« 更新しました(第669版) | トップページ | 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的5 »

2010年3月29日 (月)

第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的4

 ではつづき。その前に、日程を載せてから時間が経ったんで、2日目の日程を再度貼り付けておきます。

●3月21日(日)
 【豊川】8:24発-(普通)→【★平岡】11:36着(8分遅延)、11:57発(6分程遅延)-(特急伊那路1号)→【★温田】12:08着、13:12発(6分ほど遅延)-(普通)→【豊橋】15:54着(定刻)、16:03発-(新快速)→【大垣】17:31着

●2日目
 そんなことで、2日目は特に変わったこともないんで、一気に書けるかな・・・。

 この日は雨の予報だったんで、ほとんど駅の取材はしない予定にしていました。ほんとはこの日の天気がいい、っていうことだったら、1日目の夕方に豊川入りして、そこで泊まって、朝6時過ぎ(6時豊橋発)の列車からはじめて、2日間に分けたものを一気に終わらせる、っていうことができたんですけど、天気の都合でこれを「分割」する形になってしまいまして、そのため、豊川から中部天竜まで2往復する羽目になってしまいました。

 ほんとうは、中部天竜とか、あるいは平岡駅併設の宿泊施設っていう手もあったんですけど、まあ、手軽に予約できるっていう意味で、豊川まで戻っていたわけです。

 それで、どうせ疲れているし、あるいはそんなに慌てる必要もないし、っていうことで、朝食をホテルで食べてから、8時過ぎの電車で再度、中部天竜方面へ。この電車、他の電車よりも交換待ちとかでの停車時間が多いかも知れません。

 途中、そんなに雨は降っていない、というよりも雨は降っていないに等しかったんですけど、なんか霧がかかっている・・・、ってこれ、黄砂だったわけで。雨はともかく、やっぱりこの日に7駅を全部集中させなくて正解だったみたいです。気温も前日より低いし、歩くということを考えても、やっぱり前日の行動でよかったようです。

 それで、定刻通り中部天竜まで来たんですけど、そのあと、対向列車の遅れで中部天竜駅を9分遅れて発車。時間をかけて来た割りには平岡駅で滞在できる時間がそんなに長くないわけで、と言っても20分って駅取材における「標準時間」より長いくらいなんですけど、前日からの各駅の滞在時間を考えると、非常に短い。

 中部天竜を発車してから、割と遅れも取り戻したりするんですけど、結局、反対から来る列車も遅れているんで、その取り戻した遅れは結局戻ってしまうわけです。でもまあ、水窪駅で特急伊那路とすれ違い、それが中部天竜で、平岡から乗ろうとしている伊那路とすれ違うんで、水窪発車時点で両方向の列車が遅れていれば、まあ、平岡駅での滞在時間に影響を受けないだろうな(つまり、発時刻も遅れる)という予想はしていたわけですが。

 そうやって平岡駅着。時間があったら温泉に入ったりとかということもあるんですけど、この時間だと駅の取材をして終わり、という時間。

 それで、自由席特急券は既に豊川駅で買ってあったんで、そのまま乗車。検札に来た車掌さんに「あー温田でお降りですか。じゃあ特急券を頂きますね」と言われ、乗車から数分で自由席特急券は手元からなくなってしまい、山の中を通り、温田駅へ。それにしても、この景色で英語の放送が入ると、やっぱり違和感ある・・・。

 そうして温田駅に着き、飯田線の全駅取材は完成したわけです。ちなみに、平岡駅・温田駅とも雨が降った中で撮っていますので、中部天竜駅を過ぎて、水窪から飯田までの特急停車駅は、すべて雨の中の様子をアップすることになります。

 さて、雨のため大した散歩もできず、1時間ほど温田駅にいたあとは、一気に豊橋まで。一気と言ってもかなりの時間がかかるわけですが・・・。でも、なんか、頭の中で飯田線の駅が順番に並ぶようになってきたみたいです。次、6時間かけて一気に飯田線に乗ったとしても、全く退屈せずに、各駅で降りたときのことを絵巻物のように思い出すことができると思います。

 豊橋から新快速に乗り換えて、一気に大垣へ。こっちは本当に「一気に」と言ってもいいかも知れません。ちなみに、豊橋~名古屋まで、「区間全駅」としては東海道本線経由で繋いでいないんですけど、飯田線・中央本線・篠ノ井線・大糸線・北陸本線・東海道本線経由でなら繋がるみたいです。

 名古屋あたりまでは天気もよくて、もしかしたら美濃赤坂支線の取材をできるんじゃないかと思ったんですけど、結局、岐阜を過ぎたあたりから急に暗くなったんで、やめておくことにしまして、早めに大垣駅前のビジネスホテルへ。

 えっとですね、この時点まで次の日は養老鉄道かそれとも近江鉄道か迷っていたんですけど、やっぱり泊まっているところの真下で電車が発着するのを見せられたら、やっぱりね、ということで、養老鉄道にすることに決定。

 早く宿に入ったんで、時間もあったため、大浴場で風呂に入るだけじゃなく、1,000円でパソコンを借りまして、メールのチェックやらWebサイトのチェックなんかができたわけです。

 ということで、5分オーバーしつつも何となく書けたかな。そんなわけで、明日は3日目からはじめます。

|

« 更新しました(第669版) | トップページ | 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第669版) | トップページ | 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的5 »