« 更新しました(第707版) | トップページ | その後 »

2010年12月20日 (月)

絶食

 と、本来は12年目のこのサイトをどうするかということを書く予定でしたが、予定を変更しまして・・・。

 ということで、多分食べ物か何かに(というか食べ物しかないが・・・)当たったんだと思いますけど、なんか、夜中の3時過ぎにおかしくなりました。

 で、最初はなんか妙に体が熱いので、前日、温泉に入りすぎたんだろうな、という程度。でも普段は朝起きたら何となくだるいんですけど、ここで熱いのはどうしてだろう、という程度。

 それで、やっぱりおかしいのでトイレへ行くと、結局吐いてしまいまして。何となくその感覚が酒を飲み過ぎたときに似ているんですが、酒を飲んだのは日曜日じゃなくて土曜日だしな・・・、遅れてくるにしては遅すぎるだろう、と。

 それで、朝起きてもやっぱりおかしいので、とりあえず会社へは行かずに医者へ。ちょっとだけ落ち着いてから行きました。

 それで、ここまでの要点。(◎は医者で言ったこと。「・」は言っていないこと。)
   ◎3回ほど吐いた
   ◎下痢はちょっとだけ
   ◎熱はない(医者で測ると36.6度)
   ◎朝起きたときよりは楽になってきた
   ◎昨日、夕食で牡蛎を食べた(3個)
   ◎温泉に入りすぎた
   ・筋トレらしきことはちょっと多めにしている。
   ・土曜日にアルコールが入っている。

 ということで、でも
   ◎会社で、近くの席の人がノロにかかっていた(3日ぐらいして治ってから出てきた)

 ということがありまして、医者で問診のあと、待合室でなくて車の中で待たされる羽目に。ただ、横になれたのはちょっと楽だったかも。

 そういうことで、順番が来て呼びに来てくれたんですけど、結局、ノロって熱が高いはずだし、下痢もひどいはずだし、そんな楽そうな顔をしていない、つまり「ノロの顔をしていない」ということ。

 まあ、朝起きたときよりは断然に楽になっていたので、多分、顔は「元気そうな顔」になっていたんだと思いますが・・・。

 ただ、胃やら腹に聴診器を当てたあと、胃腸炎には変わりないので、胃や腸が完全に静かになって止まってしまっているので、今何か食べたら結局は吐いてしまうことになるだろう、ということ。

 それで、どうしてもお腹が空いたら、その時点で動き出したところなんで、おかゆとか、消化のいいものから食べなさい、ということ。

 そういうことで、点滴を受けてきまして。なんか点滴って、眺めていると気が遠くなってくるんですよね。この一滴一滴の動きで、この液体全部が体に入ってくるって、どれだけ時間がかかるんだろう、と。

 どうにか点滴も終わり、ただこれ、ブドウ糖とかの栄養分と水分の補給なんで、急にトイレに行きたくなりつつ、どうにか終了。

 そこから薬局で薬を取ってきて、家で着替えて、そのまま会社へ。ノロじゃないし、一応うつるもんじゃないらしいし、まあ「今日ぐらい休んだら?」という医者の談でしたが、こういうときに代わりのいない仕事ってね・・・。20日だし。

 ということで、仕事へ。

 で、まあ、仕事自体はたまにめまいがするぐらいでそんなに問題もなく。20日に絶対にやらなければならないことをやってしまったら、まあ、帰ってもよかったんですけど、遅れるし、基本的に頭を使わないことを集中してやることにしまして、どうにか定時まではもちました。

 というか、いかに口が寂しいか・・・。朝食も昼食も食べていないので(点滴で栄養だけは入れている)、何かを食べたいんですよね。要するに口を動かしたい。

 でも胃や腸が動き出したという「お腹が空いた」という状態でもないわけで。

 例えばここでミンティアを食べてしまうわけにもいかないし・・・。胃がびっくりしてしまうと思います。

 ということで、アクエリアスを飲んでいたんですが、500ml1本じゃ足りなくて2本目を買いに行く始末。それが終わったところでお茶を飲み始めました。

 結局会社では温泉で出てくる薄焼きみたいなやつを一つだけ食べましてあとは家に帰って、おかゆ+カレーの煮付け+ハタハタの煮付け+温泉卵2個と、カボチャの味噌汁と、って結構食べた?これが24時間ぶりの食事でした。

 結局のところ、これを食べたから、じゃなくて、食べたものも原因だったろうし、温泉に入っていてちょっと体温が高かったのも原因だろうし、筋トレらしきことで内臓に負担がかかっていたのも原因だろうし、土曜日の酒で多少体が弱っていたことも原因だろうし、いろんな条件が重なったんだろうな、ということだと思います。

|

« 更新しました(第707版) | トップページ | その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第707版) | トップページ | その後 »