« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

メール

 朝、メールを見ていまして、だいたい入ってくるのがスパムメールの類でして、そういう迷惑メールはだいたいは自動的に振り分けられるようになっているんですが(そうでないものもスパムメールに入ることがあるんで、一応はチェックはしている)その振り分けをくぐり抜けてきたメールがありまして・・・。

 と言っても、このメール、手当たり次第に送りつけられてきたものではないと言うことは分かるんですけど、なんか変。ちょっと引用。

 はじめまして、(株)***********の**と申します。
お忙しい所大変失礼致します。

『古賀駅-区間全駅 鹿児島本線 折尾-博多間 その10 』サイト運営者様に対しまして、

特別にご連絡させていただいております。

今回はずばり、(以下省略)

 なんか、サイト名・・・、個別的過ぎるんですけど。というか、古賀駅がどんな駅だったか思い出せないぐらい、遠い過去の話になっているし・・・。

 でも、このページにだけそういう連絡が来ますか・・・。

 確かに各ページには表向き、メールアドレスは表示していないんですけど、ソースを見たらちゃんと書かれているし、何らかの方法を使うと、ちゃんとメールを出せるみたいだし。

 だから、各駅のページ単独でもメールを出せることは出せるんですけど、なんか個別具体的すぎて笑ってしまいました。

 で、何となく眠いんで、これ以上は話を広げないようにしておきます。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

10月の旅

 さて、そろそろ10月の旅の計画でも立てようかなと思っているんですが・・・。

 それにしても、積極的に「行きたい」と思うところが思いつかないわけで、去年って、ほとんど飯田線に行くことを考えていたんで、「次行くところ」を考えるのが楽だったんですけど、さて、どうしましょうかね・・・。

 飯山線っていう考えもあるんですけど、何となく長野県方面ばかりいっているような気がするし、そういや昨年の春に松山に行って以来、滋賀県(というより米原)より西に行っていないという現象が起きているんで、そろそろ西の方にしようかなと思っています。

 と言ってもあんまり遠くに行く気もしないし、ほんとうは阿波池田~高知をそろそろと思っているんですけど、今年はちょっと高知は避けておいた方が無難かなとも思っていますし。

 いっそのこと和歌山~紀伊田辺とかやってみようかなと思いつつあるんですけど。

 「鉄道の日きっぷ」がある時期なんで、周遊きっぷでも地域限定の乗り放題きっぷでも範囲外になっているところがいいかなと思っているわけですが、「全国版」にしてしまうと3日間出歩かなければならなくなって、しかも、モトを取るためにアクセス部分も普通列車にしてしまわないとダメになるし。

 となると、JR西日本限定のやつにして、旅行日程も2日間だけにした方が楽かなとか思っています。例えば関西往復フリーきっぷにJR西日本限定の鉄道の日きっぷを1日分だけくっつけるとかね。

 一応、この10月の旅の後、11月にも多少出歩こうかなと思っているんですが、今年の11月は3連休がないんで小規模なもの。なんならそろそろ能登線の廃線跡という考えもあるわけで、となるとサイトのことを考えると、ここである程度まとまった数の駅を撮っておいた方がいいかなということになるわけです。11月の後は多分、3月まで出歩くことが「お休み」になるはずだし。

 で。この数時間思っていることが「ホテルでゆっくり朝食を食べたいな」ということ。

 最近、運転本数の少ないところに、1泊2日でいくことが多かったため、朝食の時間の前にチェックアウトせざるをえない状況が続いていまして、ホテルで朝食を食べていないんですよね。コンビニで、しかも前日のうちにパンを買っておいて、列車の中で食べることが多くなっているわけで。

 なんか、ホテルの大浴場で朝風呂を浴びて、ゆっくり朝食を食べて、8時過ぎぐらいにチェックアウトしたいな・・・、っていうことを考えております。

 ということで、そういうことができるところへ行こうかなと。なんか、目的と手段が逆転しているような気がするんですが、特に8月9月の宿泊が早朝出発ばかりだったんで、日の出も遅くなってきたことだしちょっと違う趣にしたいなと思っております。

 でー、どこに行くかは全く決まっておりません。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

書体

 石川県に本店のある某緑の銀行(って、石川県に本店のある「銀行」って今や一つしかないのだが・・・)のATMは、少し前に「Leadus」(日立オムロンなんとかかんとかのブランド名)に統一されておりまして。

 その前は2種類(今から思うと日立とオムロン)あったんで、ATMによって書体が変わる、っていうことがあったんですが、今はATMで記帳する限りは似たような書体。ただ、濃淡がありまして、薄かったりすると「失敗した」なんて思ったりします。

 それで、一部の支店にある通帳繰越機(繰り越さなくても、記帳だけでも使ってよい)が、全く違う会社でして、沖電気。

 で、やっぱり、なんですが、ATMと通帳繰越機、どうしても書体が違ってくるわけですよね。なんか、この銀行の通帳だと、どうも通帳繰越機の書体がしっくりこない・・・。まあ、個人的には窓口で記帳してもらうときの書体の方がしっくり来ないんですが。

 で、この沖電気。よー考えたらこれまた石川県内に本店のある某赤色の信用金庫のATMの会社。

 そういう目でその繰越機の書体と、この信用金庫のATMで記帳された書体を比べてみると・・・。カタカナなんかそっくりなんですよね。数字だと「3」がちょっと違うかな?というところ。もちろん、年月日の間にあるものがドットかハイフンかっていうのは、ATMの会社でなくて金融機関で決まっているものを使っていますが、でもハイフンが妙に太いのもそっくり。

 ・・・・、なんていうことを書いてみたんですが、こんな趣味、当然、前職の時は持ち合わせていなかった・・・、あー通帳のコピーを見てどの銀行のものかは分かりましたけど、同じ銀行でATMのメーカーが云々っていうのは今の仕事について、だいぶ経ってからです。

 鉄道の趣味の方って、券売機とか自動改札機に興味を示す人もいらっしゃいますが、自動改札機はね・・・、普段見かけるものじゃないし。やっぱり普段接しているATMに興味が行ってしまいます。

 なお、上に書いたATMの話は、自分の知識の中では精一杯の内容なんで、これ以上はよく分かりません。あー、富士通のATMの話しましょうか?。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

気づき

 たまに(と言ってもしょっちゅうかも)、試験勉強のことを書いてみよう。

 ということで。

 法人税法の勉強が始まってから1ヶ月ちょっと。なんかね、4月までの「基本テキスト」の8冊中1冊目でこういうことを言うのもなんか、先が思いやられるんですけど・・・。

 1.法人税法がうんざりするぐらい計算パターンが多いという意味が分かってきた。

 2.事実上、最低1,000時間以上勉強時間が必要な理由が分かってきた。

 3.計算だけで言うと消費税法とは比べものにならないものであると言うことが分かってきた。(ただし、理論の暗記は、一つ一つは消費税法の方が覚えにくい)

 以上を総合すると、何人か過去に「法人税法」を受かった人を知っているんですけど、無条件で尊敬させて頂きます。次回お会いしたときから接し方を変えようと思います(と言っても表面上は変わりませんが、気持ちだけ変えます)。

 いやほんとね、単にカリキュラムをこなせばいい、っていうもんじゃないんですよね。なんせ計算パターンがそれぞれに出てくるんで、新しいことをやると、前のことが忘れてしまう。

 消費税法って、全体的な流れがあって、だいたい4分の3ぐらいは基本形の中に一つずつ肉付けしていって、4分の3が終わったころには「ベタな問題」は解けるようになっていて、残り4分の1でちょっと例外みたいなことをやろう、という部分があるんです。流れと、一部例外のパターンさえ身につければ、あとは「課税」「非課税」「不課税」の区別がつけばそれなりのところには行きまして、それ以降はケアレスミスとか自分の性格との戦いになるわけで。

 今から思うと消費税法の計算問題って修得するだけならそんなに苦労しないもんだったなと。そりゃGW明けからそれなりにやれば、計算問題だけなら8月頭の試験に間に合うわな。だから8月までにかなり勉強したと思ったんですけど、単に普通にできることを普通にやっただけのような気がする・・・。

 で、法人税法なんですよね。なんか、9月にやる内容、つまり基本テキスト8分冊中1冊をやっただけで、何となく消費税法の計算問題で使ったエネルギーを使ったような気もするわけで。(と言うのも言い過ぎかな。でも2冊で明らかに消費税法の内容は超えてしまうと思う。)

 てなことで、先が思いやられるんですけど、ほんと、今の1日1時間ぐらいの勉強じゃ、ほんと足りん。何となくカリキュラムは1週遅れでこなしていても、ちょっと前の内容が出ると、テキストを開かないと計算パターンが思い出せない・・・。

 それにしても、このテキスト、よーできとるな・・・。「えっ、なんでこういう規定なん?」って思ったら絶対にそこに「こういう理由でこの規定になっている」って書いてあるし、あと、毎回講義の時にやるミニテストも、ちゃんと週2の授業間隔でどうにか覚えることができる単位に切り刻まれて「予告」として出ているし。適度に過去のことも出てきて、絶妙なタイミングで思い出せる・・・。

 と、消費税が簡単なような書き方をしましたけど、実際、もう一つ、「理論」って言う面だと全く違う趣ですし、実際に受かるかどうかとなるとこれまた別問題です。

 ということで。今のところ挫折するつもりもないですし、何となく中途半端に4月ぐらいまでカリキュラムについて行ければいいわー、教育訓練給付金を受給できるぐらいでいいか、それより消費税法を試験レベルにしよう、と思っていたんですけど、なんか、この法人税法、中途半端なら単にそれに負けて終わるような気がしてきた。こうなったらちゃんと身につけてやろうかなと思い始めてきました。

 消費税法は計算問題以外は受かるレベルに持って行っていなかったんで、これを今年、受かるレベルに持って行くのもそれなりにエネルギーがいるわけで。だから、この2科目の両立方法も年明け以降には真剣に考えないとダメなんですよね。

 もう、こうなったら、10月以降、旅に行くのもやめて、法人税にどっぷり浸かってみようかなとか。(1年で受かろうと思ったら当然、それぐらいはやらなければならないことです。)

 ということを考えつつ、何となく8月頃とは違うようにこの科目が見えてきたのでした。

 でも、この事実に1年でも早く気づいてよかった・・・。

 でもまあ、旅に行くことをやめる前に、この土日のように、普段のムダな時間を見直すことが先決かと思いますので、天気次第ではありますが、とりあえず10月の3連休はどこかへ行きます(行き先未定)。

 でもその後って、今年の例から見ると、3月の3連休とGWまで旅に行くことはないわけで、やっぱり10月は貴重です。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

更新しました(第695版)

 今回の追加駅・・・養老鉄道 下野代駅。中央本線 長坂駅。

 と、今回は「区間」が終了して、さらに開始するという回。

 しかも、実は今回、下野代駅を追加することにより、その次の「下深谷」「播磨」が「仮置き場」に掲載してあるんで、これを「仮」から「本文」へ移動させるということ。

 さらに、次に長坂駅を追加すると、その次の日野春駅がやはり「仮置き場」に掲載してあったんで、これもまた本文に移動させるということ。

 っていうことをやっていたら、追加する駅の量に比べて、なかなか作業量の多い更新でした。実際、今回は2駅しか追加していないんですけどね。

 そんなことで、ひとまず養老鉄道は完成。桑名まで繋げましたので、名古屋経由とか草津線経由でぐるぐると周回するリンクも完成しております。下深谷駅と播磨駅、「仮置き場」に掲載してから約半年で本文に移動させることができました。

 なお、この下深谷駅と播磨駅だけ、季節が極端に違っておりますが、このサイトにはありがちな話なんでご了承ください。しかも桑名駅になると秋になるし・・・。

 逆に、長坂駅の次の日野春駅は同じ季節でして、天気以外に違和感はないかなと思っております。

 それとリンク集。久しぶりに「リンクをしました」というメールを頂いたので、リンク。こうやってリンクを追加するのも恐ろしく久しぶりなような気もします。同時に、サイト移転に伴うリンク変更も1件行っております。さらに、1件、閉鎖の分については削除しました。(削除したと言っても実際は文字が出てこないようにしてあるだけで、ソースを表示させると今まで閉鎖したものが全部残っているんですけどね)

 そんなことで、前回の更新時は「中央本線ではないかも知れない」と書きましたが、ひとまず中央本線とさせて頂きます。甲府駅まで達した段階で、別のところを挟みたいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

数値

 今日も残り5分。これだけ書いてアップするのもアリなんですけど、どうしようかな・・・。

 ちなみに、ここから何か書いてしまって長くなったときでも、投稿時刻を調整して25日の記事とさせて頂きます。

 趣味の世界って「数値目標」が時折出てきますよね。

 昔、切手を集めていたときも、友達同士で「何枚持っとる?」っていう話から、(当時の)60円の「つりがね」の切手だけ、っていうこともあり得たんで「何種類?」っていう話になったり。

 そのうち、同じ切手(使用済)を100枚単位で束ねて「100枚束」なんてやっていたんで・・・、ってここまでで昔よく使った用語をちらちらと書いているんですが、ATOKといえどもなかなか変換効率が上がりません。・・・・。話を戻して、そんなことをしていると枚数だけは増えるんです。

 と、ある時点までは「枚数」と「種類」をきっちりと1年に1回は数えていたんですけど、これもそのうちやらなくなって「枚数」「種類数」にこだわらなくなったな・・・。

 今の趣味も、「乗りつぶし」をやっていたときは、達成率に結構こだわっていましたが、これはいいとして今の駅の掲載件数。

 これね、あえて駅数は数えていないんですよね。

 数回、必要に迫られて数えたことはあるんですが、今は数えていません。あー、数えなくてもいいです。数えないでください(笑)。たとえ数えても報告しないでください。

 と言ってもこれに深いこだわりがあるわけじゃなく、面倒だから、あるいは関心がないから数えていないんですけど、あんまり趣味の世界まで数値目標をもって来たくない、っていうのもあるんですよね。

 と、ここまで書いてこの話、結局のところ信念を持って「数を数えていない」っていうわけでもないんで、やっぱり話が膨らまない。久しぶりに「百枚束」のことを書いたんで、何となく懐かしいなと思った次第で。

 でも、当時集めていた切手って、押入の中の箱にあるんですけど、実はその箱自体、今これを打っているところから見える位置にあります。その箱の上にダンベルの外してあるプレートを置いているぐらいなんで、しかもその箱が中身が見えるタイプなんで、実は20年ぐらい前にやめている趣味の「成果」が身近なところに残っているわけで。

 前書いた通り、あんまり「ものを集める」っていうことには興味もなくなったんで、しかも最近の発行される特殊切手ってシート単位が前提だし、あんなもん集める気もしないんで、今のところは切手集めには戻るつもりもないんですけど、何となく気になる存在ではあるんです。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

乗換

 やっぱり「更新しました」を除いて、1週間に1回ぐらい、鉄道の話を書いておかねば・・・。と書きましたが、やっぱりこれも気まぐれですので、今後、そのようにするとは限りませんので悪しからず。

 それで、新青森駅まで新幹線が開業したときの時刻表が出ましたね・・・。と、その概要は面倒なんで書かないんで、JR東日本のサイトから御覧頂くとして。

 あと、めんどくさいので、「JR東日本」という文字にもリンクを埋め込まなかったんで、適度開いて頂くとして。

 ちらっと見ただけだったんで(といいつつ、結構見ていた)、それも情報量も少ないんで何とも言えないわけですが、でもあの、森の中にある新青森駅もずいぶん変わったもんで・・・。健康ランドに行くために降りて、森の中を歩いて国道に出たあの印象が強いんですよね。

 それで。

 基本的に東北新幹線ってほとんどというか全く乗ることがないんで(でも東京行く時に新幹線乗ったら、大宮-東京間は東北新幹線だしな・・・)、新青森駅まで延伸されても、特に変わることはない・・・、というわけでもないんですよね。

 まずは、見ていたら「かもしか」がなくなって、青森-秋田間の特急は「つがる」に統一されまして、今の「つがる」じゃなくて、「かもしか」が「つがる」になる感覚です。

 で、その影で消えてしまっているのが青森発着の「いなほ」でして、今日見た限りでは青森~秋田を走っているのは「つがる」しかないんですよね。(多分、これに「日本海」「あけぼの」の「ヒルネ」が入ると思う)

 ということは・・・、確かに青森駅発5時台の列車って(というか今は6時4分なんですけど、改正後は5時46分)、新潟行きの「いなほ」じゃなくて、秋田行きの「つがる」になっている・・・。

 ということで、かつての「白鳥」(大阪-青森のやつ)、さらに分断されてしまっています。これ、北陸新幹線ができたらほんとどうなってしまうんだろう・・・。

 で、この「新潟行きのいなほ」って北海道から帰ってくるときに重宝していたんですよね。乗換云々っていうだけでなく、在来線特急って距離が長くて乗換が少ないと、それだけ特急料金が安くなるんで。

 というか、今思って調べてみたんですが、昼間の特急の最長距離を走る列車がこの「新潟-青森」の「いなほ」だったようなんですけど、これがぶち切れてしまうようです。

 そんなことで、北海道からの帰り、昼間に行き来するときの考えが変わってきたかな・・・。というか、素直に新幹線で大宮回りをしなさい、ということなんだろうかと・・・。けど、大型連休の最終日にそれをやりたくないんですよね。

 さて、あと「白鳥」「スーパー白鳥」が、新青森-青森-函館ということになるようで。

 となると、「日本海」が新青森に停まるかどうか。

 北海道へ行く時の話なんです。今だと青森で「日本海」を降りてそこから「白鳥」に乗り換えるんですけど、新青森から「白鳥」が出ているなら、そっちから乗った方が自由席に座れる可能性が高くなるし。しかもこの時刻なら仙台からの「はやて」が着く前に「日本海」から「スーパー白鳥」に乗り継げそうなので(ただし「日本海」の時刻がよく分からないので不明)、自由席に座れる可能性が高そう。

 でも、「日本海」を青森駅で降りてそばかうどんを食べるのも楽しみだったんです。ということで、指定席だったら青森で乗換、自由席だったら新青森で乗り換え、っていう流れを作ってしまいそうです。

 というか、新青森→青森と青森→函館って進行方向が変わるんですけど、多分、新青森-青森間って座席が逆のまま走るんだろうなと。今でも「ひだ」が名古屋から岐阜まで座席が逆で走っているんで、それより短いし、確実にそうだろうなと・・・。

 と、新幹線の時刻とか、全く気にせずにそういうことを考えてしまっていたのでした。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

車のライトなど

 試験勉強のことはもうちょっと書けるけどやめておこう。

 ちょっとの話題から「自分の過去」を語ってもいいけど、くどくなるしやめておこう。

 次の旅で行くところを検討しようと思っているんですけど、候補が多すぎて、かなり的外れは文章になるんでやめておこう。

 って、消去法で「今日のネタから外すこと」を考えていくと何も残らないしな・・・・。

 ついさっきの話でもちょこっと書いておきます。

 久しぶりに松任海浜温泉へ。ここも結構行っていたんですけど、ちょっと遠いのと、閉館時刻が早いんでここへ行く時だけ生活の順序が入れ替わるということと(注1)、夏の間は海水浴客が多いことと(でも夜は関係ないか)、等々で最近は行っていなかったんですよね。

 そうそう。水風呂が一人しか入れない(無理すれば2人入れる)んで、すぐに水風呂に入りたいときに入れない、っていう欠点もあるか・・・。

 注1→生活の順序。つまり、遅くまでやっているところだと、夕食を食べる→休んだり、PCを開いたり、試験勉強をしたりして21時頃出かけていく→帰ってきてからすぐ寝る、っていうのを、ここだと夕食を食べる→ちょっと休むかPCか勉強→19時半に出かけていく→帰ってきたら早寝過ぎるんで、何となく湯疲れもありながら何かする→いつもどおり寝る、っていうふうになる。

 でまあ、風呂自体の話は、かなり広い浴槽があって、他と違って浴槽の種類が多くないんで、「温泉に浸かる」っていうことに専念ができること(だから夏には不向き)、あと、やっぱり露天は外に出るとひんやりするな、という時になるとその価値が出てくるなと改めて思ったこと、以外は特に書くことはないんですが。

 で、その帰り道。この前、運転免許の更新の時の講習で、車のライトはなるべく上向き(ハイビーム)にせよ、っていう話がありまして。

 でも普段走る道って、対向車が常に走っている状態なんで、ライトは下向きにしかできないんですよね。今日も行く時は前に車が走っていたんで、下向きのまま。

 途中、ちょっと暗い道がありまして、対向車も時々途切れる道。でも車の通行量が多いんですが、基本的に人が歩いていることが皆無の道があるんです。(ご存じの方のために。しおさいロード。)この道でいつだったか高齢者の方が夜中、車にひかれて亡くなったんですけど、普段のその道の状況から考えると、運転者の方に同情してしまうような環境なわけで。

 で、その道を前後、車のない状態で走っていて、対向車が途切れたときにハイビームにしてみたんですが・・・。全然違うこれ・・・。すごくよく見える。

 この道、ちょっとカーブがある箇所がありまして、でもだいたいは「体で覚えている」という感じで、このへんにカーブがあるなとかだいたい分かるんで、問題がなければ結構暗くても走れるんですけど、でもやっぱりハイビームにすると違うなと。

 でも基本的に、普段走る道で、ハイビームで走ることが出来る区間ってここしかないんですよね。

 そんなことで久しぶりのCCZ温泉。体にしっかりと温泉の匂いが残っております。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

改めて

 試験勉強もなんとか遅れつつ、ちょこちょこと進んでおります。

 ということで、今年から「法人税法」を入れてみたわけです。そういえば10年ぐらい前に消費税法を始めて、そこから最後までやることなく、試験を受けたり、全く受けなかったり、完全に試験というものが記憶からなくなったり、さらにもっと前からやっていた別の科目を受かったりしていたんですが、新しい科目を勉強するのはかなり久しぶりな話。

 法人税法が初めてです!、なんて言っても、もちろんこれで仕事をしていたぐらいなんで、ある程度は知っているつもりだったんです。会社の内部でも外部でも研修なんぞ受けていたりもしたし。

 で、今回初めて試験勉強として法人税法をやってみたんですが・・・。

 8冊中1冊目の途中ぐらいで「へえー」と思うこと多数。てか、よくこれだけ知らずに仕事できたな?っていうぐらい。ちなみに、次の講義でやることは仕事じゃ8年半というか今の仕事も入れて13年半、一度たりともやったことのない内容です。仕組みすら知らん。

 そりゃね、消費税法が「人より知っている」っていうのは、わざわざ途中まででも試験勉強としてやったことがあったからなんですよね。逆に法人税法って試験勉強としてやったことがなく、自分の担当していた先で必要となる法人税の知識ぐらいしかなかったというわけで。

 だから、今初めて、10年ぐらい前に法人税の勉強をやったことのある上司とか同僚がいっていたことの意味が分かった、というぐらいなんです。

 ただ、試験勉強でやることより「知っているよ」っていう内容はあるわけで。例えば、減価償却なんかでも、中小企業なら10万円~30万円の範囲ならいろいろと違う考え方の「償却」があるわけですけど、これ、試験問題なら「納税者に有利」つまり、所得金額を少なくする方向で計算をしていくことになるんですが、実際は必ずしも所得金額を少なくすることが正しい、っていう訳じゃないし。

 あえて全額、損金(税務上の経費)にできることでも、それをしない方が総合的に考えてよい選択、ということだってあるし。場合によってはここに固定資産税の扱いも考慮した方がいい場合もあるし・・・。ってやっていくと、法人税法の問題じゃなくなるんで、試験の範囲を逸脱しているんで、これは単に仕事上の話ということで。

 ということもあるんですが、将来どうなるかは別として、やっぱりここで一度、法人税法を試験勉強モードでやっておいて損はないと感じている次第です。

 でもやっぱり、週2回講義のある科目は、気を抜くとすぐに遅れるなと。消費税法って週1回講義の科目だったんで、ペースがかなり違います。

 ・・・・・。

 と、試験の話を書いていますけど、本当はこの税理士試験の内容だけ別ブログに分離しようかという計画があるわけです。

 普段は今日やった勉強内容だけを淡々と書いていって、時折、今日書いたみたいな内容を書こうというもの。そうした方が遠慮なく試験の話を書けるし。

 何となくここに書く時って、試験にどっぷり浸かっている話じゃなくて、一般論的な内容を書かざるを得ないんですよね。

 基本的に自分の記録にするんで、検索にはひっかからないようにして、コメント欄もなくすという感じで。下手すりゃどこからもリンクしないかも知れません。

 それで、ココログって確か複数のブログを作れたはず・・・、と思ったら、どうやらもう1段上のサービスにしないとダメみたいで。

 そんなことで、管理上の問題もあって、別ブログサービスにしてまでもう一つブログを作る気もないし。

 そんなことで計画が頓挫してしまったわけで、やっぱりここでたまに一般論的に試験の話題を書くことになるかも知れません。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

ブログの休日

 なんか、ツイッターの方はよく分からんことになっているようなので(といいつつ、30分ぐらい、状況把握をしていた)、置いといて。

 さてと。この前の日曜日はブログを書かずに飛ばしてしまったんですけど、ずっと毎日書いていて、2週続けて何やら飛ばしていますもんね。

 いずれも、「その日じゅうに帰って書き込めると思っていたけど、帰ることができなかったり、書き込めなかった」というために飛ばしてしまったものです。

 先々週の土曜日は帰りが遅くなってしまって、日付が変わっていたので、まあいいや、ということで書かなかったもの。で、この前の日曜日ですね。これは書いていますけど、要するにうちの町内の祭りです。はい。

 と、あまり詳しく書くとどこの町内か分かる人には分かってしまう(というか、この時点でかなり特定できるんですが)ことで、詳しくは書かないんですけど、御輿を担ぐ人になっていました。

 もともと住んでいた珠洲市蛸島町って、結構祭りが激しい地区でして、キリコがありまして(注:石川県で「キリコ」というと加賀と能登とでは全く別のものを指すんですが、当然能登の方です)、性格上、なかなか好きになれなかったわけで、あんまり祭りって好ましいものじゃないんです。

 で、今住んでいるところも、2年に1回は御輿が出まして、これもあんまり好きじゃない、というか、地味に疲れるし、ということで、どちらかというと嫌々参加していたわけですが。

 それで、この前書いた通り、大きい御輿の方は台車が付きまして(ただし、これは途中からなくなったんですが)、小さい御輿の方は担ぐわけですが、これでも全体的に疲れがなくなったということ。それと、今回、なんか休憩が多くて、その都度ビールをのんだりしていたら、妙な酔いになっていって、なんか純粋に楽しかったかも。

 なんていうか、自分の場合、酒を飲んだところで暴れたり、陽気になったり、説教くさくなったりはしないんです。あと、家の外では潰れることはないんです。気分的にちょっとだけ変わるぐらいで、後は飲み過ぎたら、家に帰って風呂に入って一眠りしてから、一人寂しくやたら気持ち悪くなる、っていう程度。というよりも、それ以上は飲まないんで、それ以上の症状にはならないわけで。

 だから、気分がよくなるというよりも、眠りが浅くなるとか、翌日疲れるとか、後から気持ちが悪くなるっていう方がイヤなんで、なるべく飲まないようにしていまして、家で飲むとしても1ヶ月に1~2回程度。それ以外に家の外でちょこっと飲む程度。

 だから、健康診断での問診票では該当箇所がないんで「飲まない」っていう扱いになるぐらいの頻度なんですよね。

 そういうことで、別に飲まなくてもいいし、飲む人がいればそれに合わせて飲むし、特に1対1だったら、単純に相手に合わせればいい、という程度です。ただ、多少口数は増えるみたいですが、でも逆に黙るときもあるしな・・・・。

 ちなみに数こそ少ないものの、家族でどこか食べに行く時は自分か母親が運転を担当することになります。運転しない人が飲むということで。

 そんなことで、別に今まで「酒が飲めてよかった」と思ったことも少ないし、「飲めても飲めなくても変わらんやろ」ぐらいの認識だったわけで。

 でまあ、話が長くなりましたが、今回。酒を飲んでいなかったらこれだけ楽しくなかったはずなんですよね。もちろん、表面上はそんなに変わっていなかったはずなんですが、気分的な部分が普段と変わっていたわけです。そんなことで、今回は酒が飲める体質でよかったなと思った日でした。

 で、そんな調子で飲みながら動いていたんで、胃の中の固形物も少ない状態だったし、変な酔い方をしたみたいで、帰ってきてから気持ちが悪くなっておりました。

 それで、かなり水分が欠乏していたようで、気持ちが悪くなって、でも水を飲みに行けず、だいぶしてから起き上がる気になったときに起きて、水を飲んだら、体中から汗が噴き出てきて、それで気持ちが悪い状態から解放され、ぐっすり眠れました。なんかこの状態は今回、初めてだったかも知れません。

 そんなことで、2年に1回のイヤな行事だったのが、そうでもなくなってきたなと思った4回目の祭りでした。

 あと、もうちょっと思ったことがあったんですけど、前提条件がかなりローカルな話になってしまうんで、省略します。

追伸:ツイッターにWebからアクセスするとよろしくないみたいなんで、旅の時みたいに携帯メールから書き込んでみたんですが、宛先不明で帰ってきました。そんなことで今日はツイッターの書き込みは行いません。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

更新しました(第694版)

 今回の追加駅・・・養老鉄道 石津・美濃松山・多度の各駅。

 そういうことで今回は3駅追加。養老鉄道の駅としてはあと1駅、新規に追加すれば、残り2駅が「仮置き場」にあるんで、それを移動させますので、次回で完成します。

 となると、次回から新しい「区間」になるわけで、順番から行くと小淵沢-甲府間になりますが、ちょっと順番は検討中。もしかしたら越後線を先に完成させるかも知れません。

 そういうことで、次回更新は「区間の完成」や「新しい区間の開始」が伴うので、2駅だけとさせて頂きます。

 それと、先週に引き続き、昨日もブログを飛ばしてしまっていますが、これも飛ばしたままにさせて頂きます。まあ、祭りだったし、酒を飲んで帰ってきたらそれどころじゃなかったということで。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

寝過ぎ

 今日はかなり寝ていまして・・・。

 と、試験勉強が早くも遅れているんで、どうにかしようと思ったんですけど、眠い・・・。ということで、結構寝ていました。せいぜい、生産的なことと言ったら、祭りのために家の前に幕を張ったぐらい。

 ただね、家の工事というか、木の部分の腐敗防止のためにペンキを塗ってもらった関係で、幕を張るためのものが全て失われていまして、果たして何をどうしたらいいのやら、っていうところから話が始まったんですが。

 そんなことで、結構寝て過ごした日。

 こうやって、休日が2日あると1日は寝てしまうという習慣、これ、大学生の時に出来上がったものなんです。

 何度か書いていますけど、大学の時は金沢から福井まで通っていまして、標準的には金沢発6:26の長浜行き(今は6:14発の敦賀行き。でも今の時刻だったら金沢発6:56でも大丈夫だと思う。特急の待避の関係で当時と違うため。)、帰りが金沢着20:10(今は大幅にずれているため、どれが該当か分からない)っていうやつでの通学が多かったわけです。

 もちろん、全ての日が1限目からというわけではないんで、毎日これっていうわけではなかったんですが。

 というのと、単に列車で往復するだけならよかったんですけど、家から駅、駅~大学、っていう自転車の距離が1日分、約25キロあったんで、はい、1週間で100キロ超。

 そんなことをしていたらやっぱり週末は疲れているわけで、結構寝ていたわけですね。

 アルバイトは長期休暇の時だけやっていたんですけど、景気もよくなくなってきた時代だったし、絶対にやっていたわけでもなく。

 ただ、一般的に自宅外通学でかかる費用と、この通学でかかる費用の差額を考えると、下手なアルバイトよりは(あくまで「下手なアルバイト」ね)お金が浮いていたはずなんですが。

 あとは、一人暮らし+アルバイトで得られた経験と、早起きの習慣+遠距離通学の経験、っていう「経験値」をどう比較するか、っていう話なんですが。(趣味上は後者の方がものすごい役に立っていると思うんですけど、「生きていく上で」と考えると前者の方がよかったんかなと思います。ただ、これって異質のものの比較なんで、何とも言えません。)

 ちなみに、大学の授業の内容を吸収するという意味ではこっちの方がよかったみたいです。これには決定的にこれを証明する事実があるわけですが、自慢話になるしやめとこ。これ、自慢話にならない題材の時に書きます。(ここでは一度も書いたことがないはず。)

 で、何の話でしたっけ?、休みの日に寝る習慣の話ですよね。

 これね、実際は寝だめになっているつもりでもそうでもないらしく、逆に日曜日の夜とか眠りが浅くなって、逆効果らしいんですけど・・・。

 でもまあ、涼しくなってきたし、しっかり寝られるようになったし。ちょっと前だと暑すぎて昼寝がしにくかったんですけど。

 感覚的には夏の間の疲れ(旅に続けて出たとか、寝不足とか、暑さとか)を今、一気に取っているんじゃないかという気もしているわけですが。

 とりあえず、勤務時間中はほとんど眠くならずに集中して仕事ができるのは、休みの日に結構寝ているからだと思っているんですがさて・・・?

 こういうことをやっているから「1週間で一番調子のいいのは月曜日の午前だ」なんていう人間になってしまっているようです。

 あと、明日は午後から疲れるはずなんで、寝過ぎの状態を休み明けまでひっぱることもないと思うんで、大丈夫だと思います。

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

昼型

 さてと、今日もあと20分。

 なんか最近寝るのが微妙に遅くなりつつあり、それに伴い、朝起きるのも微妙に遅くなりつつあり・・・。

 6時半に起きる、ということは、それ以前に目は覚めていて、完全に暖機運転(って最近やらんね)が終わって、血圧が正常になる状態が6時半、っていうことなんです。少なくとも自分の中では、目がさめてから起きるまでってちょっと長めに取ってありまして、例えば6時半に起きるなら5時半ぐらいから目がさめていたりすることも多いわけで。

 でね、最近は目がさめるのが6時半という始末でして、ちょっと時間感覚を戻さねばならないなと思いつつ、今日も遅くなっております。

 というよりも、今日、会社から帰ってきたのが22時過ぎだったりしまして、これで、夕食食べて風呂入って、それが23時前だったらすごい。もちろん、風呂上がって座ったら23時を過ぎていたんですけど。しかも、今日は髪の毛を刈る日だったし、微妙に風呂に入っていた時間も長かったです。どうせ家の中で最後ならと、頭は刈るわ、あかすりをするわで、家の風呂の割には入っていた時間も長かったし。

 でもやっぱり23時を過ぎると頭の回転が完全に停まってしまうんで、気の利いたことも書けないし。そう、朝はともかく、夜に弱いんです。

 結局のところこれって、育ってきた環境なんだろうなと思うわけで、急に夜型にしようと思ってもできるもんじゃありません。

 なんせ、うちなんか、22時を過ぎると起きているの、自分ぐらいですし。そういや、中学校の時でも21時に寝るのが普通だったし、火曜日に「なるほどザワールド」があるときだけ、22時まで起きていたぐらいで。

 で、逆に朝に強いかというと極端に朝、早いわけじゃないし(比較的早めというだけであって、絶対的に早いわけじゃない)、結局のところ、昼間の時間を高密度で生きる他はないんだろうなと思っております。

 そんなことで、この件については実例を挙げてもうちょっと書こうと思ったんですが、やっぱり眠いんでこのへんで。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

3連休

 さて、巷では今週末3連休。

 って書くと、あーまた今週土曜日はこいつ、出勤なんだな?と思われるかも知れませんが、休みです。だから3連休です。

 なんていうかね、いろいろと記事を見ていると、休みが多いから満足度が高いかというとそうでもないらしいと。休みの多い業種が必ずしもそれに満足しているかというとそうでもないらしいですが。

 確かに、必ずしも毎週2日ずつ休みが絶対に欲しいかというとそうでもないんですよね。むしろ今の形、土曜日の内半分が半日出勤っていう形もなかなか捨てがたいと思うんです。どうせ半日は休みになるんで、旅に出るとしても、この前みたいに「とりあえず現地へ行く」という程度の動きはできるし、あるいは平日にできない用事で、かといって休日に家から出るのがおっくうだなと思うときに、帰り道、一気に用事を済ませられるし。

 あるいは、本当に仕事が溜まっていたら、頭がすっきりとしている時間帯で残業ができるし、っていうことで。

 って、こんな話じゃなかった。

 例えばですよ、日曜日に休みがない仕事とか、正月にまともに休めない仕事っていう環境でもなく、そういう環境の方から見ると休みそのものの存在は恵まれている(満足度は別として)、でも、その対極にある「土日が完全に休み」っていう環境に行き着いているわけではない(そういう環境って、大学の時の4年間だけでした。社会に出てからは何らかの形で土曜日に出勤があるところばかりだし。)、っていうことで、何となく中途半端なところにいるわけですが・・・。

 ちなみに、経理の仕事って、仕事が溜まっていない限り、休日に無理に出るものではありません。むしろ平日、銀行が動いていると休みにくい、というか、特にこの業種だと振込ということをほとんど毎日やっているんで、事実上、平日は休めない、ということもありまして、休むとすれば土日が最優先されてしまいます。

 じゃあ、人間にとって休みって必要かどうか?。もちろん、労働法規の話じゃなくて、人間が生きていく上で、という話。

 ってこんな話をするつもりじゃなかったんです。(もしこの話を書くとすれば、結論は「必要な時期もあるし必要でない時期もあるかも知れない」っていうことなんですけど、省略。ここだけ捕まえてああだこうだ言わないでね。考えていることの前提条件がすごく長くなるんで。)

 えっとですね、話を戻して3連休です。

 いつもだったら、さてどこへ行こう、ということを考えるんですけど、そういや最近、連休だったら絶対にどっか行きたい、っていう意欲が薄くなってきたな・・・。

 実はですね、夏の間も「青春18きっぷ」を使いきるためにどうにか動いていたんですけど、実はかなり面倒というか、家にいたいのにな、と思いながら出ていたわけです。

 そう。一時期比べて、趣味に対する意欲が減退している・・・。

 だから、そろそろ駅巡りも潮時かな・・・?なんて思うんですけど、でも出かけたら出かけたで、結構楽しいし、駅と駅の間を炎天下、歩いても苦にならないし、飯山線とか、あるいは土讃線の阿波池田~高知とか、北海道を想像するとやっぱりどこか行きたくなる。っていうことで、この数日はちょっとどこかへ行きたくなってきました。

 でも、全体的に趣味に対するプライオリティが低くなってきているのは事実でして、実は、趣味というものの存在が、この1年ぐらいの間に相対的に低くなってきているような気がしているんです。

 ちょくちょく書いていますように、ちょっと趣味よりも優先順位の高いものが出てきたということもあるんですけど、駅を巡ることも長期化しつつあるんで、ちょうどいい具合に意欲が落ちてきたということもあるわけです。

 実はそういうことも見越して「区間全駅」って「全駅を目指さない」と大々的に定義しているわけです。そう、退路を思い切り作ってしまっているわけです。だから「そのうちやめるだろう」というのは想定の範囲です。

 そういうことで、今後、趣味に関しては大きな動きはないですし、動きを作らないようにします。かといってやめない、ということ。週1回のWebサイトの更新が、定期的に趣味の世界に入るための手段でして、それ以外の時ってそんなに趣味のことは考えていないんですよね・・・。

 といいつつ、仕事をしているとたまに趣味の世界に引き戻されるのが面白かったり。(複雑なところへJRなんかで行こうとする話の時、結構聞かれることが多い)

 あー、勘違いのないように書きますけど、駅巡りをやめる訳じゃありません。まだまだ行きたいところはいくつかあります。

 で、話がおかしくなっていますが、3連休です。はい。

 この休みはですね、例えば去年だったらシルバーウイークで、北海道に入り浸っていたりしましたし、それ以外だと割と岡山とか広島に行く機会の多い休みなんです。考えてみると、最近は北海道へ行くか、中国地方へ行くか、っていう、割と遠くへ行く休みなんですよね。

 で、今年。

 確かに、書いた通り、趣味に対する意欲も減退している部分があるし、遠くへ行くのもな・・・。っていうよりも、町内の祭りでして、御輿の役割がちょこっと回ってきまして。

 だからですね、それが3連休のまん中にあるわけで、つまりどこへも行けないわけです。

 この町内の祭りって、毎年あるわけでなく2年に1回。だから去年は祭りがなかったんで、大々的に北海道へ行けたわけです。

 で、その前の年は祭りだったんですが、実はその年も北海道へ行っています。実はその年は祭りの御輿の役割の声がかかる前に、北海道へ行く手配をしてしまっていたわけで、それを理由に断ったという話。ただ、きっぷを取る前に家の中でしっかりと相談はしているわけで、その時の旅が単なるいつもの旅じゃなく、祖母のところへ行くというのが主目的だったのはそういうことも絡んでいたからなんです。

 というのと、その2年に1回の御輿の役割を2回続けたんで、1回休もうか、ということもあったわけで、その年は休んだわけです。

 でまあ、今年は、前回休んだから、しょうがないかなということで快諾しているわけですけど、そういや4年前の祭の時も、試験勉強で新しいことをやっていたし、今年も新しいことをやっているんで、何かの偶然かなと思ったりもします。

 でまあ、御輿を担ぐって、地味に疲れるんですよね・・・。しかもうちの町内って、1軒1軒、門から玄関の前まで入っていくし、それがまた地味に疲れるし、しかも門から玄関まで妙に長い家も多いし、ほんとね、イヤになってくる・・・。

 そういうことなんですが、どうも最近、やっぱり担ぎ手の確保に苦労しているらしく、今年から御輿に台車が付くらしい。で、1軒1軒入っていくのはやめるらしい・・・。

 そうなると・・・結構楽ですよ。まあ、御輿って実は身長が低いと、下手をすると自分の肩まで御輿が達しない、っていうことがあって、他の人よりは楽をさせて頂いていたんですけど(でも構造上、背の低い人用のところがあるんですが・・・)。

 それと、なんか、祭の日って雨の予報だし。これがどう転ぶか分からないんですけど、とりあえず、例年のように炎天下の中、ずっと肩に重いものがある、っていう状況からは開放されるようです。

 そんなことで、何を書こうとしていたかというと、3連休はどこへも行かないということと、それで悔しい思いをしているわけでもなく「まあ、そんなもんか」と思っている程度、ということでした。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

車での取材:後編

 てなことで昨日の話のつづき。

 ちなみに昨日の話とは、
  このサイトの「区間全駅」では車で駅を取材することを可としている。
  車で駅を訪れることは、列車だけで駅を訪れるときには見えなかったものが見えてなかなかよい。
  でも2005年に多くの駅を車でまわって以来、現在営業中の駅は車で取材することがない。(季節を変えた再取材などを除く)

 それはなぜか?(明日、つまり今日に続く)

 ということでした。

 さて、何ででしょうね・・・?

 冷静に考えてみても、こうだから最近は車で取材していないんだ!、っていう確固たる理由がないんですよね。そういや、気がついたら最近、車で駅をまわっていなかったな、という程度のことです。

 例えばですよ、車で遠出しなくなった理由を考えますと、
  ガソリン代が上がった。
  運転が面倒になった。
  ETCで高速道路利用料が下がったが、自分の車にはETC装置を付けておらず、従来通りの料金を取られてしまうんでアホらしくて高速なんか乗っていられない、ってなると一般道で遠出するのも面倒。

 なんていうことも理由の一部を占めているんですが、これが確固たる理由かと言われるとそうでもないわけです。

 結局のところ列車で行ってしまえば、そのアクセスは寝ようが暗記物を開こうが、外を眺めようが、列車さえ正確に走っていれば時間通りに着くし楽なんですよね。

 それで、現地でまわる駅も、それなりの数は確保できるし。でも運転本数が少ない区間になると、車と列車とでは、その「数の確保」では明らかに違うんです。

 この前の越後線なんかでも、わざわざ歩いたり、着いた駅で1時間待っている間に、車だったらどれだけの駅をまわることができるか・・・・。

 それで、実はそんなに急いで駅をまわる数を確保する必要もない、ってなると、列車で行ける数だけ行ければいいんではないか?っていうことになってくるわけで。

 あと、車だと頑張ればかなりの数を回ることができるんで、結局のところ、一駅にかける時間が短くなる、っていうことは一駅一駅はさほど大事に扱えなくなる・・・。

 と言っても、列車だと必ず各駅30分とか確保できるわけでなく、運転間隔と両方向の列車の走行状況によっては7分とか10分しか取れない、っていうこともあるし、必ず列車の方がゆっくりできるという訳じゃないんです。でも一般的には一駅ずつの時間は短くなるかと思うんです。

 例えば、去年とか今年の春、飯田線の各駅を巡っていると、列車でなく車で各駅を回っている人を多く見かけたんですが、かなり足早に去っていくわけで、こっちは1時間ぐらいぼーっとしているんですけど、車で来て1時間ぐらいぼーっとしていくという人もおらず、何となく慌ただしいなと思って見ていました。

 つまりですよ、確かに車だと、列車からは見ることのできない景色や、駅へのアクセスなど、貴重な体験ができるんですが、いかんせん、運転本数にかかわらず、量をこなすことができるため、一駅ずつの滞在時間が短くなってしまう・・・。でも、列車なら必ずゆっくりできるかというとそうでもなく。

 そんなことで、日頃慌ただしいから、山の中の駅に行ってゆっくりしたいな、と思ったら、列車で行った方が必要以上にゆっくりできてしまうが、車だと慌ただしくなる、っていうこともあるのかなと思うんですが、でもやっぱりこれも確固たる理由ではないわけです。

 あと、列車だと両方向の列車や、運転間隔などを見極めて、駅をまわる順番をいろいろと調整する「ゲーム感覚」があるわけですが、車だと単に時間内に順に回るだけですし・・・。この楽しみはやっぱり列車で回ったとき独特のものかなと思うんです。

 とにかく、列車本数が少ないけどある程度一気に回ってしまいたいなら車だし、行けるだけでいい、っていうなら列車だし・・・。

 そんなことで、列車だと列車の、車だと車のメリット・デメリットがあるんで、結局のところどっちを取るよ?というぐらいの問題で、最近の嗜好だと列車で回ることが多くなっているというだけの話です。

 だから、個人的には車の方が楽だから卑怯だ、列車で回るのが正当だ、というつもりもないし、そう思うから最近は列車にしている、というわけでなく、最初の方に書いた車でのデメリットを念頭に置きつつ、急がないし、ゆっくりしたいし、両方向の列車を使う「ゲーム感覚」も楽しいし、最近は列車ばっかりになっている、というだけのことです。

 そういうことで、例えば北海道でこの先、大沼公園~森~長万部と続けていくときは、結局北海道へ行くことができる数を考えて、やっぱりレンタカーになってしまうんだろうなと思うわけです。

 ということなんですが、どうも最近、飯田線の駅をまわってから、運転本数が少なくないとなんか面白みを感じなくなってきた今日この頃。

 結局のところ、その時行きたい区間に、回りたい方法で回るのがいいんだろうなと言うことで。

 だから、車でまわってもいいけど、最近は列車の方が面白いからそうしているだけで、過去、車でまわったことも否定していないし、今後、車でまわることも否定していないというわけです。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

車での取材:前編

 何度か書いていますが、このサイトの「区間全駅」の取材上、車で駅を訪れることは「可」としています。いくつかの駅は(いくつもの駅は)実際に車で訪れています。

 確かにね、これは卑怯だという人もいますし、駅なんだから列車で訪れるのが当たり前だ、という人もいるのはよく分かっています。

 でも、これもこのサイトのどこかに書いてあるんですけど、基本的に駅に訪れる方法は半分が列車で、半分がそれ以外の方法になるはずなんです。趣味以外で列車に乗るために駅に訪れるとすれば、当然、自宅なり用度先なりから列車以外の方法で駅に来て、列車に乗り込むことになります。ということは、列車で来て列車で去るという行為は、その駅の表情を半分しか見ていないことになるわけです。

 実際、車で駅を訪れると、列車で来たのとは違う表情を見ることができ、自分で迷いながらも駅にたどり着けた、というのは、列車で来て列車で去った場合には絶対に体験できなかったことが体験できる、ということなんです。

 逆に極端な話、例えば山手線の各駅とか、大阪環状線の各駅、あるいは京都から神戸までの各駅を列車ではなく車で、しかも各駅とも正しい方法で車を停めて(違法駐車や誰かを車に残したままじゃなくて、合法的なところに正しく車を停めて)全駅の取材をする、っていうことをやってみると、列車からは見えなかったものが見えてくると思いますし、逆にこういう場合は車の方が大変だ、ということになると思います(やりたくないけど・・・)。

 だから、生まれてからその行程が終わるまでに3回以上、列車でその駅を通っていれば、列車以外の方法でその駅を訪れて、取材して、列車以外の方法で去るということは可にしているわけです。

 とは言っても、なんか、日本人って結果はともかく苦労しているっていうことに意味を見いだす部分がありますから、なかなか、これを受け入れない人も多いんですよね。車で楽をするなんて意味がない、苦労して各駅を下車すべきだ、なんて。

 でも、上記の理由で、車で訪れるのは、自分の中では「可」なんですが・・・・。

 最近、このブログでの「旅行記」をお読み頂いている方、上記の文章を読んで、「言っていることとやっていること違うやろ」って思われた方・・・?。

 はい。実は、徒歩とかバスを使った場合で「列車以外の方法でその駅にを訪れて、取材して、列車以外の方法で去る」っていう例はあるんですけど、そういや、最近、車で駅に行ったことってあったっけ?

 で、遡ってみると、「季節を変えた再取材」や「廃線跡」あるいは「災害による運休中の区間」を除くと、どうやら2005年11月以来、車で駅を取材することをやっていないらしい・・・。

 飯田線も一部、「下車」も「乗車」もしていない駅があるんですが、これも列車と徒歩以外は使っていないし、この前も路線バスを使ったんですが、これもその次の駅へは徒歩を使っているし・・・。

 ということで、車での駅取材を正当化している割には、そんなに車で行っていないんですよね。

 ちなみに、その2005年というのが車で駅を取材した最大の年だったようで、

 城端線の一部の駅
 大糸線の根知・千国~信濃森上
 酒田~青森の多くの駅(新屋~東能代の各駅は除く)
 小浜線の一部の駅
 神岡鉄道の一部の駅

 このあたりがこの年に車で済ませたところ。

 あと、その前の年に今の「のと鉄道」の現存区間も車で済ませているんですけど、逆に言うと車で取材をしたというのがだいたいこれぐらいなんですよね。全体から見ると数としてはそんなに多くないわけです。

 ちなみに、中間の全駅を自転車で済ませたというのが北陸鉄道浅野川線。あと、中間の全駅を全て徒歩で済ませたのがJR時代の富山港線でした。

 ただ、「大沼公園駅から長崎駅まで(新設駅を除いて)繋がっています」という際に、労力を考えると、その決して少ない部分を占める青森~酒田という区間を車で済ませてしまっているのは何となく申し訳ない気分にもなったりします。これも車だったから一気にできたのであって、列車にこだわっていたらどうなっていたことやら・・・。

 しかしながら、この区間を取材したのは、もう5年ぐらい前の話なんですが、意外と各駅の状況って、列車だけで取材した区間と違う種類の記憶が残っているのは確かなんです。むしろ順調に列車で取材できた区間の方が記憶に残らないわけで。

 だから、特に酒田~青森の各駅を車で取材したというのは今から思っても貴重な体験だったわけで、今までの旅にはない思い出がある旅です。そんなことを考えても、車で駅をまわるというのは個人的にはアリだと思っています。

 じゃあ、なぜ車で取材しないようになったか・・・?

 と、23時も過ぎたことだし、明日のネタにしましょう。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

復活。

 さてと・・・。旅行記も一段落しまして、やっとこのブログも平常運転になります。

 っていうか、このブログって、区間全駅ネットワーク「別冊」なんで、基本的に旅行記を書いている方が正常なんでないかと思うんですけど、そうでもないということはお分かり頂けると思います。書きたいことを読者層を無視して書いていくのがこのブログです。

 で、旅行記を2週間書いている間に何かあったかというと特にないんですが、ダイジェストで。

●健康診断の結果

 届きました。確かにね、血液検査は去年に引き続き全く問題もなく、まあ、体重が多いのはいつもの話なんでおいといて。

 でも、腹回りは84センチなんで、それ以降のメタボリックシンドロームの判定には進まないんですよね。実はここで85センチに行ってしまうと、血圧の関係でちょこっと面倒なことになってしまうわけで。

 でまあ、血圧は遺伝なんで仕方ないと。

 で、今回「初の試み」なんかどうか、心電図でひっかかってしまったんですよね・・・。

 基本的に症状が出なければ特に受診に必要なし、っていう程度なんですが。

 ただ、10年ぐらい前からか、たまに高密度で仕事をして、なおかつ心理的にイヤなことがあったときって、異様に体調が悪くなる、っていうことがありまして。

 この症状も会社が変わってからしばらくの間は出ていなかったし、まあ、心理的な影響が大きかったんだろうな(笑)、なんて思っていたんですが、最近、時折これが出てくるわけなんです。

 で、多少「不整脈」も絡んでいるかなと思って、過去に心電図が検査種目に入っていないときでも自主的に心電図を追加してもらっていたんですが、異常が出ることがなかったんです。でまあ、今回、ようやく異常が出たわけで。

 と、これ以降は特に何もする予定もないんですけど、珍しかったんで書いてみました。

●ベルト

 あんまりよくないことだと思うんですが、ベルトは非常に安いものを使っています。今使っているのがダイソーで735円ぐらいだったもの。確か、2年ぐらい前に佐賀県で親戚の葬式があったときに、急遽買ったもの(肥前山口駅の近くで)なんです。

 でまあ、ベルトは汗を吸うくせに、他のものと違って洗うことがない、となると夏になるとやっぱりよろしくない、ということで、新しいのを買おうと思って近くのダイソーへ。

 それで、105円のベルトを買ったわけです。

 SMLの3サイズがありまして、ちょうどいい大きさに切るという機能がないんで、今までのクセでLを買ったわけですが・・・。

 なんかこのベルト、大っきい・・・。一番内側の穴に通しても、ベルトの着装感がないぐらい・・・。

 どうも、ウエストに関してはLって大きすぎるみたいで、その後「M」を買ってきたら、一番きついところから2つめのところで落ち着いています。

 ほんと、身につけるもののサイズって、かなり分かりにくくなっていまして。

 下半身とか、太ももが絡んでくると絶対にLLだし(Lは不可)、TシャツもLLが望ましい(Lでも対応可能)。でも、規格によっては1サイズ下げた方がいい場合もあったりして。

 で、ベルトとかウエストそのものだとLだと大きすぎる、っていうことか・・・。

 というあたりが、旅行記を書いている間に起こったことで、ここのネタになるかなと思ったことでした。

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

更新しました(第693版)

 今回の追加駅・・・養老鉄道 美濃津屋・駒野・美濃山崎の各駅。

 西大垣からずっと同じ日に撮っているんですけど、途中で天気も変わってきまして、夏らしい晴れた空の様子です。まさか、この時はこの夏、これだけ暑くなるとは思わなかったんですが・・・。

 美濃津屋駅・駒野駅は普通に写真を9枚ずつ掲載。美濃山崎駅は選んでいたら絞りきれなくなったため12枚掲載しています。

*** 

 ちなみに、昨日は久しぶりにブログをお休みしていますが、そのままお休みとさせてください。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

高山-下呂間:詳細(5)

 そんなことでようやく終わるかな・・・。

●9月5日(日)
 【★(あとからの分と合わせて取材)高山】5:26発-(普通)→【★上呂】6:07着、6:42発-(普通)→【★渚】7:06着(時刻表上の発時刻。着は4分ぐらい早かったと思う)、7:38発-(普通)→【★飛騨宮田】7:51着、8:02発-(普通)→【★飛騨小坂】8:06着、8:25発-(普通)→【★久々野】8:43着、9:55発-(普通)→【★飛騨一ノ宮】10:03着、10:33発-(普通)→【★下呂】11:25着【下呂駅前】12:00発-(濃飛バス)→【禅昌寺駅下】…(徒歩)→【★禅昌寺】(12:40頃発)…(徒歩)→【★飛騨萩原】(13:43頃着)14:14発-(普通)→【★高山】15:22着、15:51発-(普通)→【猪谷】16:58着、17:18発-(普通)→【富山】18:18着、18:28発-(普通)→【金沢】19:37着

今日の内容は太文字の部分です。

●高山~金沢

 そういうことで高山駅を改めて撮りまして、列車に乗り込むわけです。

 この列車、猪谷駅まで行って折り返す列車が昨日、高山まで乗ってきた列車。ということは猪谷から乗り換える列車が、昨日、富山から乗ってきた列車が折り返す列車。

 そういうことで、猪谷駅で昨日の自分とすれ違う・・・、というわけでもありませんが、猪谷駅を基準にした24時間の旅だったようです。つまり、JR東海エリアに24時間いたという話です。

 高山までの、かなり久しぶりの風景から一転。特に上枝から先は何年か前に「区間全駅」をやっている駅なんで、見覚えのある風景になります。そういうことで、行きと同じ風景になるんで、詳しい話は省略。

 富山で乗り換えまして、確かこの時間は6両だったはず、と思ったらやっぱり6両。休日なんで結構ゆったりして帰ることができます。

 そんなことで、特に変わったこともなく金沢着。

●補足

 濃飛バスの運賃表示器がなかなか進んでおりまして、液晶の画面で、従来通りの運賃表示がグラフィックスで表示されるわけです。右半分は運賃表示器の画像になったり、今後のいくつかの停留所が順に出てきたりと。なかなか見ていて面白いなと思いました。

 ただ、車内アナウンスが一文字ずつ拾っているのをつなぎ合わせたようにぎこちなかったんですが・・・。

 って書くと、なんか短いので、一応今後の展開。

 高山本線については何度も書いていますけど、今のところ岐阜まで繋げるつもりがないんです。といいつつ、美濃太田までは結構面白そう、というか、いままでの続きでやってみたい部分でもありますし、どこか1泊2日の行き先に困ったときに行くかも知れません。とりあえず、積極的に行きたいわけでもないですけど、どこかで続きをやるかも知れない、という程度です。

 ただ、高山本線の中ではきっぷ的に見ても、あるいは運転本数を見ても最も難易度の高い部分が終わったんで、繋げる意思さえあれば、この先は繋げやすいのかも知れません。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

高山-下呂間:詳細(4)

 それでは続き。多分、今回を入れてあと2回ぐらいだと思います。

●9月5日(日)
 【★(あとからの分と合わせて取材)高山】5:26発-(普通)→【★上呂】6:07着、6:42発-(普通)→【★渚】7:06着(時刻表上の発時刻。着は4分ぐらい早かったと思う)、7:38発-(普通)→【★飛騨宮田】7:51着、8:02発-(普通)→【★飛騨小坂】8:06着、8:25発-(普通)→【★久々野】8:43着、9:55発-(普通)→【★飛騨一ノ宮】10:03着、10:33発-(普通)→【★下呂】11:25着【下呂駅前】12:00発-(濃飛バス)→【禅昌寺駅下】…(徒歩)→【★禅昌寺】(12:40頃発)…(徒歩)→【★飛騨萩原】(13:43頃着)14:14発-(普通)→【★高山】15:22着、15:51発-(普通)→【猪谷】16:58着、17:18発-(普通)→【富山】18:18着、18:28発-(普通)→【金沢】19:37着

今日書く内容は太文字の部分です。

●飛騨萩原~下呂

 そういうことで、残り3駅を一つのまとまりとして考えます。

 と、今回、実は下呂駅は別に外しても構わないと思っていたわけです。つまり、いまの掲載状況で行くと高山駅がないまま、ずっと「猪谷-高山間」っていう掲載をしていたわけで、一駅ぐらいなくても「未取材」で許容できる。しかも、下呂駅までが「青空フリーパス」の範囲なんで、今後、この先を取材したいと思っても「青空フリーパス」でカバーできる駅だし、いいか、という判断だったんです。

 でも、これ、やっぱりどうやっても下呂駅が含まれてしまうわけで、ここで普通列車だけを使う動きをするとして、飛騨一ノ宮→禅昌寺で降りて、そこから歩いて飛騨萩原駅へ行ったとしても、禅昌寺か飛騨萩原でかなりの時間が余ってしまう、っていうことなんです。

 それで、実はここで下呂駅からバスに乗っていますが、このバス路線の存在に気づく前、次のようなことを考えていたわけです。

 【飛騨一ノ宮】10:33発-(普通)→【飛騨萩原】11:15着、12:12発-(特急ひだ8号)→【下呂】12:19着・・・(徒歩)→【禅昌寺】14:10発-(普通)→【高山】15:22着→以下同じ。

 それでまあ、これでも特に問題がないわけですが、歩く距離がこっちの方が長くなるみたいです。それと道が若干複雑になります。それと、追加で払う運賃・料金が大きくなります。でも特急に乗れる・・・。で、ここで下呂~禅昌寺はバスの時刻がないわけで歩かざるを得ないわけなんですが。

 それで、これで組んだ後、このバス路線の存在を知ったわけで。

 しかしまあこのバス路線、つまり下呂~高山のバス路線なんで、実はこの下呂~禅昌寺なんて言わずに、この日訪れるこの区間の各駅の近くを通っているわけで、となると実は大幅にこの日の日程を変えることができる存在なんですよね・・・。

 でもまあ、ここで変えてしまうとおかしくなるんで、この飛騨萩原~下呂の間だけ変えることにしまして、後は最初に組んだ通りにしました。

 ちなみに、この取材時間帯、久々野・飛騨小坂・飛騨萩原という駅にこまめに停まる特急「ひだ」もあったんですが、それを入れようとするとどうしてもうまくいかないわけで、今回は使わず終いでした。

 さて。とにかく飛騨一ノ宮から一気に下呂へ。しかしまあ、こうやって主要駅で長時間停車となると降りて写真を撮る人が多いんですよね。

 各駅をこまめに降りて撮る人は今回については見かけなかったんですけど、今回で言う下呂とか後でもう1回行った高山駅ではかなりの人がホームで写真を撮っていました。なんかその中で撮るのも気恥ずかしいんですが。

 そうやってホームを撮って、駅舎へ。いつもどおり撮って、ちょっとだけ時間があるんで橋を渡って温泉街を見たりして。そういや、仕事でお金を振り込んだことのある旅館が見えまして、あーこんなところにあったんだなと。実物を見るとかなり新鮮です。

 駅へ戻り、駅前のバス待合所できっぷを買って、バスに乗り込みます。さっき見た温泉街を見て、なんかちょこっと町を1周したみたいになって、国道を走り禅昌寺へ。

 禅昌寺駅下バス停で降りて、禅昌寺駅へ。普段は駅を降りてから駅前、そして主要な道へ出たところの写真を撮るんですが、今回は逆。主要な道に出たところの写真を撮り、そこから駅を遠くから撮り、さらに近づき駅舎の写真を撮り、そしてホームに入っていくという仕組み。

 ひとしきり撮ったあと、すぐ立ち去るのも何なんで、ちょこっとホームに佇んだ後、特急列車が通り過ぎるのを待ち、ようやく立ち去りました。

 なお、この禅昌寺駅については当然「駅訪問」にはなるけど「駅下車」にはならない扱い。といいつつ、どっちもカウントしていないんですけどね。ちなみに「区間全駅」のルール上、この駅をどうにか3回通っているんで、この、列車に乗車も下車もしない形の取材は成立するのでした。

 ちなみに、特急列車が立ち去るのを待っていたのは、この駅、特急の通過用線路と、ホームに接した線路が違うんですよね。だから、特急列車通過風景って、他の駅にはない独特な風景になるんです。ちょうどいい時間帯だったんで撮っておきました。

 さて、駅から立ち去り、ちょっとだけ、踏切の向かい側から駅のホームの写真を撮ったあと(たまに出ているアングルでしょ)、いよいよ飛騨萩原駅へ向かいます。

 飛騨萩原駅側の踏切まで来てしまっているんで、駅に戻ってさっきバス停から歩いてきた道を通らなくても、別の道から国道へ出ると、さっき降りたバス停よりも飛騨萩原寄りに出るんで、ちょこっと得した気分。

 さてと。この炎天下。この日あたりまでは気温が下がらなかったわけで、つまり今年の記録的な猛暑がそのまま続いている日。つまり暑い・・・。

 一応、川沿いの国道を歩くんで、多少は川から風が吹いていて、暑くてしょうがない、っていうわけでもないんですけど、こんな日のこんな時間にこんな距離を歩くか?っていう状況。

 ちなみにこれが平日だと、ちょうどいい具合にさっきのバスの次の便があったんで、「禅昌寺駅下」から「飛騨萩原駅下」までバスに乗れたわけですが、あいにく土日は休みの便。その次だとちょっと乗ろうとしていた列車には間に合いません。というか、禅昌寺駅でかなり間延びします。

 と、文句を言っていてもしょうがないんで歩くんですけど、ちょこっとだけふらふらした部分もあったのも事実。すぐに休んで水を飲みましたが。

 何となく町かな、と思ったらそうでもなく、再度落ち着いたところを通った後、萩原の町になってきまして。で、ちょっと中途半端なところから町に入ったんで、駅の入口が分からず、ちょこっと行きすぎて少し戻りました。

 その途中で、今回も水ばかり飲んでいたんですが、この徒歩でかなり水分以外のものが失われているなと思いまして、1回だけスポーツドリンクを飲みまして、その後水に戻りました。

 で、ここを曲がったら駅かな?というところを曲がっていまいち確証がなかったんですが、「駅前なんとか通り」という看板もあったんで、まあ駅前だろう、と思って歩いていると、ちょっと坂の上に駅が見えました。というか、遠くから見ていて、その建物が駅と気づくのにちょっと時間がかかったんですけど、どうにか駅と気づき、ちょこっと戻って「駅舎遠景」の写真。

 そうやって駅に着き、残っていた一つのパンを食べ、ホームへ。トイレに入って着替えまして、どうにか落ち着きを取り戻しました。

 しばらくホームにいたあと、列車が入ってきまして、一気に高山まで。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

高山-下呂間:詳細(3)

 ずっと「更新しました」を除いて旅行記が続いていますが、なんか「自分の記録」が途切れるような気がしまして・・・。まああとでまとめて書きます。っていうことで旅行記の続き。

●9月5日(日)
 【★(あとからの分と合わせて取材)高山】5:26発-(普通)→【★上呂】6:07着、6:42発-(普通)→【★渚】7:06着(時刻表上の発時刻。着は4分ぐらい早かったと思う)、7:38発-(普通)→【★飛騨宮田】7:51着、8:02発-(普通)→【★飛騨小坂】8:06着、8:25発-(普通)→【★久々野】8:43着、9:55発-(普通)→【★飛騨一ノ宮】10:03着、10:33発-(普通)→【★下呂】11:25着【下呂駅前】12:00発-(濃飛バス)→【禅昌寺駅下】…(徒歩)→【★禅昌寺】(12:40頃発)…(徒歩)→【★飛騨萩原】(13:43頃着)14:14発-(普通)→【★高山】15:22着、15:51発-(普通)→【猪谷】16:58着、17:18発-(普通)→【富山】18:18着、18:28発-(普通)→【金沢】19:37着

今日書く内容は太文字の部分です。

●早起き

 5時26分の列車というのも何だかなと思うわけですが、ただ、早朝から動くというのが前日の内に高山まで来た目的なんで、朝は早いわけです。

 普段は旅先でも目覚ましはかけないんですけど、今回、この列車に乗り遅れてしまうとこれをリカバリーする行動を組み直すのが非常に大変なんで、携帯電話で目覚ましをかけて寝ました。

 いつもは「まあ、この列車に乗りたいけど、起きられなかったらまあいいや」っていう程度なんですけど、今回はちょっと違うわけで。

 それで、目覚ましは4時半。と言いつつ、金沢発の始発の富山方面普通列車に乗るときもそんな時間に目覚ましをかけていますし、起きられない時間でもないわけです。で、結局のところ目覚ましが鳴る何分か前には完全に目をさましていたわけですが。

 そういうことで、前日のうちに買っておいたパンのうち、一つだけ食べたりしつつ、チェックアウト。前日、チェックインの時に「チェックアウトは10時までですけどよろしいですか」といわれて「逆に5時台にチェックアウトしたいんですけど」って言ったら、「じゃあ、この箱がおいてあるんでその中に鍵を入れておいてください」と言われた箱の中にカードキーを入れ、ホテルをあとにしました。

 やっぱり暑いと言っても着実に秋になってきているようで、この時間の明るさがちょっと変わってきています。つまり、何となく暗いわけで。

 ということで、一応、帰りに列車の遅延などでこの駅の取材(この日程で言うと15時台のやつ)ができなかったら困るんで、一通りの写真はこの時撮ってあります。

 なお、本文中では基本的に15時台に再度撮ったものを使いますが、一部、改札口や待合室の様子など、この時間の方が人が少なくて撮りやすかったものがあるので、この時撮ったものも使います。って言っても12月頃にアップするんで、それまで覚えているかどうか・・・。

●飛騨一ノ宮~上呂の各駅

 そんなことで、だんだんと明るくなる中、取材開始。

 ここではまずは上呂までの駅を一つの「まとまり」として考えることにします。

 と言っても、やっぱり各駅の状況は例によってサイト本文中に譲りますので、ここでは書かないわけですが。

 で、結局のところ、この区間にしては運転本数が多い時間帯と言っても、方向によって偏りがあるわけなんですよね。

 つまり、高山→下呂方面に集中的に列車がある時間帯のあとに下呂→高山方面に集中的に列車がある時間帯があるというわけで。

 だから、最初は「行きつ戻りつ」しているんですが、ある時点から下呂→高山方面に一駅ずつ降りていくという動きになっています。これ、逆方向に普通列車がなくなってしまう時間帯に入っていたからで。

 さて、こうやって一駅ずつ降りていくと、本当はもうちょっといたかったのにいられなかった、というのが飛騨小坂駅。昔、時刻表の表紙にあったこの駅を見下ろしている図を撮りたかったんですけど、単に近くの跨線橋にいけばいいっていうのではなく、国道まで上がっていかねばならなかったようで、これは諦めています。単に駅構内とその周辺にとどまっています。

 逆に、久々野駅。これね、反対方向に行くわけにもいかず、この駅でかなりの時間がありまして。取材をしてもネタが尽きていたし、途中から試験勉強の暗記物を読んでいたぐらいで・・・。

 そして、飛騨一ノ宮駅。この駅は実は「乗りぶつし」の時に停車時間が長かったんで一度降りているはずなんです。高校1年の時の春休みだから・・・、えっと、何年前?。1991年の話です。

 何となく駅舎に見覚えがあるかな?と思っていたんですが、さほど記憶になかったんです。でも降りてみてすっと思い出したのが、駅の反対側にも跨線橋からの出入り口があったということ。これ、19年の時を経て、ずっと忘れていたんですけど、駅に降りたって思い出しました。それも当時あった乗車駅証明書発行機のおいてあった跡(跨線橋上)を見て、気づいたぐらいで。

 ちなみに、高山本線自体、高山までは「乗りつぶし」のあとに来たことがあったり、猪谷まではたまに来ることもあったんですけど高山より先はほとんど来たことがなく、昨年の1月に名古屋から特急で一気に富山まで通り過ぎたのが、この1991年以来の高山本線(高山~岐阜)だったわけです。

 そんなことで飛騨一ノ宮駅の取材も終わりまして、ここから一気に下呂まで行ったわけです。

 そういや、この飛騨一ノ宮駅と久々野駅の間で川の流れる方向が逆になるという「分水嶺」になるわけですが、この日、その分水嶺を4回通っていたことになります。というか、こんな感じで行ったり来たりしていると、よく通る区間とそうでない区間ができてしまうのは仕方がないことです。

 そんなわけで明日は下呂からの話。実はこの飛騨一ノ宮駅から先、当初考えていた予定とちょこっと変えているんで、覚えていたらそれにも触れます。

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

高山-下呂間:詳細(2)

 そんなことで昨日は経緯だけで終わってしまったんで、今日から本文になります。

多分、1日分だけ書いて終わりかなと思いますんで、そのまま1日分の日程を。

●9月4日(土)
 【金沢】14:55発-(普通)→【富山】15:58着、16:09発-(普通)→【猪谷】17:09着、17:15発-(普通)→【高山】18:26着

●会社から高山

 そんなことで、午前中、というか13時半まで仕事。確か、2年前だったか、仕事から直接旅に出るっていうパターンで、13時41分頃の列車に飛び乗ったことがあるんですけど、って考えると14時55分なんて余裕だ、間延びする。むしろもう1本前にでも乗ろうかな?と思っていたぐらいなんですが・・・。

 こうやって時間があると思うと、かえってムダにしてしまうようで、結局のところこの時刻の列車でちょうどよかったぐらいでした。というか、むしろ時間が足りなかったぐらい?。なんせ13時半なんて昼食食べていましたもん。

 そうやって、仕事を切り上げて、着替えまして、ズボンはそのままクリーニングに出して、Yシャツとその下のシャツはそのままカバンに入れて持って歩いていたという始末。なかなか仕事から直って面倒なもんです。

 金沢駅に着いて、「みどりの券売機」で高山までの乗車券を購入。そうしてホームに行って列車を待つと・・・、なんか金沢-富山間にしては珍しい419系というか「食パン」というか。なんかね、この前も書いたんですけど、この列車にもう乗る機会も少ないかなと思った瞬間、どこかで乗ることが多くなるんですよね。

 そうやって富山まで着いて、乗換。2両ですけどクロスシートの部分が少ないんでロングシートの部分に座って高山本線。そういや、各駅とも「区間全駅」で降りているんですけど、真夏に降りた駅と真冬に降りた駅(珍しく、北陸にしては冬に取材をしている駅があるのがこの路線。といっても西富山と東八尾だけなんですが)が混在しているんで、何となく「暑い」印象の駅と「寒い」印象の駅が入り乱れる区間でもあります。

 猪谷に着いて乗換。そういや、神岡鉄道もないんですよね。で、なぜかかつてはJR東海の高山方面の列車と、JR西日本の富山方面の列車が並んで停まっていたと思うんですけど、JR東海の列車が妙に高山寄りに停まるようになっているような気がしました。かつての神岡鉄道のホームのあたりに停まっております。

 そうやって乗り換えて、JR東海区間。こっちは同じ二両ですが、クロスシートの座席が多いんで4人向かい合わせのところを一人で座りまして。

 それで、ここから角川までは、災害で運休中だったときに撮った駅なんですよね。それで並行する道路の狭さ(時折妙に広くなることもあり)を知っているんで、何となく昔と違うように車窓が見えてしまいます。

 角川からは列車で降りたりしながら取材した駅。そのうち穏やかなところになってきて飛騨古川を経て高山。

 で、高山駅。もともとこの駅が目的の駅だったんですが、この時間、取材ができないかな?と思ったんですけど、やっぱり暗すぎて無理だなということで、この日の取材は諦めました。

 そうして夕食。

 かなり前に「青春18きっぷ」が余っていたとき、単に高山に来て、町並みを見て適当に観光をして帰ったことがあったんですが、その時、昼食は駅からちょっと離れたところで中華料理を食べたな、ということで、そういや駅の近くに食べるところがあっただろうか?と思いながら駅付近をウロウロ。

 で、結局、駅のすぐ前にあるラーメン屋さんでラーメンを食べまして、宿泊するビジネスホテルへ。

 今回、どうせ次の日朝が早いし、となると寝るだけだし、宿泊施設には全くこだわりがなかったんです。安く確実に寝ることができればいいわ、という程度。

 駅の近くに3,500円ぐらいのところがありまして、そういう理由で、最近泊まるところにしてはかなり安い値段のところだったんですけど、そこにしました。

 まあ、確かに、5,000円台とは違うわなー。1,500円程度の違いって目に見えるもんです。

 でも、この「翌朝早い」っていう条件だと、プラス1,500円払うのと、それに追加される快適さってそんなに要るもんじゃないし、今回はこれでよかったんです。

 逆にこれが朝8時台チェックアウト、っていう条件だと、朝食があって、できれば大浴場があって、というところを選んだはずで、複数あれば使い分けができればいいんだろうなということで。

 とはいいつつも、部屋数もそんなに多くなく、たまに廊下を歩く人の声とか、隣の人の声とかでうるさいことがあるんですけど、そういうところを比べると逆に快適だったかも知れません。部屋の風呂もトイレも何となく(構造上)広かったし、値段を考えるとお得な宿だったように思えます。(といいつつ、どこの宿かは書かない)

 そんなことで、前回のように20時台というわけにはいかなかったんですが、21時台にはしっかりと寝ておりました。

 で、明日は2日目のお話。と言ってもそんなに書くことはないかも知れません。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

高山-下呂間:詳細(1)

 と、昨日書いた日程の、旅行記の詳細が始まるんですけど、多分今日は経緯を書いていたら終わってしまうだろう、っていうことで、日程の再掲をせずに話を書きます。

●今回の旅の経緯

 とにかく、「青春18きっぷの消化」ということで、1回分余っていまして、どうしようか・・・、というところ。

 単に近場を適当に、朝遅くから夕方ぐらいまで乗ってもいいかな?とか、そういや越美北線の災害復旧後、越前東郷~美山間に乗っていなかったなとか、いろいろ思っていたんです。

 その流れで行くと、適当に高山本線に行って、高山駅とあと数駅、「仮置き場」のために撮ってくるのもアリかなと思ったわけです。

 ちなみに、ちょっと前に書きましたが、金沢から早朝、乗り継いでいって、高山に着きました、で、その先は・・・、次の列車まで反対方向も含め、恐ろしく時間が空く時間帯に突入するわけです。だから高山駅の他に3駅ぐらいしか撮れないかな?ということだったわけです。

 で、仮にですよ(仮でもないかも)、来年、青春18きっぷが出ないとすれば、この高山本線の高山-下呂間に自由に乗り降りできるきっぷというものがなくなるわけで、そりゃ「周遊きっぷ」がJR東海エリアで唯一残っている区間であるんですけど、猪谷が入口じゃ、金沢から出せないきっぷだし・・・。

 っていうことは、今回、青春18きっぷがある、しかも1回分残っていて、行き先に困っている、っていうときにここへ行かなければあとから大変なことになる、っていうわけで。

 それで、8月中に日帰りで高山へ行こうかと思ったことがあったんですが、先ほど書いたように回ることができる駅が少ないしな、ということで結局行っていなかったんですが、じゃあ、高山駅を早朝に出ればどうなるだろうか・・・?

 時刻表を御覧頂くとお分かりのように、この高山-下呂間って日中は恐ろしいぐらい普通列車が走っていないんですけど、早朝は全く別の路線のように「それなりに」列車が走っている区間なんです。

 だから、その時間帯を使うと、それなりに行けそう・・・・、なら、どうせ土曜日仕事だし、終わってから高山に行くだけにして・・・、あー2500円ぐらいね。もしかしてこれ、金沢にそれなりの時間に帰ってくるようにしても、高山-下呂間、全駅を回ることができてしまうんじゃなかろうか・・・、で、いろいろ試していたら、あーこれ行ける、っていうことで、ぴったりと回れることを確認して、宿泊を探すと、安いホテルが残り1室。ということで、反射的に予約を入れてしまい、今回の旅が決まったわけです。

 それで、日程表上、濃飛バスを使っていますが、当初はこの存在に気づいていなかったんで、特急を使って、別の区間を歩いてこの区間内全駅まわることにしたんですけど、これは旅行記の本文中で織り込むつもりです。

 これ、このように全駅をまわる組み合わせを考えるのがかなりの「パズル」でして、この時間帯、こまめに停まる特急もあるんで、それを使うことも考えてみたんですが、結局うまくいかないわけです。それと、高山発4時台の列車を使っても、全く結果が変わらないという話。

 で、ちなみに、実は高山本線の下呂~美濃太田~岐阜って、諸事情がありまして、今のところ繋げる予定がないんですけど、まあ、このペースでいったら繋げてしまうかもな、と思っています。

 仮に繋げる場合、下呂~岐阜は「青空フリーパス」のエリアなんで、ここまで繋げておけば、繋げたくなったらいつでも行けるだろう、という判断でもあります。

 という前置きが長くなったんですが、明日以降、またちょこちょこと書いていきます。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

高山-下呂間:日程

 そんなことでひたすら旅行記が続くんですが、さっきまでいってきた分の旅行記。今日は日程だけ。本当は「日程の復元」って結構手間がかかるんですが、今日の分に関しては、事前に練っておかないと全駅まわることができなかったため、ちゃんと作ってあるんでそれを写すだけです。

 取材駅は「★」で示します。

●9月4日(土)
 【金沢】14:55発-(普通)→【富山】15:58着、16:09発-(普通)→【猪谷】17:09着、17:15発-(普通)→【高山】18:26着

●9月5日(日)
 【★(あとからの分と合わせて取材)高山】5:26発-(普通)→【★上呂】6:07着、6:42発-(普通)→【★渚】7:06着(時刻表上の発時刻。着は4分ぐらい早かったと思う)、7:38発-(普通)→【★飛騨宮田】7:51着、8:02発-(普通)→【★飛騨小坂】8:06着、8:25発-(普通)→【★久々野】8:43着、9:55発-(普通)→【★飛騨一ノ宮】10:03着、10:33発-(普通)→【★下呂】11:25着【下呂駅前】12:00発-(濃飛バス)→【禅昌寺駅下】…(徒歩)→【★禅昌寺】(12:40頃発)…(徒歩)→【★飛騨萩原】(13:43頃着)14:14発-(普通)→【★高山】15:22着、15:51発-(普通)→【猪谷】16:58着、17:18発-(普通)→【富山】18:18着、18:28発-(普通)→【金沢】19:37着

●成果
 高山本線 猪谷-高山間の内残っていた一駅(高山駅)の取材。
 高山本線 高山-下呂間の完成。

●使用きっぷ
 金沢-高山間 普通乗車券 2,520円
 青春18きっぷ 1回分
 濃飛バス 下呂駅前-禅昌寺駅下 290円

 ・・・金沢-高山間の片道は、青春18きっぷが残っていたならそれを消化すればいいし、残っていなかったら普通乗車券であってもそんなに惜しくないという、絶妙な距離だなと・・・。(鉄道の日きっぷだったらモトが取れない距離ですし。)ちなみに、金沢-高山のバスもあるんですけど、普通列車よりは高いみたいです。

 そんなことで例によって明日以降詳細版を。でも今回はそんなに長くならないはずです。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

更新しました(第692版)

 今回の追加駅・・・養老鉄道 美濃高田・養老の各駅。

 そんなことで今回は土曜日朝の更新。といいつつ、実は水曜日ぐらいに作ってあったんですが・・・。

 養老町内の大きめの駅2駅です。2駅の間で天気がちょっと違いますが、同日の取材です。このあとご紹介する駅は割と晴れた状態になります。

 さて、今回はいつもの3駅ではなく2駅のアップとさせて頂きました。

 一応、3駅ずつアップしていっても11月21日までの分のネタはあるんですけど、いろいろ考えました結果、今後の更新は次のようにさせて頂きます。

 1.12月の更新までは、基本的に3駅ずつアップします。1月以降は12月まで(実質11月まで)の取材状況により判断します。

 2.ただし、次の場合は2駅ずつとすることがあります。
    1)旅に出るときで、1日ずっと家にいる日のない休みの時の更新。
    2)新しい「区間」の掲載を開始するとき、あるいは「区間」が完成するときの更新。
     →本文以外に「目次」や「全駅一覧」を更新するため、時間がかかるため。

 3.その他用事などがあったときで、3駅追加するには時間が厳しいと思われるとき。

 4.その他気分が乗らないとき。

 っていうことで、特に3とか4を適用してしまえばいつでも2駅にできるわけで。

 これですけど、前から書いていますように試験勉強との兼ね合い、あるいは路面電車の電停ですぐに大量に撮ってくることができるところもなく、更新のネタが増えないだろうという判断でこうしました。っていうか、関西の大手私鉄ぐらいを「解禁」してしまえば、1泊2日でかなりの量を撮ってくることができるんですけどね・・・。

 ちょっと最近は町の中の大きな駅を遠慮する傾向もありまして、運転本数の多い区間へ行って大量に撮ってくるよりも、運転本数の少なめの区間へ行ってできるだけ撮ってくる、っていう傾向が強いんで、やっぱりネタが増えないわけです。

 それと9月以降も長期にわたって旅に出て、沢山撮ってくるということもできないので、こういうことで様子を見させて頂きます。

****

 次に。土曜日のこの時間に更新したのは、今週もちょこっと出かけてくるからでして、今週は先週よりものんびりしていますがちょこっと出かけてきます。

 で、今週は土曜日の出勤でして、仕事が終わってから出かける事になります。だから朝はいつもどおり時間があるわけです。

 とは言っても今日はここに書き込んだし、明日は帰ってきてから書き込むんで、ブログに関しては特に今回、旅先での書き込みもない予定です。進行中の旅の状況についてはツイッターに任せることにします。(ただし、書き込まない可能性もあります)

 一応、メールの確認・返信などは明日の夜までできませんのでご了承下さい。

 まあ、「青春18きっぷ」が1回分余っていることの「消化」ではあるんですが、日帰りで行けるところなんですけど、日帰りとして行き着くと列車の本数が少なくなるんで、朝の本数の多いうちに動こう、ということで今日のうちに現地に行ってしまうことにしました。

 ちなみに「行き」だけなら、一応、青春18きっぷを使ってもお得なんですけど、普通のきっぷでもさほど不利にならないところです。

***

 で、今回から「更新しました」の書き込みの最下部に何かお決まりの文章をくっつけていたのは省略することにしました。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(5)

 もしかして、今日書ききらないと次の旅行記が始まらない?でもまあいいや、ということでつづき。

●8月29日(日)

 【柏崎】6:31発-(普通)→【★妙法寺】7:09着、7:21発-(普通)→【★出雲崎】7:27着、8:02発-(普通)→【★寺泊】8:19着、8:54発-(普通)→【★桐原】8:58着・・・(徒歩)→【★小島谷】10:59発-(普通)→【☆越後赤塚】11:54着、12:10発-(普通)→【吉田】12:30着、12:35発-(普通)→【柏崎】13:43着、14:22発-(特急北越6号)→【直江津】14:46着、14:51発-(普通)→【富山】16:54着、17:07発-(普通)→【金沢】18:11着

今日書く内容は全体にわたるため、太文字の表示は行いません。

●越後線残り5駅

 そんなことで、昨日、さんざん経緯を書いたんで、今日はさらっと。、

 GWの時と同じ列車で越後線へ。その時の経験上、この列車に乗るときは柏崎駅構内のコンビニでは朝食を調達できないことを学習していたんで、前日のうちにパンを買っておきました。

 そのパンを食べながら越後線の風景を見ながら。この前の時は田植えの時だったし、いまはもうちょっとで稲刈りという季節。季節が確実に変わっていっているなという実感。

 そうやってGWの時に降りた駅を順にみながら、まずは妙法寺。

 さて、またもや例によって各駅の状況は本文中に譲るんで、ここでは書かないわけで、それとあまり各駅で変わったことも起きなかったんで、日程表に書いてある順に降りていきまして、最後に徒歩。

 本当は県道を歩くつもりだったんですけど、地図をじっと見ていると線路沿いに道があることが判明。ホームの反対側から写真を撮ったあと、線路沿いの道をひたすら歩いて行きます。

 もっと暑いかなと思ったんですけど、時間的にセーフだったのかどうにか歩けまして、小島谷駅に着。

 ここで着替えまして、さっぱりした気分で列車を待ち、家へ帰る方向と逆方向へ。そうしないとこの駅でさらに2時間待ちになってしまうんですよね。というわけで、単なる時間つぶしです。

 吉田を過ぎて越後赤塚へ。本格的に写真を撮る必要もないんで、ホームから実った田んぼの写真を撮っているうちに反対方向の列車がやって参りまして、吉田で乗換え、柏崎駅に戻りました。

●ちょっと特急

 柏崎から直江津方面の普通列車を待つと、かなりの時間。なぜか長岡方面から来て、柏崎で終点になる普通列車があるんですけど、柏崎→直江津に関しては、普通列車等だけ見ると、12時56分の次は15時26分の快速くびき野(すぐあとにこの駅で追い越される普通列車、15時29分があり)までの「空白時間帯」になってしまうわけです。

 そういや、近年を考えても、ここで捕まってしまったことがあるなと。まあ、ここで1300円ちょっと出して金沢まで早く帰るか、青春18きっぷなんで追加運賃なしで1時間半弱遅く帰るかという「迷い」になるんですけど、実際、ここでは迷わず特急で直江津までいってしまうことが多いわけで。

 それで今回も一応は迷ったものの、結局、特急に乗ってしまうことにしまして。でまあ、最終目的地の「金沢行き」の特急なのに、しっかりと直江津で降りてしまうという話なんですが。

 でも、この短時間の特急っていうのが「特急のありがたみ」を感じる最適な時間なのかも知れません。なんていうか、「特急だー」って思いながら、緊張感を持って乗れるって、この時間なんですよね。これ以上長くなってしまうと「特急のありがたみ」を忘れてだらけてしまう。だから心理的には「費用対効果の高い特急乗車」っていうことになります。

 そんなことで、緊張感を持続したまま、直江津に着。

●直江津~金沢

 この区間に関しては、結局「行き」と同様、そんなに変わったこともないし、特記事項もなく。

 ただ、直江津から乗ったとき、ロングシートの部分に座らざるを得なかったというのが珍しい話なのかも知れません。それと、一面青で塗られた普通列車に乗ったのも初めてでした。

 そんなことで、直江津~富山間の約半分と、富山~金沢間のほぼ全部は「暗記物」を見て過ごしながら、帰ったわけです。

 ということで、今回の分の旅行記は結局書き終えました。で、明日は土曜日なんですけど「更新しました」の書き込みとなります。一応、手元に更新の用意をしてあります。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(4)

ようやく2日目に入りました。ということでつづき。

●8月29日(日)

 【柏崎】6:31発-(普通)→【★妙法寺】7:09着、7:21発-(普通)→【★出雲崎】7:27着、8:02発-(普通)→【★寺泊】8:19着、8:54発-(普通)→【★桐原】8:58着・・・(徒歩)→【★小島谷】10:59発-(普通)→【☆越後赤塚】11:54着、12:10発-(普通)→【吉田】12:30着、12:35発-(普通)→【柏崎】13:43着、14:22発-(特急北越6号)→【直江津】14:46着、14:51発-(普通)→【富山】16:54着、17:07発-(普通)→【金沢】18:11着

●日帰りと比べて・・・

 そんなことで、「日帰りを二つくっつけた日程」と書いたように、実は今回、日帰り×2で済む内容を1泊2日でやっているのです。

 そりゃ、普通列車で金沢~柏崎を往復する、っていうことを省いただけでもだいぶ楽なんです。青春18きっぷだったら全く金銭的には変わらないのですが、普通のきっぷだとその往復も助かるし、まあ、泊まればいいかなというところ。

 ちなみに1日目の飯山線に関しては、日帰りも宿泊も、同じような日程で動けるわけですが、ここで宿泊したからメリットが出てくるのが2日目の日程なんです。「急行きたぐに」であっても、柏崎着が6時44分なんで、やっぱり泊まったからこそできたのがこの日程。

 ところで、これ、日帰りでやるとなるとどうなるか。実際、これは本当に8月の初め頃か中頃にやろうと思っていたんですけど・・・

 【金沢】5:25発-(普通)→【富山】6:21着、6:24発-(普通)→【直江津】8:24着、9:08発-(普通)→【柏崎】9:51着、10:16発-(普通)→【寺泊】11:07着・・・(徒歩)→【桐原】12:54発-(普通)→【出雲崎】13:08着・・・(徒歩)→【妙法寺】16:00発-(普通)→【小島谷】16:05着、17:16発-(普通)→【柏崎】18:00着、18:14発-(普通)→【直江津】18:56着、19:08発-(普通)→【金沢】22:15着

 っていうことで、次の日休みならやってやれないことはないですけど、次の日仕事やらいやですよね。あと、割と距離のある2駅区間を歩かねばならないし、これもかなり暑い時間帯だし、そのうえ小島谷駅の時間を見ても分かるようにかなり間延びする・・・。

 そんなことでこれ、考えてはみたものの、実際に行動に移す気もなく、実際にこの5駅をまわるなら、もうちょっと楽にしたいな・・・、っていうことで、じゃあ運転本数の多い早朝の時間を使おう、それなら柏崎に泊まろう。となると1日目は飯山線をくっつけよう。

 そんな発想から今回の旅が出てきたわけです。つまり、元の形がこの「日帰りで残り5駅をかなりきつい状態でまわるコース」だったんです。

 それと、まあ、残り5駅だし、家からそんなに遠くもないし久しぶりに車で行くか?っていう考えもあったわけで。何なら出雲崎まで車で行き、そこから「えちごワンデーパス」を使うっていう手もあったかなと。(モトが取れるかどうか)

 そんなことで、早朝の列車の多い時間帯を使って、昼間の運転本数が少ない時間帯を使うよりも効率よく回ることにしたわけですが、今回の制約条件。小島谷駅。

 この駅ですね、ほとんど交換が行われるわけです。つまり、「行きつ戻りつ」をやっても、交換が行われる場合は、「徒歩」を入れなければ運転間隔時間はこの駅にいなければならない、っていうこと。あと、その前後の駅は滞在時間が短くなる可能性があるということ。

 そんなことで、この駅の存在が今回の日程を決めるネックだったわけです。元の「日帰りコース」でも、実は小島谷駅では両方の列車がほぼ同時に発車しているんで、やっぱり運転間隔時間だけこの駅に滞在することになっています。

 それと、柏崎駅発でみるともう1本早い列車があるんですが、それを見送って2本目の列車に乗っています。確かGWの時もそんなことをしているんですけど、これもその時同様、朝起きられないっていうわけでなく、1本早めても結果が同じっていう訳なんです。詳しいことは書きませんが、1本早く出ても、結局のところ自分が見た限りだと全く結果が変わらない、むしろどこかの駅で妙に間延びしてしまう、っていうことなんです。

 で、確かに柏崎で泊まって効率的に早朝の列車を使ったのはよかったんですが、結局5駅をまわっているうちに日中の恐ろしく間延びする時間帯に突入してしまうわけで、そうなるとなんかどこかの駅で2時間いなければならなくなる(確かこのパターンだと小島谷駅。でも徒歩を使わないと桐原と小島谷駅それぞれで長時間滞在をせざるをえなくなっている。それでもいいなら歩く必要もなかった。この場合、小島谷駅と桐原駅の順番を入れ替えます。)っていうことで、時間調整のため越後赤塚駅まで行っています。

 これ、内野駅での交換なんで、そこまでの駅ならどこでもよかったんですけど、「田んぼの様子」のGWぐらいの時期との対比として写真を撮りたいなということで、この駅にしました。

 それと、この宿泊ですが、柏崎の他に燕三条駅付近と吉田駅付近っていう候補があったんですが、これもいろいろとこの日の動きを考えていくと、柏崎で泊まった方が効率的だということが分かったということ。

 あと、5駅をまわってから吉田から東三条へ抜ける方法もあったんですが、結果は同じだし、どうせなら越後線にどっぷり浸かろうということで、このルートにしたこと。

 そんなことがこの日の日程の経緯でした。

 で、旅行記としては今日は全く進まなかったわけで、また明日以降、進めます。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(3)

 なんか進んでいませんが続き。

●8月28日(土)

 【金沢】7:53発-(普通)→【高岡】8:32着、9:09発-(普通)→【富山】9:28着、9:38発-(普通)→【直江津】11:37着、12:24発-(北越急行普通)→【十日町】13:10着、13:29発-(普通)→【★内ヶ巻】13:52着、14:21発-(普通)→【★魚沼中条】14:39着、15:24発-(普通)→【★越後岩沢】15:35着、16:07発-(普通)→【★下条】16:13着、16:33発-(普通)→【越後川口】16:50着、17:13発-(普通)→【宮内】17:30着、17:35発-(普通)→【柏崎】18:13着

 今日書く内容は太文字の部分です。

●十日町~越後川口

 そんなことで飯山線の駅取材を開始。今年のGWにちょこっと長野側の飯山線の一駅だけを撮って、今年は飯山線をちょっとやろうか、と思いまして。

 それで、キリもいいし、あと、越後線の残りとセットにできるんで、十日町~越後川口の各駅を先に片付けることにしました。

 で、今回。金沢駅発がいつもより遅くなっている、なんかゆっくりしている。いつもならもっと早く出るんではないだろうか?と思われたと思うんですが、これ、この区間の運転間隔の特性上、こうなってしまったわけで。

 つまり、十日町駅を基準に見ますと、8時18分発の越後川口行きのあとは12時24分までない。そのあとは13時29分、15時19分、16時24分、17時32分、っていうように、午前中のあの寂しい時間帯は何だったの?っていうぐらい、普通に列車が走り出すわけです。

 それで、12時24分発で開始できればよかったんですが、そうなると実は直江津まで向かう列車との接続がおかしなことになっていて、金沢発が思ったほど遅くならない、というより、ほとんどいつもと変わらない。

 そして13時29分まで繰り下げると、金沢発がかなり楽な時間になり、しかも4駅取材できて、宿泊地である柏崎駅にもそれなりの時間に着ける、というわけなんです。

 なお、いつもどおり早く出て、十日町から飯山・豊野方面を一駅でも二駅でも取材するという手もあったんですが、かなり非効率なのと、今回の日程がかなりうまくいっていたこともあり、今回はやめておきました。

 さて。また各駅の状況は本文中に譲りますので、多分11月頃になると思いますが、各駅の模様は本文中にアップします。

 で、もともとはセオリー通り十日町→下条→魚沼中条→内ヶ巻→越後岩沢→越後川口、という順に回るつもりだったんです。

 こうやると十日町駅基準で13時29分のあと15時19分まで空いてしまう影響をもろに受けてしまい、下条駅での待ち時間が長くなるのと、内ヶ巻駅での時間が短くなってしまうということがあったわけです。

 それで、各駅での時間のバランスをとることを考えるとこの順で回ると割としっくり来るんで、十日町駅を発車してからまわる順番を変えてしまったわけです。

 そんなことで、今日まわる駅を一通り見てから内ヶ巻駅。

 この駅ですね、「訪問済・未取材駅」っていう駅だったわけで。一度、この駅を訪れたことがあるんですよね。

 その時は「下車」でなくて「乗車のみ」。飯山線の「乗りつぶし」をするときに、越後川口駅での待ち時間が長かったんで、どうせなら飯山線を一気に乗り通すときの席の確保も兼ねまして、越後川口駅から内ヶ巻駅まで歩き、内ヶ巻から越後川口行きに乗って、そのまま折り返しの飯山方面豊野行きに乗った、というわけです。

 だからこの駅、暑い中長い距離を歩いていて、本当に着くんかいな?と思いながら歩いていて、たどり着いた駅ということで結構思い出に残っている駅なんです。

 そういうこともあり、駅周辺、そしてちょっと坂を上がっていったところにある集落まで行ってきて、その時パンを買ったお店も見てきました。(今回は買わなかったんですが)

 そんなことで、回る順番を入れ替えて内ヶ巻駅の時間を長くして正解だったなと思います。

 あとはここに書かれている順番で。だいたい、各駅、極端に長くなることもなく、極端に短くなることもなく、ちょうどいい具合だったなと。

 あと、こうやって各駅を実際に回っていると、いま日本のどのあたりにいるか、あるいは何線にいるのか一瞬分からなくなってしまうことがあるんです。

 何というか、各駅を回っていると「本線」の駅をまわっているような錯覚に陥っていたわけですよね。

 というのは今回の各駅、駅舎こそ越後岩沢駅を除いて、ちょっと小さめの駅舎になり、また、構内も交換設備が撤去されているわけで、小規模な駅が続くわけですが、かつてはどの駅もそれなりの大きさと広さを持った駅だったらしく、特に駅前の「通り」がしっかりしているという印象でした。

 だから、そういうところを歩いていると「支線」の「小駅」ではなく、「本線」の「しっかりした駅」を続けてみているような感覚に陥っていました。

●越後川口~柏崎

 そうやって、越後川口駅に着き、ちょこっと駅の前へ。この駅の掲載している本文中にも書いたんですが、地震の影響を受けた駅前でして、「乗りつぶし」の時に訪れたときはもっと建物もあったのになと思うわけです。

 さて、ここから上越線の列車で宮内、改札を通る暇もなく乗り換えて柏崎へ。

 実はこのまま直江津方面へ乗って行ったら、この日じゅうに普通列車ででも金沢までたどり着けるわけで、事前に「日帰りでできる旅を2つくっつけた1泊旅行」という意味のことを書いたと思うんですが、そういう理由なんです。ちなみに2日目は柏崎で泊まったメリットを享受していますが、実は日帰りでも回ることができたわけです。

 柏崎に着いて、夕食。GWに同じように泊まったとき、確か定食を食べた店があったぞ、ということで、その時と同じ店の同じ席で同じものを食べてホテルへ。

 泊まるホテルも前回と一緒にしたかったんですけど、ちょうど予約を入れた日だけこの日が満室。次の日だと実は予約を入れることができたんですけど、オンラインカード決済をしているし、取り消すと面倒だからいいや、っていうことで、今回は違うホテル。

 大浴場もあるわけでもなし、そんなにやることもないんで確か20時台には布団に入ってしまって、21時頃には既に寝ておりました。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »