« 旅行記:鳥取まで【本文5】 | トップページ | 更新しました(第753版) »

2011年11月 2日 (水)

旅行記:鳥取まで【本文6】

 それでは続き。今日で2日目は終わるかなと思いますが、さて。

  • ●2日目 10月9日(日)
     【豊岡】7:48発-(普通)→【★柴山】8:27着、9:23発-(普通)→【★香住】9:28着、10:00発-(臨時快速山陰海岸ジオライナー)→【★餘部】10:10着、10:54発(時刻変更で11:01-(普通)→【★久谷】11:02着(時刻変更で11:09)、12:14発-(普通)→【★鎧】12:24着、12:40発-(普通・停車中に★浜坂駅取材(約20分程度停車))→【★居組】13:31着、14:00発-(普通)→【★諸寄】14:06着、14:32発-(普通)→【★岩美】14:48着、15:10発-(普通)→【★東浜】15:16着、16:17発-(普通)→【★大岩】16:28着、16:41発-(普通)→【浜坂】17:06着、17:16発-(普通)→【鳥取】18:07着

●浜坂~鳥取

 停車中の取材にもかかわらず、かなりゆっくりできた浜坂駅。実質、別の列車と考えてもいいぐらいの停車時間だったのかも知れません。

 兵庫県最後の居組駅。駅自体は結構山の中にあるように見えます。集落の外れにあるのですが、駅舎は立派で、でも人を見かけないまま次の列車へ。

 諸寄駅は海の近く。近くの小学校で運動会をしているのが見えたので、街自体はひっそりとしています。ちょっと時間があったので海の方へ。

 ということで、兵庫県内の駅はここまで。兵庫県に24時間以上、連続して滞在したのは初めてかも知れません。兵庫県の方には申し訳ないのですが、やはり通過してしまうか、あるいは宿泊は大阪・岡山になってしまうので、ずっといたことがないようなのです。

 そうして、鳥取県に入り、まずは岩美駅。このあたりまで来ると崖とか海とかという風景でなくて、町の風景になります。

 そうして戻って東浜駅。ここでは海の景色に戻ります。駅の近くの海でサーフィンをしている方が多く、駅前が駐車場としては適地になるようで、それらしき車が多く停まっていました。というか、駅前で着替えられると駅舎の写真を撮りにくいし・・・。

 ということで、この駅の駅舎写真は結構いびつな形になっていると思いますが、どうしてもサーフィンの人が写ってしまう、で、なるべく写らないように撮った、ということでご容赦ください。(と言っても、アップするのはだいぶ後なんですが。)あとはこの駅で結構時間があるのですが、待合室で時間を潰しました。

 東浜駅で時間を潰している間に夕方になってきまして、大岩駅は結構暗い状態。一応、耐えることができるかな?という程度の明るさでは撮っています。

 で、この大岩駅で恐ろしい時間を過ごすことになりそうでした。運転間隔分。しかしながら国道のそばの駅で、そうして暗くなってくるし、どこかに行くわけでもなく。

 ということで、ここからは単なる時間調整。反対側の列車が来るので、それで行けるところまで・・・、と思ったら浜坂折り返しなので、結局、浜坂まで行ってしまったのでした。ですから、この大岩から浜坂往復については特に意味はありません。単なる、大岩駅での長時間滞在を防止するためです。ただ、大岩駅での時間がちょっと短くなってしまっているかも知れませんが。

 そうして戻る頃には完全に暗くなっておりまして、福部駅の取材は当然できず。じつはこの福部駅が残っているがために、翌日の日程をいろいろと考える羽目になるのですが、これに久谷駅も残しているともっと面倒なことになったので、よかったと思うしかないと思います。

 福部駅から鳥取駅まではかなり距離がありまして、しかも、というかその間にさほど町がないというのが駅がない理由だと思うのですが、つまり山の中を通ります。

 本当に次が県庁所在地の駅の駅なのかどうか、心配になってくる区間ではあるのですが、そのうち町の中を走り出して高架になり、鳥取駅。

 なんか、この日1日見ていた景色が崖とか海とか山とかなので、高架の鳥取駅を見ると大都会に見えてきます。

 そうして、夕食を食べるところを探しながらホテルへ。駅を出てホテルと反対側(駅を背にして左右反対という意味。出口は逆にしていません)へ行き、徐々に近づきつつ夕食を食べるところを探したのですが、結局、ホテルの前を通過して割と近くの中華料理屋さんに収まりました。

 そうして宿泊。この宿を選んだ理由が、各部屋に既にパソコンがあるということ。つまり部屋のテレビがパソコンを兼ねているわけです。わざわざ借りると1,000円するので、それだけでも他の宿より1,000円安いとみることもできるし。

 そんなことで、普段はかなり早く寝てしまうのですが、30分ぐらい遅くなったかも知れません。

 そんなことで2日目完了。1日中駅をまわっていた日なので、特に変わったこともないので実は1日目より書くことはないんですよね・・・。

|

« 旅行記:鳥取まで【本文5】 | トップページ | 更新しました(第753版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:鳥取まで【本文5】 | トップページ | 更新しました(第753版) »