« 23時 | トップページ | 更新しました(第666版) »

2010年3月 6日 (土)

今後のネタのために

 結局、長文を書こうとするんですが、やっぱり書けないというかなんというか。そういや、長文を毎週のように書いていたときもあったんですけど、その時書いた文って、結構長いこと、頭の中で寝かせていたネタなんですよね。

 ということで、しばらくは長文は書かないことにしよ・・・。でも、だいたい頭の中でまとまったら書きますけど。

 じゃあ、今日、何を書く?という話なんですが。

 なんかですね、ちょこっと頭に浮かぶことってツイッターに取られてしまっているんですよね。一応、あちらの方(といっても、日曜日にはまとめてこっちのブログに転記していますけど)も、1日1回は何か書き込んでいるんで、朝はブログ用のネタ、夜はツイッター用のネタ、ということで、何となく頭の中にあることでここに書いてもいい内容で、なおかつ文字になるっていう内容が、どんどんネット上に吸い取られていっているような気がするわけで、アウトプット過剰な状態なんかもな・・・。

 その割に、頭の中にインプットすることがないんかも。本も先週書いたのとはちょっと状況が変わって、たまには読んでいるんですけど、まあ、その本の内容を書こうとすると、結局は書いてはいけないことと絡めてしまうわけで、となるとやっぱり書けない。

 ということで、いずれ「経理関係」として、書こうと思っていることをメモ程度に書いておきます。

●商売上の上下関係と経理
 業者間の上下関係ってありますよね。でもこれって、経理っていう目でみると、逆転してしまうことがあるわけです。多分、流通業での仕入とかやっている人と、各業種の経理っていう人は、業者間の関係を全く違う目で見ているかもね、という話。

●形式知と暗黙知
 日本の製造業は暗黙知を形式知にすることで伸ばしてきた、ってなると経理は?という話。

●実行可能性と制約条件
 実は、この話を書きはじめて、結局訳が分からなくなって止まっている。

 多分、一番下はなかなか書けないんですが、一番上は今でも書けそうな気がする・・・、でもちょっとおかしなことを書いてしまいそうな部分があるんで、もうちょっとだけ頭に置いておきます。

 先日、本を2冊と時刻表を2冊買ってきて、1冊はすぐ読んだんですが、もう1冊。パラパラとは見ているんですが、やっぱり内容が税理士の発想だな・・・。税理士の経理指導って、確かに、その業界に8年半もいたんで、全く間違っているとは思わないし、総論は賛成なんですけど、各論を語らせると、総論をそのまま各論に持って行こうとしているんで、何か違うぞ?って思う部分が多いんですよね。

 こういう部分が見えてきた、っていうだけでも、会計事務所から普通の会社の経理に転職してよかったなと思う部分ではあるんですけど、普段仕事としてやっている内容が、もしかしたらものすごいマニアックな経理なんかもな・・・。でも、各方面からの制約条件を考えると、税理士の経理指導をそのまま当てはめると大怪我をする業種ではあるわけです。

 ということで、何となくまとまりのないまま、でも内容が内容だし、ということで「経理関係」のカテゴリーに入れておきます。

|

« 23時 | トップページ | 更新しました(第666版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 23時 | トップページ | 更新しました(第666版) »