« 記念 | トップページ | 10年間 その1 »

2009年12月16日 (水)

画鋲

 おはようございます。

 昨日、帰りは自転車で帰ってくることができない(というか、車だともっとだめ)んで、どうせ自転車置いてくればいい、ということで、午後から雨が降るのは知っていたんですけど、行くときは雨が降っていなかったんで、そのまま合羽も持たずに自転車で通勤。

 帰りは、バスで帰ってきたんですが、8月の試験以来久しぶりにバスに乗りました。それはそうと、家の方に来るバス、近年、さらに不便になっているような気がするんですよね・・・。24時ちょっと過ぎに発車するバスもいつの間にかなくなっているし、22時台が最後のバスになってしまっています。

 それで、バスの話はいいとして、会社へ自転車で行くときに、1キロちょっと走ったところで前輪がペタペタいいはじめまして、何かくっついているんですよね。ガムか何かかなと思って取ろうと思い、タイヤを見ますと・・・。えっと、これ、画鋲じゃないでしょうか?まともに刺さっています。こんな感じ。

Nec_0001

 というか、このブログで画像を掲載するのも1年半ぶりかも・・・。

 それよりも、生まれて初めて、携帯電話で写真というものを撮りましたよ。

 こんな感じで、わざとくっつけたように刺さっているんですよね。ほんと、ものすごい確率です。なんて悠長なことは言っていられない。会社まであと4キロ残っているんですよ。しかも、刺さった場所は、バス路線の空白地帯で、自転車をそのへんに置かせてもらって、バスで行くなんていうこともできない場所なんです。

 さて・・・。これ、そのまま撤去(抜く)したら、確実に空気が抜けるわけです。うーん、と一瞬考えて、もう、そのまま行くしかない、空気が抜けたらそこから歩けばいいし、なんなら、うまくいけばバス路線のあるところまでたどり着けるはず。

 ということで、おそるおそる、前輪に違和感を感じつつ(ずっとペタペタいっていますもん)そのまま、気持ち早めに、でも信号がいつもどおりなんで、結局同じ所要時間で会社へ。

 えっとですね、そのまま空気が抜けることなく、会社に着いてしまいました。4キロもちました。

 で。自転車って、通勤だけでなく、仕事中、銀行やら金融機関に行くときも使うんですけど、空気が残っているんで結局乗ってしまったんですが、総延長2キロの「巡回コース」の中でも、やっぱり空気が抜けずに、同じようにペタペタいいながら走ってくれました

 そのあと、昼食を買いに・・・、なんですが、その時は雨が降っていたんで、歩いて行きまして、これは自転車を使わず。

 夕方、ちょっと乗ろうとすると、今度こそ空気が抜け始めていたんで、諦めたわけですが、そのあとは最初に書いた理由で、自転車で帰ることができなかったんで、そのまま置いてきてあります。どうせ、今日は車で会社に行って、そのまま自転車を積んでくる予定だったんで、ちょうどよかったのかどうなのか・・・。

|

« 記念 | トップページ | 10年間 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記念 | トップページ | 10年間 その1 »