« 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的4 | トップページ | 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的6 »

2010年3月30日 (火)

第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的5

 ではいよいよ3日目。と言っても今日はそんなに進まないかも知れません。日程がだいぶ流れていますので、日程を先に貼り付けておきます。

●3月22日(月・祝日)
 【★大垣(養老鉄道)】8:04発-(普通)→【★揖斐】8:28着、8:52発-(普通)→【★北池野】8:57着、9:02発-(普通)→【★美濃本郷】9:04着、9:16発-(普通)→【★池野】9:22着、9:45発-(普通)→【★広神戸】9:50着、10:00発-(普通)→【★北神戸】10:03着、10:33発-(普通)→【★東赤坂】10:42着、11:21発-(普通)→【★室】11:27着・・・(徒歩)→【★北大垣】12:03発-(普通)→【大垣】12:07着、12:11発-(普通)→【(★追加用)桑名】13:20着、13:43発-(普通)→【★播磨】13:46着、14:10発-(普通)→【★下深谷】14:14着、14:50発-(普通)→【大垣】15:59着、16:22発-(特急しらさぎ11号)→【金沢】18:50着

●経緯
 ということで、とりあえず、飯田線の7駅は「やっぱり気になるから」ということで、もともと想定していた季節より早くやってしまったんですけど、じゃあ、なんで養老鉄道をもって来たの?という話ですよね。

 もともと今回の旅は、熊本・鹿児島の路面電車に行こうかなというところから、可部線かな、岡山の宇野線・津山線かな?という、だんだんと西から東へ移ってきて、京都の京福電鉄まで来たわけです。

 それで、京都の京福電鉄で決まりかけていたんですが、ふと「飯田線論」が浮上して、飯田線になったわけですが、さて、2日間(うまくやれば1日)で7駅ですよね・・・。

 ここから「サイト作成の事情」が出てくるわけですけど、7駅補充したぐらいじゃGWまでWebサイトの更新が持たないわけです。4月に入ってからの7駅分しか在庫を持っていないのに、そこに7駅補充しても4回の更新ができない。そんなことから、もうちょっと仕入れてくる必要があるというわけです。

 それで、なんなら、最初にやろうと思っていた京福電鉄でも行く?ということが頭に浮かびまして、でも2日目、京都で宿泊も見つからないし、なんなら大阪のいつも泊まっているカプセルホテルへ行こうかどうしようか。どうせそこは心斎橋だし、「青春18きっぷ」も持っていないし、名古屋から「近鉄特急」っていうもんに乗ってみようかとか考えていたわけです。

 といっても京福電鉄も緑の多いところなんで、やっぱり緑が欲しいな・・・。とは言っても「緑が豊富な駅」は、既に「仮置き場」にアップしてあるし、気にしなくてもいいんですけど。

 と考えているうちに、草津線・信楽高原鐵道の「区間全駅」をやったときに、近江鉄道も面白いな、日帰りもできるし、そのうちやろう、と思っていたことを思い出して、「飯田線と京福電鉄」という、非効率な動きをするよりは米原付近でまとまったほうが効率的かなという結論になったわけです。

 そんなことで、その時点で候補が近江鉄道に変わりつつも、何となく京福電鉄の可能性も捨てていなかったのでした。

 そうして、滋賀県内で宿泊先を探していたんですけど、そろそろ大浴場のあるところで泊まりたいし(豊川のホテルにはなかった)、って見ていると、なんか駅から遠いところがほとんどで、駅から近くて、大浴場があって、値段もそこそこで、っていうところがどうも見つからない。

 例えば長浜に「あー泊まりたいかも」と思うビジネスホテルがあったんですけど、駅から遠いし、路線バスを調べたりしているとなんか1時間待ちとかだし・・・。

 実はですね、よく考えると滋賀県で泊まったことがないんですよね。日帰りできるところではあるんで、あるいは滋賀県に2日連続で用事があったときは、無性にカプセルホテルに泊まりたくなって大阪まで行ってしまったこともあるし・・・。だからこの機会に滋賀県で泊まってみたかったわけですけど、そういう事情でなんかすっきりしない。

 となると、もうちょっと範囲を広めるか?、ということで、京都は無理だし、岐阜県の大垣あたりまで広めると・・・。すぐに条件にあったところが見つかってしまいました。駅のすぐそばで大浴場もある。

 そんなことで、この段階では「近江鉄道を目的」にしつつも「大垣で泊まる」という羽目になったんですけど、えっと、じゃあ、近江鉄道でなくてもいいんじゃなかろうかと。

 近江鉄道って、家から日帰りということも考えうるわけで、しかも数回に分けるなら「北陸おでかけパス」を使って安く上げることも考えられるわけで、そこより数十分遠くなる大垣でせっかく泊まるなら、その地の利を生かさないわけにもいかない。

 ということで、そこには養老鉄道もある。ちょっとだけ気になっていた鉄道会社ではあるんですけど、乗ったこともないんですよね。

 それで、一応、いくつかのサイトを見てどんな駅があるかな?ということだけは、両社ともチェックはしておきまして、かといって深入りすると先入観を持ってしまうんで、深くは見ないことにして、出発の段階では「どっちでもいい」という状態にしておいたんです。そのため、時刻表は両方のものをプリントアウトして持っていました。

 そうやって大垣で泊まったわけですけど、泊まっている部屋の真下で養老鉄道が発着していますもんね・・・。こりゃ乗らんわけにいかん。ということで、養老鉄道になった次第です。

 ちなみに、揖斐方面と桑名方面、どっちを中心にやっていくか迷ったんですけど、緑が比較的乏しい時期でも遜色ない写真が撮れそうなのはどっちか?という観点で、揖斐方面を選びました。桑名方面もそのうち、緑が豊富な時期に行こうかと思っています。

 あと、「しらさぎ9号」と「11号」どっちで帰るかも迷ったんですけど、揖斐方面の全駅を撮って、あとは、桑名方面の往復ぐらいをできればいいな、という最初の目標+αぐらいをやるということと、ホテルで大浴場の朝風呂に入ったんで、家に帰ってから風呂に行かなくてもいい(家の風呂に入る)ということを考え、11号にしたわけです。

 ということで、3日目の経緯は終わり。旅行記上、今日は全く動きませんでした。

|

« 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的4 | トップページ | 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的4 | トップページ | 第五回飯田線・第一回養老鉄道:トピック的6 »