« 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(2) | トップページ | 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(4) »

2010年9月 1日 (水)

第一回飯山線・第二回越後線:詳細(3)

 なんか進んでいませんが続き。

●8月28日(土)

 【金沢】7:53発-(普通)→【高岡】8:32着、9:09発-(普通)→【富山】9:28着、9:38発-(普通)→【直江津】11:37着、12:24発-(北越急行普通)→【十日町】13:10着、13:29発-(普通)→【★内ヶ巻】13:52着、14:21発-(普通)→【★魚沼中条】14:39着、15:24発-(普通)→【★越後岩沢】15:35着、16:07発-(普通)→【★下条】16:13着、16:33発-(普通)→【越後川口】16:50着、17:13発-(普通)→【宮内】17:30着、17:35発-(普通)→【柏崎】18:13着

 今日書く内容は太文字の部分です。

●十日町~越後川口

 そんなことで飯山線の駅取材を開始。今年のGWにちょこっと長野側の飯山線の一駅だけを撮って、今年は飯山線をちょっとやろうか、と思いまして。

 それで、キリもいいし、あと、越後線の残りとセットにできるんで、十日町~越後川口の各駅を先に片付けることにしました。

 で、今回。金沢駅発がいつもより遅くなっている、なんかゆっくりしている。いつもならもっと早く出るんではないだろうか?と思われたと思うんですが、これ、この区間の運転間隔の特性上、こうなってしまったわけで。

 つまり、十日町駅を基準に見ますと、8時18分発の越後川口行きのあとは12時24分までない。そのあとは13時29分、15時19分、16時24分、17時32分、っていうように、午前中のあの寂しい時間帯は何だったの?っていうぐらい、普通に列車が走り出すわけです。

 それで、12時24分発で開始できればよかったんですが、そうなると実は直江津まで向かう列車との接続がおかしなことになっていて、金沢発が思ったほど遅くならない、というより、ほとんどいつもと変わらない。

 そして13時29分まで繰り下げると、金沢発がかなり楽な時間になり、しかも4駅取材できて、宿泊地である柏崎駅にもそれなりの時間に着ける、というわけなんです。

 なお、いつもどおり早く出て、十日町から飯山・豊野方面を一駅でも二駅でも取材するという手もあったんですが、かなり非効率なのと、今回の日程がかなりうまくいっていたこともあり、今回はやめておきました。

 さて。また各駅の状況は本文中に譲りますので、多分11月頃になると思いますが、各駅の模様は本文中にアップします。

 で、もともとはセオリー通り十日町→下条→魚沼中条→内ヶ巻→越後岩沢→越後川口、という順に回るつもりだったんです。

 こうやると十日町駅基準で13時29分のあと15時19分まで空いてしまう影響をもろに受けてしまい、下条駅での待ち時間が長くなるのと、内ヶ巻駅での時間が短くなってしまうということがあったわけです。

 それで、各駅での時間のバランスをとることを考えるとこの順で回ると割としっくり来るんで、十日町駅を発車してからまわる順番を変えてしまったわけです。

 そんなことで、今日まわる駅を一通り見てから内ヶ巻駅。

 この駅ですね、「訪問済・未取材駅」っていう駅だったわけで。一度、この駅を訪れたことがあるんですよね。

 その時は「下車」でなくて「乗車のみ」。飯山線の「乗りつぶし」をするときに、越後川口駅での待ち時間が長かったんで、どうせなら飯山線を一気に乗り通すときの席の確保も兼ねまして、越後川口駅から内ヶ巻駅まで歩き、内ヶ巻から越後川口行きに乗って、そのまま折り返しの飯山方面豊野行きに乗った、というわけです。

 だからこの駅、暑い中長い距離を歩いていて、本当に着くんかいな?と思いながら歩いていて、たどり着いた駅ということで結構思い出に残っている駅なんです。

 そういうこともあり、駅周辺、そしてちょっと坂を上がっていったところにある集落まで行ってきて、その時パンを買ったお店も見てきました。(今回は買わなかったんですが)

 そんなことで、回る順番を入れ替えて内ヶ巻駅の時間を長くして正解だったなと思います。

 あとはここに書かれている順番で。だいたい、各駅、極端に長くなることもなく、極端に短くなることもなく、ちょうどいい具合だったなと。

 あと、こうやって各駅を実際に回っていると、いま日本のどのあたりにいるか、あるいは何線にいるのか一瞬分からなくなってしまうことがあるんです。

 何というか、各駅を回っていると「本線」の駅をまわっているような錯覚に陥っていたわけですよね。

 というのは今回の各駅、駅舎こそ越後岩沢駅を除いて、ちょっと小さめの駅舎になり、また、構内も交換設備が撤去されているわけで、小規模な駅が続くわけですが、かつてはどの駅もそれなりの大きさと広さを持った駅だったらしく、特に駅前の「通り」がしっかりしているという印象でした。

 だから、そういうところを歩いていると「支線」の「小駅」ではなく、「本線」の「しっかりした駅」を続けてみているような感覚に陥っていました。

●越後川口~柏崎

 そうやって、越後川口駅に着き、ちょこっと駅の前へ。この駅の掲載している本文中にも書いたんですが、地震の影響を受けた駅前でして、「乗りつぶし」の時に訪れたときはもっと建物もあったのになと思うわけです。

 さて、ここから上越線の列車で宮内、改札を通る暇もなく乗り換えて柏崎へ。

 実はこのまま直江津方面へ乗って行ったら、この日じゅうに普通列車ででも金沢までたどり着けるわけで、事前に「日帰りでできる旅を2つくっつけた1泊旅行」という意味のことを書いたと思うんですが、そういう理由なんです。ちなみに2日目は柏崎で泊まったメリットを享受していますが、実は日帰りでも回ることができたわけです。

 柏崎に着いて、夕食。GWに同じように泊まったとき、確か定食を食べた店があったぞ、ということで、その時と同じ店の同じ席で同じものを食べてホテルへ。

 泊まるホテルも前回と一緒にしたかったんですけど、ちょうど予約を入れた日だけこの日が満室。次の日だと実は予約を入れることができたんですけど、オンラインカード決済をしているし、取り消すと面倒だからいいや、っていうことで、今回は違うホテル。

 大浴場もあるわけでもなし、そんなにやることもないんで確か20時台には布団に入ってしまって、21時頃には既に寝ておりました。

|

« 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(2) | トップページ | 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(2) | トップページ | 第一回飯山線・第二回越後線:詳細(4) »