« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(2)

 それでは続き。

●8月28日(土)

 【金沢】7:53発-(普通)→【高岡】8:32着、9:09発-(普通)→【富山】9:28着、9:38発-(普通)→【直江津】11:37着、12:24発-(北越急行普通)→【十日町】13:10着、13:29発-(普通)→【★内ヶ巻】13:52着、14:21発-(普通)→【★魚沼中条】14:39着、15:24発-(普通)→【★越後岩沢】15:35着、16:07発-(普通)→【★下条】16:13着、16:33発-(普通)→【越後川口】16:50着、17:13発-(普通)→【宮内】17:30着、17:35発-(普通)→【柏崎】18:13着

 今日書く内容は太文字の部分です。

●直江津駅

 そうやって直江津駅に着きまして、まずやるべきことは・・・昼食。

 直江津駅だと、一旦改札を通り、駅前に出るとそば屋さんがあるんで、そこでそばを食べるのが習慣になっています。それで、いつもの通りカレーうどん・・・、

 と思ったんですが、この前も書いたようにどうも最近、カロリーとタンパク質に気をつけるようになってからそば派になりつつある昨今。結局、にしんそばを頼んでしまいました。

 で、そういや直江津駅でうどんなら何回も食べたことあるけど、そばは初めてだったなと思いつつ。

 その次にやるべきことは、北越急行の乗車券の入手。

 なんか、性格的に車内精算とか、降りたときの精算が可能だとしても、どうも先に清算を済ませておかないと不安になるわけで。バスだって、最近はICカードになったんで特に問題はないんですけど、現金で払っていたころは降りるところまでの運賃を両替して握りしめていないと不安だったし・・・。(運賃が分からない場合はだいたいの運賃を予想して握りしめていた)

 で、指定席券売機をいじってみたんですが、犀潟→十日町、ってやるとどうも柏崎・宮内・越後川口経由で出てしまうんですよね・・・。試しに直江津からやってみると、その場合は「行き先」として北越急行の十日町駅が出てくるんですけど、犀潟からにするとJRの十日町駅しかでてこない。まあ、嘘じゃないし、直江津から買ってもいいんですけど、あえてその直江津-犀潟間に有効な「青春18きっぷ」を持っているのに、改めてプラス190円のきっぷを買う必要もないし。

 それで窓口へ行って見たんですが、結局のところ犀潟-十日町・北越急行経由ってJRの直江津駅じゃ出せないらしい。

 でも去年、六日町までのきっぷを買ったけど、どうしたんだったろ?と思ったら、去年は魚津から直江津まで特急に乗ったんで、そこからJRについては犀潟まで買っても一緒だろう、っていうことで、魚津から六日町まで通しで、金沢駅できっぷを買ってしまっていたのでした。

 っていうことで、目的のきっぷを用意できないまま、入ってきた北越急行の列車に乗車。

 折り返しで運転手さんが車両を移動し、ちょっと席を外して戻ってきたようだったんで、きっぷを売ってもらおうとすると、ようやくそこで買えました。ただし「きっぷ」でなくて、運賃精算済証に、手書きで「犀潟~十日町」って書かれたやつでした。

 そんなことで、ようやく十日町までの清算が終わったわけです。っていうか、5分ほど前に柏崎方面への普通列車が出ていたんで、それに乗って犀潟まで先行して、犀潟駅の自販機で十日町まで買う、っていう手もあったんですが・・・・。

●直江津~十日町

 とりあえず、北越急行の列車で信越本線犀潟まで進み、そこから北越急行へ。そういや、東京へはかなり長いこと行っていないんですけど、北越急行自体は毎年、何らかの形で乗っているなと思いました。

 そうして、トンネルの中の信号所に交換のため停車したりしつつ、十日町に着。何となく空いていた車内でしたが、十日町から割と乗ってきたみたいです。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(1)

 では、早速詳細に入って参ります。

●8月28日(土)

 【金沢】7:53発-(普通)→【高岡】8:32着、9:09発-(普通)→【富山】9:28着、9:38発-(普通)→【直江津】11:37着、12:24発-(北越急行普通)→【十日町】13:10着、13:29発-(普通)→【★内ヶ巻】13:52着、14:21発-(普通)→【★魚沼中条】14:39着、15:24発-(普通)→【★越後岩沢】15:35着、16:07発-(普通)→【★下条】16:13着、16:33発-(普通)→【越後川口】16:50着、17:13発-(普通)→【宮内】17:30着、17:35発-(普通)→【柏崎】18:13着

 今日書く内容は太文字の部分です。

●金沢~直江津

 いつもは駅に着くまでにどうしたこうした、というところから始まるんですが、今回は特に印象もないんですよね。家を出る時間こそ、いつもよりかなり早いんですけど、起きる時間は普段通りだし、ほんと、特に変わったこともなく金沢駅へ。

 それで、列車に乗ってから泊行きなのに高岡で降りてしまっています。これ、高岡~泊の間の好きな駅で乗換をすればいい、っていう感じになってしまっているわけです。

 ただし、高岡~呉羽の間で降りてしまった場合は、富山で乗り換えねばならない、という条件が付いていまして。

 それで、今回。一昨年に水橋駅を撮り直しまして、同じく大雨の中撮ってしまって掲載したままになっている東富山駅とか、かなり気にはなっているんですけど、今回は「再取材」は考えないことにしまして、高岡駅で下車。

 この駅、かなり工事が進んでいるようで、ちょっとどんな感じになったか見てみたかったんですよね。なんせ、このサイトにとって高岡駅は切っても切れない縁でして、この駅をご紹介するページが「文字だけの旅行記のサイト」から「駅の写真をご紹介するサイト」へ変化を遂げたきっかけとなる駅だったわけで。

 というわけで。

 1)跨線橋は完全に新しくなっていた。
  橋上駅になるんですが、橋上駅の「改札内」の部分が跨線橋となっていました。

 2)新「7番のりば」使用開始
  氷見線のホームがちょっと寂しいところにあったんですが、(現)改札前のホームのようなそうじゃないところが、氷見線のホームとなっています。これがついこの前使用開始になっていました。

 というわけで、つまり、改札口に一番近い「新7番のりば」が改札前のホーム。で、橋上駅としての「改札内」の部分が今の跨線橋。最近のJR西日本の駅にありがちな、階段がそんなに広くないパターン(例:福井駅・小松駅)。

 という条件を重ね合わせると、将来的には7番のりばに向かうためだけの階段が、今のところ各ホームから今の改札口に向かうための階段として使用されている・・・。

 って、今、改札口に向かう階段、狭くないですか・・・?それも、階段降りたあともなんか窮屈だし。

 この階段、氷見線のホームに向かうための階段だとすれば(将来的にはそのためにしか使われない)十分かと思うんですけど、今のメインの階段としてはちょっと狭いかもなと思って見ていました。

 3)南口(裏)は仮設駅舎使用中

 4)北口(表)は今までと変わらない。
  つまり、跨線橋を上がってなんか今までの高岡駅と違うぞ・・・、っていう、不思議な感覚になったあと、改札を通ると「やっぱり高岡駅だ!」っていう、以前の感覚に戻るわけです。

 というのが今現在の高岡駅の様子でした。

 という部分を全く写真も撮らずに観察したあと、富山行きの普通列車へ。ここでまたもや「食パン」というわけで、そろそろ乗り納めだと思ったらやたらと乗る機会が増えているわけです。

 富山からは、高岡までと同じ413系。この列車こそ、まだ当分の間は残るんだろうな・・・。

 そうやって直江津まで行ったわけですが、これまた印象にないわけで、とりあえず暗記すべきものを見ていたと思います。やっぱり2週間前と同じルートだと、ほんと、「いつものルート」っていう感じです。

 そんなことで、続きは明日以降。

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

第一回飯山線・第二回越後線:日程

 そんなことで、さっきまでの旅行記を。そんなに複雑な日程でもないので、今日は日程を書きます。

 取材駅は「★」で示します。なお、取材済駅で追加で写真を撮った駅は「☆」で示します。

●8月28日(土)

 【金沢】7:53発-(普通)→【高岡】8:32着、9:09発-(普通)→【富山】9:28着、9:38発-(普通)→【直江津】11:37着、12:24発-(北越急行普通)→【十日町】13:10着、13:29発-(普通)→【★内ヶ巻】13:52着、14:21発-(普通)→【★魚沼中条】14:39着、15:24発-(普通)→【★越後岩沢】15:35着、16:07発-(普通)→【★下条】16:13着、16:33発-(普通)→【越後川口】16:50着、17:13発-(普通)→【宮内】17:30着、17:35発-(普通)→【柏崎】18:13着

●8月29日(日)

 【柏崎】6:31発-(普通)→【★妙法寺】7:09着、7:21発-(普通)→【★出雲崎】7:27着、8:02発-(普通)→【★寺泊】8:19着、8:54発-(普通)→【★桐原】8:58着・・・(徒歩)→【★小島谷】10:59発-(普通)→【☆越後赤塚】11:54着、12:10発-(普通)→【吉田】12:30着、12:35発-(普通)→【柏崎】13:43着、14:22発-(特急北越6号)→【直江津】14:46着、14:51発-(普通)→【富山】16:54着、17:07発-(普通)→【金沢】18:11着

●成果
 飯山線 十日町-越後川口間 完成(飯山線としての十日町駅は「仮置き場」に掲載済。越後川口駅は上越線として掲載済)
 越後線 残っていた5駅の取材が終わり、柏崎-吉田間が完成。

●使用きっぷ
 青春18きっぷ2回分
 北越急行 犀潟-十日町間(車内精算)
 柏崎-直江津間 乗車券と自由席特急券

 そういうことで明日以降、また詳細などを書いていきます。

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

柏崎市内

ということで、今日の成果は、飯山線の十日町から越後川口の間にある4駅です。
明日は越後線の残りの駅です。
詳しくはツイッターで書いているのでこちらはこのへんで。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

更新しました(第691版)

 今回の追加駅・・・養老鉄道 友江・大外羽・烏江の各駅。

 そんなことで、だんだんと雰囲気が変わってきて、烏江駅なんてかなり面白いところにある駅ではあります。

 でまあ、曇った写真が続きますが、そのうち晴れてきますのでご安心を(?)

 今回は烏江駅の写真を少し多めにしてあります。かつての「気になる駅」コーナーの扱いでもいいかなという駅ということで。

****

 で、本日更新しましたのは、明日からちょこっと出かけてくるためで、帰ってきてからバタバタしないように、今日のうちの更新しておきます。

 行き先ですが、新潟県方面。基本的に日帰りで行ってもいいのではないだろうか、というところを2箇所いってくる形になります。まあ、1泊するんで、日帰り×2より出発時刻と帰宅時刻を楽にできるかな、といったところです。

 一つは新しいところを始めます。というよりも、両端は別の路線と、仮置き場でやっていまして、その間の4駅ぐらいを撮ってくるという感じです。「新しいところ」と言っても、一部仮置き場にある路線です。

 もう一つはGWに行っていて、ちょっとだけ抜けていたところの補足。はい、分かりますね。

 そんなことで今回は朝の5時前に家を出るとか、そんなことはしませんが、いつもより10分ぐらい早く起きればいいかなという程度(ただし、家を出る時刻は普段会社へ行くより大幅に早い)。この前みたいになんか疲れたまま1週間を過ごすということにはならないと思います。

 ということで、メールの返事とか、ブログのコメントの返信とかうんたらかんたら・・・・。1泊2日なんで、もう、どうでもいいです。はい。基本的にPCは触りませんので、それ相応の対応です。

------------

 この記事はWebサイト「区間全駅ネットワーク」の更新を行った際にその内容をお知らせするものです。この記事を書いてからおおむね2週間以内は、「区間全駅ネットワーク」トップページから直接、今回追加した内容を御覧頂けます。それ以降は「それ以前の更新内容」を御覧頂くか、目次からたどって頂くことになります。

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

個別事情

 旅行記も一段落して、何となくわけの分からないことを昨日書いて、さて。

 そろそろ試験勉強の話書いていいですか?と「ダメ」という人もいないんで、(書いている段階では誰もとめる人がいないので)書いてしまうんですけど、今回はちょっと一般論。

 ここで試験勉強の話を書くときに、目標勉強時間を設定して、それに対する進捗割合を書いていると思います。それと、今月初めにあった今年の試験って「受かるつもりがなく」受けたとちょくちょく書いています。

 つまり、この(1)時間を目標にする(2)受かるつもりがなく受ける、って実は一般的にはやってはいけないことなんですよね。

 ただ時間をかければ受かるってもんじゃないし、受かるつもりで受けなければ、うまくいくはずもなく、来年も受からないのがオチ。

 なんていう話になるんです。

 で、ちょこっとそれを正当化しておこうかなという話。あくまで、万人にあてはまるわけでなく、一般的には時間だけを目標にして勉強をするのもよくないし、受かるつもりがなく受けるのも絶対によくないと思います。ただし、ある条件下ではこれもなかなかいいもんですよ、ということをまとめます。なお、何となく今まで断片的に書いてきたこととかなりの部分が重複しますので、真新しい話ではありません。

(1)時間を目標にする件

 これはですね。端的に言うと「何をしようが、時間を確保しないと始まらないよ」という話。

 もちろん、時間だけを目標にやっても受かるはずがないんです。短時間しかないなら種々の工夫をして、短時間でマスターすべきものなんですが。

 でも、例えば一般的に600時間かかるといわれていて、実際は最低1,000時間かかるのが当たり前と言われている試験があったとしましょう。これをじゃあ、種々の工夫をして200時間で収めることってできるか、という話なんですよね。

 ここでは、多分、種々の工夫をして600時間という次元だと思うんです。いくら工夫をしても、破格的に短時間でできるはずがないということ。

 それと、時間を目標にして、ある程度の時間を確保してやっていくと、だいたい、頭の中に考えていたことでやろうと思っていたことができてしまうんですよね。

 いくら計画を立てても、それに見合った時間を確保しないと、その計画って絵に描いた餅、となると、ある程度時間を確保さえすれば、手元にある教材をそれなりにこなしていくと、絵に描いた餅の計画よりもずっと効果があるわけで。

 つまり、工夫をするにしても、計画を立てるにしても、時間を確保しないと話が始まらない。っていうことで、第一段階として時間を目標にするのは正解だと思うわけです。時間さえ確保すれば、あとはどうにかするから、という世界です。

 日本人的なひたむきな努力を推奨するわけでもないですけど、ある程度は地味な部分って、何かをやり遂げるには必要なわけで、まずは時間を確保しよう、ということです。

(2)今年の試験は受からない

 この前読んだ勉強方法の本。いろいろ書いてありましたけど、確かに、この試験を受けている人の中では「常識」的なことがずっと書いてあるだけで、そんなに物珍しい話でもなかったんですが、結局のところこの本のメッセージって「諦めてはいけない」ということだったわけです。つまり、受かるつもりで受けなければならない、ということでした。

 何度も書いていますように、この試験って、必要な努力さえすれば全員受かるわけでもなく、受かるためにはある程度の運と、試験委員との相性なんかが左右してくるわけで、諦めなかったら絶対にその年は受かる、っていうわけでもありません。(ただし、ちゃんと正しい方向に努力して諦めなかったらいずれ(いつか)受かる試験だとは言われていますが・・・)

 で、今年の試験。この本のメッセージとは正反対に、落ちることを前提に受けました。この本のメッセージに背いたことになります。

 とは言っても、今年の試験の行動って、個人的には悪くなかったと思っているんですよね。もちろん、今年のこの科目の試験って一般的な努力が報われない、おかしな問題だったし、このまま努力を重ねていても受かっている可能性は低かった、っていうこともあるんですが。

 実はこの科目、かなり前に何度か受けているわけです。で、近年も途中まで勉強しかけては途中でやめているんです。(別の科目やっていたし)

 つまり、何度かやっているけど最後まで行き着いていないっていうことを繰り返していたわけです。

 これは、試験が近づくにつれて「どうせ間に合わないし、来年やればいいや」ということをやっていたからです。

 で、今年はともかく

   計算はある程度できるようにする
   送られてきた教材のうち、計算問題は全部手をつける
   音声の講義は全部聴く

 なんていう部分が今までできなかったのに今年初めてできたというところ。

 だからある程度の達成感はあった年なんです。つまり、今まで最後まで行き着かないという意味で失敗していて、今年もそうなりかけていた。で、どうにかしようと思ったときに、今からじゃ全部やれない、で、残された期間の中である程度の達成感を得られて、来年に繋げることができるのはどの範囲か、っていうことを考えた結果が今年やった範囲だったんです。

 もちろん、「どうせあと1年あるし」と思っていたら最後までやらなかったんですけど、「来年はもう1科目追加するから、この科目をみっちりできるのは8月いっぱいまでだよ」と言い聞かせてきたのも、今年の達成感に繋がっていたと思うんです。

 つまり

  今まで最後まで行き着かなかった
  去年受かった勢いが残っていた
  来年は1科目増やすんで、仮に受からなくてもある程度までは仕上げる必要があった

 なんていう条件があって、「受からない予定の試験」でもそれなりに前へ進めたということなんです。

 だから、一般的には「今年受からないつもりの試験勉強」っておすすめできません。ある条件下でしかこれがうまくいかないというわけです。

 って書いていて、結局何年やってもこの科目受からなかったら恥ずかしいしな・・・。今年の達成感って何だったの?っていう話になります。

 でまあ、今年新たに増やす科目も実は「来年受かる予定でもない」っていう科目だったりしますけど、これもある程度強制力のある達成目標を作っておりまして、これがうまく働けばいいなと思っております。

 そんなことで、今年はちょっと一般的には「×」とされている勉強方法だったので、あえてその方法を採った理由を自分の中の整理としてまとめておきました。

 そういうことで、またもやしばらくの間は試験勉強の話はお休み、のはず。

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

用語

 そんなことで、旅行記も終わったんで、しばし普通のブログに戻ります。

 ただ、青春18きっぷが見事に3回分余ってしまっているんで、今週末こそはどこかへ行かねばなりません。仕事の方は多分、順調だと思うんで、先週出た分は取り返せそう。

 しかしまあ、時折、どこかの大きな会社に税務調査が入って、増差が出た(つまり、追徴になったか、繰越欠損金が減った)っていうニュースを読みますけど、なんか「週間こどもニュース」を見ているような、まだるっこしい説明なんですよね。というか、なんちゅう表現や、と思ってしまって、肝心の中身が頭に入ってこないわけです。

 まず、度々書いていますけど「申告もれ」っていう言葉自体、ものすごい違和感がありまして。何が漏れたんだろう、っていう話。

 そりゃ、申告する課税所得金額が少なかった、っていうことは漏れたっていうことなんかな・・・。

 相続税では財産を一つ一つ申告するんで、何かが抜けたらそりゃ「申告もれ」ですけど、まあ、法人税だったら、決算書はいいとして(ここで「決算書」という表現もほんとうは正しいのかどうか)、申告書で加算したり減算したりするのを漏れていた・・・あー申告もれか・・・。 

 とにかく「申告もれ」っていう言葉に違和感を感じるわけです。

 それと、中身を見ていると「経費」っていう言葉もね・・・。

 たしかに、このブログも過去のものでタイトルで堂々と「経費科目」っていう言葉を使っていますんで、何とも言えないんですが。(その時は一般の方でも読めるようにという意味でその言葉を使った。)

 法人だと、損益計算書までの段階だったら「費用」だよな・・・。で、法人税の申告書の段階では「損金」だし。

 「経費」って言ったら、製造原価のうち、材料費でも労務費でもない部分だし。

 あるいは個人事業の場合は「必要経費」っていう言葉があるんで、そっちだと「経費」か。

 でも一般的に「経費」って言う言葉の方が通りやすいのは事実だし。「損金」って書いてもなんのことか分からなくなるし。「税務上の経費」なんて言葉、正確じゃないんですけど、実際は説明上、使ってしまうしな・・・。

 けど、例えば「収入」って言う言葉も、旅行業の会計上は「売上」とか、入金があった金額と全く別の意味を持つし。(ほとんど「粗利益」(「売上総利益」)に近い意味になると思う)

 そんなことを言ったら「売上げ」と「売上」、「仕入れ」と「仕入」って意味が違うんですよね・・・。送りがなが付く方が消費税の言葉で、付かない方が会計上の言葉。

 つまりですよ。

  企業会計の言葉(さらに、これも各法律等よる制度上と会計理論上では違っていたり)
  法人税の言葉
  所得税(事業所得)の言葉
  消費税の言葉
  各業種会計上独特の言葉
  マスコミ用語
  銀行での言葉
  その他

 そのあたりが似たような言葉を違う意味で使っていたりするんで、話がややこしくなるわけで。

 そんなことで、自分でも会計が専門でない人に話す時って「なんか変な言葉を使っているな」と思いつつ、あえて違う(一般受けする)言葉で説明するときもあるし。

 で、何の話でしたっけ?あー「申告もれ」で「経費」って言う言葉を使っている記事を見ると、違和感がある、っていう話か。

 でも「申告もれ」も「経費」も、マスコミ用語としてはそれなりの定義がされているような気がしてきた。会計用語とか税務用語だと思わずに、「マスコミ用語」という全く別の「言語体系」で税務調査の結果が書かれていると思えばいいんか。やっと分かった。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

甲府方面:詳細(6)

 では続き。多分今回で最後まで書けるはず。

●8月15日(日)
 【★(一部だけ取材)甲府】6:22発-(普通)→【★初狩】7:05着、7:26発-(普通)→【★大月】7:32着、7:44発-(普通)→【★(ほとんどこの時に取材)甲府】8:38着、9:32発-(普通)→【★新府】9:50着、10:05発-(普通)→【★穴山】10:09着、10:46発-(普通)→【★長坂】10:57着、11:29発-(普通・松本着12:52・発13:26の停車中に昼食などのため一度下車)→【長野】14:40着、15:16発-(普通・妙高)→【直江津】16:54着、17:33発-(普通)→【富山】19:25着、19:52発-(普通)→【金沢】20:54着

 今日書く内容は太字の部分です。

●長野~直江津

 そんなことで長野駅に着きまして、イコカを使って自販機で水を買い、改札内のトイレへ。この駅につくたびにこのトイレを利用しているような気がするんですけど、そういや最近、長野駅に来ることが多いです。

 多分、一時期の大阪駅とか岡山駅への出現頻度に近いものがあるわけですけど、代わりに滋賀県より西に行くことが少なくなったなと。

 工事中の長野駅ではありますが、特に改札を通ることなく、列車を待ちまして、入ってきた「妙高」の列車。車内清掃が終わるまで待たされて乗車。

 ほんとね、今回、この「妙高」に乗りたかったわけですよね。特に何があるというわけでもなく、もちろん初乗車でもないんですけど、ゆっくりしたかっただけ。

 去年、何度か長野→直江津という列車に乗っているんですけど、「妙高」には乗れずに普通列車ばっかりで、途中まで立っていた記憶があるんで、ゆっくりと寝たかったわけで。

 金沢着を20分ぐらい遅らせれば、飯山線の駅を1駅取材できるぐらいの時間があったわけですけど、今回は「妙高」でゆっくりすることを取りました。

 そんなことで、ゆったりと座って直江津へ。

●直江津~金沢

 そうやって直江津に着いてから、ちょこっとだけおつまみ程度の食べ物を買い、富山行きへ。そういや、この列車、419系だった・・・。もうそろそろ乗れなくなるんですけど、今回は割とお世話になりました。

 北陸本線に入ってしまったんで、特に外の景色も珍しくないんで、試験勉強の暗記物を見ながら、あるいは所々寝ながら富山へ。

 そして、仮設駅の富山駅。なんか、改札を通るときの気分が今までと違う、と思ったら自動改札じゃないんで、堂々とみんなと同じ改札を通れるわけですね。脇の有人改札を申し訳なく通る必要もないわけで。なんか、すっきりしたものを感じました。

 そして、いつもはうどんを食べているんですけど、今回はそば。「うどん派」だったんですけど、ちょっとタンパク質とかに気をつけるようになってから、どちらかというとそばを食べることが多くなって来た今日この頃。2食続けてそばを食べてしまいました。

 そこから、金沢方面の普通列車。特にここまで来ると変わったこともないんで、いつもどおり帰ったわけです。

 ということですが、ちょこっと付録。

●「区間全駅」の区間設定

 小淵沢~大月まで繋がったわけですが、小淵沢-甲府間と、甲府-大月間に分けて「区間」を設定します。

 その先ですよね・・・。2年前に甲府までやるか、大月までやるか、その先までやるかということを書いたと思うんですが、2年経ってようやく大月まで到達。

 ほんとうは飯田線に力を入れていなかったら、去年あたりにやっていたはずなんですが。

 さて、この続きなんですけど、この先へ行くと神奈川県、そして東京都に突入してしまうわけです。そう、「区間全駅」としては東海道本線経由で、あるいは上越線・高崎線経由で東京都に入るんじゃなくて、大糸線・中央東線経由で行ってしまいそうになっているわけで。

 そういや、東京から在来線経由で行き来する時って、中央本線・大糸線経由になることが多いなと改めて思いました。

 さて、一応ですが、この先も面白そうな駅も多そうなんで、八王子ぐらいまでは繋げたいなと考えております。

 そして、上越線・信越本線経由(横川-軽井沢間はおいといて)で高崎まで繋がっているんで、八高線経由で繋げると面白いかなと考えています。(でも、そうなったら高崎-倉賀野間ってどうやって設定するんだろ・・・)

 というわけで、大糸線・中央本線経由で東京都内へ行くきっぷがあれば、大月から一駅ずつ降りていけるわけで、ちょっとそのあたりも考えています。(首都圏往復フリーきっぷが使えないですけどね)

 ただし、いつになるか分かりませんので、また2年後になるかも知れません。

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

甲府方面:詳細(5)

 それでは2日目の続きです。あと1~2回かなと・・・。

●8月15日(日)
 【★(一部だけ取材)甲府】6:22発-(普通)→【★初狩】7:05着、7:26発-(普通)→【★大月】7:32着、7:44発-(普通)→【★(ほとんどこの時に取材)甲府】8:38着、9:32発-(普通)→【★新府】9:50着、10:05発-(普通)→【★穴山】10:09着、10:46発-(普通)→【★長坂】10:57着、11:29発-(普通・松本着12:52・発13:26の停車中に昼食などのため一度下車)→【長野】14:40着、15:16発-(普通・妙高)→【直江津】16:54着、17:33発-(普通)→【富山】19:25着、19:52発-(普通)→【金沢】20:54着

 今日書く内容は太字の部分です。

●諏訪湖花火と・・・(長坂~長野)

 そんなことで、長坂から長野行きの列車。席でも確保して、マッタリと座っていけば・・・、というわけにはいかないのが8月15日。

 とりあえず、小淵沢を経て・・・、そのあたりまではまあ、人が微妙に多いかなという程度だったんです。クロスシートに座るのもなんかな・・・と思ってドアのそばに立っていたわけです。で、駅毎に開くドアと逆側に移動して、っていうことができたんですが。

 信濃境・富士見と何となく人が多くなって来まして。諏訪湖花火です。

 何やかんやと言って、8月15日って、この数年、長野県内にいることが多いわけで、3年前は8月11・12日頃に大糸線南部をウロウロしていましたが、2年前は8月15日は妙高高原~篠ノ井~姨捨あたりをウロウロしていました。この時は直接、諏訪湖花火の混雑にはあっていないんですけど、たしか、そのための臨時列車に安茂里から川中島まで乗ったような気がします。

 で、去年は飯田線をウロウロしていまして、その時は岡谷方面へ向かう列車がやたらと混んでいました。

 それで、今回はまともに上諏訪駅を通る列車に乗るわけで・・・。

 実は、これ、避ける方法がありまして、甲府駅を30分ぐらい早く出る列車に乗って、3駅を1本ずつ早い列車で抜けることができれば、小淵沢駅で小海線に接続。で、小諸からしなの鉄道に乗れば、長野駅以降、今回通った日程と同じものになる、っていうやつ。

 ほんと、これだけ混むなら、そうすればよかった・・・。でもこの時期って小海線も混みそうな気がするし、まあどっちも一緒か。

 で、駅毎にほんと、どんどん乗ってきまして、茅野駅で特急を待避する間が恐ろしいことになっていまして。その次の臨時列車があるし、それに乗って下さい、というアナウンスもあるんですけど、そんなわけにいかないしな・・・。

 ということで、通勤電車並みの混雑で上諏訪駅へ。

 と、上諏訪駅でかなり降りたんですけど、それでも多くの座席が埋まっている、っていうことで、花火大会が関係なくてもそれなりに混んでいる車内でした。

 そんなことで、一旦、松本着。ここで長時間停車になるんで、わさびを買ったり、大糸線のホームにそばを食べに行ったり。

 ちなみに、そばを食べていると大糸線の列車が発車していきました。これに乗っても、糸魚川以降は同日程になるわけです。大糸線経由にしようが、長野経由にしようが、糸魚川着では差があるんですけど、それ以降、青海以降は全く同じ結果になってしまうというパターンでした。

 そうやって、同じ列車の違う車両に戻り、篠ノ井線経由。結局、寝ている時間も長く、気がつくと姨捨駅だったり。

 それで、篠ノ井駅以降は何となく最近、見慣れた風景だなと思いつつ、長野駅に到着。

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

更新しました(第690版)

 今回の追加駅・・・仮置き場として 飯山線 信濃浅野駅。養老鉄道 西大垣・美濃青柳の各駅。

 そんなことで、まずは信濃浅野駅を追加しまして、これにより5月取材分の掲載が完了。「仮置き場」で2駅目の飯山線の駅になります。

 また、養老鉄道の西大垣・美濃青柳の各駅も追加しました。7月取材分の掲載に突入ということです。

 それで、時間が無いため、本来はやるべき次のことをやっておりません。次回以降にぼちぼちと・・・。

 1.「仮置き場」にある下深谷・播磨の各駅は、本当はこのタイミングで本来の掲載場所に移動させるんですけど、「仮置き場」においたままです。

 2.区間全駅 全駅一覧には信濃浅野駅を載せてありません。(今気づいたんですが、まあ、そのうち)

 3.「区間全駅」のトップページ(Webサイトトップではなくメニューとしての「区間全駅」トップ)の下の方に、未掲載駅の一覧や、今掲載中のものを書くんですけど、そこも変更してありません。(先日の中央本線のは、デジカメからPCへの取り込みが終わって異常がないことを確かめてからということにしています)

------------

 この記事はWebサイト「区間全駅ネットワーク」の更新を行った際にその内容をお知らせするものです。この記事を書いてからおおむね2週間以内は、「区間全駅ネットワーク」トップページから直接、今回追加した内容を御覧頂けます。それ以降は「それ以前の更新内容」を御覧頂くか、目次からたどって頂くことになります。

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

甲府方面:詳細(4)

 それでは2日目に入ります。というか、もう1週間前の話だったりして。ということでつづき。

●8月15日(日)
 【★(一部だけ取材)甲府】6:22発-(普通)→【★初狩】7:05着、7:26発-(普通)→【★大月】7:32着、7:44発-(普通)→【★(ほとんどこの時に取材)甲府】8:38着、9:32発-(普通)→【★新府】9:50着、10:05発-(普通)→【★穴山】10:09着、10:46発-(普通)→【★長坂】10:57着、11:29発-(普通・松本着12:52・発13:26の停車中に昼食などのため一度下車)→【長野】14:40着、15:16発-(普通・妙高)→【直江津】16:54着、17:33発-(普通)→【富山】19:25着、19:52発-(普通)→【金沢】20:54着

 今日書く内容は太字の部分です。

●小淵沢~大月の残り

 朝、起きまして。うーん、もうちょっとゆっくりしようかなという誘惑にも駆られながら、何となく6時15分発の列車に間に合いそうにもなりました。でも、まあ、慌てて転んでもな・・・、ということで、駅前を撮ったりしているうちに6時15分は諦め、すぐあとの22分の列車。

 なお、6時15分発だった場合は、そのまま順当に降りていくと初狩駅での時間が短くなるんで、大月駅と初狩駅の取材順序を入れ替える予定でした。

 これね、ここからごっそり2駅を諦めて、もっとゆっくりするという手もあったんですが(そうなると9時32分でいいというわけで)、まあ、せっかく来たので大月までは終わらせておこうということで、早起きをしたわけです。

 さて、昨日降りていった各駅を見ながら、笹子トンネルもぬけ、昨日のゴール地点、笹子駅も過ぎて初狩駅。何となく甲府とか曇っていたんですが、笹子トンネルを抜けると青空の割合が広がってきました。

 そのあと大月駅。駅の規模にしては取材時間が短いかなという反省もあったんですけど、とりあえず戻りました。

 さて、昨日書き忘れたんですが、今回は本線の駅。となるとやっぱりついて回るのが階段。

 といっても足が不自由なわけでも、あるいは弱っているわけでもなく、何なら駆け上がることもできるんですが、真夏の連続階段はちょっときついかも。

 というのは、この前の養老鉄道、あるいは去年力を入れた飯田線。これらってほとんど跨線橋も地下道もない駅ばかりなんです。だから駅取材=階段の上り下りの連続、っていう感覚をしばらく忘れていたわけです。そんなことで今回、久しぶりに本線の駅の取材の感覚というものを思い出しました。

●再度甲府駅

 さて、甲府駅に戻り、さっきは駅前と改札前ぐらいしか撮らなかったんで、本格的に構内などを撮りました。で、さっきより青空も広がってきているんで、駅前や駅舎の写真なども撮り直し。

 ただし、早朝の方が改札前とかは人も少ないので、本文中にアップするとしたら、改札前や自由通路は早朝に撮った方を採用し、それ以外はこの時に撮った方を採用するんだろうなと思いながら。

 基本的にあんまり人が多すぎる駅って扱わないんですけど、でもこうやって並べていくとどうしても人が多い駅を避けて通るわけにも行かないわけです。去年撮った高崎駅もそうなんですけど、人が多い駅って早朝、取材をすると意外と撮りやすい面もあるんだなと思うようになってきました。

 そうして取材も終えまして、実はここで小淵沢方面の普通列車を1本見送っています。これは、小淵沢駅で発生する待ち時間をなくして、甲府駅に集約させた、っていうことがありまして。っていうことなら、ホテルから外出扱いで初狩・大月の各駅に行って、戻ってからチェックアウトするっていう手もあったかもな・・・。

 とりあえず、この時間を利用して朝食。本格的に吉野屋で食べました。

●甲府~小淵沢 残り

 さて、ここからまた昨日撮った駅を眺めながら戻りまして、2年前に撮っている日野春駅を除く残り3駅。

 今回撮った区間って一部自動改札のある駅がありますが、自動改札のない駅も多く(というか無人駅も多く)、青春18きっぷを使うことを考えると割とやりやすかったと思います。

 自動改札があるのに有人改札しか通れない18きっぷって結構不便なんですよね。特に取材時間が短い駅だとかなりこれは致命傷なこともありまして。

 さて、話が飛びましたが、甲府盆地の中とはちょっと雰囲気の違う3駅。最後の長坂駅って、ホームと駅前がかなりギャップがあるように感じられたんですが、これは本文中にて。

 そこから、一気に長野へ連れて行ってくれる普通列車に乗るわけですが、松本駅で一旦下車しています。ということで、明後日(以降の書く日)は長坂駅から先の話ということで。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

甲府方面:詳細(3)

 1日別のことを書きましたが、続きです。

●8月14日(土)
 【金沢】5:25発-(普通)→【富山】6:21着、6:24発-(普通)→【糸魚川】7:43着、8:15発-(普通)→【南小谷】9:18着、9:44発-(普通)→【松本】11:47着(2~3分遅延)、12:00発-(特急あずさ16号)→【★韮崎】13:03着、13:26発-(普通・臨時なんですが、車内のアナウンスを聞いていたら4分ずれるのがこの日の時刻みたいです。ここでは時刻表の通りに記載)→【★塩崎】13:30着、13:43発-(普通)→【★竜王】13:48着、14:14発-(普通)→【★酒折】14:23着、14:47発-(普通・当日は時刻変更。変更後の時刻で記載)→【★石和温泉】14:50着、15:20発-(普通)→【★春日居町】15:24着、15:42発-(普通・数分遅延)→【★山梨市】15:45着、16:24発-(普通)→【★東山梨】16:27着、16:47発-(普通)→【★塩山】16:50着、17:05発-(ホリデー快速ビューやまなし)→【★勝沼ぶどう郷】17:10着、17:22発-(普通)→【★甲斐大和】17:28着、18:07発-(普通)→【★笹子】18:12着、18:26発-(普通)→【甲府】19:10着

今日書く内容は太文字の部分です。

●韮崎から

 そんなことで、小淵沢駅より先が今回の取材対象駅なんですけど、小淵沢で降りると特急を使うメリットがほとんどなくなってしまう(塩尻で降りるのと変わらない)、ということ。あと、甲府まで行くと100キロをぎりぎり超えるんですけど、韮崎までなら超えない、ということもありまして、今回は韮崎まで特急。その降りたところから取材開始。

 ということを書いてしまうと、いつもどおり「各駅の詳しいことはいずれ本文中にアップしたときに」とうことで終わってしまうわけです。

 今回もそれに近いもんがあるわけですが、本文中にアップした場合でもそこに織り込まれないことを書いていきます。

 ○今回は「行きつ戻りつ」が、なし

 運転本数がそれなりにある区間。これ以上忙しくすると、各駅での取材時間が満足できないものになってしまうんで、今回は進む方向に一駅ずつ降りていくことにしました。

 時々、運転間隔が詰まりすぎていて(臨時列車の運転のために時刻変更があったための運転間隔も含む)、1本見送った、というところが2箇所あります。それ以外は、各駅で降りて、次の列車に乗って、という流れです。

○首都圏に近づきつつあり・・・

 小淵沢を超えると、まずは発車メロディーが「テイチク」のものが多くなってくるわけで、なんかね、首都圏なんですよね。

 ほんと、最近、7~8年ぐらい、東京都なんかに行っていないんで、このメロディーがすごく懐かしくなりつつある昨今。

 そして、甲府を過ぎると、今度はATOS連動放送。あの声、あの口調です。だんだんと首都圏になってきているなと感じました。

 とは言っても駅の造りはさほど「首都圏」を感じるものでもなく、放送と駅の雰囲気のギャップがまた面白いところでした。

○ホリデー快速ビューやまなし

 なんか、ATOSの放送で、ぎこちなく「ホリデー、ビュー、やまなし」と案内されていたこの快速。オール二階建て。この列車を見て「湘南新宿ラインの列車だ」と思ってしまうのは、いかに東京へ行っていないか、ということなんですが。

 けど、ちょうどこの列車に当たったときが塩山駅で、たまたま間に停車駅がなく次の勝沼ぶどう郷駅に行く、というときだったんで、この流れの中に入れさせて頂きました。ただ、勝沼ぶどう郷駅での取材がちょっと慌ただしくなっています。

 2階建てではあるんですけど、結局のところ一駅区間だけだし、サッと見たところ乗った車両には空席がなかったし、ということでドアのところに立っていたということで、あんまりこの列車に乗った意味もなかったかも知れません。

○限界はどこかな

 そんなことで、暗くなるまで一駅ずつ降りて取材。甲斐大和ぐらいが限界かなと思ったんですけど、どうにか笹子まで。

 というか、甲斐大和。昨年、これも同じように一駅ずつ、暗くなる中を限界まで降りていった信越本線の高崎~横川を思い出して、何となくその時、結構暗くなっていた西松井田駅を似た雰囲気だなと思いました。

 そんなことで、この日は大月までの2駅を残して一旦、甲府へ。本当は大月あたりで泊まると効率がよかったんでしょうけど、それほど長い距離でもないし、でも笹子トンネルを越えたか・・・、とりあえず、宿泊施設なんかを考えると、甲府まで戻るしかなかったわけです。

●甲府での泊

 そんなことで、甲府で宿泊。夕食は駅構内で食べて(うどんとどんぶりですけど、立ち食いうどんじゃないですよ)、ビジネスホテルへ。

 今回は大浴場、っていうことを主に選んだビジネスホテルだったんですが、何となく「お客様の声」に書かれていたことがよくなかったんで、覚悟していったんですけど、そうやって行くと意外とよかったかも。

 別に、クーラーが旧式で、温度設定方式でなくても問題ないし、各部屋の風呂が狭くても大浴場行くし問題ないし。

 大浴場も意外と広くて(といってもスーパー銭湯ほどじゃないですよ)、水風呂もサウナもあるし、快適でした。

 そんなことで、実際、目的地に入ってからは旅行記が手短になるんですけど、1日目の内容は終わったことになります。明日から2日目。

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

休みに代えて

 今日は諸事情あってブログはお休み・・・。すんません。

 と書いていてもしょうがないんで。

 いやほんと、今週末も続けてどこかへ行こうと思っていたんですけどね。なんか疲れ方が尋常じゃない。

 まあ、年のせい?とか思ってしまうんですけど、実際、土日にあの日程で動いてですよ、しかも、それから朝は早めに起きて試験勉強して、しかもその前もそんな感じで、さらに試験の疲れも取れていない。

 さらに、クーラーを付けずに寝ているんで、日によっては暑くて眠れない日もある。

 ってなると、そりゃ、疲れるわな。多分、高校生の時だったらもっと疲れていたと思う。(意外と若い時って今より体力がなかったんですよ。)

 って思っていると、なんか、詳しい事情は書けないんですけど、仕事の方がね・・・。今週の土曜日も休みの予定だったけど、休んでいられない。っていうわけで。

 だから、とりあえず今週末は会社へ行って、そして土曜日の午後と日曜日はゆっくり寝ます。はい。

 これ、無理して仕事も中途半端にして土・日とまた早朝から出かけてしまうと、今度こそ大変なことになってしまう。

 っていうことで、旅行記が書き終わらないうちに次の旅に出てしまうことを心配していたんですけど、どうにかその心配もなく。

 ただ、残っているのが青春18きっぷ3回分。うーん。

 これ、順当に行ってしまうと、このきっぷの利用期間内ってもう土曜日の休みの日がないんですよね。だから2連休がないまま、日帰りとか、あと土曜日の午後、移動にだけ使って、日曜日に早めに帰ってくるとかそんな使い方になってしまう。

 なんか、夏といえども「青春18きっぷ」って5日分使うのがかなり大変になってきているなと思う今日この頃。

 なんせ、期間の初めの方は試験勉強でそれどころじゃないし、使えるような時期になってからも限られてくる。

 話によると、そろそろこのきっぷの運命や如何に、ということらしく、何とも言えないんですけど、どうなることやら。

 とりあえず、どうにか今週末の代わりの土曜日の休みを来週末か再来週末に取れるようにしたいと思います。平日も休めないしな・・・。

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

甲府方面:詳細(2)

それでは例によって続きです。

●8月14日(土)
 【金沢】5:25発-(普通)→【富山】6:21着、6:24発-(普通)→【糸魚川】7:43着、8:15発-(普通)→【南小谷】9:18着、9:44発-(普通)→【松本】11:47着(2~3分遅延)、12:00発-(特急あずさ16号)→【★韮崎】13:03着、13:26発-(普通・臨時なんですが、車内のアナウンスを聞いていたら4分ずれるのがこの日の時刻みたいです。ここでは時刻表の通りに記載)→【★塩崎】13:30着、13:43発-(普通)→【★竜王】13:48着、14:14発-(普通)→【★酒折】14:23着、14:47発-(普通・当日は時刻変更。変更後の時刻で記載)→【★石和温泉】14:50着、15:20発-(普通)→【★春日居町】15:24着、15:42発-(普通・数分遅延)→【★山梨市】15:45着、16:24発-(普通)→【★東山梨】16:27着、16:47発-(普通)→【★塩山】16:50着、17:05発-(ホリデー快速ビューやまなし)→【★勝沼ぶどう郷】17:10着、17:22発-(普通)→【★甲斐大和】17:28着、18:07発-(普通)→【★笹子】18:12着、18:26発-(普通)→【甲府】19:10着

今日書く内容は太文字の部分です。

●糸魚川~松本~韮崎

 と、糸魚川から松本・塩尻は昨年の8月15日と全く同じ行程なんですけど、ここで変わったのが大糸線(JR西日本区間)の列車。他所からもって来た、今までより新しい銀色の気動車(って、素直に形式書けばいいのに・・・)になっております。

 ただ、これ、ちゃんとトイレがついていまして、トイレ付きになったのが進歩かも・・・。

 で、乗り心地を味わおう、と思ったんですが、なんか朝が早くてですね、多くの区間を寝て過ごしてしまいました。ほんと、今回、なんかのスイッチが入ったように眠い・・・・。

 とは言っても、ちゃんと各駅では目をさましたんですけど、外を見ているせいか、基本的に前とそんなに印象が変わらないんですよね・・・。

 ということで、眠っていた時間も長かったせいもあったんでしょうけど、基本的にそんなに新鮮な思いもありませんでした。

 それで、南小谷で乗り換えて、やはりいつもどおり松本へ。ここも結局のところ、3年前に各駅に降りているんで、何となくその時のことを思い出しつつ、でもやっぱり駅数が多いなと思いながら松本へ。

 で、信濃大町で交換列車が遅れまして、その時点で4分遅延。最終的には2~3分の遅れで済んだんですけど、松本駅でその先の乗車券と自由席特急券を買うことにしていたんです。

 まあ、去年も指定席券売機(自由席だけど)で買えたし、その時間はあるだろうとは思ったんですけど、指定席券売機が長蛇の列だったら諦めようかなとか、列車が大幅に遅れたらやっぱり諦めようかなとか思いつつ松本駅へ。

 ちなみに、ここで特急に乗らなかったら

 この日・・・小淵沢~甲府の各駅だけ取材
 翌日・・・甲府~大月の各駅を撮って、どうにかその日じゅうには金沢に帰られるかな、というところ、

 っていう流れになったわけです。

 でまあ、結局のところ指定席券売機もちゃんと空いていたし、きっぷも買えたし、なんなら昼食のパンとおにぎりも買えたし、そしてホームに歩いて行くとちゃんと自由席の乗車口から乗れたし、特急で韮崎まで。

 去年は短時間だけ乗って、塩尻で降りているわけですが、今年はそのまま乗ってしまいます。

 そんなことで、岡谷から先は2年前に各駅に降りている駅を見つつ、小淵沢。そこから未取材駅を通過しつつ、韮崎駅に到着。

 ちょうど山の上から甲府盆地に降りてくるところにある駅で、特急で一気に降りてくると耳がおかしくなるわけで、耳がおかしくなったまま韮崎駅に降り立ったわけです。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

甲府方面:詳細1

 そういや、夜書くことにすると、時間制限がないので限りなく書いてしまう可能性があるわけで。そういうことで、旅行記の詳細編を書くときは、10~15分程度でやめることにします。そんなことで、22時38分~43分ぐらいが限界点ということで。なお、一度だけ読み直すので、アップする時刻はそれより若干遅くなります。

●8月14日(土)
 【金沢】5:25発-(普通)→【富山】6:21着、6:24発-(普通)→【糸魚川】7:43着、8:15発-(普通)→【南小谷】9:18着、9:44発-(普通)→【松本】11:47着(2~3分遅延)、12:00発-(特急あずさ16号)→【★韮崎】13:03着、13:26発-(普通・臨時なんですが、車内のアナウンスを聞いていたら4分ずれるのがこの日の時刻みたいです。ここでは時刻表の通りに記載)→【★塩崎】13:30着、13:43発-(普通)→【★竜王】13:48着、14:14発-(普通)→【★酒折】14:23着、14:47発-(普通・当日は時刻変更。変更後の時刻で記載)→【★石和温泉】14:50着、15:20発-(普通)→【★春日居町】15:24着、15:42発-(普通・数分遅延)→【★山梨市】15:45着、16:24発-(普通)→【★東山梨】16:27着、16:47発-(普通)→【★塩山】16:50着、17:05発-(ホリデー快速ビューやまなし)→【★勝沼ぶどう郷】17:10着、17:22発-(普通)→【★甲斐大和】17:28着、18:07発-(普通)→【★笹子】18:12着、18:26発-(普通)→【甲府】19:10着

今日書く内容は太文字の部分です。

●金沢駅まで

 そんなことで、夏の風物詩、この早い時刻の普通列車。確かに、高校生ぐらいの時はなかなか起きれずに、特急で追いかけたりとかしたこともあるんですけど、大人になってからはこういう時間って全く苦にならず乗れるようになりました・・・。

 って、書きましたけど、実は今回、すごく危うかったんです。というか、起きるには起きたんですよね。4時15分に。

 基本的に、普段は目覚まし時計なしで起きているんですけど、こういう早いときは念のために目覚ましをかけるんです。それで、目覚ましでちゃんと起きたわけですが、二度寝してしまいました。

 家から駅まで自転車で30分見ておけば大丈夫(昔は30分かかったが、今は道が変わったんでそこまでかからない)っていうことで、家を出るのが4時55分ぐらいが限界。で、再度起きたのが4時45分。

 ということで、慌てて家を出まして、間に合いました。というか、このあと、どれだけでも間に合わせる手段はあったわけで、お金さえ出せば多少寝坊しても問題はなかったわけですが。

●金沢~糸魚川

 そんなことで、毎年の如く、まずは富山駅まで。

 で、富山駅から、ちょっとだけ春のダイヤ改正で感覚が変わりました。去年の旅行記を見てみると・・・

去年の8月15日、実はこんなふうに乗り継いでいます。

【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:53発-(普通)→【泊】7:44(推定・発時刻は7:54だが、特急待避のため長めの停車)着、7:51発-(特急北越1号)→【糸魚川】8:09着、8:15発-(普通)→【南小谷】9:18着、9:40発-(普通)→【松本】11:46着、11:59発-(特急あずさ16号)→【塩尻】12:07着・・・・

 このあと、飯田線方面へ行っているわけですが、

その去年の春のダイヤ改正前までなら

【金沢】5:30発-(普通)→【富山】6:26着、6:32発-(普通)→【糸魚川】7:51着・・・。

 という乗り継ぎができたのにそれができない。つまり、去年のダイヤ改正によりどうなったか、ということで、去年も書いたんですけど

・(2009年の)ダイヤ改正前
  金沢   富山
        5:46→(直江津行き)
        6:24→(泊行)
   5:30→6:26
        6:32→(直江津行き。魚津で、はくたか1号に乗り継げる)
        6:57(直江津行き、ただし糸魚川で列車番号が変わり、なおかつ長時間停車)

・(2009年の)ダイヤ改正後
  金沢   富山
        5:46→(直江津行き)
        6:24→(直江津行き)
   5:30→6:26
        6:32→(泊行き。魚津で、はくたか1号に乗り継げる)
        6:53→(直江津行き、ただし糸魚川で列車番号が変わり、なおかつ長時間停車。泊で北越1号に乗り継げる)   

 というわけで、昨年のダイヤ改正後、1年間、この乗り継ぎが成立せずに、泊~糸魚川まで「北越」でつなぐ必要があったのが、今年のダイヤ改正からまたこの乗り継ぎが成立するようになっていたんです。

 そんなことで、糸魚川、そして松本、いや塩尻まで、全く去年と同じ感覚で行ったわけですが、ダイヤ改正によりちょっとだけお得に行けるようになっていました。

 というか、書いて読み直してから気づいたんですけど、ダイヤ改正によりもとに戻ったんではなく、金沢駅発を5分繰り上げて、接続できるようにしたっていうわけなんですね。去年のダイヤ改正前とはちょっとニュアンスが違うみたいです。

 だから、「はくたか1号」の待避駅がなんか変だな(黒部だったはずなのに、泊になっている)と思ったわけで。

 ということで、明日は糸魚川から。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

甲府方面:日程

 それでは、先日の旅行記のうち、まずは日程を。時間がかかる割にはほとんど見た目が面白くないという・・・。しかも、後日の書き込みで、このほとんどが引用されてしまうんで、この書き込み自体、将来的にはあまり意味をなさなかったりします。

 また、「★」は取材駅を示します。さらに、時刻表上、着時刻がなく、発時刻が書いてあるものは、着時刻とみなして書いてありますので若干のズレがあることがあります。

●8月14日(土)
 【金沢】5:25発-(普通)→【富山】6:21着、6:24発-(普通)→【糸魚川】7:43着、8:15発-(普通)→【南小谷】9:18着、9:44発-(普通)→【松本】11:47着(2~3分遅延)、12:00発-(特急あずさ16号)→【★韮崎】13:03着、13:26発-(普通・臨時なんですが、車内のアナウンスを聞いていたら4分ずれるのがこの日の時刻みたいです。ここでは時刻表の通りに記載)→【★塩崎】13:30着、13:43発-(普通)→【★竜王】13:48着、14:14発-(普通)→【★酒折】14:23着、14:47発-(普通・当日は時刻変更。変更後の時刻で記載)→【★石和温泉】14:50着、15:20発-(普通)→【★春日居町】15:24着、15:42発-(普通・数分遅延)→【★山梨市】15:45着、16:24発-(普通)→【★東山梨】16:27着、16:47発-(普通)→【★塩山】16:50着、17:05発-(ホリデー快速ビューやまなし)→【★勝沼ぶどう郷】17:10着、17:22発-(普通)→【★甲斐大和】17:28着、18:07発-(普通)→【★笹子】18:12着、18:26発-(普通)→【甲府】19:10着

●8月15日(日)
 【★(一部だけ取材)甲府】6:22発-(普通)→【★初狩】7:05着、7:26発-(普通)→【★大月】7:32着、7:44発-(普通)→【★(ほとんどこの時に取材)甲府】8:38着、9:32発-(普通)→【★新府】9:50着、10:05発-(普通)→【★穴山】10:09着、10:46発-(普通)→【★長坂】10:57着、11:29発-(普通・松本着12:52・発13:26の停車中に昼食などのため一度下車)→【長野】14:40着、15:16発-(普通・妙高)→【直江津】16:54着、17:33発-(普通)→【富山】19:25着、19:52発-(普通)→【金沢】20:54着

●使用きっぷ
 青春18きっぷ 2日分
 松本~韮崎 乗車券・自由席特急券(松本駅で購入)

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

帰宅

 ということで帰ってきたんですが、ここから今回の旅の日程を書いたりする気力もないので、外から書いているのと同じ程度の書き込み。

 今日の成果は、昨日残しました初狩と大月の各駅。それと宿泊するからということですっ飛ばしていた甲府駅。そして、特急で松本から一気に韮崎に行ってしまったので、その間に飛ばしていた、新府・穴山・長坂の各駅(日野春駅は2年前に取材してあって、「仮置き場」にアップしてある)です。

 ということで、小淵沢~大月まで繋がりまして、「区間全駅」の「繋がり」も、いよいよATOSの放送が入る区間に入ってしまったというわけです。

 という、1泊2日という日程と、ほとんどが普通列車ということと(行きの松本~韮崎を除く)、旅の前日と翌日が仕事っていうことを考えたらこのあたりが限界ではないかと・・・。

 そんなことで、明日から旅行記を開始。日程から始まります。

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

甲府市内

そんなことで、金沢5時25分の列車から。
今日の成果は、ツイッターで書きましたが、韮崎から笹子(甲府を除く)です。
初狩、大月は、明日の起きた時刻次第です。
今朝は早かったので、眠いのでこのへんで。

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

更新しました(第689版)

 今回の追加駅・・・越後線 粟生津・南吉田の各駅。また、「仮置き場」として長野電鉄市役所前駅。

 ということで、3駅追加。まずは越後線残り2駅。と言ってもあと5駅残っていますが、これは取材したらということで、ひとまずは5駅を残した状態で終わらせておきます。

 そうして、残り1駅の枠ということで、長野電鉄の駅。ほんと、今後、長野電鉄を取材するとかそういうことは予定していないんですけど、一応、泊まるところの近くだったし、しかも乗り放題のきっぷの中にこの範囲も含まれていたし、どうせなら乗ってしまえ、ということで乗ってしまって降りてしまったがために撮ってしまったものです。

 一駅一駅をかなり苦労して撮ることもあれば、こうやって偶然に撮れてしまうこともあるという・・・。

 そういや、地下鉄の駅のようなものって初めてかなと思ったんですけど、例えば新千歳空港駅とか、場合によっては北鉄金沢駅とか、実例はあるもんだなと思い出しました。

****

 ということで、今日、更新をしましたのは、明日からちょこと出かけるため。と言っても、昨年同様、8月15日が土日の中に入ってしまっているんで、普通に土日の休みだったりするんですけど、とりあえず行ってきます。

 えっとですね、行き先は山梨方面・・・、って書くと、あー、あの続きをやるんだなとお気づき頂ける方もいらっしゃると思いますが、2年前に小淵沢で止めて、あとは時間調整で日野春駅だけを撮っている続きです。

 せめて3日あれば八王子まで繋げることができるんですけどね・・・。いかんせん1泊2日なんでかなり限界があります。しかも山梨県なんて、金沢からだとものすごく行きにくいところだし・・・。ただし、ルートは何パターンも出来てしまうところなんですが。

 ということで、1泊2日なんで特に騒ぐこともないかと思いますので。あと、日程が短いので、ホテルでPCは借りません。ですからここに何か書き込むとすれば、携帯電話から簡単に書き込む程度となります。あとは気が向けばツイッターの方で実況中継のようなこともやるかも知れませんし、面倒だったらやりません。

------------

 この記事はWebサイト「区間全駅ネットワーク」の更新を行った際にその内容をお知らせするものです。この記事を書いてからおおむね2週間以内は、「区間全駅ネットワーク」トップページから直接、今回追加した内容を御覧頂けます。それ以降は「それ以前の更新内容」を御覧頂くか、目次からたどって頂くことになります。

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

年中行事

 給与所得者に日記だのブログだのを書かせると、結構出てくる話題が「健康診断」。そんなことで、これもまた、夏の年中行事の一つなんですよね。

 それでまあ、うちの会社から健康診断をやる某病院って、直線距離にしても、あるいは地図上の道にしても、ものすごく近いわけです。とは言っても田舎なんで、その距離を歩く人はいないんですけど、歩こうと思えば歩けるぐらい。

 で、お分かりの方はお分かりだと思うんですけど、その、交通量の多いところが只今工事中で通れなくなっておりまして、ものすごい迂回をしなければらならない訳でして、そうなるとこの二点間が2倍にも3倍にもなるわけです。

 でも、その工事中のところって、実は歩きとか自転車だと通れてしまうわけです。ということで、まあ、自転車で行けばいいか、と思っていたら今日は台風。といっても家を出ようとすると風だけだったんで、まあいいか、ということで、親の制止も振り切って自転車通勤。

 ちなみに結果からいうと、健康診断が終わったあとも、あるいは家に帰ってくるときも、雨は降っておらず、自転車で通勤しても問題がありませんでした。

 ということで、前置きが長くなりましたがとにかく健康診断。

 まずは問題のない部分を書いておくと・・・

 メタボ検診(40歳からのはずなのになぜか35歳から)は、去年同様、ひっかかりませんでした。というか、へそのまわりってその上下と比べると脂肪がついていない部分なんですよね。というのと、腹を引っ込めれば検査にひっかからない腹囲にできてしまうわけで。だからこれって、いかに「横の腹筋」に力を入れることに耐えたかだと思う・・・。ということで、測るタイミング次第だと思うんですけど、去年は82センチ、今年は84センチ。

 身長はちょっと伸びていましてね、165センチ台になっていました。でも、これもまたタイミング次第なんですよね・・・。ということで、165センチになったり、164センチになったり。

 血圧はちょっと高め。でもこれ、祖母→母→ワシと完全なる遺伝だと思う。で、祖母は80歳代で今も生きているし、あんまり気にしなくてもいいんかなと思う。

 最後にある医師の診察って、今までは判で押されたように体重の話だったけど(数年前までは痩せなさい、最近は去年よりも痩せたよね、もうちょっと頑張ろう、という話)、今年は特にその話もなく。異常はありませんよね・・・、と去年の血液検査も全く問題ありませんよね、という話。せめて聴診器ぐらい使ってくれ・・・。

 問診票に「運動をしていますか?」というのはもちろんしていることに。往復10キロの自転車通勤は、「運動」にしてもいいですよね?。

 視力検査。運転するときだけ眼鏡をかけるんですけど、それと視力検査の時も眼鏡を使います。ほんと、なんの検査なのかわけが分からないんですけど、普段は眼鏡をかけていないのに、裸眼で検査をしないんですもんね・・・。ちなみに、この担当の人、間違えると「上じゃないんですよね、右なんですよね」と。正解を教えられてもね・・・。

 さてさて。このへんは特に問題がないんですけど、問題が胃のレントゲン。つまりバリウムです。

 と言っても異常が出たとかというわけじゃなくてバリウム。バリウム自体はヨーグルト味で結構好きなんですよね。食感も含めて嫌いな味じゃないです。

 それで、終わってから渡される下剤。

 あのね、これね普段薬を飲まないんで、ものすごい反応をしてしまうんですよね。

 話を聞いていると、数日経ってようやくバリウムが出てくる人もいるらしいんですけど、で、渡された紙を見ると「3日経っても出てこなかったら云々」って書いてあるんですけど、えっと・・・、3時間も持ちませんでした。はい。

 ほんと、無理して取った水分が全部持って行かれるような感じで、午後からほんと大変でした。

 あのですね、一部のガムで「一度に食べ過ぎると体質によりお腹がゆるくなることがあります」って書いてあるやつありますよね。あれ、見事に反応してしまう体質なんです。だから下剤なんて飲もうものなら、もうね・・・・。ただ、バリウムをいち早く体から出すという意味では理想的な体質なんかも知れませんが。

 朝から朝食を食べることができず、何となく体調もおかしかったんですけど、このバリウムの件で決定的になってしまいまして、なんかすごく疲れた日でした。健康診断って疲れるもんなんですよね。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

買い物

 そういや、今シーズン、というか今年になって1回も服を買いに行っていなかった(仕事のためのYシャツを除く)、ということで。

 日曜日に買いに行こうと思ったんですけど、結局、行こうかどうかと思っているうちに夜になってしまい、今週も買わず。

 と思ったんですが、結局のところ服屋さんって通勤路途中にあるわけです。行く時は閉まっているんですけど、帰りに反対側に渡れば服屋は開いているわけで。

 ということで、今日の帰りに寄ってきました。

 それにしても、そろそろ秋の服になりかけということで、夏の服も少なくなってきているんですけど、基本的に、夏の服を、家の中だと一年中着ているんで、夏のうちに仕入れておかないと冬になって着るものに困るわけで。

 ほら、最近はコンビニで冬でも冷やし麺を売っていたりしますけど、冬に服屋へ行って半袖のTシャツとか、短パンとかを買えないわけで。

 ということで、Tシャツ2枚と短パン1枚を買ってきたわけですが、短パンの方はジャージのようなやつ。LLまでが定価販売で、3Lが半額だったわけですが、まあ、3Lまではいらないだろう、ということで定価でLLを買ってきたわけですが、なんか太もものあたりがきつい感じがしたんで3Lでもよかったかな・・・。

 もしかして、もう一つ、ジャージじゃない短パンも3Lのやつが半額で売っていたんですけど、それを買っても穿くことができるかも・・・。

 そんなことで、20時も過ぎていたんで、店の中は店員さん以外ワシだけという異様な空間だったんですが、会社帰りに用事を済ますのもいいなと思いました。

 というか、だいたいの用事って会社帰りに終わってしまうわけで、20年前は田んぼしかなかったところなんですけど、ずいぶんと便利なところになりました。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

このブログについて:改訂版

 さて、いつも御覧頂いていらっしゃる方には「また、改めて何よ」と思われるかも知れませんが、以前書いた「このブログについて(改訂版)」という文章が2007年11月に書いたものだったんで、それからまたいろいろとここに書くことや、考え方も変わってきたんで、初めて御覧になられる方のために、改めて書いておきます。

 なお、「このブログについて」というカテゴリーで表示される文章で、この文章より下に表示されるものについては、無効とさせて頂きます。

(1)書く内容など

 ブログのタイトルが「区間全駅ネットワーク:別冊」となっておりますので、「区間全駅ネットワーク」という、駅をご紹介するサイトの裏話を書くと思いきや、必ずしもそうではありません。

 基本的に「区間全駅ネットワーク」というサイトの制作者が、書きたい文章を書くところです。

 ですから、こういうサイトを作っていたとしても、普段は駅を巡ったり、列車に乗っていることが少ないため、駅や鉄道の話題がかなり少ないブログとなっております。「区間全駅ネットワーク」の制作者が、普段こういうことをやっていたり考えたりしている人なんだな、ということが分かるぐらいの意味しかありません。基本的に読者層という言葉を無視して書いています。

 書く内容は、私個人の思っていること、考えていること、あるいは出来事の中から、改めて書かないこととしていること以外のことが対象となります。

 具体的には
 1.経理の仕事関係の一般論
 2.税理士試験の話
 3.駅の取材の旅行記
 4.サイト更新時にその内容のお知らせ
 5.その他日常的なこと
 というあたりが話のネタの中での中心となることが多いと思います。

(2)時事ネタについて
 基本的にこのブログでは、自分に関係のないことを書かないようにしています。そのため、例えばニュース記事を取り上げて、それについて考察するということは、このブログに関しては基本的に行いません。だから、「こいつは世の中のことに関心がないのか」と思われるかも知れませんが、基本的にネタの選定上、外していることだと思ってください。

 ただし、経理・税務関係の話題、その他個人的にどうしても書いておきたいなと思う題材については例外的に扱うことがあります。

(3)書き込みの時刻について 
 基本的に、1日に1回は書こうかと思っています。ただし、必須でも目標でもないので、書かない日もあるかと思います。

 それで、特に平日については、日常のリズムの中にここに書き込む時間を織り込んでいますので、特に試験勉強との兼ね合い上、その時の生活リズムによって、朝、書き込みをする時期と夜に書き込みをする時期が出てくるかと思います。また、特に朝、書き込む場合は、一定の時間になることが多いと思います。

(4)ネタになることが多いことについての前提となるお話

 改めて経緯から書いていくこともありますけど、いちいち書いていられませんので、ここにまとめて前提を書いておきます。

 なお、駅や鉄道の話題については、基本的に予備知識的なことは省略して本題から書くことが多く、経理・税務関係や、税理士試験の話題についてはなるべく予備知識的なところから書いていくように心がけていますが、同じ話題が短い間隔で並ぶときは、予備知識的なことは省いています。

◎税理士試験関係の前提

 税理士試験は科目別合格制度があり、5科目揃えば合格。今の試験制度上は、一度合格すれば死ぬまで有効。ただし、1科目あたりが恐ろしく合格しにくいものになっていて、5科目揃うにはかなり長期の時間がかかる。一応、仕事をしながらでも受けることができるというのが公認会計士試験との大きな違いであるが、「仕事をしながら受けることができる試験の中で一番難しい」といわれることはある・・・、なんていうことは調べれば分かる一般的な話なんで、省略。(って、だいぶ書いた。)

 ここに書いているとき現在、合格済科目は簿記論(H11年合格)と財務諸表論(H21年合格)です。この2科目合格の間に恐ろしい時間が空いているのは、つまり、会社(前職)の手前、ただ受けるだけの年が何年もあったり、受けない年も何年もあったり、転職をしていたり、別の科目をやりかけたりして、つまり真剣にやっていなかったため。基本的に真剣に勉強して受けたのは、財務諸表論合格までに2回だけ。

 つまり、一度ほとんどこの試験から足を洗ったようになりつつ、舞い戻ってきたという表現の方が正しいかも知れません。

 H22年は消費税法を受験。ただし、基本的に間に合っていないため、合格をする予定はなし。H23年目標で、法人税法を追加する予定だが、本命は消費税にあり、法人税法は将来的に繋げるための準備という位置付けなので、受けるかどうかは未定。

◎経理・税務関係の前提

 職業:会計事務所職員(8年半)→旅行会社の経理担当者(4年半超。もうすぐ5年。)

 なお、この転職は「会計事務所での担当していたお客さん」という経緯であり、趣味は無関係。また、経理担当は基本的に経理だけの仕事をするのが手一杯で、なおかつ、経理担当者は一人しかいない、という、ちょうどよいサイズに収まっている業務です(一人で収まるのかどうかはよく分からない)。

 ということで、基本的に会計事務所での担当時代にやっていた仕事を核として、これを拡張する形で仕事をしているため、会計事務所の頭で仕事をしている部分が大きいのですが、でも、会計事務所から見た考え方もどうなんだろう、と思う部分もあります。

 あと、旅行業の経理って、普通の業種とかなり異なる部分が多く、「経理の常識」が通用しない部分が数多くあります。

 っていうところが、ここで書く文章の発想の起点になっていることが多いと思います。

 ただし、立場上、自分の会社のことについて細かく書けないため、ここに文章を書くときは内容をかなり一般化しつつ、多少話を歪めて書いております。また、そういう理由で、仕事でやっていること全てを書いているわけでもなく、ある意味、仕事の核となる部分には全く触れていないわけです。

 ◎駅や旅についての前提となる話

 Webサイトをご参照下さい。

(5)ツイッターとの関係

 Webサイトトップページ「【TW】」をクリックして頂くとツイッターのページとなります。

 ツイッターについては「ミニブログ」という位置づけでして、こちらも基本的に1日一ネタ書き込むだけにしております。(ただし、旅に出たときだけ、実況中継的に要所要所で書き込んでいます。)

 ツイッターで簡単に書いたことを、後日、こちらで枝葉を付けて書くこともあったり、ツイッターで軽く書いて終わるだけのネタもあったりします。

 基本的にはこちらのさらに別冊という位置付けですので、全く無関係でもありません。

 なお、ツイッターにはコミュニケーションツールとしての位置づけとして利用していませんので、フォロー頂いても必ずしもフォロー返しをするとか、あるいは返信をするとかということも少ないかと思いますが、位置づけがちょっと違うので、ご理解下さい。

 なお、フォロー返しは、趣味や居住地、あるいは書かれている内容から、直感的に共通点があるかなと思われる方にさせて頂いておりますが、あくまで直感的なものですので、明確な基準はありません。一方的にこちらから継続して見てみたいなという場合は、RSSで拝見させて頂くこともあります。

 と書くほど、ツイッターって深く考えるものでもないと思いますんで、このへんで。

 そういうことで、いつも御覧頂いている方には、意味不明な内容も今後とも増えると思いますが、自分の記録として書いているだけなんで、軽く読み流して下さい。

 検索で偶然来られた方(特に経理関係で多いみたいです)は、単なる一個人としての意見なんで、鵜呑みにせず、一つの考え方なんだなということで、参考程度に読み流して下さい。

| | コメント (2)

2010年8月 9日 (月)

 そういや、最近は試験の話か、どこかへ行くとかやっぱりやめたとか、そんな話ばっかりでした。

 ということで、この1週間は、試験の話と、旅の計画の話は書かないことにします。といいつつ、土曜日にはどこかへ行っているんで、いきなりツイッターで行き先も分からずに実況中継している、なんていう話にもなるんで、金曜日にはお知らせがてら、行き先は書きます。

 さて。

 しばらく前に、今までよく行っていたスーパー銭湯がなくなるという話を書いていたんですが、そこがなくなってから「どこも行きたいところがなかったら、とりあえず行くか」というところがなくなってしまったんで、ちょっとした難民状態。

 いや、もっと家に近いスーパー銭湯もあるんですけどね・・・、まあ、そこも今度からレパートリーに入れようかとは思っているんですけど。

 とりあえず、土・日と風呂に行くことにはしているんですけど、結局のところ、暑くて面倒だとかということになり、只今、週1状態。つまり、土曜日か日曜日、どっちかしか行っていません。

 まあね、家の風呂の方が頭も刈れるし、結構便利なことも多いんですよね。

 と、この前まで行きつけだった銭湯って、何度も書いているように「歩行浴」がありまして、そこで1時間ほど歩いてから、ちょっと水を飲んで、水風呂に入って、露天でちょこっと休んでからサウナに入る、っていう流れだったんです。

 つまり、サウナに入るまでに、既に汗は出尽くしている状態だったんです。

 これが、他の風呂じゃその「歩行浴」っていうもんがないんで、風呂に入って、とりあえず水風呂で粗熱を取ってから、サウナに入るわけですが・・・。サウナって、こんなに汗が出るもんだったんですよね。

 今まで、汗を出してからサウナに入っていたんで、汗が出るまでにかなり時間がかかっていたんですけど、なんか、いきなりサウナに入るともうね、面白いぐらい汗が出る・・・。ってこれが本来の姿だったわけですが、「歩行浴」によってゆがめられていました。

 ということを昨日、改めて発見した次第です。

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

更新しました(第688版)

 今回の追加駅・・・越後線 石地・小木ノ城・分水の各駅。

 ということで、途中の未取材駅5駅を飛ばす形で掲載。ほんとうはこれを掲載するまでには残り5駅を取材している可能性も高いなと思っていたんですけど、実現はしませんでした。

 多分、一旦、他の区間を掲載してから戻ってくる形になると思います。

 ちなみに、次回で一旦越後線の取材済駅は終了。養老鉄道の大垣-桑名間、となるところなんですけど、2駅ほど「仮置き場」に入れるべき駅があるんで、先にそっちを掲載してから養老鉄道に入ります。

 トップページの画像は、暑い間ずっと養老の滝にしておこうかなと思ったんですが、一旦変更。といってもやっぱり養老の滝の画像です。

------------

 この記事はWebサイト「区間全駅ネットワーク」の更新を行った際にその内容をお知らせするものです。この記事を書いてからおおむね2週間以内は、「区間全駅ネットワーク」トップページから直接、今回追加した内容を御覧頂けます。それ以降は「それ以前の更新内容」を御覧頂くか、目次からたどって頂くことになります。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

明日は中止

 でー、結局、明日は旅に行かないことにしました。

 実はですね、行こうと思っていたのが高山本線なんですよね。

 「区間全駅」でご紹介している「高山本線 猪谷-高山間」って、実は高山駅だけ未取材のまま何年も放置しているんです。

 それで、ずっと気にはなっているんですけど、この区間をカバーする乗り放題のきっぷがないんで、結局のところ青春18きっぷか鉄道の日きっぷに頼るしかない、っていうことで、毎年夏になると候補には上がってくるんですけど、結局のところ行っていないわけで。

 それで、明日は行こうかなとついさっきまで考えていたわけです。

 で、富山8:08で猪谷乗換で、高山着が10:13。これがそのまま10:24発になるんで、やろうと思えばこの時点で高山駅の取材はできる・・・。

 でですよ。そのあとどの駅で降りると思います・・・?

 次の普通列車って、高山駅発が14:48なんですよね。で、その10:24発で行くとして、反対方向の普通列車に最初にすれ違うのが下麻生駅。3駅先は美濃太田駅じゃないですか・・・。

 つまり、高山-下呂間、っていう区間設定をしようと思うと、非常に間延びしてしまうわけで。

 それに、日曜日なんで金沢にそれなりの時間に帰ってこようとすると、果たして何駅に行けるでしょうか?っていうことになり。

 それと、この区間、駅間距離は長いんですが、あえて歩くとすれば飛騨萩原~禅昌寺とか、飛騨小坂~飛騨宮田とか。でも3キロ台でして、実際歩くと4キロは超えているんで、この季節にそういう徒歩もな・・・、とか、それだけ歩いても行き着いた駅で1時間半も待っていたりもな・・・。とか。

 基本的に高山本線って、高山でやめておいて、そこから岐阜までは繋げるつもりもないんですけど、でもそれなりに近いところだし、いずれはやってしまうだろうなと。

 で、基本的に高山駅だけ行きたいんですけど、それだと非常に非効率なんて、将来を見越してその先も数駅拾っておこうかな・・・、ここまではいいですよね。

 でも、こんな感じで行くとなんか行ける駅も少ないのに炎天下の中歩いたりして。しかも富山~高山って意外と時間がかかりまして、往復の時間の割にどうなんだろうと。

 そんなことなら、高山で1泊して、早朝のちょっと本数が多い時間帯を利用した方がもっと効率的だし。

 っていうことを考えていて、じゃあ、代わりに日帰りでどこ行くよ?と自問自答した結果、行きたいところが特になかったんで、やめました、という次第で。

 例えばこれをやるなら、土曜日が仕事の日に土曜日に高山まで行っておいて、泊まって、早朝の時間を利用してもうちょっと多くの駅を撮ってくる、っていう方向がいいんかも知れません。それと、歩くにしてももうちょっとだけ涼しくなってからとか。

 ということと、あと、昨日書いた通り来週と再来週はどこかへ行くことが決定なんで、3週続けて出かけるのもちょっとどうなんだろう、と思ったこともあったり。

 果たしていつになったら手元の「青春18きっぷ」が使えるのやら・・・。

 明日は旅に行かないなら、ちょこっとやることもあるし、そっちをやろう。

 あと蛇足。

 この前受けた試験なんですけど、どうも「悪問」だったらしい・・・。というか、「ネタが3行しか思いつかないのに、B4用紙3枚も解答欄があった」問題。

 これですね、学校によって解答内容がかなり分かれているらしく。

 つまり、「決定的に、これを書けば正解」というのが、分からない状態になっているらしいんです。

 学校の講師が何人も集まって、数日かかって話し合ってそんな調子なんで、計算問題も入れて2時間というところで、しかもあの雰囲気の中でまともに答えを出せるはずもなく。

 そんなことで、多分、ちゃんとやっていればやっているほど、脱力感の大きい年だったようです。

 だからこの試験って、「今年絶対に受かろう」とか、「今年受からなかったら諦めよう」みたいな、「今年に賭ける」なんていうことをやってはいけない試験なんですよね。

 1年に1回だけなんですけど、ある程度「受かるかもよ」っていう段階まで来たら、あとは仕事をしながら、「受かる年」を待つ、というスタンスが正解なようです。

 といいつつ、今年は「受かるかもよ」という段階まで行かなかったんですが(絶対に正確に書かねばならない問題が、あやふやにしか書いていないし)、そこへ行かないまでもそれなりのところまで行ったような気がします。

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

行き先検討

 さてと。数日間、試験の話ばかりで申し訳ありませんでした。ただ、1年間の区切りでもあるんで、このへんの検討ってしっかりやっておきたい部分なんですよね。

 で。手元には全く使っていない青春18きっぷ。

 明日は土曜日なんですけど仕事。本当は先週、ちょっといろいろあって休みだったものを休みじゃなくした・・・、というか本来は先週出勤で、先々週、休みだったのを事情があって入れ替えたけどやっぱり先週は休みにできなかった・・・ってもう面倒な話なんですけど、そういうこともあって明日、休んでもいいんですが、やっぱりいろいろあって休めない・・・。

 ということで、要は何かというと、青春18きっぷ有効期間中に、土日が休みになるのは、来週と再来週の2回だけっていう話なんです。だから、その2週は、1泊2日でどこかへ行くのは決定というわけで。

 で、そうしてあと1日が中途半端に余るんで、日帰り。

 これもね、土曜日だと結構行けるわけで。多分、もう廃案になるんで書きますけど、先週とか先々週とか、土曜日が休みだったら行こうと思っていたのが越後線の残り5駅だったんです。

 詳しいことは省略しますけど、金沢から普通列車を乗り継いでいって、柏崎10:16の越後線に乗るとして、出雲崎~寺泊の5駅をまわろうとすると・・・、運転本数が少なすぎるから、例えば寺泊~桐原間と妙法寺~出雲崎間を歩けば柏崎18:00着の越後線で終わらせることができて、そのまま普通列車等の乗り継ぎで金沢まで帰ってくることが可能なんです。

 で、これ、日曜日に明日仕事があるし、っていう状態でやりたくないわけで。というか、この気温で果たしてそんなことをしたいかどうか、っていう話にもなってくるわけです。

 そんなことで、これに関しては1泊2日、その周辺の駅も兼ねてやろうかなと思っています。

 というか、土曜日仕事として、仕事が終わってから柏崎まで行って、翌早朝からこの動きをするっていう手もあるわけで、そうなると歩くのが一駅区間で済んでしまうわけですが、何となくそういうことも考えたりと。

 ということで、まずは今週末、日曜日にどこかへ行くか、行くとすればどこへ行くのか?ということなんですが、朝は早くてもいいんで、夕方それなりの時間に帰ってくることができて、って考えるとそんなに行き先もなく。

 一つだけ候補があるんですが、本当に行くかどうかは明日考えます。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

翌々日です。

 ということで、試験の話は昨日限り、のつもりだったんですが、もう1日だけ書かせてください。といいつつ、今後1年間はちょくちょくと書かせて頂きますが・・・。

 ちなみに明日はちょっと用事等がありまして、朝、ここに書くことになりますので、やっぱり今日は試験の話でもいいかなと思いまして・・・。

 ただし、昨日までのように試験の具体的な話じゃなくて、かなり抽象的というか、一般的なことを書くんで、ある意味、試験に関係のない方でもお分かり頂ける文章かな・・・でもやっぱり個人的なメモに過ぎない文章です。

 えっと、まずは今年の試験勉強としての反省。

 今まで、「5月から始めたにしてはよかった」ということを何度か書いています。たしかに、GWの段階で「これじゃまずい、でも受からない、じゃあどうする?」と考え、そこから来年に繋がるように、なおかつある程度の達成感は味わえるようにした、という意味では完璧な行動だったと思っております。

 勉強時間の目標の設定にしても、やるべき内容の設定にしても、実際にやった勉強時間あるいはやった内容にしても、完璧だったと自負しております。

 ただし、逆に「来年に繋げない」方法で、試験に山を張って、もしかしたら試験がバッチリ当たれば受かるかもよ、という方向に持って行くこともできたんですが(ただし、危険な賭)、この方法でよかったなと思っています。あとは、これから来年に向けて、これまでやったことをしっかり伸ばして、やらなかったところは年内に追いつけるようにすれば、来年はちゃんと勝負ができると思います。

 って、よかったところだけ書いているんですけど、当然のことながら、ここに至るまでには猛反省しなければならないことがあるんです。

 つまり、秋以降、フェードアウトしたということ。

 去年の試験の翌日から、前の年に途中まで受講していた教材を使って、人より1ヶ月早く勉強を始めていたんですけど、9月頃には何となくペースダウンして、10月にはほとんどやっていなかった、で、ある程度、ちょこちょことやったことはあったけど、1月から改めて受講した上級コースは全く手をつけていなかった。

 なんていうことなんです。

 これはね、ほんと、悪い癖なんですよね。

 これ、「朝、早く起きるのをやめてしまった」っていうところが最大の問題でして、だんだんと朝起きるのが遅くなっていき、そのうち、朝はこのブログを書いて、適当にネット上をウロウロしていたら、会社に行く時間になってしまった、なんていう日がずっと続いていて、フェードアウト、なんていうことなんです。

 で、夜は夜で、帰ってくるのがそんなに早くないし、これも気を抜くと「もう寝る時間」になってしまうし。

 ということで、朝の時間を大事にしなかったのが、この敗因。

 そんなことで、今年はこの「朝1時間」というのが冬も含めてしっかり続けられるかというのが勝敗を握っているんじゃないかと思うわけで、とにかく「朝1時間」の維持、特に寒くなってきてからも続けることに神経を使わねばならないと思っています。

 という話と、あと、この試験の勉強を続けていくの?という話。

 とりあえず・・・、今のところはこの試験をやめるという理由もないし、努力の余地もある段階だし、撤退ということは考えていません。

 毎年毎年、一応はこの試験を受ける動機というものも考えていかないと、なかなか続けられるもんじゃないんですけど、そのへんは3年前に何となく書いて、それが大きく変わっているわけでもないんで、これから1年間は続けていく方針でいこうと思います。

 とりあえず、今の仕事だけを一生続けるとなると、必ずしもこの資格って必要ではないんですけど、公務員とは対局の位置にある中小企業。前にも書いたように、中小企業って、その会社の今の姿どうこうじゃなくて、一生(定年まで)この会社に勤めることができるなんて思って勤めている人ってそういないはずなんです。(今の会社がどうこう、っていう意味じゃなくて、中小企業というものの性質上という話。)

 それで、税理士事務所というところに8年半、そこから何となくその頭で一般企業の経理として5年弱勤めていると、多分、ここから大きく方向を変えるわけにもいかないわけで、もちろん職があることが前提ですが、今までの仕事を生かしていこうとしたら、結局のところ、この資格に行き着いてしまうわけです。

 例え5科目揃わなくても、この試験って科目合格だけでもそれなりの価値がある業種・職種っていうもんもありまして、そういう意味では仕事をしつつ、つまり、実務的なことの力をつけつつ、資格も積み上げていくことができるという試験なんだなと思うわけです。

 このへんが、受けるからには基本、仕事を辞めるのが普通、で、受からなかったら結局何も残らない、という試験(例:公認会計士)とは違う部分なんです。

 今のところは特に大きく犠牲にしなくても、ちょっと遅めのペースで勉強はできるわけで、そういう環境であるうちは続けていこうかと思っております。

 ということで、今さら、「世の中の役に立つ」とか、そんな熱いものを書く訳じゃないんですけど、今までのことをこれからに生かしていくためには、この資格の勉強を続けていくことが今の段階では悪い選択ではないと思っております。

 ということが、明日以降もこの試験の勉強を続けていく理由、ということで、今年の考えとさせて頂きます。

 いやほんと、思いとかそんなことはおいといて、1年間続けていくようにするということが一番大事で、難しいことなんですよね・・・。しかもこれから重りを増やそうとしているし・・・。

 ただ、ほんと、1日1時間~2時間だとそんなに犠牲にするものってないんです。朝1時間早く起きる習慣と、帰ってきてからはムダな時間だけを過ごさないようにするだけで。そこから1日3時間となると、多少、きつい部分も出てくるんです。そのへんが最近の実感です。

 そんなことで、明日以降は多分、未だに1日分も使っていない、手元の「青春18きっぷ」の使い道を巡って、ああだこうだ言い出す文章が続くんではないかと思われますが、何かあったらその限りではありません。

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

翌日です。

 そんなことで、一連の試験の話題もこのへんまでにしておこうかなと思うんですけど。だってね、ブログの読者層とは全く違う話題だし・・・。

 と、一口に「ブログの読者層」と言っても、多分、Webサイトのトップページから御覧頂いている方と、検索で来られる方って全く違うものを求めてこられる方なんですよね。

 という話はおいといて。

 昨日の結果を踏まえて、じゃあ、1年間どうしていくか?っていう話。と言っても、試験前に考えていた方針とはほとんど変わりません。

 基本、今回受けた「消費税法」を、来年の試験の時には勝負になる状態に持って行きたいと思います。ただし、やっぱりこの試験の性格上、絶対に受かるっていうことになるということはあり得ないので、「勝負になる状態」っていう表現にしておきます。実際に受かるかどうかは当日の問題との相性とか、ひらめきとか、ケアレスミスとか、あるいは試験委員との相性だったりするんで。ただし、可能な限り合格する可能性は上げていくと。

 で、この前から書いているように、この他に「法人税法」を始めたいと思います。

 もうね、この科目、一度はやってみたかったんですよね・・・(笑)。多分、法人税法か所得税法を勉強して、初めて「税理士試験の勉強をしています」って言っていいんじゃないかという側面もあるこの科目。

 ということで、36歳の1年間は(この試験って誕生日にかなり近いんで、その年齢の1年間=試験勉強期間というのとほとんど重なる)、「税理士試験の勉強をしている人」になります。

 ただね、法人税法って、1年で受かろうとすると、確実に1,000時間必要とか、いや、それだけじゃ足りないとか、精神的におかしくなるとか、あるいは初学1年目で受かる確率は、「簿記論・財務諸表論・消費税法の3科目を初学1年目でまとめて受かる確率に等しい」なんてことを言われているぐらいなんで、まともに受かろうとは思っていません。

 しかもどっちかというと消費税で勝負したいと思っているのに、法人税だけにそんなに時間をかけたくないし・・・。

 って思ってやると、絶対に途中でやめてしまうはずなんで、まともには勉強するけど、多分受からないだろうな、でも手は抜かないよ、っていうのをどう表現すべきか。

 まあ、何回もこの試験を受けていて、1科目に専念するっていうことがどれだけリスキーなことか、っていうことも分かっているんで、再来年ぐらいには2つの科目で勝負できる状態にしたいなって思っているんです。(って、来年も消費税落ちる全体の文章やな・・・)

 一応ね、学校のパンフレットには「必要勉強時間600時間」って書かれているんですけど、例によってこれは「宣伝用時間」なんですが、そのあたりを目途にして、その次の年に繋げる状態にしたいなと思っています。

 ただ、今年の消費税の状態よりはマシな状態には仕上げたいなとは思っているんですが・・・。

 一応、法人税に関しては、こういう目標。

 教育訓練給付金を受給する。

 この給付金の詳しい話を書き出すと長くなるんでやめときますが、とりあえずこの科目の受講料については2割ぐらい、雇用保険からもらえることもありまして。

 この試験の勉強を長いことやっているくせに、しかも13年間も雇用保険の被保険者であるくせに一度たりともこの制度を使ったことがなかったんですよね・・・。使わないうちにだんだんともらえる割合も減ってきた。ただね、いろいろと講座の条件と合わなかったりして、使えなかったということも事実で。

 で、10年ぐらい前から、「この制度は法人税法をやるときに使おう」って思っていたわけです。ようやくその日が来たわけで。

 とりあえず、もらうには全体の8割以上の添削問題は提出しなければならない。っていうことで、添削問題を8割、というか全部出すことだけを目標にしようと思っています。これでも、今年の消費税よりずいぶんマシな話になるんです。(今年は一度も添削問題を出さなかったし)

 一応、4月ぐらいまでは法人税:消費税を2:1ぐらい、5月・6月は1:2ぐらい、7月は場合によっては法人税は全くやらないぐらいの感覚でいるわけですが・・・。ということを前提に8月を過ごす人も少ないとは思いますが。

 って、具体的に書いているくせに、来年の今頃「あんな事書いたけど、どっちも秋ぐらいにフェードアウトしたな」なんていう事態になることもあり得るわけで。

 でも、ここに具体的に書くと、結構実現させてしまうことも多いんで、ちょっと利用させて頂きました。

 とりあえず、8月は来年に向けての講座が始まる前なんで、この1ヶ月間だけは消費税だけになるという、これまた特異な月になります。

 で、9月から法人税の講座を受けつつ、消費税の今手元にあるやつをぼちぼちとやって、1月から消費税の講座を追加する・・・って金のかかる年だな・・・。

 ということが、今時点での頭の中にある話。これだけ書いても、ちょっと法人税については迷っていたりもします。でも、いずれはやらねばならないし、年齢的な「記憶力の低下」をまだ体感していない段階だし、1年でも早い方がいいかなと思ってそう考えています。多分20代だったら、法人税はもう1年先送りすると思います。

 ということで、3日間、どうでもいい話ですいません。けど、意外とこれ、この試験を受ける人を相手には恥ずかしくて書けない話だったりもするんで、全く関係のないサイトの「別冊」でこっそりと書かせて頂いています。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

当日です。

 ということで、試験のお話シリーズ。今日は試験当日なんでもちろん書かせて頂きますよ・・・。

 と言ってもそんなにネタもないのと、眠いのとで、あんまり書く気もしないんですが。

 まあ、当然のことながら、昨日まで書いたように、理論問題については全く用意をしていかなかったんで、受かるはずがありません。キッパリと。

 で、まあ、まずは計算問題を解いていて、何年ぶりかで(確か9年前以来)簡易課税の問題。って書いても何が簡易課税で簡易課税じゃなかったら何なんだ、という話になってくるんですけど、とにかく簡易課税の問題。ただ、2年前にこの方のお父さんが亡くなって、その事業を引き継いだりしているんで、すぐに簡易課税だと判断できない問題だったり。って書くと、ほんと、このブログの読者層を無視した話になるんでこのへんでやめときます。

 (ただし。何となく会社の会計的なことに関わっている方へ。簡易課税って小さい会社だと簡単なんでしょうけど、当然、試験に出るような問題だと、第1種~第5種までオンパレードになります。一つぐらいは欠けることがありますが。)

 とにかく、計算問題はかなり不意を突かれたわけですけど、でも、一応解けたわけで、それと、そのあと、おまけで問題があったりして、そこも含めて、計算問題は合っているかどうかは別として、最後まで解けました。

 と、これが「計算問題しか勉強していない人」の罠というか、何というか。つまり、どうせ理論問題は解けないだろうから、時間配分は無視して、好きなだけ計算問題に時間を使えるわけです。だから・・・80分ぐらいは計算問題を解いていたと思いますが、基本的に計算問題に使える時間は60分~70分と言われています。(問題にもよる)

 で、理論問題。

 大きく2つに分けて、後半は何を問われているか分かりました。ちゃんと覚えるべきものを覚えていたら、ちゃんと書けた問題だと分かりました。(さらにその後半のほうはちょっと覚えただけだときついかな・・・)

 まあ、覚えていないからしっかりとは書けないんで、一応「こんな事が書かれていたかな?」と思われることを何となく並べてきました。

 で、その理論問題の前半。これは、試験に関係ない人に話しても分かりやすい話なんで書きますけど・・・

 ××について簡潔に述べなさい(と、その前には条文が出ていたりする)いう問題なんで、頭の中で非常に簡潔に、3行ぐらいで答えを作ったんですよね。

 で、その問題のために用意されていた解答欄。

 B4用紙に罫線を引かれていた紙3枚・・・。

 いやほんと、残り何をお話しすればよろしいのでしょうか?

 ただ、これ、その頭に思い浮かんだ3行ですけど、これしか思い浮かばないということは解答の方向性が違うんかなと思っていたんですが、試験が終わってから配られていた、某学校の解答速報(ただし、試験時間中に印刷までしているんで、かなりあてにならない)を見るとあながち間違いでもないことを書いていたようです。ただ、3行じゃだめやな。

 でも、試験が終わってから回収されるときに、近くの人のを見ていたら、5行しか書いていなかったり、1枚の半分で終わっていたりしたんで、皆さん、そんな調子だったのかなと。

 でも、受かる人はそうでもないと思うんで。

 ということで、まあ、受かることを前提としていない中では善戦したと思います。はい。もちろん、受かることを前提にして受けていると、いろいろと罠があったり、久しぶりに出たんで手薄だった問題だったり、思いつかなければアウトという部分も多くて、かなり厳しい問題だったんじゃないかなと思いつつ、リラックスして受けてきたわけですが、やっぱり疲れます。

 一応この試験、開始1時間経過後、終了10分前までは退出できるんですが、前の席の人と隣の席の人は退出していたんで(多分、まともにやると時間が足りなくなると思うんで、基本的にあきらめていた人だと思う)、その中でも、終了10分前までは曲がりなりにも何か文字を書いていたわけで、あながち「箸にも棒にも当たらない」というわけでもないと思います。ちゃんと、ある程度勉強していた部分の成果は出たと思います。

 っていうことで。本格的には5月からしかやっていない割にはそれなりの成果は出たと思うんですが・・・。だから、来年に繋げるという意味での今年の方向性は間違っていなかったと思っております。

 そんなことで、15時半~の試験。午前中は仕事をしまして、昼食を微妙に遅めにとって、食べ終わってから着替えて、会社の近くのバス停から試験会場へ。

 このバス路線、結構面白いところを走るんですけど、全体を通してみると結構面白いと思います。海のそばの内灘駅から、金沢駅西口を通り、武藏が辻・香林坊、そして旧県庁前を通って、兼六園下から坂を上り登りきったところに小立野の町。

 そこからだんだんと道が細くなって、一旦山の中に入って、急にまた開けてくるというところ。

 だから、金沢の町を立体的に楽しめる路線なんですけど、2年前はもうちょっと面白いところを経由していたんですけどね・・・。

 というようなことを2~3年前にも書いたと思うんですけど、この路線バスに乗れるのも試験の楽しみの一つです。

 で、試験が行われる大学って、山の上にありまして、多くのバスが終点になるところから階段を上っていくことになります。その登りきった大学の前が終点になるバスもあるんですが、会社の近くのバス停で、その時間だと登りきったところが終点になるバスがなかったんで、仕方なく登山。

 そういうことも含めて、なんか再び年中行事化してきているなと思うわけですが、昔のように何の進歩もないまま毎年受け続けるということじゃなくて、受かる受からないは別として、何らかの形で進歩した状態で受け続けて行ければなと思います。

 で、試験が終わってから、駅までのバスだったらその登りきった大学前からバスが出ているんですけど、会社の近くまで行こうとすると、下まで降りたところから乗らないとダメなんで、下山。その降りたところで例年の如く専門学校がパンフレットを配っているんで、2校分頂きまして、会社へ。

 そっから、ちょっと仕事をして帰ってきたわけです。

 そういうことで、明日以降、もうちょっとだけ、試験のことについて書かせて頂きます。意外とここで書くって効果があるんですよね。ちょっと利用させて頂きます。

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

前日です。

 さて、予告通り試験の話。といっても2~3日しか続かないと思いますが・・・。

 まずは「また試験の話か」と思って「読み流そう」と思った方、基本的にこれ以降、試験以外のことを書いていないんで、ここまでで。「なんか知らんけど、暇やし読もうかな」と思われた方だけこれ以降、お進みください。

 まずは、只今をもちまして、何度か書いています「GW以降の勉強時間目標200時間」を達成致しました。

 というか、これを試験前日の、しかもそろそろ寝ようかなという時間に持ってくるということはかなり策略的というか、調整したというか・・・。

 はい。土日、かなり調整しましたもん。というか、結構「勉強したくないな」という気分に襲われていたんですけど、せめて試験前日に、これが達成する程度にやろう、というぐらいしかやっておりません。

 最悪、試験当日とか、あるいは試験時間2時間そのものをカウントして達成するという手もあったんですが。どうにか前日に間に合いました。

 さて、いよいよ明日は試験なんですけど、何度も書いていますように、単に今年の試験は来年以降の勝負とするための通過点という位置づけでしかないんで、特に、勝負でもなんでもありません。年中行事として、土曜日に多く出勤した代休(振替休日)を頂いて、ちょこっと行ってきます、というところ。

 しかしまあ、今年は昔よくやっていた「なんか勉強していないけど、(前職の)会社の手前、とりあえず試験会場で受けてくる」なんていう意味での「年中行事」とは違った、独特な年になったなという印象です。

 つまり、去年の試験終了翌日から始めまして、秋ぐらいでフェードアウト。冬の間はちょこっとだけやって、GW終了後から「これじゃいかん。でも絶対に間に合わん。じゃあ、やる範囲と勉強時間だけ目標を立てて、それだけ達成しよう」、っていうことで始めたんです。

 20代の時だとそんなこと、絶対に守るはずもなく「なんか5月中頃にいろいろ考えたけど、結局何もやらんかったな・・・」ということで流れてしまったはずなんですよね。

 それが、年齢的な焦りもあるのか、あるいは去年違う科目に受かっているんでその習慣が残っているのか、あるいは9月から別の科目も追加しようと思っていて、その前にある程度逃げ切っておこうと思っているのか・・・

 1.GW終了後から試験までの間に200時間勉強する
 2.講座の講義を一通り聴いて、計算問題は12月までの「年内完結コース」の分は3回ずつ、1月からの「上級コース」・5月からの「直前コース」の分は1回ずつ解く(7ヶ月分を7週間で終わらせる)。

 っていうものに関しては、ほんと試験の直前で完了させてしまったわけです。

 多分、今年思いっきり省略してしまった、税理士試験の各税法科目の中で最も面倒で、きつい「理論暗記」っていうやつだけを来年の4月までかなりやって、計算については来年の5月から今年並みに勉強すれば、来年は勝負が可能なんでないか(受かるかどうかは別)と思うわけです。

 で、今のところはそんな来年の4月まで理論暗記しかしない、なんていうことも考えていなく、もっと計算もやるつもりですが・・・。

 そんなことで、つまり、今年は試験直前にだけかなり勉強した年。しかも合否は別として、という、特徴的な年になったということです。

 で、まあ、去年の夏~秋にかけては最低50時間はやっていると思うんで、合わせて250時間。この消費税法に関しては学校が出しているパンフレットに「必要勉強時間」として250時間って書いてあるわけです。ただ、これには「理論暗記」が含まれていないっていうことがちっちゃい字で書いてあるわけですが・・・。

 とは言っても、世間で言われているように、この時間って宣伝用の時間でして、絶対にこの時間じゃ計算の平均程度しか取れないような気がするんですよね・・・。

 とは言っても、今年はとりあえず250時間はやったということ。あと、この科目を何回かやろうとした年があるんですけど、その中で初めて「計算は一通り、試験レベルまでこなした」ということ。

 やっぱり一つの科目の中に理論と計算があったら、結局のところ共倒れになるわけで、その中で片方だけでも一応、形に出来たということは大きな収穫だったと思います。どうにか、この科目については、全く形にならないという状況からは脱出できたようです。

 ということで、明日の試験は「自分が受かる年の過去問を受けにいく」ぐらいの感覚で行きます。そりゃ、今までの努力がないんで緊張も何もありません。

 とは言っても、何もやっていないわけでなく、昔みたいにただ試験場へ行くというのではなく、ちゃんとこの試験の日を期限として、数ヶ月前に立てた短期の目標は達成したし、これについては来年以降、受かる年に繋がったなと思うわけです。今まで受かった科目の経験上、1年間だけの努力で受かるということでもないんで、ちゃんと次に繋がればいいんです。

 そんなわけで、五月のGWに、田んぼを見て「この稲が生長して実るまでに、試験勉強もある程度のことはやりたい」と思ったことについては、どうにかその通りにできたと思います。

 やっぱり、ここを読まれる方には全く興味がないと思うんですが、わざわざ書いてみるもんですね・・・。ということで、ちょくちょく書いていましたが、興味のない中、お付き合い頂きましてありがとうございました。明日以降もよろしくお願いします。

 なお「試験までにやるべきこと」はどうにか昨日あたりで終わってしまっているんで、昨日ぐらいから「来年に向けてやるべきこと」をちらちらとやっております。だから「本当に明日、本試験なん?」っていう内容をやっているときに200時間達成したわけです。ということで、昨日から既に来年に向けたことをやっているわけですが・・・これについては明後日のお話で。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

更新しました(第687版)

 今回の追加駅・・・越後線 刈羽・西山・礼拝の各駅。

 そういうことで、今回は運転本数の割には割と大きな駅3駅。「割と大きな駅」と言っても、村の名前とか、旧町名になっているとかそういうぐらいの位置づけです。

 また、刈羽駅は早朝に撮ったもの、西山・礼拝の各駅は昼間に撮ったもの。撮った日も違います。

 あと、実はこの取材にあたり、刈羽-西山間は乗っていなかったりしまして(その前に何度か乗っているんですが)、吉田・新潟側から取材をしていった駅と、柏崎側から取材をしていった駅の境界を含んでいたりもします。

 あと、西山駅~礼拝駅は歩いているんですけど、今の季節のような青空のようで、咲いている花は確実に今と違う季節のものです。この時も暑かった印象があるんですけど、やっぱり今の暑さとは違いますよね。

 それで、次回ですが、ちょっと未取材駅の取材をしようと企んでもいたんですけど、今日現在、出雲崎~寺泊の5駅が未取材です。そのため、いよいよタイムリミットが来てしまうようですので、次回は石地・小木ノ城の2駅を掲載したあと、分水駅まで飛んでしまうことになります。

 それで、今回はトップページの画像を取り替える回に相当するんですけど、前回取り替える回の時、手違いでアップするのが大幅に遅れたんで、今の画像はもう1週使います。というか「暑い」と思う間は今の画像のままにしようかな・・・?

------------

 この記事はWebサイト「区間全駅ネットワーク」の更新を行った際にその内容をお知らせするものです。この記事を書いてからおおむね2週間以内は、「区間全駅ネットワーク」トップページから直接、今回追加した内容を御覧頂けます。それ以降は「それ以前の更新内容」を御覧頂くか、目次からたどって頂くことになります。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »