« 11年目 更新内容 その1 | トップページ | 更新しました(第707版) »

2010年12月18日 (土)

11年目 更新内容 その2

 そういうことで昨日の記事の続き。

 では、この1年間の更新の特色です。

 まずは「区間全駅」だけだったということ。そういや「ここはかつて駅でした」の取材をした記憶もないし。

 とりあえず、昨年9月に行った北海道→飯田線の完成→養老鉄道→弥彦線・越後線、

 というあたりがこの1年の主な内容だったと思います。特に大きかったのが

 「函館-森間」の一部を追加することによって、久しぶりに長崎から連なっているものが、大沼公園まで繋がった。

 飯田線の全駅が、意外と早期に掲載できた。

 というところかなと思います。あとは、今後の展開として、中小私鉄(かつての大手私鉄も含む)を広げていく、ということに繋がっているかなというところです。

 ということなのですが、特にこの11年目って、1回の更新駅数が年の前半と後半で顕著に違う、という年でした。つまり、1回の更新での追加件数が4駅→3駅→2駅と減っていっております。

 これについては試験勉強の影響が非常に大きいわけで、このサイトを作った年に1科目合格する、ということできたこの税理士試験、そのあと、このサイトが発展するに従って実は試験勉強の方をおろそかにしていたというか、ほとんどやらなかった、というか受けることすらしなくなった年が続いていたわけです。

 それが、最近になって復活しているわけですけど、つまり「試験と趣味の両立」ということをそろそろ真剣に(そろそろといっても11年経って)考えなければならない時期なのかなと思うわけです。

 それで、特に今年は来年受ける科目の内容とか、その科目が初年度であることを考えると、今までとは違ったことを考えねばならない、ということになり、ちょっと趣味・Webサイトの、頭の中での比率を下げようということになったのです。

 だから、特に後半は今までより少ない量を淡々と追加するだけの更新になっています。

 逆に、少ない量の更新とか、頭の中での比率を下げてもサイトの更新自体は続けていけるような「習慣」が定着しているんだなという解釈もできます。

 それと、前回の更新よりアップする画像の質を上げまして、今までよりは若干見やすい画像をお送りできるようにしました。

 これはサーバーでの転送量制限の緩和が大きな要因としてあったのですが、淡々と更新していく中でもちょっとだけ改良はしていこうということは考えているのです。

 では、これから先1年間はどうなるか、というとほとんど流れが見えているんですが、それについては月曜日以降に。

 明日はちょうど11周年の日ですが、記念更新のようなことはせずに、普通の更新とさせて頂きます。

|

« 11年目 更新内容 その1 | トップページ | 更新しました(第707版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11年目 更新内容 その1 | トップページ | 更新しました(第707版) »