« 更新しました(第742版) | トップページ | 飯山線・長野電鉄【本文その3】 »

2011年8月22日 (月)

飯山線・長野電鉄【本文その2】

 では2日目を書きます。今日も1日分を一気に書き終わる予定なので、日程表上の太字表示はしません。

●2日目 8月14日(日)
 【長野】7:20発-(普通)→【屋代】7:39着、8:12発-(普通・以下長野電鉄)→【★雨宮】8:16着、8:34発-(普通)→【★東屋代】8:36着、9:14発-(普通)→【★象山口】9:23着、9:50発-(普通)→【★岩野】9:53着、10:21発-(普通)→【★金井山】10:31着、11:23発-(普通)→【★松代】11:28着、12:13発-(普通)→【★信濃川田】12:23着、12:58発-(普通)→【★大室】13:01着、13:55発-(普通)→【★井上】14:05着、14:28発-(普通)→【★若穂】14:34着・・・(徒歩)→【★綿内】15:41発-(普通)→【須坂】15:49着、16:09発-(普通)→【★湯田中】16:57着、17:12発-(普通)→【★上条】17:15着、17:27発-(普通)→【湯田中】17:30着、18:18発-(B特急スノーモンキー)→【長野】19:08着

●長野電鉄まで

 ということで、一夜明けまして、朝食付きの宿泊先だったので朝食を。ここの場合は6時半から朝食なのですが、宿泊先で朝食を食べるときはその開始時刻が行動開始の時刻の制約条件になります。

 もっとも、早くから動くときは「朝食なし」のプランを選んだりすることが多いので、必ずしも制約条件になるとは限りませんが・・・。

 それと、荷物を少なくするためにビジネスホテルに泊まるときは風呂場で軽く洗濯をするのですが、Tシャツとタオルが乾いていなかったので、コインランドリーの乾燥機で軽く30分ほど乾燥させてみたり。

 もともと冷房に慣れていないので、夜の間は冷房を切っていたのですが、どうもそれで部屋の湿度が高くなっていたようです(体感上)。てなことで、多少は冷房をつけておいた方が乾くのかも。

 そんなことで身支度も終了し、チェックアウト。

 一度JR長野駅を通過して、長野電鉄の長野駅へ行きます。ここで2日間のフリー乗車券を購入。そのまま長野電鉄に乗るのかと思いきや、JRの長野駅へ向かい、屋代までの乗車券を購入。なんか、2日間のフリー乗車券、微妙に大きいので財布のカードのところに入らないし・・・、と思ったら、青春18きっぷ同様、札入れに入れればいいんだ、ということに気づきました。

 パスケースに入れて首からぶら下げている人もいらっしゃるのですが、用意もしていないし、結局財布で終わらせてしまうわけです。

 「日程」の回で書きましたが、この行動をするなら「北回廊パス」を買った方が微妙に安くなるのは分かっています。しかしながら、多分、長野電鉄さんへの配分額は少なくなるだろうし、今回はほとんどが長野電鉄へ乗車する2日間なので、このようなきっぷの選択としました。もちろん、1,000円も違っていたらこんな組み合わせにはしませんが・・・。

 ということで「長野電鉄の2日間」なのに、JR→しなの鉄道で開始。もちろん、須坂から入っていく方法もあるんですけど、駅をまわる効率をちょこっと考えてみたら、この時間なら屋代から入っていった方がスムーズだということで。

 そんなことで屋代着。実は長野発をもう30分遅らせると、屋代駅での待ち時間(というか乗り換え時間)が3分で済んだのですが、30分前に間に合ってしまったので、そのまま屋代着まで予定より30分早めた行動でした。

 時間もあるので、一旦改札を出て、駅前を見たあと(取材・掲載済)、再度改札を通り、長野電鉄のホームへ。

●長野電鉄屋代線

 ということで、去年のGWにちょこっと長野電鉄の屋代駅のホームに足を踏み入れていたのですが、まさか本当に屋代線を取材することになろうとは思いませんでした。ちなみに、掲載に関しては、既に掲載してあるしなの鉄道屋代駅が、長野電鉄屋代駅としても御覧頂ける構成にしてありますので、長野電鉄屋代駅は掲載済として扱っています。

 ちょっと待ちまして、電車が入線。ホームの雰囲気と電車の雰囲気が何となく合わないような気がしますが、まあいいや、ということで。

 廃止が近いので混むかなと思ったのですがそうでもなかったです。

 ということで、各駅の状況・・・、なのですが、これは「日程」の回で書いたツイッターの転記を代用することにして、あるいは来月中旬以降、Webサイト本文中に掲載するので、詳しいことは省略しまして、ちょっとトピック的に書いていきます。

○同業者の方
 と言っても、もちろん仕事上の同業者でなく、同じように各駅降りて駅の写真を撮っていらっしゃる方。

 最初にこの電車に乗って、東屋代駅を通り過ぎる時に乗っていらっしゃった方で、象山口で一緒に降りることになりました。

 そこで駅に2人だけ、しかもどちらも写真を撮って(この場合、相手が写真を撮っているなと思ったら、時間があるなら一旦、私は引き下がることが多い)、駅から退散しない。どう見ても一般人じゃない、ということで、向こうから「どちらから来られました?」みたいな感じで会話が始まったわけです。

 それにしても、写真の撮り方を見ているといろいろと参考になる部分も多くて面白かったのです。

 で、結局話題は「どうやって全駅回るよ?」ということになるのです。この方、ダイヤグラムまで入手されて、緻密に考えていらっしゃったようですが、まだどの順番で回るか決まっていないとのこと。

 ちなみに、私の場合、各駅での待ち時間を度外視して(長時間はイヤだとか考えていたら、成立しない運転間隔なので)、「2駅進んで1駅戻る」方式でその日じゅうに全駅回る目途はつけていたのですが、これもこの時間までに屋代側から入る、ということで偶然に成り立った流れでして、方向や時間を間違えるとどうも成立しない方式だったようです。

 結局、この方と同時に駅の撮影をしたのは象山口駅だけだったのですが、その日、結局のところ同じところを行き来しているわけで、何度か車内でお会いしたり、翌日も長野線内でお会いしたりと(最後は村山駅でお別れ)、何度かお話をさせて頂きました。 

 てなことで、あえてこのWebサイトの存在とかお知らせしていないので、もし偶然に御覧になっていらっしゃったら、メールなどを頂きたく・・・。(って、これ、以前に江差線あたりでも書いたかも)

 なんか、Webサイトの宣伝になるみたいでイヤらしいので、あえてこういう場面では「Webサイトやってます」みたいなことは言わないようにしているわけで。

○松代
 観光地松代。これを沿線に抱えているのにこの路線も廃止が近い、というのもやっぱり長野駅からだとバスの方が早かったりするわけで、養老鉄道の養老駅みたいに人が一気に乗ってくる、みたいなわけにもいきません。

 ちょうど昼頃、この駅だったので、駅前のスーパーで賞味期限が近いパンやらおにぎり、コロッケなどを購入。あと、靴擦れがひどくなってきたので(体質。ただし、それにもかかわらず慣れないサンダルを素足で履いていたということもあり)絆創膏などを買ったり。

 駅をまわっていると、前日のように昼食を忘れてしまうか、今回のように駅前のスーパーで惣菜+パンかおにぎり、ということも多くなってきます。あとは小さな商店でパンを買ったりとか。

 うどん・そばを食べることができる大きな駅が日程中に組めないことも多く、こういう「普通の店」を重宝してしまうことが多いのです。

 ちょっとだけ時間があったので、松代城跡だけ観光。

○熱中症?

 なんか、大室駅ぐらいでちょっと体調がおかしくなってきて、熱中症の軽いやつかなと・・・。そりゃ炎天下、水分は多めに取っていますが、帽子も被らずに結構歩いていますもんね・・・。

 で、ここでメローイエローを初めて、というか久しぶりに買ってみたのですが「こんな甘かったかな?」という印象。その当時、他に飲食していたものが甘かったのかも。

 それで、もうちょっと多めに水を飲んでみたら体調がおかしいのはすぐに回復。水を多く飲んでいるつもりで、ちょとだけ足りなかったようです。

○徒歩

 日程中、1箇所だけ徒歩を入れています。これ、須坂駅に着いて、また井上駅に戻る、という流れにすると、17時過ぎに列車だけで全駅回り終える予定だったのですが、ちょっとロス時間が多いので、1箇所、徒歩を入れるとかなり早く終了することが判明したので、1箇所徒歩にしました。

 で、さっき体調が悪くなったのに、歩くのかよ・・・、と不安だったのですが、なんか歩いているうちに曇ってきて涼しい風。全く苦にならない状態で綿内駅着。

 でもその雲がだんだん濃くなってくるし、まあ青空が撮れないけどいいや、ということでこれまたなかなか素晴らしい綿内駅を撮って、終わるとさらに濃い雲。暗くなってきます。

 それで気がつくと雨が降り、それが土砂降り状態に。これ、ちょっと間違えたら徒歩の間に当たっていたかも知れません。

 降ってきたときには既に撮り終えていたので、屋代線の取材には全く影響を及ぼさなかったのですが、当初の予定通り、全駅を列車で回っていたら(徒歩を入れなかったら)大変なことになっていたようです。風も出てきて、自転車小屋の屋根が吹き飛ぶ始末。

●湯田中往復

 ということで、基本的に雨に当たらずに須坂駅に着いたのですが、やっぱり雨が強いので、この日の須坂駅の取材は翌日に延期。

 そこからちまちまと長野線の駅を撮っていくつもりだったのですが、これも延期。

 で、そのまま長野に帰っても早すぎるので、せっかくなんで湯田中まで往復。「乗り鉄」です。

 湯田中に着くと雨が上がったので、せっかくなんで撮っておくことにしまして、そこからせっかくなので特急で帰りたい、でもちょっとだけ時間がある、ということで、上条駅へ。

 景色を見下ろすところにある駅で、しかも雨上がり、日暮れの時、ということで、偶然にもさらにいい景色を見ることができました。

 一旦湯田中駅に戻り、さらに写真を撮って、特急券を買い、特急で戻りました。「成田エクスプレス」の車両を使っているやつなのですが、これと同じ車両が廃車になったとは思えないほどきれいな車内。しかも、この車両でこの景色ってなんか違和感あるし・・・。

 途中で暗くなりながら、長野駅着。昨日と違うところで夕食を食べ、昨日と違うところに宿泊。今回は大浴場のあるところで、しかも天然温泉、なんですが、やっぱりビジネスホテルの大浴場って客の回転が速いなと実感。

※出勤時間になりましたので、誤字脱字のチェックをせずにアップします。誤字脱字、意味が通らないところがありましたら、帰宅後に修正しますのでご了承ください。

|

« 更新しました(第742版) | トップページ | 飯山線・長野電鉄【本文その3】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第742版) | トップページ | 飯山線・長野電鉄【本文その3】 »