋。別に加賀温泉でもよかったんですけど、結局のところ、夕方とか夜って公共交通機関を使って片山津温泉なんて行くことができなくなっているんで、迎えに来てもらったり、タクシーで駅へ行くなら動橋の方が微妙に近いみたいで。

 そんなことで、行きも帰りも475系6両という、素晴らしい組み合わせで行って帰ってきたわけです。そんな2009年の「列車の乗り納め」でした。

 結局、土曜日は会社へ車で行って、ちょっと長めに仕事をして、そのまま駅へ行ったんで、会社に車を置いて帰ってきたんです。そこで、日曜日に自転車で会社へ行って、車に自転車を積んで帰ってくるという「会社単純往復」をやりまして、その後、本などを捨てに。

 秋ぐらいに押入にあった文庫本とか、昔買った漫画とか、あと、ここにも書きましたけどある雑誌でずっと読んでいなかったもののうち、読んだものとか、それよりも先日、合格通知が来た試験の、合格した科目の教材一式(ただし、テキストの一部と会計法規集だけはしばらく捨てずに確保)とか・・・。縛っておいてあったんですけど、それだけじゃ意味がないんで、廃品回収屋さんの回収ボックスに入れてきました。

 そういうことで、隣の部屋がすっきりしまして、隣の部屋から文化的なものがほとんどなくなってしまったわけで。

 そんな感じで、土日と、なんか、じっくり休むこともできなかったんですけど、年賀状ね・・・。

 ちょっと前までは年賀状は元旦に書く、なんていうことで開き直っていたんですけど、去年か一昨年あたりから、年内には出すことにしているんです。今年もそろそろ書こうとは思うんですけど・・・。一応、親の年賀状は先週の木曜日ぐらいには表・裏とも作り終えました。

 裏面は作ったつもりなんですけど、あまりにもグロテスクだったんで(「区間全駅」の取材で撮った鳩の画像を使用、近くから撮ったものだったんで、リアルすぎた)、違う写真を画策中でして、結局は振り出しに戻っています。親の年賀状で使ったトラの絵をそのまま流用しようかな・・・。ちなみに、文面はそのまま親の年賀状で使ったものを流用するわけですけど・・・。

 表面は例によって手書きするつもりなんですけど、今年は会社関係以外では多少、減らそうと思っているんで、ちょっとは楽になるかなと思いつつ。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

更新しました(第655版)

 今回の追加駅・・・しなの鉄道 御代田・信濃追分・中軽井沢・軽井沢の各駅。

 そんなわけで、約半数、というか区間取扱駅としてはちょうど半数の駅を取材してあるしなの鉄道については、これで取材済分をアップし終えたことになります。残り9駅は、また、暖かくなったらというか暑くなったら行くことにしましょう。残りの駅の方が取材しやすい区間でもあります。

 それで、多分こんな形になるだろうなとは思ったんですが、軽井沢駅と横川駅はきっちりと相互リンクしてあります。まるで、在来線の鉄道が残っているような感じになってしまうんですけど、在来線としてはもう繋がっていないんですよね・・・。単に駅と駅を繋げるということをやっていると、バスで行っても隣のバス停だし、ということで繋がってしまうんですけど、一応繋げておきました。

 そんなことで、年内の更新はこれで終わりです。年が明けたら、いよいよ北海道の分を本格的にアップ、と思ったら、函館の路面電車はもう終わっているわけで・・・。

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

噴水

 おはようございます。

 そういや、先日、雪が降ったとき、車を運転していたら、目の前に突如、障害物が現れました。えっとですね、棒かなとか、いや、なんか、空間が縦に分かれたかも、とか思っていたんですが・・・。

 よく見ると融雪装置の水でして、あれ、北陸3県とか新潟県にお住まいの方ならお分かり頂けると思うんですけど、道のまん中に等間隔で水が出てくるところがあります。そして、すべて同じ勢いで、ちょろちょろと水が出ているはずなんですが・・・。その時、一つだけおかしいのがありまして、まさに「噴水」だったんですよね。

 人の身長の3倍もあろうかという勢いで水が噴き出しておりまして。そりゃ、片側1車線の狭い道のまん中に、噴水が出ていたら驚くわな・・・。なんか、融雪装置って、たまに変なのがあるんですよね。そこの融雪装置も古いのではなく、たしか1~2年前にできたばっかりのものだし・・・。

 というか、融雪装置って、誰かが「あー雪降ってきた」って言うて蛇口をひねるわけでなく、どこかにセンサーがあって、雪が降り出すと水が出始めるものだったと思うんですけど、なんか、不必要に出ているんですよね。

 例えば、ちょっとだけ雪が舞って、「絶対これ積もるはずない」っていう雪でも、一斉に地下水が噴き出してきますし。まあ、これも反応を鈍くすると水が出てこず、気がついたときには道路に雪が積もってしまってどうにもならなくなる、ということもあるらしいんで、下手に鈍くできないようなんですが。

 っていうことで、ちょっと思いついたことを書きましたが、今日も時間が無いためこのへんで。夕方から、旅に出るわけではなく、単に「アルコールが絡む外出」なんですけど、列車に乗ることができます。列車に乗るのは10月の3連休以来です。今年はもう乗れないと思っていたんですが、というか、この用事でもしかしたら乗るかも知れないと思っていたんですけど、しかも趣味が絡まない用事で乗ることができます。・・・、といいつつ、「飲むの諦めた」って言うて車で行くかも知れませんが。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

中心部へ

 おはようございます。

 ってことで、あと11分しかないですよ・・・。

 この前の日曜日、ちょっと用事がありまして、香林坊だの片町だの、金沢の中心部へ行ったわけです。ほんと、普段行かないし、ほんとうは手元に持っているデパート券なんて持って、デパートで買い物(でも、本ですけどね)してこようかと思ったんですが、見事に忘れていったんで、まあいいかと。

 それで、駐車場代とか、あと、雪も積もっていたし、どうせ込んでいるだろうし、面倒だし、と思ってバスで行ったわけです。家から歩いて5分のところからバスで。

 ほんと、なんか、普段の生活にほとんど公共交通機関っていうもんが出てこなくて、久しぶりにバスに乗ろうとするんですけど、なんか、乗ろうとするたびにバスが減っている・・・。前は日中、すべての時間の欄に一つは数字があった(つまり、1時間に1本はあった)んですけど・・・。なんか、1個おきにしか数字がない(つまり2時間に1本しかない)・・・。

 家から15分か20分ぐらい歩くと、10分に1本バスがあったところもあるんですけど、なんか、そこですらこれ、10分に1本じゃないですよね。多分20分に1本と言った方がいいかも知れない・・・。

 それで、まあ、2時間に1本の「支線区間」は、結局、他に客が乗る気配もなく、貸切状態で20分に1本の「本線区間」に突入するわけですが、他に一人しか乗ってこず・・・。でも途中からちょくちょくと乗ってきました。

 でも、やっぱり少ない・・・。完全にこれ「悪循環」に入っていっているような気もするんですけど、金沢という町は、鉄道に関しては冷たくても、せめてバスぐらいは充実していると思ったんですけど、いつの間にか郊外というか、うちの方へ来るバスにも冷たくなっていました。

 それで、着きまして、でもやっぱり雪のためか人通りが少ないです。まあ、中心部自体も、駅の方にいろいろ店ができて、人通りが分散しているとは思うんですが、でもなんか寂しい。まあ、これ、他の人に言ったら、「昨日なんか、天気悪いし、家に引き篭もる日や」と言われたんですけど。

 ちょっと時間があったんで、昔よく行っていた本屋さんへ。通勤路途中に大きな本屋ができたんで、ここへはほとんど来なくなっていたんですよね。

 で。えっと、なんか、通勤路途中の本屋の方が本が多い・・・。確かに、大学生とか大学院生が論文を書こうとするときに必要な本はこっちの方がいいんかも知れませんが、でもやっぱり少ない。試験関係の本も「えっ」って言うぐらいしかなかったりしまして。

 ということで、ますます中心部へ来る用事もなくなってしまったなと思いつつ、用事を済ませて同じくバスで帰りまして。本数は少ないんですけど、ちょうどいい具合にバスもあったんで、全く不便さを感じることなく帰ってくることができました。というか、帰りもなんか空いていました。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

近況

 おはようございます。

 ということで、更新があったり、あるいは10周年記念なんかあったりで、このブログに関しては普通の日記がしばらくお休みになっていました。

 その間に雪が積もって、融けてしまうという流れがあったわけですが、なんか、今年は雪が降ったと思ったらすぐに積もってしまったという年のようです。

 そんなわけで、ついこの前まで落ち葉を拾っていたと思ったら、今度は除雪になるわけです。

 昨年は、除雪をしていたら、背中が筋肉痛になるという状況だったんですが、今年は、何となくダンベルで遊んでいるときに、背中の筋肉も鍛えるようにしていたんで、筋肉痛にはならず、何となく「背中を動かしたな」という感触はあったんですが、痛みはありませんでした。って、除雪のために鍛えていたわけでもないんですが・・・。

 それで、やっぱり冬なんかな・・・。体重が増加傾向でして、今まで最大89キロ(4年前の今頃)、標準85キロで推移していたのが、去年あたりから減ってきて、75キロぐらいまで落ちていたんです。それが涼しくなって寒くなるに従い増えてきまして、只今80キロ前後。昨日なんて81キロという字が見えたんですが・・・。ただし、これは脱水防止のために、入浴前に水を多めに飲んでいたからということもあり、参考記録ね。

 今年は自転車で通勤する日も多いし、この前は銀行まで歩いて2往復ぐらいしたし、動いていないわけでもないんですけどね・・・。昼食の摂取カロリーも700キロカロリーに抑えているし、あっ、夕方頃、そのへんにあるお菓子を食べるのがダメなんか。あと、11月に旅に出ていないんで、休日、ほとんど出歩いていないという期間がずっと続いているのもダメなんかも。

 そんなわけで、いよいよリバウンドか・・・、の割には、減少も増加もそんなに急激じゃないし。それより、何となく今まで筋肉が見えなかったところに筋肉が見えるようになってきているんですよね。肩とか、腕の外側とか。風呂に入ったときに鏡を見ながらタオルを絞っていたら、なんかね、今までと違いますもん。

 ということで、5キロ体重が戻ったうちの1キロぐらいは筋肉じゃなかろうかと・・・。でも、そこまで激しく運動していないし、500グラムぐらいなんかな・・・?。最大、1日7グラム筋肉が増えるとして、100日で700グラム。でも、最大になることはないと思うんで、やっぱり500グラムか・・・。でも、体重増加傾向ってどこが起点だったんだろう?。

 ただ、前とは体脂肪率が違うのは確かで、以前の80キロとは体組成が微妙に違うのは確かです。

 今までの流れから見て、寒い間、ずっと体重が増え続けるんじゃなくて、今までの最大体重って12月末に記録することが多いんです。だから、体重増加傾向もこのあたりまでじゃないかと思われるわけです。ここからしばらく維持して、春頃から落ち始める・・・、はずなんですが。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

更新しました(第654版)

 今回の追加電停・・・函館市交通局 駒場車庫前・市民会館前・湯の川温泉・湯の川の各電停。

 そんなことで、旗日更新。今回の更新については、「年内で掲載中のものが全てアップされる」みたいなことをここで書いていたとおり、やろうかどうか迷っていた更新ではなく、もともとやろうと思っていた更新です。3月までの更新計画の中でも織り込み済みです。

 それで「旗日更新」は、いつもは普段と違ったことをやるという趣旨なんですけど、そんなことをやっている余裕もないというか、ネタもないんで、普段通りの更新とさせて頂きました。

 そんなわけで4電停追加。これにより、函館の路面電車は全電停掲載できました。

 ちなみに、年内あと1回ある更新は、しなの鉄道の残り4駅。その次は例年通り元旦の臨時更新になるわけですが、これは「函館本線 函館-森間」を始めることになります。その次の更新で「路面電車の部」の札幌の路面電車ということになります。

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

11年目は

 そんなことで、「10周年記念一連の文章」の最終回。11年目の予定、ということで。

 毎年同じ事を書いていますが、基本的に「区間全駅」に駅を追加していくことになります。他に変わったこともないわけで、せいぜい「ここはかつて駅でした・・・」に何か付け加わることがあるかもしれない、という程度です。

 先日書いた通り、趣味的行動の「受け皿」がこのサイトなんで、興味の方向が変わったら、それに応じた内容になると思うのですが、今のところ大きく変わる気配もないので、今日現在、そのような予定となります。以上。

 って書いていてもしょうがないんで、1回の更新で4駅、これを毎週+αやっていくネタはどこからもってくるん?っていう話なんですよね。サイト制作のために旅をしているわけでないんですけど、物理的に書いたらそうなります。

 まずは、3月末までの更新については、公表していないだけで、手元では既に予定が決まっていたりしまして、その予定通りに追加していっているところです。ただし、ちょこちょこと予定を入れ替えたりはしていますが、まあ、予定そのものを公表していないし・・・。

 そんなことで、函館の路面電車としなの鉄道の取材済の分だけで年内の更新(って言ってもあと2回ですが・・・)、札幌の路面電車と北海道の一部JR線、飯田線の10月取材分で3月いっぱいの更新をしますし、これ以降、何か取材をしても4月以降の更新となります。

 さて、4月からですよね。これは来年の1月以降、9月頃までに行くところが、「11年目」の残りの追加内容になっていくわけです。

 で、どこ行く・・・?というか、いつ行く?

 基本的にですね、
  正月休み
  1月の連休
  3月の連休
  GW
  8月頃
  9月頃
 っていうあたりが、11年目での更新内容としての、どこかへ行くチャンスになるんじゃなかろうかと思うわけです。そのうち、「正月休み」と「1月の連休」はどっちか選択制。「3月の連休」までが、そんなに自然の多い駅を対象にできないところ、となると町の中の駅か、路面電車の電停ということになります。

 GWを終えると、試験の関係もあり、8月初旬までは旅には出ない、んで、その憂さ晴らしをするかのように、8月中旬以降、ちょっと出かけ、でも9月の3連休は今年は町内の祭りも絡んでくるだろうな・・・、なんていうところです。

 ただ、まあ、試験の方も今年は1科目だけなんで、例年、6月に模擬試験を遠方で受けているのを、地元で受けるようにして、その前後にちょこっと息抜きで飯田線の残り駅を片付けに行ってもいいのかなとも思っていますが、その時になってみないと分かりません。なんせ、6月頃だと日も長いんで、そうなってくると残り7駅は1日で片付けることができるんですよね。ただし、7月の3連休はそんなことはしません。

 って、だいたい、時期は考えたんですけど、どこへ行くか・・・?

 まずは北海道の部。これね、単にGWに行くかどうかというだけの話なんで、GWに北海道へ行けば、何らかの形で追加ができるし、行かなかったら今年は追加ができないというだけです。もしかしたら親戚絡みで北海道へ行くかも知れないのですが、これはまたその時になってみて。

 あとは、11年目、なるべくやりたいのが飯田線残り7駅と、しなの鉄道。このへんはそんなに難易度も高くないです。中央本線も小淵沢~甲府~大月あたりもそろそろやりたいかなと思っています。

 「路面電車の部」ですが、実は正直言ってなんとなく飽きてきているのが現実でして、ちょっと興味が失せているんですよね・・・。ということで、熊本・鹿児島は3月ぐらいまでの間に急に思い立って行くことがない限りは、11年目での可能性は薄いと思っていてください。ただ、一部「仮置き場」に置いてある京都の京福電鉄については、そろそろとは思っていますが・・・。

 あと、そろそろ越後線・弥彦線あたりも行きたいなと思っています。越後線もその気になれば車という手もあるんで、2度目や3度目に行くときには、久しぶりに「車での取材」もあり得るんではなかろうかと思っています。

 それと、「路面電車の部」に戻るんですが、富山での新設路線もあったり、高岡での新設電停も撮っていなかったりということで、そのあたりでもネタがあります。

 てなわけで、今のところ考えているのはそのあたりですが、まあ、1年のうちで旅に出ている日も多いようで、実はそんなにないんで、その時に行くか行かないかっていうだけの話になってきます。多分、直前に、あるいは出発してから思いついて、どこかの取材をやってしまうかも知れません。

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

1年間

 そんなわけで、このサイト、10周年を迎えてから数日が経ちましたが、本当は「この1年間を振り返り、向こう1年間を展望する」文章を書くのが普段の流れでして、たまたま10周年だったため、10年間を振り返ってしまっていたのです。

 ということで、「周年」の日の、本来のメインの方、「この1年間を振り返り、向こう1年間を展望する」のうちの、今日は「向こう1年間を振り返る」ことをしたいと思います。

 とは言っても・・・。この1年は全く枠組みが変わっていないわけで、強いて言うと、「区間全駅」以外の更新は3回だけあったかな?というぐらい(しかも「ここはかつて駅でした」だけ)。それ以外は淡々と駅を追加していっただけでして、トピックになるようなこともないわけです。

 そんなわけで、まあ、この1年の特徴は「飯田線の年だったな・・・」というぐらいで、掲載していない駅も結構あったり、未取材駅も7駅ありますが、なんか急に思い立って、完成近くに漕ぎ着けたなということです。逆に、他の線が手薄になったんですけど。

 あと、「区間全駅」内の枠組みとしては「東へ向かう仮置き場」を作ったこと。「仮置き場」ではあるんですけど、長期的なゴールを目指すという意味で、他の「仮置き場」と違う扱いにしています。ただ、これも、9月取材分で正式な「区間」として扱うことができる「区間」が増えておりまして、1年経たずして「東へ向かう仮置き場」で扱う駅は大きく変わりそうです。

 それでは、今年の更新から拾っていくことにしましょう。

●3月まで(2008年内取材分)
 函館市交通局の続き
 中央本線 岡谷-小淵沢間の続き
 上越線 宮内-水上間の補足
 草津線
 土佐電鉄の補足
 信楽高原鉄道
 えちぜん鉄道の追加2駅
 土讃線 多度津-阿波池田間
●4月から(2009年取材分)
 豊橋鉄道東田本線
 飯田線 豊橋-豊川間
 予讃線 多度津-川之江間
 伊予鉄道市内線
 飯田線 本長篠-豊川間
 飯田線 中部天竜-本長篠間
 飯田線 飯田-天竜峡間(途中)
 飯田線 辰野-駒ヶ根間
 飯田線 駒ヶ根-飯田間(途中)
 上越線 水上-高崎間
 信越本線 横川-高崎間
 函館市交通局(函館駅前-湯の川間・途中)
●取材済・未掲載
 しなの鉄道(半分ぐらい)
 飯田線 駒ヶ根~中部天竜(7駅未取材)
 北海道内 函館~南千歳、一部区間完成、一部過半数取材、一部「仮置き場」
 札幌市交通局

 というところで・・・。基本的に飯田線を追加していって、その他「行けたところの分を追加」という流れになってしまっています。そのため、例年になくJR東海の比率が高くなっています。
 「路面電車の部」も健在でして、今年は高知の完成、豊橋・松山・函館。あと札幌は取材済となっています。いよいよこっちも、熊本・鹿児島を取材せねばならなくなってきたようですが、さて・・・。

 そういうことで、明日は「向こう1年間を展望する」文章なんですけど、そんなに変わった話もないと思います。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

更新しました(第653版)

 今回の追加駅・・・しなの鉄道 田中・滋野・小諸・平原の各駅。及び屋代高校前駅の仮置き場からの移転。

 ということで、「しなの鉄道」の掲載を始めました。とはいってもあと1回で終わってしまいます。ちょうど半分の駅をご紹介することになります。篠ノ井駅を入れて、「過半数の駅をご紹介」できるんで、「仮置き場」ではなく、正規の「区間」となります。

 で、まあ、10周年を迎えるにあたり、いくつか、例えばリンク集のページなんかをさわろうと思ったんですが、ちょっと出かける用事もあるんで、今日はここまで。ということで、10周年を迎えた割には普通の更新でした。

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

10年間 その3

 ほんとに、ほんの「導入部の話題」として終わらすつもりだった、このサイトの10年間簡易年表ですが、なぜか3日間もかかってしまっているという話。今日は時間無制限だし・・・、と思ったら、ちょっと出かける用事もあったりして、ある程度のところでやめます。

 というか、今日がちょうどこのサイト開設10周年の日です。今まで御覧頂きましてありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 で、つづき。

 2007年6月24日
 掲示板を復活(同年10月21日に休止)。「区間全駅」函館-長崎間が完成。

 のあとは、ひたすら駅を追加していくだけだったので、このサイトとしては特に変わったこともありません。ただし、「気になる駅」のコーナーに載っていたものを、新たに取材をし直して「区間全駅」のみで扱う駅とする更新をちょくちょくとやっていきまして

 2008年9月7日
 「気になる駅」コーナーを廃止。ほとんどの駅については「区間全駅」とするが、一部(2駅)のみ、取扱廃止。一駅のみ「区間全駅特別編」として扱う。
 また、同時にこのサイトのメインコンテンツは「区間全駅」のみとする。

 なお、話が前後しますが
 2008年6月15日
 このサイトで初めて海外の駅(香港路面電車)を扱う。

 2008年12月7日
 「方面案内放送」コーナーについて、音声の公開中止。また、URLも変更し、このサイト全コンテンツ(ブログを除く)が一つのサーバーに集約される。

 2009年3月8日・13日
 「区間全駅」内に「東へ向かう仮置き場」を作成し、最終的な目標駅である厚岸駅まで、掲載済駅を順に見ていくことができるようになる。

 というところが、10年間の流れです。

 つまり、

 「JR各線を巡る旅の記録」を掲載するサイトとして生まれる
  ↓
 徐々に他のものを扱うようになる
  ↓
 その中で、駅を扱うことが多くなり、最初は、特定の「気になる駅」を扱っていたが、次第に、区間内の全駅を扱う「区間全駅」が主流となる。
  ↓
 そのうち、メインでないものについて、一部整理をする
  ↓
 「JR各線を巡る旅」が終了し、いよいよ「区間全駅」に集中。
  ↓
 サイト名・URL変更(これは容量が多くなったことにも影響を受けています)
  ↓
 「気になる駅」もなくして、「区間全駅」にさらに集中。

 という流れになっています。(もしかして、3日間、年表を拾うのではなく、この数行を書けばよかったんじゃないだろうか・・・)

 さて、このブログでは度々書いていますが、あくまでこのサイトの場合、「趣味の行動の一部分を魅せる」ということではなく、趣味の行動の、自分の中での完結編として位置付けています。

 つまり、旅に出るときに、旅の前の楽しみ、旅をしている間の楽しみ、旅から帰ってきてからの楽しみと3つあるとすれば、基本的に3番目の楽しみのためのツールがこのサイトです。

 ですから、このサイト作成のために旅をしているんではなく、単に、趣味行動の一連の流れの最後を締めくくるため「受け皿」です。

 そのため、趣味の行動が変わってきたら、当然、このサイトの中身も変わってきますし、それがこの10年間の間のサイトの中身の変化だと言えるでしょう。また、サイト自体を始めたときから趣味を始めたわけではないので、実際は1990年頃からの行動を、このサイトが記録していることになります。

 ですから、今後、「このサイトは駅をご紹介し続けます」と言うのではなく、実は趣味の行動が変わってくると、内容も変わってくるはずで、それに応じて、メインコンテンツも変わったり、サイトのタイトルも変わります。ただし、今のところ「駅をまわること」に変わる趣味もなさそうなんで、しばらくはこの内容で続くかなというところです。

 趣味的行動が変わると、「区間全駅」のコーナーも、実は「JR各線を巡る旅の記録」のコーナーみたいな扱いになってしまうかも知れません。

 ということで、この10年間の流れを締めくくったところで、明日は普通の更新。明後日はこの1年間を振り返ることにします。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

10年間 その2

 ではつづき、なんですけど、ほんとは10年間の流れなんてさらっと終わらせようと思ったんです。それが「2回シリーズ」になろうとは・・・。しかも今日も15分しかありません。

2002年11月30日
 「区間全駅」に万葉線を掲載することにより、「区間全駅」で路面電車を扱い始める。

2002年12月20日
 「定期列車が走るJR在来線」全線完乗(ゴールは新宿駅)。サイト開始当初のメインコンテンツのネタが終了。

 ・・・と考えると、2002年って、このサイト(というか、自分の趣味)にとっては結構、転換点だったのかも知れません。「区間全駅」コーナーが誕生したのと、JR在来線完乗の年って一緒だったんですよね。

 ここから、基本的に「区間全駅」を追加しつつ、たまにその枠組みが変わる更新となります。

 2003年4月
  当サイトの「Yahoo!事件」(詳しくは「思いつき!」参照)勃発。

 2003年7月16日
  「区間全駅」の直江津-岩国間完成。

 2004年3月24日
  「区間全駅」の新潟-岩国間完成

 2004年6月
  「二次元の旅」から「区間全駅ネットワーク」に改称、URL変更。

 2004年10月3日
  「区間全駅」の蛸島-金沢間完成

 2004年11月7日
  「区間全駅」の新発田-博多間完成

 2004年12月26日
  「その他の文章」を「思いつき!」と改称。古いコンテンツの整理。

 2005年5月5日
  「区間全駅」の酒田-博多間完成。

 2005年6月29日
  「区間全駅」の酒田-長崎間完成。

 2005年10月9日
  「区間全駅」の青森-長崎間完成。

 2006年2月8日
 サイトの改称・移転に伴う、すべてのページの移転が完了。また、その前の更新で、全ページにスタイルシートを入れることも完成。

 2006年2月15日
 このブログを開始。

 2006年4月9日
 掲示板を廃止。

 2007年6月24日
 掲示板を復活(同年10月21日に休止)。「区間全駅」函館-長崎間が完成。

 というか、この作業、内容の割に時間がかかりまして、今日のところはここまで。内容的につまらんと思いますが、すいません。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

10年間 その1

 そんなわけで、今週土曜日にサイト開設10周年となるわけですが、まずはこの10年間を振り返ってみましょう。・・・ってあと15分でそんなこと書けるんだろうか?

●全体の流れ
 1999年12月19日 第1版をアップ
   この時はJR在来線乗りつぶしの旅の旅行記を載せるサイトでした。
   第1版では1996年頃~その時までの旅行記を載せる形でスタートしています。

 そこから徐々に、新しく行った旅、あるいは昔の分を毎週、アップしていく形が続く。

 2000年6月11日
  「その他の文章」というコーナーができ(今の「思いつき!」)、旅行記以外も掲載できるようになる。

 なお、このあたりから、他サイトへの掲示板に書き込むこともあったり、あるいは相手サイトさんに連絡の上でリンク集を追加するなど、他の方との交流も始まる

 2000年10月22日
 掲示板を設置。また、ちょこっと行動を書いていたページを「日記帳」というページにして、日記を書きはじめる。

 2000年11月15日
 「方面案内放送」をコーナーとして独立。

 2000年11月12日
 このサイトで初めて写真を掲載。

 2001年4月3日
 「その他の文章」に「高岡駅の不思議」という文章を追加。(画像も多数あり)これがこのサイトの方向性を決定づけるきっかけとなる。

 2001年5月2日
 「その他の文章」から「不思議な駅」コーナーが独立。

 2001年9月24日
 「不思議な駅」を「気になる駅」と改称。山陽本線方面のいくつかの駅が徐々に追加され、このコーナーが充実していく。

 2002年3月24日
 「区間全駅」コーナーが誕生。北陸本線金沢-福井間、大阪環状線の掲載がスタート。

 2002年4月25日
 サイト容量が10MBを超える。

 2002年5月26日
 サイト作成に「スタイルシート」を使用開始。

 2002年10月26日
 「日記帳」コーナーを廃止。なお、その前後で、いくつかのコーナーを廃止するなど、コンテンツの整理も始まっている。

 と、途中なんですけど、8時半になってしまったんで、今日はここまで。また明日、続けます。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

画鋲

 おはようございます。

 昨日、帰りは自転車で帰ってくることができない(というか、車だともっとだめ)んで、どうせ自転車置いてくればいい、ということで、午後から雨が降るのは知っていたんですけど、行くときは雨が降っていなかったんで、そのまま合羽も持たずに自転車で通勤。

 帰りは、バスで帰ってきたんですが、8月の試験以来久しぶりにバスに乗りました。それはそうと、家の方に来るバス、近年、さらに不便になっているような気がするんですよね・・・。24時ちょっと過ぎに発車するバスもいつの間にかなくなっているし、22時台が最後のバスになってしまっています。

 それで、バスの話はいいとして、会社へ自転車で行くときに、1キロちょっと走ったところで前輪がペタペタいいはじめまして、何かくっついているんですよね。ガムか何かかなと思って取ろうと思い、タイヤを見ますと・・・。えっと、これ、画鋲じゃないでしょうか?まともに刺さっています。こんな感じ。

Nec_0001

 というか、このブログで画像を掲載するのも1年半ぶりかも・・・。

 それよりも、生まれて初めて、携帯電話で写真というものを撮りましたよ。

 こんな感じで、わざとくっつけたように刺さっているんですよね。ほんと、ものすごい確率です。なんて悠長なことは言っていられない。会社まであと4キロ残っているんですよ。しかも、刺さった場所は、バス路線の空白地帯で、自転車をそのへんに置かせてもらって、バスで行くなんていうこともできない場所なんです。

 さて・・・。これ、そのまま撤去(抜く)したら、確実に空気が抜けるわけです。うーん、と一瞬考えて、もう、そのまま行くしかない、空気が抜けたらそこから歩けばいいし、なんなら、うまくいけばバス路線のあるところまでたどり着けるはず。

 ということで、おそるおそる、前輪に違和感を感じつつ(ずっとペタペタいっていますもん)そのまま、気持ち早めに、でも信号がいつもどおりなんで、結局同じ所要時間で会社へ。

 えっとですね、そのまま空気が抜けることなく、会社に着いてしまいました。4キロもちました。

 で。自転車って、通勤だけでなく、仕事中、銀行やら金融機関に行くときも使うんですけど、空気が残っているんで結局乗ってしまったんですが、総延長2キロの「巡回コース」の中でも、やっぱり空気が抜けずに、同じようにペタペタいいながら走ってくれました

 そのあと、昼食を買いに・・・、なんですが、その時は雨が降っていたんで、歩いて行きまして、これは自転車を使わず。

 夕方、ちょっと乗ろうとすると、今度こそ空気が抜け始めていたんで、諦めたわけですが、そのあとは最初に書いた理由で、自転車で帰ることができなかったんで、そのまま置いてきてあります。どうせ、今日は車で会社に行って、そのまま自転車を積んでくる予定だったんで、ちょうどよかったのかどうなのか・・・。

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

記念

 おはようございます。

 なんか、朝、ここに書くことにするとやっぱり話が軽くなるなと思うわけで、何となく落ち着かないときに書いているんで、普通の日記で終わらせることが多くなってきています。

 夜に書いていたときは、なんか面倒なことを書いていたこともあるんですが、朝だとそれを書いている時間もない、ということで、なんとなくそういう「面倒な文章群」は少なくなりつつあるかなというところです。

 もちろん、土曜日で休みだった日なんかはゆっくりと書く時間もあるわけで、そういうときと「何か書きたい」という日が一致したら、何かそういう文章が出てくるとは思います。

 今週、早速土曜日に・・・、と思ったんですが、この土曜日、確かに予定を変えなければ仕事は休みなんですが、ちょうどサイト開設10周年の日になるんですよね。

 このブログができるまでは、「サイト開設○周年記念更新」を平日にやって、その中に、ちょっとした記念のようなコーナーを作って、あと「過去1年間を振り返り、向こう1年間を展望する」なんていう文章を書いて、それを元旦の臨時更新で削除する、ということをやっていました。

 そして、このブログができてからは、「過去1年間を振り返り、向こう1年間を展望する」という文章はこのブログで書くことにし(ちょうどネタができたな、ということになって)、表では「サイト開設○周年」という文字すら表示させずに、ひっそりとやっていたわけなんです。

 で、今年。一応、日曜日に定期更新と言いつつ、別にこれが土曜日になってもいいことにしているんで、土曜日に更新してしまえば、サイト開設10周年=定期更新にできてしまうわけです。

 確かにね、8周年とか9周年と違って10周年なんで、表で大々的に書いてしまってもいいんですけど、また、前みたいに「記念ページ」でも作ろうかな?とか。

 サイトの「第1版」の復刻版なんていうのも、実は2回ぐらい、あとからお見せしているんで、これも真新しさもないし、やっぱり「記念企画」も思いつかないし・・・。単に「過去1年間を振り返り、向こう1年間を展望する」という文章と、過去10年間を振り返る文章ぐらいかな・・・、ってなるとこのブログでもいいのかも知れん。

 ってなると、何も土曜日に更新せずに、普段通り日曜日に更新してしまえばいい話で、やっぱり最近の例年通りの内容になってしまうわけです。サイト開設10周年と騒ぐのも、このブログの中だけにすればいいのかも知れません。

 そんなことで、今のところは特に何の企画もなく、ブログの方に数日間のネタを頂いたことにして、ひっそりと10周年を終わらせてしまおうかと思っております。

 というか、あの試験で前の科目合格があったのが10年前。(何度も書いていますが、苦節10年じゃなくて、受けていない年も多いし、単に年中行事として試験会場だけに行った年も多いし、ちゃんとやって受けたのは今回も含め2回だけ)10年経過して、もう1科目受かったのが今年なんですけど、ようやくサイト開設して科目合格をすることができたんですよね。このへんが個人的に「10周年の最大のお祝い」だと思ってます。

 だって、「年中行事として単に試験だけ受けていた」頃は、このサイト作りに費やす時間をまるまる試験勉強に費やしたら、1科目ぐらいは受かりそうなのにな、なんて思ったものです。今では、試験勉強をしているとき、旅に行かなくても毎週旅に行った気分になれるものとして、重要な息抜きの道具になっています。

 てか、「サイト作り」と「試験勉強」両立するのに10年かかったっていうこと?

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

外出

 おはようございます。

 ということで、今年は何となく「雪が降るよ-」というのが、わかりやすく週間天気予報に出ていたり、その直前にしっかりと晴れた土日もあったりして、車のタイヤを交換した方も多いのではないでしょうかー。

 とまあ、無難な書き出しで始めてみるんですけど、タイヤ交換ですよね。ということで、昨日の朝食後の最初の仕事はそれ。ということで、今年タイヤを替えたのは12月13日です。と書いておくと来年の参考になるかどうか・・・。夏タイヤ→冬タイヤっていうタイミングはすごくわかりやすいんですけど、冬タイヤ→夏タイヤというタイミングって難しくないです?なんか、まだ雪が降るかも?、いやもう降らない、なんていう話になりますもんね。

 ということで、なんか、冬タイヤに交換するとは思えない服装(真夏と一緒)でタイヤ交換していたんですが、しかも、車庫は埋まっていたんで家の前の屋外だったし。近所の人に変な人だと思われていなければいいんですが(笑)。

 それからちょっと出かけるところもあったんで、春以来、初めて私服の長ズボンっていうもんを穿いたんですけど、結局、秋が深まってから、風呂以外の用事で私服で外出することがなかったんですよね。風呂ぐらいだと面倒なんで、家にいるまま、ハーフパンツで行ってしまうんです。

 というか「風呂」には、それに付随したものを含む、ということで、例えばガソリンを入れたりとか、ちょっと古本屋に行くとかそのへんも含みます。

 基本的に、用事って、会社の行き帰りの寄り道で完結してしまうし、それと今年の場合、秋から土曜日の出勤は私服じゃなくなったし(というか、厳密に言うとスーツのズボンとY市シャツも私服なんですが)、土曜日半日出勤だとその帰りにほとんど必要な用事も終わるし、ますます純粋な意味での「私服」の出番が減っているような気もするわけで。

 あと、11月に旅に出なかったというのも大きかったようです。そういや、10月に飯田線に行って以来、列車にも乗っていない・・・。

 そんなことで、この土日は久しぶりに昼寝がない土日でした。

 それで、土曜日に風呂に行くときに、その隣の隣にある古本屋に寄りました。そろそろ読書が多い時期を終わらせて、試験勉強に力を入れる時期にしないとダメなんですけど、なんか、定価で新しい本を買おうと思っていたものがあったり、新しい本で買おうかな?、でも定価を出すほどでもないなと思っていた本があったりと、ついでに「単行本」が2冊で1,200円だったんで、つい4冊買ってしまいました。

 なんか、古本屋って、欲しい本が少ないんですよね。普通の本屋だと、お金さえ許すなら、もっと買いたいなという本が多いんですが・・・。

 というのも、要は「他の人が要らない」と思った本しかないんで、「手元においておきたい」という本じゃないということ。そこでまずはふるいにかけられます。

 そのうえで、並び順が滅茶苦茶で、古本屋の場合、ビジネス書とか経済の本とか、経営の本とか金融の本とか、何となく大分類で似ているものを、一緒くたにしてしまって、著者のあいうえお順で並んでいるんですよね。

 これに対して、普通の本屋でちょっと大きいところだと、小分類の中で並べているんで、一つのテーマからどんどん似たような本が目の前に展開されていくわけで、そうなってくるとそのテーマに興味があったらどんどん買いたくなってくる、で、どれか一つを選ぶ、ということになるんです。

 そういうことで、古本屋の場合は頭の中で隣の本との関連性が全く無いんで、脳の中が反応しない、ということになるわけです。まあ、新しい本の段階で「買おうかな、どうしようかな」と思っていてうやむやになっている本が、今回みたいに見つかったら、すごく得した気分にもなるわけで、使い分けなんかな?と思うのでした。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

更新しました(第652版)

 今回の追加電停・・・函館市交通局 杉並町・柏木町・深堀町・競馬場前の各電停。

 ということで、今回は路面電車の回ということで、順当に4電停追加しました。

 何となく、先に気づいてはいたんですけど、今回、競馬場前電停以外は何となく特色のが少ない電停でして、結構苦しいだろうなとは思っていたんですが、何となく特徴は書けたような気もします。電停の名前も似ていますもんね・・・。

 ということで、函館の路面電車はあと4電停。あと1回の更新で終わります。年内に完成します。

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

郵便

 こんにちは・・・。

 なんか、朝書こうとして、結局この時間。本当は今日、休みの予定だったんですけど、今日半日仕事をすれば、一つ仕事が片付く、ということが見えていたんで、土曜日の出勤日を他の週と入れ替えまして、今日出勤。なんとか仕事は片付きました。

 ほんとね、ボリュームだけは増えているんで、今まで通りには終わらないんですよね。それで、先月ちらっと書いたように、かなり「技術革新」をしたんですけど、まあ、今月はその「技術革新」を、どう「仕組み」にしていくかという月だったんですよね。

 でまあ、何となく「流れ」にはなりそうなんですけど、そんな「技術革新」→「新技術の落とし込み」を、繁忙月にしてしまうというのも無謀だったかも。まあ、これだけ自由が利くのも、一人でこの仕事をやっているからでして、逆に言うとボリュームが増えているのに一人でやらなければならない、というところから、「技術革新」が起こったわけです。ということで、しばらくはまだ一人でできそう・・・。

 それで、家に帰ってきまして、こうやって家に帰ろうとすると常に頭を占めるのが試験の結果通知。落ちると分かっていても、やっぱり幾ばくかの可能性はあるわけで、何なら今月の受験雑誌すら買うのを延期しているぐらいですもんね。何となく頭の中には受かるかも、ということはあるわけです。だって、試験を受けているときは手応えがあったんですもんね。

 ちなみに、昨日のうちにWebサイトには合格率は出ていて、この受けた科目(財務諸表論)の合格率は16.0%。もちろん、全11科目中、最高の合格率・・・・、と思ったら住民税がもっと高かった。ただ、住民税は受験者が少ないんで、結構合格率の「ブレ」の大きい科目なんです。ちなみに、この科目の一つ前の簿記論なんて「訳分からん方向に行っている」という問題だったらしいですが、これが9.9%。ちなみに、この科目が10年前に受かっている科目です。

 ということで、まあ、何となく可能性はありそうだなと思いつつも、ここに書いたとおり全く期待はしていなかったのです。それで、今朝は雨が降っていたんで車で通勤していたんですけど、帰ってきて、車を停めて出ると郵便局のバイク。なんか、16時過ぎに配達というのも遅いんですけど、逆に言うとこれで今日、通知が届く可能性が高くなっているわけで、午前中の配達だと届かない可能性が高くなるわけです。

 それで、家に入りまして、ポストのところへ行くと・・・ありましたよ、茶色い封筒。窓あき封筒で、宛名が自分の字で手書き。これね、試験願書を出すときに「宛名カード」も書かされるんです。ということで、差出人は「国税審議会」。結果通知です。一昨年・去年と到着が月曜日だったんで、今年は1営業日早いことになります。

 何となく持ってみるといつもと厚さが違う・・・。といっても、中身を見ると枚数が多いわけでもなく同じなんですけど、気分的にね。なお、複数科目受けている場合で、合格科目と不合格科目がある場合は枚数が増えるんで、その場合は確実に持った感じが違うみたいです。

 それで、透かしてみると何となく分かるんですけど、今回は暗い部屋で見ていたんで、全く見えず。ただこれ、10年ぐらい前は透かしてみて罫線がある書類だと合格科目あり、文字だけだと合格科目なし、っていうことだったんですが、ある時期から不合格科目であってもA~Dの判定が書かれるようになってから、どっちも罫線のある書類になったわけで。

 それで、開くと・・・。なんか、いつももらう通知は科目の下に1行しか欄がないのに、今年のは2行、欄がある・・・。そこから、空白の欄がずっと続き(受けていない科目の欄です)、奥の方の受けた科目の上の欄。今年はアルファベットではありませんでした。半角で「ゴウカク」と。(ほんとは半角で打つべきなんですが、ここでは全角にしますね。)

 ということで、はい、受かっていました。長かった・・・、といってもこの試験に受かったんでなくて、この試験の一部科目に合格しただけで、あと3科目あるわけです。

 何なら、この2科目受かって、初めて「この試験を受けていますよ」、と言ってもいい、というぐらいのレベルで、逆に言うとようやくスタートラインに立てたかなというぐらいなんですよね。(ただ、この2科目のうちの1科目が最後になる人もいる)何なら、この2科目受かったがばっかりに、足を洗えずに、税法3科目が受からずに、何年も受け続ける、という人が沢山いるわけで・・・。

 そんなことで、果たして受かったのがよかったのかどうか分からないんですけど、ようやく10年ぶりに(ただし、その中で本気で受けたのは2回だけ)、前へ進めました。これで単に「税理士を諦めて会計事務所から一般企業の経理に転身した人」じゃなくなりました。会計事務所やめてから、この試験に科目合格したんですもんね。

 ということで、全くゴールではなく、税法科目への苦節への入口になってしまったんじゃなかろうかということですけど、とりあえず・・・、この科目の教材は捨てることができます。一部、あとからの科目の参考のために、少量のテキストを除いて紐でくくってしまいましょう。あー、これで9万円(受かった科目の、1月からの上級コースの受講料で、なおかつ、音声講義のない「資料コース」の受講料。9月からの初学者コースでなおかつ、音声講義があるとそんな値段じゃない。)浮いた・・・。

 というのと、9月終わりにフェードアウトしていた消費税法。大急ぎで追いついて、1月からの「上級コース」を受けることができる状態にせねばなりません。今から新しい科目をやるわけにもいかないんで、この科目を受験レベルに持って行かないとダメなんです。

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

年中行事

 おはようございます。

 なんか、「年中行事」っていうもんがありまして、そろそろその流れに入っていきそうな感じなんですが、つまりですね、夏に受けた試験の発表なんですよね。

 ほんと、8月の初めに受けた試験の結果が、今頃になってようやく出てくるという試験なんですが、まあ、受けているときは妙に自信があったくせに、計算問題で連鎖反応、つまり1箇所間違えて、そのあと、その数字を使って出す部分がバタバタと間違えていることに気づいたんで、多分ダメなんです。ということで、期待はしていないんです。

 しかも、この試験の発表、毎年、この時期の金曜日なんですが、この日「発表」されるのは5科目揃った人だけ。つまり「科目合格者」っていうのは、郵便が届かないと分からないわけで、当然、このご時世なんですが、ネットで分かるなんてこともなく、郵便を待つしかない、で、それが届くのがどうしても毎年、その次の月曜日になってしまうわけで、何とも言えない土日を過ごすことになるわけです。

 なんか、このタイミングで、昨日帰ってきたら学校のパンフレットが届いているし・・・。この試験って、「科目合格制」なんで、合格発表の前日にパンフレットが送りつけられてきても、大多数の人にとってはイヤミでもなんでもなく、「受かっていたら、次の科目どうしますか?9月から始めていて順調で余裕もあるなら、もう1科目増やしませんか?落ちていたらまた頑張りましょうよ!」っていう意味だったりするんですよね。

 ということで、なんか、パンフレットをパラパラとめくっていたら、急に現実に引き戻された気にもなりつつ。

 ほんと、8月から次の科目を始めていたんですけど、途中で見事にフェードアウトしてしまっているし、どうしよっかな?。

 どこかでこの試験も試験制度が変わると思われるんで、今の試験制度のまま5科目揃えることを目指す、ということにはならないと思っているんです。かといって、今の制度で科目合格している人には何らかの救済制度があるはずで、となると10年前に受かった科目と一括りになっている、今回落ちるであろう科目を早めに受かっていた方が、新制度での引き継ぎも有利かも知れない、と勝手に判断すると、今年落ちるであろう科目を最優先にすべきなんですね。

 でも、この科目、一番受かりやすいと言われつつ、実は、はまってしまう人も多いらしく、この科目を受けながら落ち続け、他の科目がどんどん受かっていった、という人もいるらしく、となるとこの科目だけにこだわっているのも非効率な話。

 ということで、何となく迷っているのですけど、まあ、月曜日に正式に通知を受け取ってから考えます。

 という「年中行事」の前後に、JRのダイヤ改正の概要の発表もあったりして、今年は何となく見どころもあるんで、何となく気になることの多い昨今です。

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

たまにも鉄道の話

 おはようございます。

 そういや、このサイトって、「大分類」では鉄道のサイトではなかったかと・・・?。と言っても、まわりからも「この人は駅が好きなのであって、鉄道が好きではない」という、「中分類」で見られていたりしまして、どこまで「鉄道」なのかなと思うわけです。

 そういや、「形式」なんて詳しくないし、一応、必要最低限の「たしなみ」ぐらいは知っているかも・・・、あー、怪しい、なんですが、とは言っても山陽新幹線に乗るときは形式ぐらいは意識して乗っているし、山陽の「こだま」なんか、結構形式にこだわって乗っているし、やっぱり一般人よりは「鉄道」に興味があるわけです。要は体系的に知っているわけでないんで、知っていることと知らないことの落差が激しいだけなんですけど。

 でー。何の事を書きたいかというと、結構、地元の鉄道に結構動きがありそうなんですよね。一応、文字で追って、頭の中には入れていたんですけど、ここでは書いていないだけなんですが。

 1.いよいよ普通列車も
 ということで、福井県・滋賀県内で走っている「521系」ですが、どうも、もうちょっとしたら金沢近辺でも走り出すらしい・・・。

 2.北陸と能登
 ちょっと前からいろいろ言われていたんですが、今朝の北國新聞にいよいよ「引退する見通し」と出てしまった。

 3.北陸新幹線
 なんか、3県VS1県の知事、という争いになってきた・・・。(これ以上書きません)

 っていう感じなんですが、北陸と能登ですよね。まあ、廃止が決まってしまうとゆっくり乗るどころでなくなるんで、正式に廃止となればもう乗ることはないと思うんですが、「臨時化」という噂もあったりして、それも週末は必ず運転されると言うことであれば、乗る機会もあるんかな・・・。

 なんせ、「首都圏往復フリーきっぷ」でB個室まで乗れてしまう列車だったんで、結構好きだったんですよね。とは言っても6年ほど東京へ行っていないし、ということは6年ぐらい乗っていないんですけど。

 けど「JR在来線の乗りつぶし」って最後に首都圏が残ってしまったんで、それを片付けるときなんか、結構お世話になりました。

 なんか、首都圏って結構行きにくいところで、北陸の個室が取れないとなると、はくたか&とき。で、「はくたか」って、北越急行内の交換設備の関係上の車両数の制限(9両)と、単線のための運転本数の制限もあったりして、意外と乗りにくい、という印象もありまして、自由席の混雑ぐらいと指定席のとりにくさを考えると、なんか、ほんと首都圏って面倒なところだなというわけで。

 関西みたいに、自由席でマッタリ行きたいなら「雷鳥」みたいな(これも減っていて、もう少しでなくなりそう)、そんな位置づけのもの・・・、あーあった。「北越」で長岡乗換か(笑)。今度東京へ行くときは長岡乗換かな?。でも、これだと「越後湯沢から「たにがわ」でマッタリ」というのが使えないんですよね・・・。

 そんなわけで、風前の灯火であった「寝台特急」と「急行」がなくなる・・・。でもそれぞれもう一つずつ残るんですよね。ほんと「日本海」がなくなると死活問題です。はい。大宮経由で北海道へ行きたくない・・・。でも北陸新幹線開業時には、多分、そうなってしまうんでしょうけど。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

リンクについて つづき

 なんか、どうでもいいことを書いているんで、別の話題でもと思っているんですが、特にそんな話題もないんで、やっぱりリンクの話。

 基本的に、リンク集のページをコンパクトにしようかと思っているんです。と言っても、リンク自体減らすんでなくて、文章を少なめにして、なおかつ、リンクの注意書きをリンク集のページに持ってくるということです。確か、どなたか(って覚えているんですけど)、「リンクについて」のページにリンクを貼って頂いていたんですが、そのサイト自体なくなっていますんで、なくせます。

 となると、今あるような、リンクとは何ぞや、みたいな能書きはなくなるわけで、残すのが

●当サイトへのリンクについて
1.リンクはどのページでも自由にしていいですよ
  →ただし、かつての「当サイトのYahoo!事件」だけは避けて欲しい
  →画像の直接リンクだけは避けて欲しい。ただし、自動的に検索サイト等から生成されるものを除く。
2.リンクの解除も自由ですよ
●当サイトからのリンクについて
1.基本的にリンク集から個人サイトへのリンクについては、メールを差し上げますが、相互リンクの依頼ではありません。自由にどうぞ。
2.リンク切れの対処方法(今と同内容ですが、簡潔に)
3.リンク集におけるリンクの解除について(今より簡潔に)
●相互リンクについて
 昨日の内容

 というか、半分以上は残るな・・・。

 やっぱり、リンク集の頭に、最低限のことだけ書いて、あとは今ある「リンクについて」のページを生かそうかなと思いました。

 というかですね、「リンク」ということ自体は別に廃れたわけでなく、例えば、ブログ本文中にちょこっとリンクを入れたりとか、盛んに行われているわけですが、個人サイトに「リンク集ですよー」とやって、「さあ、相互リンクしましょう」ということが過去の話になっているんではないだろうかと。

 このサイトができたときは、検索サイトとしてYahooが全盛期で、googleがあって普及していなかったのか、あるいはなかったのか、という時代。

 その前が、検索サイトすらない時代で、私が「ホームページの作り方」というものをかじりだした頃は(1996年頃)、「検索」ということが一般化されておらず、リンク集って結構貴重なものだったんですよね。

 今は、例えば「駅のサイトを見よう」と思ってネット上を徘徊するのでなく、特定の路線・駅名を検索して、見つかって、欲していた情報を見たらそれで満足。ただ、時間があれば「あー、隣の駅ってこうなっているのか」→「でー、このサイトって何者」、っていうところからトップページへ移って、っていう流れが多いような気がするんです。

 とは言っても、たまにリンク集も重宝するんですけど、検索サイトがこれだけ強力で一般的になった昨今。あんまり「リンク集」ということについては神経を使わなくてよくなった時代なんだなと思うわけです。

 あと、Webサイトそのものがコミュニケーションの手段という時代も薄れつつあり、コミュニケーションはソーシャルネットワーキングシステムとか、そっちの方に移ったようで。(って、見たこともないけど・・・)

 ただ、何となくいいサイトを見つけて(もちろんリンクをしたいと思う)、その制作者さんと連絡を取りたい、と思ったとき「こちらからリンクしましたよ」というメールを送ると、話がしやすいというか、例えば「公園での犬の飼い主同士の会話」の状態、そういう手段としては、まだ役割があるのかなとは思っています。

 そういうことで、今回は、全体的に「余計な話」を少なくしつつ、その内容を現状に合わせる、というぐらいの改良にとどめまして、リンク集自体、コンパクトにするだけにし、廃止しない方向です。

 で、さっき、項目だけ並べましたが、ブログのネタがなかったら、ここで下書きをしますし、ネタがあればここで下書きをせずに、直接、本文中へ書きます。(次回更新とは限りません)

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

相互リンク

 ちょっと前に書いた「リンク集の注意書きを書き換えよう」という話。そのままになっていまして、ちょこっと書いてみます。

 まずは変えようと思っているところを書いていって、あとから背景の考え方を書いていって、あー、やっぱり違うかな?と思って文章に反映させる方法にします。

 というか、わかりにくいんで、とりあえず変えようと思っているところを書いてみます。

***(以下、サイト本文に載せる下書きのつもり)***

●相互リンクについて

 他のサイト制作者さんより、リンクをした旨の通知を頂いた場合で、リンクの依頼が明示されていない場合、こちらからもリンクをさせて頂きたいなと思った場合のみリンクをさせて頂きます。そうでない場合は、リンクをさせて頂きません。なお、「リンクをさせて頂きたい」と思う・思わないの判断について、サイトの優劣を判断するものではなく、単に私の感性、当サイトとの関連性などから総合的に判断させて頂くものとします。ですから、同じサイトでも、その時の気分によって判断は異なります。
 また、リンクの依頼が明示されている場合は、基本的にリンクを行います。ただし、以下の場合はリンクの依頼が明示されていてもリンクは行いません。また、その旨もメールでお知らせはしないことがあります。
  1.当サイトあるいは制作者との関連性が薄いと思われるもの。
  2.同一内容のメールを多くのサイト制作者に送りつけていると考えられるもの。
  3.サイトの内容について、公序良俗に反すると思われるもの。

 1については当サイトと関連があるというだけでなくて、現実に知り合いである方の場合でもリンクするという意味ですが、当サイトや個人的に関連のない方はリンクしませんということです。2については、時折「相互リンクサイト」ということでのメールを頂くのですが、主にそれを想定しています。そうでなくても、依頼のメールに当サイト固有の内容が含まれていない場合はそのように判断させて頂くことがあります。3については従来通り、当サイトからリンクすることによる問題を防ぐためです。

 また、当サイトから「リンクをしました」というメールをさせて頂くことがあります。この場合は相互リンクをして欲しい旨は明示しませんし、その意図もありません。

***(下書きここまで)***

 従来は「今のところ「相互リンクしましょう」等というご連絡には対応させていただきます。公序良俗上、不適当でなければ原則、リンクをさせていただきます。」と書いておきつつ、リンク集のトップページに追記という形で「いわゆる「相互リンク」については、従来は申し出ていただければ、特に問題のない限り行っておりましたが、現在、リンク集の在り方について検討中の為、お申し出があったものすべてを、無条件でこちらからリンクすることは現在、休止しております。ただし、リンクをしていただいた旨のご報告を頂きましたら、検討は致します。」と書いてありました。

 ということで、まあ、なんというかわかりにくい状態を3年ぐらい続けていたんですけど、それから何となく状況も変わってきたような、そうでないような状況ですが、一応、この2箇所に分かれている相互リンクの注意書きについて一本化しつつ、明確にしたということになります。

 一応、今回の改訂でも「相互リンクはしません」ということにはしなかったんですけど、一応、リンクの開始をするか否かは、メールを送ってきた方の意思を尊重することにします。

 その上で、「リンクしてくれ」というメールを見ていると、どうも手当たり次第に各サイトに送りつけているなと思われるものも見受けられまして、これについては応じない、なおかつ返信もしないことにします。

 というか、最近「相互リンク」という文化も廃れてきていまして、依頼される事例もほとんどなくなってきて、そんなに考える必要もなくなってきているんですよね。だから「相互リンクお断り」と方針を変える必要性がなくなってきておりまして、基本的に従来通りの方針とさせて頂きます。ただし、時折スパムメールまがいの「相互リンクサイトへの依頼」が増えてきていまして、それに対応させて頂くということです。

 そんなわけで「相互リンク」については、今日のところはそんな感じで。「リンクの位置づけ」について今度考えるんですが、それについては多分、今までより下げることになると思います。「リンク」っていう文化自体最近は流行らなくなってきていますもんね・・・。

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

バーコード

 おはようございます。

 8月にようやく変えた携帯電話なんですけど、その変える前の携帯電話の時代ってようやくカラーになったぐらいだったんで、カメラ付きなんていう時代じゃなかったんです。

 そんなわけで、ようやくカメラ付き携帯の恩恵にあずかったわけなんですが、そういや今まで1枚たりとも写真を撮っていないのです。

 だって、携帯よりもデジカメの方が撮りやすいし、データを扱いやすいし、きれいだし。多分、デジカメを持ち歩かないときに、ふと撮りたいものがあれば撮ればいいんでしょうけど、今のところはないし。多分、これから雪が積もると、何かしらの撮りたいものが出てくるかもしれないんで、その時にでも。

 それで、その携帯のカメラって、バーコードリーダーの役割も果たしているわけで、よくあるのがURLを読み取ってアクセスするっていうやつですね。

 ただ、これも1回ぐらいしか恩恵を預かっていないんですけど、結構これ、遊べるかも・・・。

 例えば本とか、各種商品についている、普通のバーコード。これを読み取らせて遊んでみたんですが、ちゃんと読むんですよね。

 ただ、読み取らせたところで、単なる数字が並ぶだけなんで面白くも何ともないんですが、最初の2~3回ぐらいは面白いです。で、すぐに飽きます。

 ここからPCへ連動したら面白いな、と思うんですが、例えばバーコードリーダとして使っているときは、携帯からUSBにでも繋いで、すぐにエクセルのセルに転送できるとかね。そうだといいんですけど、結局、一旦コピーして、メールに貼り付けるなりする、みたいな方法なんで、やっぱり面白くない・・・。

 それで、次はQRコードで遊んでみるわけなんですが、数字だけでなく、日本語の文字列もこの中に入るんですよね。ってことで、これもまたQRコード作成サイトで、適当な文字列をQRコードにして、読み取らせて遊んでみたんですが、これは1回で飽きました。

 でも、これも使いようによっては面白いわけで、例えば会計の仕訳データそのものをQRコードにしてしまえそうなんですよね。なんか、仕事でバーコードを使うことに憧れつつも、ガツガツと数字を打っているんで、何となく頭の中ではデータが連動してしまっているんですが、まあ、手間を考えると単なる自己満足でおわりそうなんで、いいや・・・。

 といいつつ、バーコードリーダ(携帯のじゃなくて、PCに接続するやつ)をネット上で物色してみたりするんですけど、なんか、これを使って仕事を楽にできないかなと・・・。何となく「アクセス」(データベースソフトの方。某航空会社のシステムじゃない方)を使っての方法が、頭の中ではロジックが何となくできているんですけどね・・・。いずれなんかできればいいなと思いつつ、しばらくは温存させます。

 って考えていくと、なんか、経理の仕事って、PC内の電子データを整えていく仕事が中心のように思えてきた・・・。というか、世の中の「事務職」の仕事の多くがそうなのかも知れんなと思っているんですが、この20年ぐらいの間に変わってきた部分だなと思っています。

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

更新しました(第651版)

 今回の追加駅・・・信越本線 安中・群馬八幡・北高崎の各駅。飯田線 高遠原駅。

 そんなことで、まずは信越本線の横川-高崎間完成。前回のこの区間の掲載を開始したときに書いた通り、まずは横川(よこかわ)から横川(よこがわ)まで繋がったことになります。(高崎・越後湯沢・直江津・金沢・大阪経由)あと、一応現存するJRの「信越本線」は全駅掲載できましたが、しなの鉄道部分は掲載していません。

 そうして、3駅追加しまして、あと1駅。しなの鉄道田中駅を始めてしまうという手もあるんですけど、しなの鉄道で今回掲載する駅は8駅でして、これもまたきれいに2回分の更新で収まります。あと、函館の路面電車もあと8電停なんで、これもきれいに収まります。そうして、12月の祝日に「旗日更新」で更新を1回増やせば、年内でこれらが完結してしまう訳です。ってなると、なんかここで田中駅を持ってくるのもしっくり来ない。

 とやっているうちに、飯田線の存在が頭をよぎりまして、どうせ中断しているんで、一駅追加するとしても手間がかからない、例えばここで田中駅を追加するには、「しなの鉄道」というフォルダーを作って、目次ページや、駅のページのテンプレートも作った挙げ句、一駅だけ、屋代高校前をアップしてあるのを正規のページに移転させる、なんていう手間がかかるんですが、飯田線の中断している区間一駅を追加するには手間がかからない、ということで、高遠原駅を追加しました。ほんと、一駅前の七久保駅と季節が違います。

 そんなことで、これからしばらくの間、駅数からみて中途半端になるときは、飯田線の中断している区間の駅を追加することにします。ということで、伊那田島駅を追加するのは、どこかの区間の駅が終わったときになりそうです。(ただし、年明け)

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

振込用紙

 おはようございます・・・。

 朝、ここに書くことにしたことを、さっきまで忘れていました。昨日の夜はしっかり覚えていたんですけどね(忘れていたら、昨日の分は2個書くことになるし)。

 去年、ここで「ふるさと納税」をしたことを書いたと思うんですけど、一昨日と昨日にかけて、しっかりと珠洲市と福井県から振込用紙と申請書が届きました。いやほんと、しっかり申し合わせているんでないかい?というぐらいのタイミングで揃ってしまったわけです。

 いやね、そろそろ用紙を求めないとダメかなと思っていたわけですが、ちゃんと言わなくても送ってくれる・・・。

 ということで、送金する額は今年の所得とも密接に連動するんで、それが何となく分かってからにしようかと思っているんですけど、でも年内に入金しないと意味がないんで、それなりに急ぎつつも、送らねばならないとは思っています。

 それにしても、大学を卒業するときまでの各地方自治体にお世話になった年数を数えてみると・・・。(つまり「○○市立」などの学校などに通った年数)

 珠洲市立・・・保育所3年、小学校6年、中学校2年 計11年
 金沢市立・・・中学校1年 計1年
 石川県立・・・高校3年 計3年
 福井県立・・・大学4年 計4年

 てなわけで、圧倒的に多いのが珠洲市なんですけど、実際納税をしているのはこの中の下位2件なんですよね。上位2件にはこの制度ができるまでは全くお金を払う手段がなかったわけです。(もちろん、純然たる寄付ならできましたが。)

 というか、保育所から大学まで、私立というところにも国立というところにも一切お世話にならなかったんだなということなんですが。

 あと、福井県の場合は、確かに学費が大きいわけですけど、ちょっとした理由があって2年間学費が免除になっていたわけで(合法的にね)、ちょっとそのお返しを少しでもしたいという部分が大きいです。これがなかったら、全額珠洲市に払っていたかも知れません。

 ほんとはもうちょっと所得があれば「今年お世話になった市町村」という手もあるんですけどね。例えば今年なら飯田線沿線のどこかの市町村ということになるんですが、今のところは珠洲市と福井県で手一杯なんで、考えないでおきます。

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

時刻変更

 おはようございます。

 という書き出しも久しぶりなんですけど、確か、夏の試験終了以来、ずっとこのブログの書き込みは夜になっていました。

 朝、起きてから朝食を食べて、それから出勤するまでの1時間、試験勉強をする習慣を残す、ということで、ブログの書き込みは夜に移動させていたんです。

 そうしていたんですけど、結局、朝勉強する習慣もなくなり(笑)、朝はちょっと起きるのが遅くなり。でも遅くなったと言っても実はそれなりの時間もあるわけで、この前書いた通り昔の雑誌を読んで、読み終わったところから捨てていくという時間に充てていました。

 とは言っても、それだけでないわけで、気がつくと朝と夜、PCに電源を入れてネット上を徘徊すると言っても、同じ事をやっているわけですね。これは時間の無駄。

 そして、夜、割と時間が取れるんで、つい、ここの書き込みが長くなってしまうこともあり、昨日も気がつくと結構長く書いてました。(たしか1時間ぐらい)

 そんなわけで、朝と夜に同じムダ時間を過ごすというムダと、ここへの書き込みが長くなるというムダ時間が生じていたわけです。

 逆に、夜、ここにブログを書いたら、やろうと思っていたことについて、結局遅くなったし、ということでやらなかったこともあり、何となく夏から秋の初め頃はうまくいっていた書き込み時間を夜にするという変更、今は逆に弊害の方が多くなっているわけです。

 ということで、お読みになっている方にはどうでもいいことなんですけど、まあ、サイトにせよブログにせよ、自己満足の世界なんで、こういうことを大々的に書いてしまうんですが、とにかく、ここへの書き込みを朝型に戻すことにしました。

 そんなことで、昨日の書き込みを御覧にならないまま、この書き込みを御覧になっている方も多いと思いますが、まあ、昨日のはどうでもいい話なんで(と言ったらすべてが同絵もいい話なんですけど)、軽く読み流してください。というか、昨日の書き込みは読むのが面倒だと思います。

 あと、朝型にすることにより、ここへの書き込み時間を最大30分に制限することにします。(ちなみに、今日はここまで書くのに10分程度。)標準で15分ぐらいに抑えたいと思っています。だから、昨日みたいな長文は当分の間なくなりますが、そういうときは分割させます。ネタが温存できる~♪。

 そんなことで、またいずれ、朝型にすることによる弊害が多くなると思いますので、その時は頃合いを見はからって夜型に戻します。時間の使い方がマンネリ化してきたら、ここに書き込む時間帯を変えるという方針でいきます。

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

通帳の数(個人編)

 そういや、以前、というか11月18日に「通帳の数(会社編)」という文章を書いたんですが、わざわざ「会社編」と名乗ったからには「個人編」も書かねばならないなと思いまして。ということで、個人で複数の金融機関に口座を持つことについて適当に検討してみたいと思います。

 基本的に、個人の場合はその事情が千差万別になるので、なんとも言えません。これ、結論です。

 といっていてもしょうがないんで、まずは個人の通帳を作る経緯を考えてみます。まずはちょっと個人的な事情から考えてみましょう。

 まずは生まれてからしばらくして、お年玉を入れるために、郵便貯金(いまはゆうちょ銀行になるのかな?)に口座を作る、という人も多いと思います。もちろん、銀行に作る人もいると思いますが、何となく、郵便貯金から入っていくような気がします。

 こういう私も、大学卒業までは郵便局にしか口座がなかったんですけど、大学は自宅通学だったんで、仕送りを受けるための口座ということも考えなかったです。あと、アルバイトも少しだけしたんですが(県境をまたぐ遠距離通学だったんで、使わない代わりに稼げないという方針)給料は現金払いだったんで、やっぱりここでも銀行に口座を作る必要がなかったのです。ちなみに、今も郵便局には口座がありまして、全国どこでも手数料なしで引き出せるのがやっぱり便利。というか、旅先で必要なときに引き出すのと、郵便振替での送金以外は使っていないんですが・・・。

1.さて。大学を卒業して、就職しまして、そこで初めて銀行というところに口座を作らされるわけですが、この、最初に就職した会社(前職)では、銀行と支店が指定されて、そこの口座に給与が入れられる形でした。ということで、強制的に某銀行の某支店に口座をつくららされました。ちなみに、その銀行のその支店は、今の会社ともお付き合いがあるんで、口座自体は要らないなと思っていたら、いつの間にか投資信託の分配金を受け入れて(月1,000円~2,000円ぐらい)、あと、月1,000円の損害保険料だけが引き落とされていくという、何もしなくても出し入れの均衡が取れてしまう口座になっています。

2.そうして次に、何となく家の近くの銀行に口座を作りまして、これ、ひょっとしたら家を建てるかもよ、という話があって、一応、口座を作っておくかということで作った口座。一時期、ちょっと余ったお金を入れておいたんですが、今は残もなく、動きがありません。ただし、親がこの銀行に口座があるんで、キャッシュカードで振替ができる、ということで、親のお金を立て替えたときに、それを返してもらうときにこの口座を使ってます。

3.もう一つ、当時あった石川銀行にも同じ日に口座を作ったんです。これは何となく作ったんですけど、しばらくは例えば週にいくらと決めて、そこからお金を使って、余ったものを入れておこうという口座だったんです。それが、ある時期から1日千円の割合でお金を入れていき、旅に行ったらそのかかった経費を引き出して、いくら残るかな?という、個人的な旅行積立に使っていたんですけど、3年間ぐらい、その作業をさぼっています。

4.とやっているうちに、会社の近くのコンビニにいたら、高校の時の同級生にばったりと出会いまして、その人が石川銀行(口座を持っていた支店と別の支店)に勤めているとかで、定期積金をしてー、ということで、定期積金をするために作った普通預金口座。結局、個人的にこの銀行が一番しっくりきたんで、そのあたりから増えてきた自動引落はこの銀行に集中させるようにしていまして、いわゆる「メインバンク」の扱いにしていました。

5.そうしているうちに、会社に出入りしていた某信用金庫さんが定期積金をして-、ということで、その信用金庫に普通預金口座を作りました。

6.そうして、その時勤めていた会社(前職)の、給与振込指定口座が変わりまして、別の銀行の別の支店に口座を作らされる羽目になりました。ちなみにその通帳は今も残っているんですけど、退職金が入ってきて、それを引き出して以来、全く使っていないんで、4年間、全く動きがありません。といいつつ、この銀行の支店には仕事の関係でちょくちょくいくんで、そのうち、この口座は解約しようかな・・・。

7.妹の友達が家に来ていて、その人が農協に勤めていて、定期積金をしてー、ということで、口座を作らされる羽目に。ちなみに、毎月、普通貯金にお金を入れておくのも面倒になり、しばらくは定期預金に塩漬けにしておいたんですけど、確か、去年の末に普通貯金ごとすべて解約。

8.家を建てるにあたり、自分も2割ぐらい持分を持たされることになり、となると、住宅ローンも一部負担せねばならなくなりまして。で、住宅ローンが既存の口座がある金融機関ではないところの某信用金庫になってしまいまして、そこでも定期積金とあと、借入金の返済のために普通預金を作る羽目になる。(ちなみに、住宅ローンは完済したのと、定期積金もやめたんで、今はこの信用金庫には定期預金を塩漬けしてあるだけ)

 ということで、これらのラインナップが揃ったぐらいが一番、面倒だったかな・・・。なんせ、「6」に給与が入ってきて、それを小銭部分を除いて下ろしたあと、基本的に「4」に入れつつも、自動引き通しのある「1」「5」「7」「8」に毎月、お金を入れなければならない、という状態がしばらく続きましたもんね。

 それから、しばらくして、石川銀行が破綻。そのあと、1年ほどは石川銀行が続いていたんで、定期積金も含めて続けていたんですけど、結局は他の金融機関に引き継がれまして、偶然にも「4」が引き継がれた先が「5」だったんです。っていうことで、今のメインバンクが「5」になってしまいました。「5」の段階で作った普通預金口座は、今は存在しておらず、「4」が引き継がれたものをメインとして使っています。

 結局、今はどうなっているかというと

1.書いた通り、何もしなくても、入金と自動引落が釣り合っているんで、触っていない。

2.基本的に使っていないが、親に立て替えたお金を返してもらうときに、キャッシュレスで動かすための口座としている。あと、残を少なめにして、旅に出るときにカバンの隅にキャッシュカードを入れておいて、何かあったときの予備として使っている。(活用事例は当然、ありません)

3.書いた通り、本当は旅行積立なんですけど、今は使っていないです。ちなみに、ここも石川銀行から某信用金庫に移管されています。

4.現在のメイン通帳。転職によって、どこの口座でも給与を入れてもらえるようになったんで、ここに入れてもらっているんですが、偶然にも会社のメインバンクの支店だったりしまして、実はものすごく都合がいいんですよね。仕事でこの信用金庫に行ったついでに個人の用事もできてしまう・・・。今では月1,000円の傷害保険を除いて、全部この口座からの引落です。つまり、給与の入金=ほとんどの自動引落、ということで、何もしなくてもすべて終わっています。

5.「4」と同一のため、「4」に吸収。

6.書いた通り、4年ほど、残が3桁のまま。

7.解約

8.定期預金のみ塩漬け

 って言う顛末で、一時期は派手に金融機関間を現金を持って渡り歩いていたんですが、今は基本的に全く動かさなくてもいいようになっています。

 ちなみに、ここでもちょっと書きましたが、このあと、去年、「漁連」というものが増えています。(定期預金のみ塩漬け。)

 とまあ、個人的事情を書きましたが、ここで通帳を作る原因を考えてみると

1.会社からの指定
2.義理
3.紹介(特に住宅ローン関係)
4.近所の適当な銀行(ただし、1~3がない場合)

 結局、個人が口座を作る原因ってこの4つに集約されるんじゃなかろうかと。もちろん、これに信託銀行が絡む人になると変わってくると思いますけど、せいぜいちょっとの定期預金と義理の定期積金ぐらいだと、こんな感じになってくると思います。まあね、特に経理担当者なんてやっていると、会社と取引のある支店に口座を作らされる羽目になるんですよね。ただ、偶然にも前の会社と今の会社が近かったために、既に口座のある支店が会社の取引金融機関だった、というのが救いでしたが・・・。

 それが、例えば義理がなくなったとか、会社からの指定が解かれたとか、そういう原因で、「不要な口座」ができてくるわけです。

 個人の場合は余計な口座を持っていると、生きていて自分で管理できるうちはいいのですが、年を取ってくると分からなくなってきて、死んでしまうと遺族が大変。ということで、いずれ、自分が分かっているうちに、口座は最低限にしたほうがいい、という話になってきます。

 つまり、生まれてしばらく経って、お年玉をもらうようになったときは一つの口座。そこから仕事をするようになって、様々な繋がりができてきて義理ができ、場合によっては住宅ローンを借りて、とやっているうちに口座が増え、人によっては事業を始めたためにさらに口座も増え・・・。そのうち、繋がりがなくなってきたところから「不要な口座」が増えてきて、先が短いと思ったときに、口座の整理を始めて、訳が分からなくなったときに必要最低限、年金が入る口座が残る・・・。

 というように、何となく、その人の一生のライフステージが口座というものに反映されているような気もします。

 もちろん、蓄財をして亡くなる人は口座が多いままになるでしょうし、そもそも「義理で口座を増やす」なんて地方だけの話で、都会へ行ったらそんな義理で口座を作るなんてあり得ない、ということにもなるかも知れませんし、何とも言えないところです。

 話は変わって、個人で口座を増やして大変じゃない?、ということ。経験上、自動引落さえ、あちこちに作らなければ、何冊あっても大丈夫です。当たり前と言えば当たり前なんですけど。あと、振込料に糸目を付けなければ、ネットバンキングで振り込める時代ですし・・・。まあ、それがもったいないので現金を持って移動して歩くわけですが。ただ、会社と違って、このへんは常時気をつけているわけにも行かないんで、口座を多く作るにしても「定期預金塩漬け」ぐらいにしておいた方が、「残高不足」という事態が起こらずに済みます。

 ただ、個人で預金口座を作る理由上、どうしても定期積金や住宅ローンなどの自動引落は避けて通れないので、一つの口座に引落をまとめるのは難しいんですよね。今の自分の状況は、口座がある割に、基本的に一つの口座にまとまっている、という、恵まれた状態なのかも知れません。

 ということで、「個人編」では、自分個人の事情を主に書きましたが、要は千差万別なんで、人によって事情が違うし、何とも言えないわけで。仮に商売をしていると、プライベートの通帳であっても、また違う面が出てきますもんね。

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

予定

 そろそろ、サイト開設10周年。ちなみに、サイトトップページ一番下にあるカウンターの横にある日付は、あくまで気が向いたのでカウンターをちょっと付けてみよう!、と思い立って取り付けた日なんで、サイト開設とは全く関係のない日です。

 えっとですね、特に10年経ったからといって何をするわけでもなく、逆に突如閉鎖するわけでもなく、リニューアルするわけでなく、今まで通りのスタイルで更新をし続けていくだけなんです。まあ、このブログでちょこっとこの1年を振り返り、今後1年を展望する文章を例年の如く数回シリーズで書くことは、またやろうと思っていますし、10年でもあるんで、この10年を振り返る文章でも書こうかと思っていますが・・・。

 一応、この区切りまでにやっておきたいことを列挙しておきます。

1.更新履歴のページの整備
 トップページからいける更新履歴のページ(「これより前の更新履歴」)、ほんとはサイト開設日から1年ごとに1ページを使うつもりだったんですが、御覧の通り、7年目からずーっと同じページに更新履歴を書いています。(正確に言うと、トップページにあったものを貼り付けています。) 
 これ、実は、最新の履歴ページ以外は、一つフォルダーを作って、その中にまとめているわけです。URLで言うと、「/」が一つ増えるわけです。となると、実はそのままソースからコピペできない(って、このへんの感覚、特に普通のエディターからWebサイトを作ったことがある方ならお分かり頂けると思いますが・・・)、というわけで、6年目以前のページって、リンクを取り外しています。
 となると、古い履歴ページに持って行くには、リンクを外すという、途方もない手間がかかるわけで、ということで分かりますね。面倒なんでずっと同じページに貼り付けたまま、数年貯め込んでいるんです。
 これ、そろそろ、ちゃんとしたいな・・・。

2.リンクの注意書きの整備
 「リンク集」自体、今となってはそんなに意味のあるコンテンツでもなくなってきて、多分、今、新たにWebサイトを作るとしたら、リンク集というコンテンツは作らないのではないだろうかと思っているわけです。
 つまり、思いっきり「過去を引きずっている」という意味が強くなってきています。とは言っても、なくすということも考えておらず、特に何か事件でも起こらない限り、今のまま置いておくつもりなんですけど、一応、「リンク集」というものを置いてある以上は、たまにリンクの依頼も来るわけで。
 ということで、今のところ、というか、まだ、このサイトでは「相互リンクは承っておりません」というスタンスは取っていないんですけど、「無制限で相互リンクを承ります」というスタンスでもありません。というところをちょっと今の状況から書いていこうかなと思っています。

 っていうか、これ、このブログを使って下書きすればいいんや!。ということで、明日以降、ネタがなかったら、リンク論を書きます。それを多少手直しして、「リンク集」の注意書きにしよ。

 というところが10年を迎える前にやっておきたいかな・・・。あと、「このサイトについて」という文章も多少手直ししたいし。(旅の楽しみとサイトの位置付けについての追記。このブログでは何度か書いていることです。)

 というか、この1年間、もしかして、ちょっとだけ「ここはかつて駅でした」を追加した以外は、「区間全駅」しか触っていなかったのではないだろうかと。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

ビデオデッキ

 明日は今年最後の不燃物の日・・・。

 今まで結構書いていますように、9月以降、毎月の不燃物の日には、いろいろと捨てておりまして、そろそろ捨てる物はないな、と思っていたんです。あとは、まあ、そろそろ要らないCDでも捨て始めようかなとか、ちょっと考えていたわけですが。

 それで、今、現役で使っているプリンターがありまして、それがある台の下には白黒のレーザープリンターがあります。これ、葉書を入れると丸まって出てきて、しかも1枚ずつ入れないとダメとか、あと、インクジェットより画質がよくないとか、いろいろいわく付きなんですけど、まあ、トナーも残っているし、白黒でジャンジャン出すときにあと数回使おうかなと思って、捨てていなかったんです。まあ、これは居住空間を空けないとダメとか、切羽詰まった状況じゃないんで、もうしばらく置いておくことにして・・・。

 その横にあるもの。これね、ステレオのアンプだと思っていたんですよね。それで、それ以外のラジオとかCDとかは別の部屋で見かけたし、まあ、自分のじゃないし、捨てる権限もないかなと思って、手をつけていなかったんです。

 で、今朝みたら、これ、ビデオデッキだったんですよね・・・。この前捨てたビデオデッキと、1台、そんなに使うこともないだろうけどと思って残してあるビデオデッキ。その2台のビデオデッキの前に使っていたものがありまして、これ、てっきり捨てたと思っていたんですけど、捨てたのはもう1台前だったかも知れん・・・。

 そんなわけで、もっと早い段階に捨てておくべき物を、なぜか温存していたわけで、今日のうちに気づいてよかった・・・。これと一緒に年を越さないとダメなところでした。ということで、明日、早速処分。

 しっかし、だいぶいろんなものを捨てたと思っていたけど、まだまだだったなと思いました。多分、もっと捨てる物があるはず。ということで、年末に向けて、また頑張ります。

 と、書きながら、今日の話、あんまり面白くないなと。とは言ってもそんなにネタもないんで、今日はこのへんで。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »