« 更新しました(第719版) | トップページ | 更新しました(第720版) »

2011年3月17日 (木)

自粛ではなく・・・

 こんな時に不謹慎・・・、と言って被災していない、さらに周波数が60Hzの地域の人が、何か「お金を使うこと」を「自粛」したとします。

 その予定していた「お金を使うこと」には、何人の労働者、いくつの会社が関係しているか。

 例えば、西日本の人が他の西日本へ行く団体旅行を「自粛」したとします。もちろん、旅行会社は困りますが、バス会社、旅館、お土産物屋、観光施設。あるいはそこに食材を納めている会社・・・。

 さらにそこに働いている人々。それだけでなくその人に扶養されている家族。

 もちろん、一つの団体が一つの行事を自粛するぐらいでこれらの人々が路頭に迷うことはないと思いますが、それが沢山重なり合うとどうなるか・・・。被災地を支援する前にこれらの人々が路頭に迷ってしまい・・・。

 日本の経済が回らなくなり、被災地が復興するにも復興できない。せめて被災していな地域は普段通りの、いやそれ以上のお金を使って、いずれ、被災地が復興できるように経済を回しておかねばならない。

 もちろん、今は団体旅行を例にとりましたが、歓迎会・送別会と飲食店と置き換えても同じです。

 この話、結構いろんな方が書かれているんで、私が書くよりも説得力があると思います。

 と、今いる業界にいると切実に思うわけですよね。だから旅行を自粛するなんて・・・。

 と、今書いたことを書きたかったわけでなく・・・。

 

 3連休。えっとですね、旅に行きません。はい。

 もちろん、行こうとしていたところも60Hzの地域でして、是非出かけていって、少ないながらも経済に貢献しなければならないことは頭では分かっているんですが。

 別ブログでは書いているんですけど、試験勉強の月別目標時間っていうもんがありまして、もともとは旅に行くことも考慮に入れて日別の目標を割り振っていたわけです。

 それが、どうも先週の土曜日、本当は休みだったのを出勤にしたんですけど、それの振替が今月中にはできない、つまりその分の勉強時間が確保できないということ。さらに今週末も休みなんですけど、やっぱり出た方がいいかな?という流れ。

 さらにはこの前の日曜日もかなり勉強をさぼってしまったし、かなり時間が不足している状態。

 それと、やっぱり天気がよくなさそうなんですよね。だから、この時期、緑に乏しいので、天気が悪いと寒々しい写真しか撮れないわけで。

 っていうことを考慮すると、どうも旅に行かない方がいいのではないかと。だから震災による「自粛」ではありません。仕事から派生した勉強時間の不足と、天気の都合です。

 どこかに予約していたり、きっぷの手配をしていたわけでもないので「キャンセル」でもないし。

 確かにね、試験勉強をするだけだと経済は活性化しないんですよね。もちろん、最初に受講料を納めるんで、それは貢献しているはずなんですけど、これね、勉強をしなくて教材を貯め込んでも、あるいはしっかり勉強しても、日本の経済に与える影響は変わらないというのが悲しいところ。

 せいぜい、通信添削の答案を送る切手代とか(それにしたところで第四種郵便なんでかなり安い)、模擬試験に、あるいはスクーリングに行く交通費ぐらいかな・・・。あっ、たまに追加で本やら法規集を買うことがあるか。

 ほんと、試験勉強それ単独では旅行もしなくなるし、あんまり社会にとっていいことではないのかなと思ってくるようになってきました。

 でも、受講料ってかなりの金額なんで、一応これで経済に貢献しているとしましょう。

 さて、今回行こうとしていたところ。高山本線の岐阜から美濃太田でした。ね、JR東海エリアだし、60Hzの地域ですよね。

 泊まろうとしていたところは大垣ぐらい。昨年泊まったところに泊まろうかなと思っていたのです。それで、土曜日、半日の出勤が終わってから大垣へ「しらさぎ」で行き、翌日、その区間を回った後、岐阜から「しらさぎ」に乗れば完璧、っていう算段だったわけです。

 それで美濃太田で切ってしまうのは、そこから先は緑が多い季節の方がいいだろうという判断。だから今回無理に行かなくても、緑が多い季節に岐阜から一気に下呂まで、ということも考えられるんです。

 そんなことで、まさか10月の旅の次の旅がGWになってしまうとは・・・。でも6月頃まではちゃんとWebサイトの更新のネタもありますので、しばらくは今の調子で更新はできると思います。

|

« 更新しました(第719版) | トップページ | 更新しました(第720版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第719版) | トップページ | 更新しました(第720版) »