« 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(1) | トップページ | 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(3) »

2010年8月31日 (火)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(2)

 それでは続き。

●8月28日(土)

 【金沢】7:53発-(普通)→【高岡】8:32着、9:09発-(普通)→【富山】9:28着、9:38発-(普通)→【直江津】11:37着、12:24発-(北越急行普通)→【十日町】13:10着、13:29発-(普通)→【★内ヶ巻】13:52着、14:21発-(普通)→【★魚沼中条】14:39着、15:24発-(普通)→【★越後岩沢】15:35着、16:07発-(普通)→【★下条】16:13着、16:33発-(普通)→【越後川口】16:50着、17:13発-(普通)→【宮内】17:30着、17:35発-(普通)→【柏崎】18:13着

 今日書く内容は太文字の部分です。

●直江津駅

 そうやって直江津駅に着きまして、まずやるべきことは・・・昼食。

 直江津駅だと、一旦改札を通り、駅前に出るとそば屋さんがあるんで、そこでそばを食べるのが習慣になっています。それで、いつもの通りカレーうどん・・・、

 と思ったんですが、この前も書いたようにどうも最近、カロリーとタンパク質に気をつけるようになってからそば派になりつつある昨今。結局、にしんそばを頼んでしまいました。

 で、そういや直江津駅でうどんなら何回も食べたことあるけど、そばは初めてだったなと思いつつ。

 その次にやるべきことは、北越急行の乗車券の入手。

 なんか、性格的に車内精算とか、降りたときの精算が可能だとしても、どうも先に清算を済ませておかないと不安になるわけで。バスだって、最近はICカードになったんで特に問題はないんですけど、現金で払っていたころは降りるところまでの運賃を両替して握りしめていないと不安だったし・・・。(運賃が分からない場合はだいたいの運賃を予想して握りしめていた)

 で、指定席券売機をいじってみたんですが、犀潟→十日町、ってやるとどうも柏崎・宮内・越後川口経由で出てしまうんですよね・・・。試しに直江津からやってみると、その場合は「行き先」として北越急行の十日町駅が出てくるんですけど、犀潟からにするとJRの十日町駅しかでてこない。まあ、嘘じゃないし、直江津から買ってもいいんですけど、あえてその直江津-犀潟間に有効な「青春18きっぷ」を持っているのに、改めてプラス190円のきっぷを買う必要もないし。

 それで窓口へ行って見たんですが、結局のところ犀潟-十日町・北越急行経由ってJRの直江津駅じゃ出せないらしい。

 でも去年、六日町までのきっぷを買ったけど、どうしたんだったろ?と思ったら、去年は魚津から直江津まで特急に乗ったんで、そこからJRについては犀潟まで買っても一緒だろう、っていうことで、魚津から六日町まで通しで、金沢駅できっぷを買ってしまっていたのでした。

 っていうことで、目的のきっぷを用意できないまま、入ってきた北越急行の列車に乗車。

 折り返しで運転手さんが車両を移動し、ちょっと席を外して戻ってきたようだったんで、きっぷを売ってもらおうとすると、ようやくそこで買えました。ただし「きっぷ」でなくて、運賃精算済証に、手書きで「犀潟~十日町」って書かれたやつでした。

 そんなことで、ようやく十日町までの清算が終わったわけです。っていうか、5分ほど前に柏崎方面への普通列車が出ていたんで、それに乗って犀潟まで先行して、犀潟駅の自販機で十日町まで買う、っていう手もあったんですが・・・・。

●直江津~十日町

 とりあえず、北越急行の列車で信越本線犀潟まで進み、そこから北越急行へ。そういや、東京へはかなり長いこと行っていないんですけど、北越急行自体は毎年、何らかの形で乗っているなと思いました。

 そうして、トンネルの中の信号所に交換のため停車したりしつつ、十日町に着。何となく空いていた車内でしたが、十日町から割と乗ってきたみたいです。

|

« 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(1) | トップページ | 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(1) | トップページ | 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(3) »