« 第1回近江鉄道:詳細編(1) | トップページ | 更新しました(第700版) »

2010年10月30日 (土)

第1回近江鉄道:詳細編(2)

●10月23日(土)
 【金沢】6:14発-(普通)→【敦賀】8:56着、9:04発-(普通)→【★(近江鉄道の駅として取材)米原】10:03着、10:40発-(普通・以下、近江八幡駅まで近江鉄道)→【★鳥居本】10:46着、10:57発-(普通)→【★フジテック前】11:00着、11:13発-(普通)→【★(近江鉄道の駅として取材)彦根】11:20着、11:55発-(普通)→【★彦根口】12:00着、12:07発-(普通)→【★ひこね芹川】12:09着、12:27発-(普通)→【高宮】12:33着、12:34発-(普通)→【★多賀大社前】12:39着、13:05発-(普通)→【★スクリーン】13:08着、13:42発-(普通)→【★高宮】13:44着、14:34発-(普通)→【★豊郷】14:41着、14:59発-(普通)→【★尼子】15:03着、15:38発-(普通)→【★五箇荘】15:50着、16:15発-(普通)→【★愛知川】16:20着、16:45発-(普通)→【★河辺の森】16:53着、17:26発-(普通)→【八日市】17:29着、17:38発-(普通)→【近江八幡】17:56着、18:04発-(新快速)→【能登川】18:10着

今日書く内容は太字の部分です。

●近江鉄道 1日目の前半

 そんなことで、近江鉄道の世界へ。この近江鉄道、約2年前に草津線、そして信楽高原鐵道の取材をしたときに、信楽高原鐵道の乗り放題のきっぷのつもりで買ったきっぷに近江鉄道乗り放題もくっついていたんで、せっかくなんで貴生川から米原まで乗っていたわけです。

 その時の印象が「なんか富山地方鉄道に似ている」ということ。だからいずれ近江鉄道も「区間全駅」として取材したいなと思っていたわけですが、結局のところ昨年は飯田線スペシャル年だったし、今年の春は養老鉄道を先にやってしまったりと(実は養老鉄道の取材をやるにあたり、近江鉄道も候補として挙がっていた)、後回しになってしまっていたわけです。

 しかし、先日の3連休が結局日帰りの旅になったという補足として、10月中に1泊2日で土日に旅をしよう、ということで、真っ先に候補になったのがこの近江鉄道。結局これ以外の候補もなく、そのまま今回の目的地となったのでした。

 それで、近江鉄道自体は今回使った「北陸おでかけパス」+「長浜-米原間の乗車券」という組み合わせの日帰り往復を2回ぐらいで片付けるつもりだったんですが、今回の結果からお分かりのように実際は3回行かないと終わらない世界でもあったようで。

 だから、1回は1泊2日で行っておいて正解だったようです。

 今回、あえて宿泊したのも「泊まったことのない4県」の1県が滋賀県だったという理由も大きいわけで、あえて今回、泊まることも目的に行ったという側面もあったのでした。

 と、変なところで前置きを書いてしまったんですが、近江鉄道の各駅の取材。

 と言っても、例によって各駅の状況はいずれ本文中にアップしますんで(と言っても来年、下手すれば春先になってしまいますが)、その時に。

 米原から一旦フジテック前を通り、鳥居本。なかなかいい雰囲気の駅舎。というのと、駅前の道が国道8号線というのもなんか親近感があるわけで。一駅戻ってフジテック前。新しい駅。

 こうやって新しい駅で気づくのが、各駅の新しいトイレについてはこの近江鉄道、かなり充実しているんじゃないかということ。顕著だったのが「ひこね芹川駅」。「多目的トイレ」も兼ねているんで、一般のトイレとしては恐ろしいぐらい豪華なモノでした。

 そして彦根駅。ほかに米原・近江八幡もそうなんですけど、今アップしているのはJRの駅としてのみ取材したものでして、近江鉄道の駅としてはちょっと「並び」の中には置いておけないわけです。何となく同じ構内にあるような雰囲気でもあるんで、両方を兼ねる形でページを作ってもいいんですが、取材時期が大きく違うこともあるんで、この3駅についてはJRと近江鉄道、別の駅として扱うことにしました。

 これに対し貴生川駅は、今回は対象となっていないんですけど、JRの駅として取材する段階で近江鉄道の駅としてご紹介することも意図して取材して、そのようにページも構成してありますので、JRと近江鉄道を一つの駅として扱うことにしております。

 ちなみに、養老鉄道とJRの桑名駅は一つの駅としてご紹介しておりまして、これはJRの桑名駅を取材する段階で養老鉄道の取材をするとは思っていなかったんですが、改札口も同じなんで、これを分けるのも無理があるということで、後から養老鉄道の部分だけ数枚、写真を追加して「同じ駅」として扱うことにしています。

 さて、彦根からまずは彦根口。この駅もなかなか古さがいい雰囲気。実際の滞在時間が短くなってしまったのも非常に惜しいのですが、写真は結構撮ってあります。ただし、待合室内は人がいた関係で、多少、少なめです。

 これに対して一駅戻ってひこね芹川駅は新設駅。さっきも書いたように非常に新しい駅です。

 そうして高宮、なんですけど、一旦多賀線に入っていきまして、多賀大社前。多賀大社には行かず、参道を多少歩いた程度。そしてスクリーン駅を経て高宮駅。

 ホームや構内が富山地方鉄道の寺田駅に似ているんで、駅舎も期待したんですが、コンクリートの割と新しい駅舎でした。

 ここで結構時間があるんで町を散策して時間を過ごしまして、次の段階になるわけです。

 ということでつづきはまた月曜日以降。明日は更新日なので旅行記は休みです。

|

« 第1回近江鉄道:詳細編(1) | トップページ | 更新しました(第700版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回近江鉄道:詳細編(1) | トップページ | 更新しました(第700版) »