« 旅行記:万葉線(再)【本文3】 | トップページ | 旅行記:鳥取まで【本文2】 »

2011年10月25日 (火)

旅行記:鳥取まで【本文1】

 ということで、あと1件残っている旅行記。これを書かないことにはこのブログも他の話を書きにくいので(といいつつ書くこともありますが)、進めていくことにします。

 日程がだいぶ下に落ちているので、3日分の日程を先に再掲しておきます。なお、明日以降はその日書く対象の日のみの再掲とします。

●10月8日(土)
 【金沢】6:14発-(普通)→【敦賀】8:56着、9:57発-(小浜まで快速、あとは普通)→【東舞鶴】11:43着、12:04発-(普通)→【★石原】12:43着、12:57発-(普通)→【福知山】13:02着、13:04発-(普通)→【★城崎温泉】14:35着、14:57発-(普通)→【★佐津】15:19着、15:50発-(普通)→【★竹野】16:00着、16:48発-(普通)→【★玄武洞】17:11着、17:38発-(普通)→【城崎温泉】17:42着、18:22発-(普通)→【豊岡】18:34着

●10月9日(日)
 【豊岡】7:48発-(普通)→【★柴山】8:27着、9:23発-(普通)→【★香住】9:28着、10:00発-(臨時快速山陰海岸ジオライナー)→【★餘部】10:10着、10:54発(時刻変更で11:01-(普通)→【★久谷】11:02着(時刻変更で11:09)、12:14発-(普通)→【★鎧】12:24着、12:40発-(普通・停車中に★浜坂駅取材(約20分程度停車))→【★居組】13:31着、14:00発-(普通)→【★諸寄】14:06着、14:32発-(普通)→【★岩美】14:48着、15:10発-(普通)→【★東浜】15:16着、16:17発-(普通)→【★大岩】16:28着、16:41発-(普通)→【浜坂】17:06着、17:16発-(普通)→【鳥取】18:07着

●10月10日(月・祝日)
 【★鳥取】8:21発-(普通)→【★福部】8:34着、9:43発-(普通)→【城崎温泉】11:22着、11:38発-(普通)→【★下夜久野】12:59着、13:27発-(普通)→【★上夜久野】13:35着、14:10発-(普通)→【福知山】14:43着、14:50発-(普通)→【綾部】15:02着、15:04発-(普通)→【東舞鶴】15:33着、15:34発-(普通)→【敦賀】17:28着、17:52発-(普通)→【金沢】20:34着

●経緯

 9月の3連休にいくつか行き先を考え、結局雨だったか台風だったかの影響で万葉線日帰り、というだけになったのですが、その中に北近畿タンゴ鉄道を中心とした北近畿地方、というものがありました。

 ただこれ、JR全線のフリーきっぷがない時期に考えたものだったので、北近畿タンゴ鉄道に乗るか(フリーきっぷがある)、あるいは周遊きっぷ北近畿ゾーンを使うか、ということで考えていました。

 で、10月の3連休。こちらは週間天気予報を見る限り天気が安定しているし、特に天気を考慮して行き先を考える必要もなさそう。

 ということで、また一から行き先を考えるのではなくて、9月に考えた行き先を流用しようと思ったのですが、9月と違って「鉄道の日きっぷ」があるわけで。

 となると、どちらかというと周遊きっぷがカバーしていなくて、なおかつ、JRの地域限定のフリーきっぷもカバーしていないところ。私鉄第三セクターは割と通年休日利用のフリーきっぷがあるので、やっぱりこれも対象外。

 で、この前考えていた北近畿方面・・・、で、周遊きっぷ北近畿ゾーンだと浜坂までが範囲になるのですが、そこから鳥取までは周遊きっぷがカバーしていない範囲。

 だから今回、主たる目的は浜坂~鳥取なんです。でも、「北近畿ゾーン」を使うと、豊岡以西で1日使うとなるとやっぱりロスが大きいかな、ということもありまして、今回、主たる目的は豊岡~鳥取。ただし、時間がきつければ豊岡~浜坂は一部残してもいい、という感じにしました。

 ちなみに、今回も未取材(一部撮っている)の東舞鶴~綾部~豊岡については「日本海沿いを繋げる」という意味では北近畿タンゴ鉄道宮津線経由もアリだと思っています。

 あと、今後山陰本線を繋げる予定があるかどうかは後日改めて書こうと思います。

 そういうことで今回、この前の9月と違って、あまり他の候補がなかった旅でした。

●敦賀まで

 久しぶりの早起き、ということで、久しぶりに目覚ましを使用。多分、今年2回目ぐらいだと思います。でも、ほとんど必要なかったような。

 それで、余裕をもったつもりなのですが、さほど余裕もなく家を出まして、ちょっと自転車を飛ばし気味に。そうして金沢駅に着いてJR西日本限定の鉄道の日きっぷ(ちょとだけ安い。1日単位の発売)を2日分買いまして、列車へ。

 この列車、ほんと久しぶりなような気がしますが、普通列車を乗り継いで敦賀以遠に行くには事実上の「始発列車」になるわけで、重宝します。というよりも、大学の時、1限目から授業があるときはこの列車で行っていたわけで、いろいろな意味で自分に関わってきた列車。行き先も長浜行きになったり敦賀行きになったり。

 車両も6両から4両になりまして、でも2両が多いこの区間で4両というのは珍しいものでして、金沢発の段階では当然、席は結構選べた状態で出発。

 福井で6両時代の6両目はほんと、ガラガラになりまして、ゆっくりとうどんを食べに行けたわけですが、4両になるとそうでもなくなるわけで、パンとおにぎりだけ買ってそそくさと車両に戻ります。とはいっても、福井での長時間停車は相変わらずです。このおかげで朝食を考えずに列車に飛び乗ることができるわけで、有り難い長時間停車でもありますが。

 そういうことで、やっぱりそんなに変わったことがなく敦賀着。

 ということで、今日は経緯と敦賀までの話でした。こんなペースなんで、3日も日程があると何日かかるやら・・・。他に書きたいことがでてくれば、それを挟む予定です。

|

« 旅行記:万葉線(再)【本文3】 | トップページ | 旅行記:鳥取まで【本文2】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:万葉線(再)【本文3】 | トップページ | 旅行記:鳥取まで【本文2】 »