« 更新しました(第675版) | トップページ | 弥彦線・越後線・しなの鉄道:その4 »

2010年5月11日 (火)

越後線・弥彦線・しなの鉄道:その3

1日おきにでも旅行記を続けておこう。ということで、今日は旅行記。

-----------
今日の内容→太字の部分です。

●5月2日(日)
 【金沢】6:38発-(特急北越1号)→【長岡】9:26着、10:13発-(Maxとき309号)→【燕三条】10:24着、10:31発-(普通)→【★北三条】10:35着、11:09発-(臨時普通)→【★西燕】11:22着、11:38発-(臨時普通)→【★燕】11:42着、12:22発-(普通)→【★弥彦】12:46着、13:21発-(普通)→【★矢作】13:25着、13:56発-(普通)→【★吉田】14:01着、14:35発-(普通)→【★北吉田】14:38着、15:00発-(普通)→【★巻】15:08着、15:20発-(普通)→【★岩室】15:24着、15:43発-(普通)→【★内野西が丘】16:03着、16:24発-(普通)→【★越後赤塚】16:29着、17:13発-(普通)→【★越後曽根】17:17着、17:42発-(普通)→【★南吉田】18:07着、18:31発-(普通)→【吉田】18:35着、18:41発-(普通)→【燕三条】18:54着

---------------

●越後線へ

 そんなことで、弥彦線が臨時普通列車のおかげでかなり早く終わった(燕三条駅のみ、翌朝回し)、というよりも、臨時普通列車がなかったらこの日にやっていなかったんではないかと思われるんですけど、とにかく、ここから時間が空くので越後線を。

 というわけで、運転本数が「やや多い」、吉田~内野の間にある駅を。

 この区間は吉田~柏崎に比べると多いように見えるんですけど、でも全国的に見るとそうでもないようで、「行きつ戻りつ」やるにはちょうどいい運転間隔なのかなと思います。

 まずは北吉田。そこからどういう訳か、運転間隔が空かずに次の列車があるんで、そのままの方向へ進むわけです。

 各駅の詳しい状況は、いずれアップしますので、あまり書きません。それにしても越後線のこの区間って、この時間帯から6両の列車がバンバン走るんですよね・・・。(たまに組み合わせの関係で7両になったり5両になったりしますが)なんか、羨ましい限りで。

 その中で、行きつ戻りつやる段階で、急に内野西が丘駅まで行ってしまったりしていますが、これ、ちょっと順番を変えるとこの時間で全駅埋まらないということになるわけで、単純なようで実は順番を変えると成果が大きく変わってしまうという時間帯みたいです。

 さて、これらの中で、只今Webサイトのトップのページにある画像にも使っていますけど、越後赤塚駅が駅の裏に水田が広がっていて、なかなか素晴らしい風景でした。ちょっと歩いて駅の裏側、水田越しにこの駅を撮ってみたりもしています。

 あと、越後曽根駅ぐらいの時間帯になると夕日が映えてきて、駅の裏側の水田がなかなかよい風景でした。

 さて、ここから吉田駅に戻ると、今日の宿泊地、燕三条に向かう列車までちょっと時間が空いてしまう、ということで、ちょっと暗くなってきたことを承知で、南吉田駅を撮りました。運転本数が少なくなる区間に、ちょこっとだけ踏み入れたということです。

●宿泊

 そうして、暗くなってきた中、燕三条へ。

 健康ランドに泊まっていたときは全く考えなかったことなんですけど、意外と宿泊するときの夕食って困るもんなんですよね。

 燕三条駅の食堂はもう閉まっていたし、ということで近くのラーメン屋さん。

 そこでの夕食を終え、ビジネスホテルへ。この日は大浴場がある宿を選んでいます。5月2日という、一番混む日なんですけど、燕三条駅付近って結構選択の余地がありました。というより、この日、燕三条だから直前でも選べたんですけど、楽天トラベルの中では全く空いていない都市も結構あったぐらいで。

 そうして、寝ているとなんか気持ちが悪い・・・。どうも食あたりのようで、これ、その気になれば「食中毒」言えなくもない症状。

 まあ、食中毒っていっても、その人の体調とか、相性とか、いろんなもんが絡んでくるんで、一概に事業者が悪いと言えないわけで、今回は何となく原因となる食べ物はこれかなと思ったものがあるんですけど、詳しくは書きません。

 そんなわけで、翌朝、ちょっとゆっくりしようかなと思ったんですけど、早めに寝たおかげで、別に普通に起きたときには全く眠さもなく、普通に動けそうだったんで、朝風呂だけ諦めて、予定どおりホテルを出たのでした。

|

« 更新しました(第675版) | トップページ | 弥彦線・越後線・しなの鉄道:その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第675版) | トップページ | 弥彦線・越後線・しなの鉄道:その4 »