« 毎日 | トップページ | 欲しいもの »

2011年11月30日 (水)

続く

 そういや、ずっと続いている習慣に筋トレ(のようなもの)がありまして。

 これを始めたきっかけって、4年ぐらい前にここに書いたような気がするので割愛しますが・・・・、って書いていてもしょうがないので書きませんが、4年間もよく続いているなと。

 もともと運動って興味ないので、まさかそれが続くとも思わなかったのですが、確かに続いています。

 「形から入る」というのと真逆をいっていまして、とりあえず腕立て伏せができるようになるところから始まりまして、カバンに要らない本を入れたダンベルの代わりを使ったり、そしてようやくダンベルを1個買って、やっぱり1個じゃ限界があるな、ということで2個にして、あとは重量を増やしていったという流れ。ちなみに、最初にやっていた腕立て伏せは今はやっておりません。

 それで、スポーツクラブに行くこともちらっとは考えたのですが(通勤路の経由地を変更すれば通れるぐらい)、今は全く考えていません。コストパフォーマンスを考えたら行かない方がいいような気がしてきたし。

 基本的に、腕の日→背中の日→肩の日→胸の日、という流れ。足については基本的に自転車通勤で対応することにして(もともと足太いし・・・)、車通勤とか休日で自転車を漕がなかった日にのみ、筋トレで対応することにしています。

 それで、実はこれだけ4つに分割するんですけど、みっちりやるとか「追い込む」というのとは違いまして、気軽に、10分程度で終わらせることにしています。

 だから、腕については1種目、背中・肩・胸については2種目しかやっておりません。

 それと、以前は基本的に4日続けたら1日休む、その前に疲れていたりとかで休んでもいっこうに構わない、ということにしていたのですが、今は決まった休みを作らない代わりに、休んでも恨まない、という程度にしています。あと、本当に気が向けば2日分(2つの部位)を進めることもあります。

 つまりですよ、これ、かなり緩いルールなんです。

 これが、例えばスポーツクラブ行って、装備をして、ということをやっていると逆に続かないような気がするんですよね。いくら近いと言えども、家からそこまで行って、着替えている間に、これだと終わってしまうし。

 で、基本的にこれをやっているってほとんど公言していないんですが、まあ、部屋にダンベルがあるから家族は知っているかな?というぐらい。あとはほんと、ここに書いているだけなんです。

 つまり、「形から入ろう」とか「人に公言してやらざるを得ない状況を作ろう」というような「続けるためのセオリー」とは真逆をいっていることがお分かり頂けますよね。

 さらに、特に目標も決めてません。まあ、鏡で裸を見たときに、前とは違うな・・・、と思うことはあるんですけど、服の上から見ると脂肪で太ったのか、筋肉がついたのか分からない程度です。(だから一時期体重が落ちたけど、今は少し太った、と回りには思われていて、案外そっちの方が正解だったり。)

 ただし、一応は筋肉の付き方を確認して(でも脂肪の方が多いけど)、筋肉が足りないなと思う部分は増やす程度の方向修正は行っています。

 これがほんと「筋肉をつける」方向なのか「健康維持」な方向なのか「老後に備える」方向なのかも全く決めていなかったりします。

 だから「明確な目標を持つ」というセオリーも成立しなかったりします。

 ほんと、単純な習慣なんですよね。試験勉強みたいに明確な目標があって、ただこれも試験の性質上と環境(仕事をしながら)ということを考えると長期戦になるわけですが、それとは対照的に、何となく習慣になっている、というものも一つあっていいのかなと思っています。

 ちなみに「緩いルール」と書きましたが、これ、夏になって汗だくになるとか、そもそも試験が近い、という場合はかなりさぼります。1週間に1回しかやらないこともザラです。これも許容されるのが逆に「続く」一つの要因なんだろうなと思っています。

 飽きたら、あるいは他のことが忙しいなら休めばいいし、また涼しくなってその気になってくれば毎日やればいいし、という程度。

 とは言ってもこれが応用できる「習慣」って、他に読書ぐらいしか見あたらない・・・。試験勉強でこんな事をいっていたらダメだしな・・・もちろん、20代後半の時に、これぐらいの感覚で試験勉強を続けていたら、多少は違ったかも知れないのですが。

|

« 毎日 | トップページ | 欲しいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日 | トップページ | 欲しいもの »