« 飯山線・長野電鉄【本文その2】 | トップページ | さて »

2011年8月23日 (火)

飯山線・長野電鉄【本文その3】

 ちょっと朝はやることがあったので夜になってしまいました。ということでつづき。できれば今日中に書き上げてしまいたい、というよりそんなに書くことはないんですが。

 では日程の再掲から。

●3日目 8月15日(月)
 【★長野】7:13発-(普通・以下再度長野に戻るまで長野電鉄)→【★権堂】7:16着、7:36発-(普通)→【★善光寺下】7:38着、7:57発-(普通)→【★本郷】7:59着、8:22発-(普通)→【★桐原】8:23着、8:40発-(普通)→【★信濃吉田】8:41着、8:56発-(普通)→【★朝陽】9:00着、9:23発-(普通)→【★附属中学前】9:25着、9:38発-(普通)→【★柳原】9:40着、9:55発-(普通)→【★村山】10:02着、10:30発-(普通)→【★日野】10:47着、10:49発-(普通)→【★須坂】10:52着、11:26発-(普通)→【★北須坂】11:30着、11:37発-(普通)→【須坂】11:41着、12:08発-(普通)→【長野】12:35着、12:45発-(普通・妙高)→【直江津】14:17着、14:51発-(普通)→【富山】16:54着、17:14発-(普通)→【金沢】18:12着

●長野電鉄長野線
 この日も朝食付きにしていたので、しっかりと朝食を頂いて長野電鉄へ。よく考えたらこの泊まったところ、長野駅よりも市役所前駅の方が近いんですけど、前回、市役所前駅だけは宿泊のために(今回と違うところ)降りたので、その時に撮ってあったため、用事がなし。それよりも長野電鉄としては未取材になっている長野駅から。

 そうして、地下駅が2つ続きます。地下鉄は「区間全駅」としてはあえて扱っていないものではあるんですけど、ここは地下鉄じゃないし、あえて「全駅」なのに抜く必要もないし、ということで撮ってあります。

 地下駅が終わってから、本郷駅。橋上駅でして、なんか、改札を出た雰囲気がどこかで見たような・・・。富山地方鉄道の電鉄魚津駅とか中滑川駅のような感覚。ほんと、電鉄魚津駅並みの破壊力のある駅というか。つまり、ステーションデパートがあって、今では一部店舗を除いてほとんど使われていないというわけです。

 その本郷駅の次は、木造三角屋根の桐原駅。地方私鉄で無人駅が多くありますが、そのような雰囲気でありつつも有人駅。

 そんな感じで、実は町の中の駅だし、ということでほとんど期待していなかったのですが、それが見事にはずれまして、かなり濃い駅が並んでいました。

 各駅の状況はいずれ本文中にアップしますので、省略します。

 そうして、前日、雨のため取材を延期した須坂駅。で、ここからかなり時間が余る予定だったんですが、余らせてもしょうがないので、どうせならということで北須坂駅へ足をのばしました。

 ただ、北須坂駅、取材時間が7分しかなく、かなり慌ただしいものになってしまいました。ほんと、最近、各駅での動く範囲が広くなってきたんで、7分ってかなりきついんですよね。

 そこから一気に長野へ行けたんですが、須坂駅で「車両交換」ということで、立っている人が多い3両から、2両の車両に乗り換えさせられる、ということで、一列車遅らせることにしました。

 それと、前日、この次の列車は特急車両を使います、という案内を見ていたので、ちょっと期待したこともありました。実際はその前日だけの措置で、この日は普通の車両でした。

 そうして長野駅着。乗ろうとしていた「妙高」に10分での接続で、ちょっと早足だったのですが、充分すぎるほどで、かなり余裕がありました。

●長野→直江津→金沢

 そんなことで、やっぱり行きと同様、「妙高」で直江津へ。やっぱりゆったりできていいものです。

 直江津で、ちょっと時間があったので、駅前まで出てカレーうどん。なぜか他に種類があるのに、ここではカレーうどんを食べるのが習慣になっています。

 そんなことをしていると、実は「妙高」から降りたときは既に列車が来ていたので、4人掛けのボックスシート独占はできず、ロングシート部分に着席。ただし、越中宮崎からボックスシートに移動できました。

 富山から、多分そうだろうなと思ったのですが、やっぱり6両。ただしラッシュの影響は受けないので、かなりゆったりしたまま金沢まで帰ることができました。やっぱり521系よりもこっちの方が慣れていて、ゆったりしていていいなと思うわけで。

 ということで、今回は書いている時間にそれぞれ余裕があったので、1日分を1日ずつ書くペースを守ることができたので、早々に終わりました。

 次書くときはまた長期間にわたってひっぱるかも知れません。

|

« 飯山線・長野電鉄【本文その2】 | トップページ | さて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯山線・長野電鉄【本文その2】 | トップページ | さて »