« 偶然 | トップページ | 簡略化 »

2010年12月 1日 (水)

身内

 今日もちょっとずれた「試験勉強の話」。

 えっとですね、只今、「同族会社」とか「役員」とかそのあたりをやっているわけですけど、大企業やら官公庁に勤めていらっしゃる方には無縁の世界だと思うんですけど、中小企業って、こういう「同族経営」ってついて回るんですよね。(もちろん、大企業にも同族会社ってあるわけですが・・・)

 これがあるときには「強み」をもたらすこともあるし、あるときには「分裂」をもたらすこともあるわけですけど、特に前の会社でいくつかの会社を見させて頂いていると、こういう、「身内の争い」というものが規模は小さいんですけど、ちょこちょことあるわけで。

 あー、ちなみに今の会社は「身内の争い」とは無縁なんで。はい。

 で、今日解いた問題なんて・・・

 A(社長)
 B(Aの友人・専務)
 C(Bの弟、取締役人事担当)
 D(Bの友人、監査役)
 E(Aの長男、取締役総務部長)
 F(Aの次男、取締役経理部長)

 こういう人達が登場人物です。で、問題自体はここに上がっている持株割合から同族会社かどうか判断させたり、この中の何人かについて「使用人兼務役員」かどうかを判断させたりする問題なんですけど・・・。

 もうね、気になってしょうがない。

 まず、ほら、友人同士会社をしたところで仲違いすることがあるし。AとB、うまくいっているのかな・・・。

 さらに、Bの弟まで連れてきた。

 これね、兄弟っていうのが結構曲者でして、社内で兄弟ってかなり「身内の争い」を引き起こすこともあるんですよね。それぞれのお嫁さんが入っていようものなら・・・。

 で、挙げ句の果てに社長の息子2人いるし、しかもそれぞれ総務部長と経理部長だし・・・。

 むしろ「ここから考えられる人間関係を想定しなさい」なんていう問題だと、いろいろ書けるんですけどね・・・。一応計算問題だし。

 とやっていると、この問題、致命的なミスをしてしまった。

 あと、この役員の問題で、計算問題集からの抜粋。

 株主名
 A下 ○三
 B本 ○也
 C中 ○弘
 D北 ○枝
 E本 ○也
 F山 ○江
 G松 ○友

 もうね、伏せ字もいいところで、なんかこれを見ていたら妙に笑ってしまいました。まあ、こういうことをやってくれると、計算過程も結局「A」「B」って略せるんで楽なんですけど。

 

|

« 偶然 | トップページ | 簡略化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然 | トップページ | 簡略化 »