« 日程 | トップページ | ネタなし »

2011年1月 8日 (土)

条件反射

 何となく領収書(自分のじゃないよ)を見ていて、某飲食店(繁華街にある)の領収書。

 で、その店の名前を見た瞬間に思い出したのが、その店の経営者の名前・・・。

 いや、その店、行ったこともないし、行けといわれても行けないし、どんな店かも知らないし、もちろん、その経営者とも会ったことがないし、話しに聞いたこともないし、つまり、まったく知らない店。

 しかも、前の会社のお客さんだったとかそんなんでもありません。

 でもその店の名前、カタカナ4文字を見た瞬間に、条件反射で個人名が出てきた・・・。

 これね、なぜかといいますと、前の会社のお客さんで、毎月お伺いしているところがありまして、そこは通帳とか当座預金照合表とか、総合振込の控えなんかから会計処理をするところなんです。

 で、その総合振込の中に毎月、そのお店があったんですよね。

 それで、法人じゃなくて個人事業としてやっていると、口座の名義が店の名前+個人名になることがありまして、それで「振込先」として「店の名前(空白1文字)個人名」を覚えていたわけです。

 それにしても、その会社の担当じゃなくなってしばらく経ってから辞めたし、7年も前の話なんですよね。

 で、7年前までの何年かはその店の名前+個人名を毎月1回だけ見ていたんですけど、それで頭に定着して、7年経っても条件反射で思い出せるようになっている、ということ。

 つまり、「繰り返し」ってやっぱり記憶にとってはいいということで。

 結構こんな感じで、今となっては要らないことを覚えていたりするんで、「月1回の反復練習」っていろんなことを覚えるもんだなと実感したわけです。

 それにしても片町なんて年1回ぐらいしか行かないんですけど、店の名前、意外とお客さんの会計をやっていて覚えた、というところが多いんですが、実際、どんなところか全く知らない・・・。

|

« 日程 | トップページ | ネタなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日程 | トップページ | ネタなし »