« 旅行記:富山市内線新規開業区間【本文2】 | トップページ | 【旅行記】越美北線の休止していた区間:【本文1】 »

2011年9月29日 (木)

旅行記:富山市内線新規開業区間【本文3】

 では昨日のつづき。

●9月3日(土)
 【金沢】7:55発-(普通)→【富山】8:52着富山駅前電停】(以下、富山市内線は時刻省略)→【★グランドプラザ前】・・・(徒歩)・・・【★大手モール】→(環状線を1週弱)→【★国際会議場前】・・・(徒歩)・・・【☆丸の内】→【大学前】→【丸の内】→【グランドプラザ前】(通常の徒歩乗継)【西町】→【南富山駅前】【南富山】11:46発-(普通)→【電鉄富山】11:56着【富山】12:19発-(普通)→【☆高岡】12:38着、14:11発-(普通)→【城端】15:01着、15:11発-(普通)→【高岡】16:01着、16:31発-(普通)→【金沢】17:10着

●富山地鉄

 そうして南富山駅に着いたのですが、確か40分ぐらい待ち時間がある状態。富山駅に戻るなら確実にそのまま路面電車で帰った方が早いわけで。

 でもどうせこの後、特に用事もないし、できれば雨が落ちてくる前に帰ればいいし、天気も悪いので「再取材」もできないし、ゆっくりと南富山駅で待って、不二越線の電車で富山駅へ。

 なんというか、富山地鉄独特のこの雰囲気。やっぱりたまには乗っておいた方がいいなと思います。

●高岡~

 そこからJRで高岡へ。なんせこの天気で無理矢理出歩いているのも、「青春18きっぷの消化」が目的なので、ここはJRに乗らねばなりません。

 そして高岡駅で下車。橋上駅になったわけで、それの観察。

 いやほんと、この駅も変わったものです・・・、と言いたいのですが、実は今のところ、駅舎はステーションデパート部分が残っておりまして、そこへ行くとちょっと前の高岡駅が残っているわけです。

 そこから今の自由通路・改札口へいくと全く別世界。あとは通路として使われている旧駅舎の部分が前の雰囲気を残すかな・・・、ということで、只今、移行期間としての混沌たる状態。

 そういうことで面白くなってきたので、今の状態を撮っておくことにしました。

 あと、今まで駅の待合室にあったうどん屋さんが、南口の独立した店舗だけになっていたので、そこで昼食。うどんとそばが入っている「チャンポン」を食べました。確かこれ、昔一玉ずつ入っていたような気がしたんですが、今は合わせて一玉分みたいです。

 そうしているうちに、城端線の列車は行ってしまっていたので、もう1本待ちまして。

 今回城端線に乗った理由が、青春18きっぷの消化とか、モトを取るためとかというだけでなく、新幹線新高岡駅建設中のところを見たかったから。

 というのも、8月に飯山駅建設中のところを見て、あとは上越(仮称)・糸魚川・富山・金沢は普通に列車から見ることができるし、新黒部はだいぶ前なのですが富山地鉄から見ているし(建設中の区間を歩いているし)、結局見ていないのは新高岡駅だけだったわけです。

 となると、単に二塚駅へ行って戻ってくればいいわけで、あとは駅の取材をしないなら砺波駅の前で折り返せば短時間で目的は果たせるわけですが、まあ、特に用事もないし、せっかくなので城端駅まで行ってしまったという次第です。

 この路線も車で取材した駅が結構あり、あるいは福光あたりだと金沢からの直通バスも多いし、割と変則的な方法で撮った駅が多いので、その分、例えば車を停めたところなどに思い出があったりします。あとは水田に近い駅が多いので、来年のGWにそれらの駅に来たいなという思いも出てきたり。(ただし、そうするとは限りません。)

 こういう路線に乗るときは、最近は一駅ずつ降りる習慣があるので、じっくり往復するということがなくなっているわけです。

 で、改めてこうやって単に行って、同じ列車で帰ってくると、「そういやこの人もさっき見たぞ」という人が何人もいらっしゃって、久しぶりに「乗りつぶし」という感覚を思い出したような気がしました。

 そうして高岡駅へ戻ってきまして、この日現在、万葉線の新設電停1電停の取材をしていないのですが、どうせなら全電停再取材と思っていたので、この日は改めて万葉線に乗ることはありませんでした。(後日に書いているんで改めて書けるのですが、3週間後に改めて来ております。)

 そんなことで、充分に青春18きっぷのモトは取ったので、そのまま金沢駅へ。心配していた雨も降ることなく、帰ってくることができたのでした。

|

« 旅行記:富山市内線新規開業区間【本文2】 | トップページ | 【旅行記】越美北線の休止していた区間:【本文1】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:富山市内線新規開業区間【本文2】 | トップページ | 【旅行記】越美北線の休止していた区間:【本文1】 »