« 更新しました(第743版) | トップページ | 旅行記:福井鉄道新設・改称駅他【本文1】 »

2011年8月28日 (日)

旅行記:福井鉄道新設・改称駅他【日程】

 ということで、今日行ってきた旅の日程を書いておきます。

 取材した駅のうち、新規取材駅は「★」、改称により及び差し替えのための再取材駅は「☆」で示します。

●8月28日(日)
 【金沢】8:19発-(普通)→【☆小舞子】8:41着、9:19発-(普通)→【福井】10:17着【福井駅前電停】10:35発-(普通、以下「仁愛女子高校電停」まで福井鉄道)→【☆赤十字前】10:48着、11:08発-(普通)→【★清明】11:14着、11:34発-(普通)→【★泰澄の里】11:40着、12:00発-(普通)→【☆サンドーム西】12:20着、12:40発-(普通)→【★スポーツ公園】12:44着、13:04発-(普通)→【☆北府】13:09着、13:29発-(普通)→【☆越前武生】13:31着、13:47発-(普通)→【☆仁愛女子高校電停】14:48着・・・(徒歩)→【福井】15:42発-(普通)→【☆春江】15:51着、16:25発-(普通)→【☆細呂木】16:38着、17:27発-(普通)→【小松】17:53着、18:07発-(普通)→【金沢】18:41着

●使用きっぷ

 青春18きっぷ 1回分
 福井鉄道1日フリー乗車券(500円)車内で購入。

●ツイッターの転記(というか、ほとんどこれで旅行記が成り立っているような気もするんですが・・・)

早く目がさめたのに、駅まで急ぐのがイヤだとか、何となくグダグダして出発が遅れています。てなことでそろそろ出発。途中、初期の頃に取材した駅を一駅撮り直すために寄っていきます。

posted at 07:35:45

普通列車小松行き。七尾線からの列車。もちろん今日の目的地はもっと西です。

posted at 08:16:53

小舞子駅。この駅を撮り直しました。ここから福井へ。

posted at 09:13:53

福井鉄道の福井駅前電停。今日は福井鉄道の新設駅と改称駅をまわります。

posted at 10:27:56

福井新改め赤十字前駅。確か3回目ぐらいになるので大きな感動はないが、改称記念で再取材。

posted at 11:04:56

新設駅の清明駅。直線区間で、結構飛ばしていた印象のあるところでしたが、ここに駅を作りましたか。

posted at 11:29:20

新設駅の泰澄の里駅。駅自体はさっきの清明駅と同じ造り。

posted at 11:59:07

上鯖江駅改めサンドーム西駅。この駅も確か3回目。

posted at 12:31:46

新設駅のスポーツ公園駅。他の新設駅より先にできていたので、清明駅などとは違う構造。

posted at 12:59:02

改称駅の北府駅。かなり曇ってきた。

posted at 13:20:56

越前武生。この駅も改称。あと1駅、改称駅が残っています。

posted at 13:46:19

改称になった仁愛女子高校電停を経て、福井駅。時間があるので、1駅か2駅再取材。

posted at 15:31:38

丸岡、大聖寺方面普通金沢行きというのは、初めて聴いた。

posted at 15:36:13

今度の放送は、芦原温泉、加賀温泉、小松方面普通列車金沢行き。これは聴いたことがある。

posted at 15:41:04

春江駅。駅前の風景が全く記憶にないことが判明。駅前とかホームとか、機械的に決まったものを撮っておく必要性を実感。

posted at 16:18:36

春江から乗った列車が4両で快適だったので、そのまま帰ろうと思ったのですが、細呂木で下車。田んぼを見下ろす風景を見た瞬間、降りてよかったと思いました。

posted at 17:08:10

やっぱり敦賀から来る列車で2両なので、気軽に座るところがない。小松で七尾行きにのりかえようかな。

posted at 17:38:54

さらに込みそうだったので、小松で七尾行きに乗り換え。マッタリ帰れるし、金沢着で8分遅いだけだし。

posted at 18:04:24

寺井、松任、金沢、羽咋方面普通列車七尾行き。

posted at 18:05:44

・・・・ということで、また明日以降、旅行記を書いていきます。今回は日帰りですし、ちょこっとひっぱろうかなと思っています。

|

« 更新しました(第743版) | トップページ | 旅行記:福井鉄道新設・改称駅他【本文1】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第743版) | トップページ | 旅行記:福井鉄道新設・改称駅他【本文1】 »