« 第二回養老鉄道:詳細(2) | トップページ | 更新しました(第686版) »

2010年7月24日 (土)

第二回養老鉄道:詳細(3)

 そういうことで続き。といいつつ、今日も早く終わらせたいんですが・・・、まあいいか。最後まで書こうと思います。

今日の内容は太字で示します。

●7月18日
 【金沢】5:41発-(特急しらさぎ2号)→【大垣】8:13着、8:43発-(普通)→【★美濃青柳】8:49着、8:55発-(普通)→【★西大垣】8:59着、9:16発-(普通)→【★大外羽】9:25着、9:47発-(普通)→【★友江】9:49着、10:20発-(普通)→【★美濃高田】10:29着、10:39発-(普通)→【★烏江】10:43着、11:25発-(普通)→【★石津】11:56着、12:13発-(普通)→【★美濃山崎】12:16着、12:53発-(普通)→【★下野代】13:09着、13:18発-(普通)→【★美濃松山】13:26着、13:36発-(普通)→【★多度】13:40着、13:57発-(普通)→【★美濃津屋】14:20着、14:42発-(普通)→【★駒野】14:48着、15:19発-(普通)→【★養老】15:31着、17:02発-(普通)→【大垣】17:26着、17:35発-(新快速)→【米原】18:10着、18:27発-(新快速)→【長浜】18:36着、18:41発-(普通)→【敦賀】19:19着、19:31発-(特急しらさぎ13号)→【福井】20:04着、20:38発-(普通)→【金沢】22:04着

●養老駅
 そういうことで、この日最後の取材駅、養老駅へ。わざとこの駅を最後にしたわけですが、つまり、時間調整をこの駅でやってしまおうということだったのです。

 それで、実はこの駅に15時31分に着いて、16時03分発と16時34分発があるのですが、それを見送って17時02分発に乗っています。

 お気づきかと思いますが、というより、ツイッターではその時に書き込んでいますし、Webサイトのトップページでもバレバレなんですけど、「養老の滝」へ行ってきたのでした。

 別に「観光をしよう」と思って駅を巡っているわけではないんで、養老の滝へ行く必要もなく、時間的に厳しかったらもちろん省略するつもりでしたが、まあ、このあとまわる駅もないし、どうせだし、ということで全く下調べなしで養老の滝へ行ったのでした。

 実は、ここで、16時03分発に乗ってしまうと大垣駅か米原駅で30分以上、時間をもてあますことになるし、16時34分でいいな、と思っていたんです。でも実際のところ、養老駅のまわりだけで1時間を過ごすのはきついし、かといって養老の滝まで行くと1時間じゃすまないわけで。

 ちなみに、16時34分発だと・・・
【★養老】15:31着、16:34発-(普通)→【大垣】16:58着、17:05発-(快速)→【米原】17:41着、18:03発-(新快速)→【敦賀】18:48着、19:02発-(普通)→【福井】19:53着、20:38発-(普通)→【金沢】22:04着

 となるわけで、ここでは敦賀-福井間の特急を利用する必要がなかったという話になります。(敦賀-福井間の特急を利用した件についてはあとで書きます。)

 さて、ほんと、駅に降り立つまでは養老の滝へ行くかどうか全く考えていなかったのです。もらったパンフレット(地図)には歩いて45分って書いてあるし・・・。

 駅の取材を一通り終え、案内を見ていると片道45分っていうことでもなさそうだし、まあ、行ってみるか・・・、と思って駅前を見るとずっと上り坂なんですよね。うーんこれを登るんか・・・・。

 でまあ、考えていてもしょうがないんで、ここから思っていた通りには帰られないのはどうだろう?まあいいか、ということで、その坂を登っていくことにしました。

 ということで、何となく町の中にある駅から「有名な滝」まで、平坦な道というはずもなく、まずは車道を上っていきまして、そのうち駐車場へ。公園のようになっていて、子供や大人が養老の滝から流れてくる水に入って遊んでいたり。

 そこからは車から降りた人達も歩き出すので、人通りが多くなりまして、何となく観光地らしい雰囲気に。それにしても汗がすごいこと・・・。もうねTシャツがビチャビチャで、すごく重い状態。

 そのような中、さらに坂を上がっていくんですが、しばらくすると何となく山登りかい?という雰囲気になってきました。それで「滝へのリフト」なんてあったんですが、そんな、リフトを使うほどでもないだろう、と思っていたら、そこを過ぎてからさらに山登りの雰囲気になってきまして、つまりきつくなってきたわけです。

 そうやって山を登っていくと、ようやく滝がありました。華厳の滝とか、そんなすごい滝でもないんですけど、やっぱり滝のまわりは涼しい・・・、でもそれ以上にTシャツがビチャビチャです。

 ちなみに、デジカメを見ると、駅画像最後が15時53分、滝画像の最初が16時27分なので駅から歩いて35分弱ということになります。下りが滝画像の最後が16時38分、駅に着くと列車が既に入っていたので17時前として、今、デジカメと実際の時刻に10分の差(デジカメが10分早い)あるので、下りは30分程度ということみたいです。

 そんなことで、下りは滝から流れてくる川の、行きで通った道との対岸を通ったんですが、こっちは売店などもなく、ほとんど人がいなくて歩きやすかったです。

 さて、駅に着きまして、着替えようかなと思ったらもう列車が来ていました。これに乗らないと30分待ち時間があるんで、もう駅の取材もしたしいいか、ということで飛び乗りまして、大垣へ。

 大垣でもそんなに時間が無かったんですが、トイレでTシャツの着替え。いやほんと、Tシャツをもって来てよかった・・・。

●大垣から金沢
 そんなことで、日帰り独特の慌ただしさで帰路につくわけですが、やっぱりここで泊まってもよかったかな・・・、と思いつつ、列車へ。

 この時間の場合、大垣から敦賀まではわざわざ特急に乗らなくても、普通列車乗り継ぎの方が早く着きます。そういや、昔、名古屋で用事があったときもそんな乗り継ぎをしたな、と思い出しましたが、しらさぎの運転本数の関係と、あと、大垣だと新幹線で追いつくわけにもいかないということからそんなことになります。

 それで、なぜか米原から乗る新快速が長浜行きなので、長浜でさらに乗り換え。って、この電車小浜線の電車じゃないですか・・・(125系っていうやつ)。確かに北陸本線で走っているとは聞いていたんですが、実際に乗るのは初めてでして。

 ほんと、速度制限を受ける小浜線と違って、この列車ってスピード出せたのね、というぐらい普通に走ってくれまして。

 しかも敦賀駅到着が1番のりば、ってそれ、小浜線のホームやし。何となくいろんな気分で小浜線の感覚になりつつも、敦賀駅着。

 さて。ここから実は3つのコースに分かれます。

◎実際に乗ったコース
 【敦賀】19:19着、19:31発-(特急しらさぎ13号)→【福井】20:04着、20:38発-(普通)→【金沢】22:04着

◎最高級コース
 【敦賀】19:19着、19:31発-(特急しらさぎ13号)→【金沢】20:53着

◎エコノミーコース
 【敦賀】19:19着、20:07発-(普通)→【福井】20:58着、21:55発-(普通)→【金沢】23:28着

 さてと。毎度お馴染みのコース制なんですけど、これ、18きっぷとか鉄道の日きっぷなんかを持っているともちろん「エコノミーコース」を選ぶわけです。実際、養老の滝へ行く時、金沢着が23時半近くになるな・・・、って思ったぐらい、もともとこれを前提にしていました。しかもこのコース、昔よく西の方から帰ってくるときに使った乗り継ぎでして、それも懐かしいなということで考えたわけです。どうせ次の日は休みだし。

 それと、まあ、「最高級コース」といっても実は500円ちょっとしか違わないわけで、乗車券部分は変わらなくて、特急料金が1区分上がるだけなんで、そのまま金沢までいってしまってもよかったんですよね。

 しかしまあ、この場合、夕食を食べるところがなくなるんで、どうせ金沢に着いてから食べる、っていうことは結局のところ時短効果がない、ということです。

 つまり
◎最高級コース
 メリット:早く帰れる。乗車券部分は結局同じなんで、そんなに高くない。
 デメリット:金沢に着いてから何かを食べるんで、家に着く時刻は実際に乗ったコースとほとんど変わらない。

◎エコノミーコース
 メリット:敦賀・福井でそれぞれ時間があるんで、夕食を食べる時間はたっぷりある。また、昔懐かしいコース。それと特急料金は不要。(これが18きっぷなどを使うとなると、運賃部分も追加が不要になるんで、実際に払うお金は大きく変わる)

 デメリット:帰りが大幅に遅くなる。家に着くと日付が変わるぐらいになるんで、生活リズムが乱れる。

 とまあ、メリットデメリットをいろいろと検討しつつ

 1.福井でうどんを食べる時間ぐらいは取れる
 2.それなりの特急料金で済む
 3.福井から金沢まで新しい普通列車に乗ることができる
 4.帰宅が22時半ぐらいになるんで、風呂に入って23時前には布団に入ることができる→生活リズムが乱れない

 ということを判断して、敦賀-福井間だけ特急に乗りまして、養老の滝での遅れをその区間の特急で追いつくということにしました。

 そんなことで、敦賀で自由席特急券を買い、改めて改札内へ。福井で一旦改札を通り、うどんを食べて再び改札へ。福井から新しい普通列車で金沢へ・・・、

 って流そうと思ったんですが、なんか森田駅、変わっていません?。金沢方面のホームにある待合室の建物がなくなっているみたいです。暗くてよく分からないのと覚悟していなかったので分からなかったんですが・・・。

 大学に通っていたときの利用駅だったんで、この待合室って結構思い出があるんですけどね・・・。去年の夏に「再取材」で行った時はそのままあったんですけど、それからホームのかさ上げ工事の影響でなくなってしまったようです。

 通学でいつも乗っていた金沢-福井間に新型の普通列車が走り出すということで、世の中、ようやく変わったなと思ったんですけど、駅の設備にまで大きく影響を与えていたようです。

 ということで、どうにか旅行記としては終わったことにしますが、あとは気が向いたらツイッターの記事をまとめておきます。ツイッターの方では今回、初めて各駅の感想を書くようにしてみました。

|

« 第二回養老鉄道:詳細(2) | トップページ | 更新しました(第686版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二回養老鉄道:詳細(2) | トップページ | 更新しました(第686版) »