« 第1回近江鉄道:詳細編(5) | トップページ | 風邪の件 »

2010年11月 5日 (金)

第1回近江鉄道:詳細編(6)

 例によって既に近江鉄道でもなんでもないところになってきているんですが、続き。今日で終わると思います。

●10月24日(日)
 【☆能登川】8:48発-(普通)→【★(近江鉄道の駅)として取材)近江八幡】8:56着、9:13発-(普通(以下米原まで近江鉄道))→【★平田】9:20着、9:26発-(普通)→【★武佐】9:29着、9:46発-(普通)→【★市辺】9:53着、10:25発-(普通)→【★新八日市】10:29着、10:44発-(普通)→【★太郎坊宮前】10:46着、10:57発-(普通)→【★八日市】11:01着、11:40発-(普通)→【米原】12:33着、13:03発-(新快速)→【☆長浜】13:13着、13:35発-(普通)→【近江塩津】14:00着、14:04発-(普通)→【敦賀】14:17着、14:48発-(普通)→【福井。ただし、敦賀から来た列車がそのまま金沢行きとなるため降りず】15:49着、16:17発-(普通)→【金沢】17:45着

 今日書く内容は太字の部分です。

●米原~敦賀~金沢

 そんなことで、うどんを食べたりしつつ、近江塩津行きの新快速に乗車。もちろん、そのまま乗って行ってもいいのですが、単に近江塩津で次の列車を待つだけの話だし、そうなったら改築された駅を取材するのもよかろう、ということで。

 実は今回、これも一応予定としては考えていたのです。ただ、近江鉄道が今回、全部取材できてしまってなおかつ時間が余るなんていう甘いことを考えていたときに思っていただけの話で、当然、無理なんですが。

 それで、長浜のほかに木ノ本、高月、虎姫と再取材したい駅はあるんですけど、今回は長浜駅。ちょうど「北陸おでかけパス」のエリアが始まるところなんで、米原~長浜はイコカで来て、そこから一旦改札を通り、改めて「北陸おでかけパス」で入場するということもできてしまうのでちょうどよかったのです。

 しかしまあ、改札を通ると結構びっくり。大きく変わってしまったものです。列車から見ていると「あー橋上駅だな」と思うぐらいで、あとはホームから見える駅前もそんなに変わらないし、そんなに変化は感じなかったのですが、改札を通ると結構違うものです。

 旧長浜駅を意識していることもあり、何となく落ち着いた雰囲気。橋上駅独特の明るさがない分、ちょっとほかの橋上駅にはない雰囲気だと思います。

 それで、この駅にいたら雨が降り出してきまして、かなり薄暗い写真になってしまったと思います。今掲載している長浜駅が晴れの日の状態だったら差し替えるのが惜しいなと思ったんですが、見てみたら・・・、即刻差し替えたくなってきた。やっぱりね「区間全駅」初期の頃って今と全く見ているものというか撮るものが違うんですよね。

 ただ、こういう視点もアリなのかなとは思うんですが、今から思うとどうなんだろうという視点です。

 本当は晴れていたら、ここから数駅撮ってもよかったんですけど、本格的に雨が降ってきたんで、もう帰ることにしました。

 近江塩津から新快速に乗り換えて敦賀。

 さて、また521系かなと思ったら・・・。419系。食パンです。

 ほんと、この列車「今度こそ乗り納め」と思ったら、なんか急に乗る機会が増えてしまうもんで、今回も乗ってしまいました。

 それで、別ブログでは触れているんですけど、米原から先、試験勉強の暗記モノをやりながら乗っていたんですけど、この419系、揺れ方の関係で、ほかの系列よりも勉強には向いている列車なんですよね。つまり、本を読んでも酔わない。

 そんなことなんですが、結局ロングシートの部分に座っていたんで、そのメリットは薄かったんですけど、そのまま福井へ。

 それで、この列車、「そのまま金沢行きになります」のパターン。つまり419系で敦賀~金沢まで乗り通してしまうという始末。

 ちょうど福井からクロスシート部分に座れたんで、そこで長時間の停車時間(と言っても別列車なんですが)を使って、昨日の続き、講義を聴き始めるという始末。

 結局、そこから芦原温泉までテキストを見ながら講義を聴いて、芦原温泉からはカーブが多くなるんでちょっと休憩。大聖寺から再開して、加賀温泉で講義を聴き終える、という感じでした。

 それにしても、雨がそのまま降り続いておりまして、天気予報からの感じだと、どこかで雨がやむ、つまり「雨降り始め」というゾーンを追い越してくるかなと思ったんですけど、結局金沢に着いても雨。

 自転車で来ていたんで、さてと。駅のコンビニで合羽を買ったんですけど、レインコート型。結局これを着て自転車を漕ぐと足が濡れてしまうんですよね。

 短パンだったんでそのまま濡れてもいいか・・・と思っても太ももの部分なんかぐっしょりと濡れてしまうし。結局これも風邪の原因だったのだと思います。

 そんなことで、当初は「せっかくの晴なんだから」という理由もあったんですけど、天気の進行が予報より早く、結局雨の中帰ってくる羽目になったのでした。

|

« 第1回近江鉄道:詳細編(5) | トップページ | 風邪の件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回近江鉄道:詳細編(5) | トップページ | 風邪の件 »