« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

大晦日

 なんか1日休んだら、さらに次の日もブログを書くのを休んでしまう・・・、で、今日も休みそうだったわけですが、書いておきます。

 去年は何となく熱っぽい状態でガキの使いを見ていたんですが、今年は家で酒を飲んでかなりアルコールがまわった状態で同じようにガキの使いを見ていました。

 ほんと、それまでは大晦日にテレビ番組をずっと観るという習慣もなかったんですが、この1~2年はちょっとだけ傾向が変わってきたようです。

 そんなことで、1年が終わり・・・、なんですけど、Webサイトについてはサイト開設記念日を境に「この1年」とやっていますし、試験勉強についても試験の日あたりを「この1年」の境としているので、あまり年が変わるときに何かが変わる、という「節目」を置いていないわけです。

 ただし、「最終更新日」が「旧年中」というのも面白くないので、元旦には更新をしているのですが、明日はちょうど日曜日だったので、普通に更新をする日です。

 てなことで、今年最後なのですがあまり気の利いたことを書かずに、終わります。

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

こづかい帳

 コンビニではちゃんとレシートをもらってきます。で、それを財布の中に入れているのですが、ある程度溜まったところで引き出しに入れ、それがかなり溜まったところで捨てている・・・。

 というのではやっぱり無駄なんですよね。手間が。レシートは、まあ、集計するつもりもないし、Edyの最新残高を見たいときに即座に見る、という意味合いもあるわけですが。

 で、月1回、前月のEdy利用額のお知らせが来るんですが、基本的にほとんどの昼食はコンビニで買っていること、コンビニではEdyを使うこと、それ以外ではほとんどEdyを使わないこと。

 例外は昼食の時、たまに何かを買ってくるように頼まれたとか、あと、香典袋(ほとんどが会社の)ぐらい、ということで、だいたいその1ヶ月のEdy利用額は1ヶ月の昼食代とほぼ同じかな、という程度での量的把握はできているつもりです。

 とはいっても、やっぱり定期積金等の影響で、普通預金の残高が減っている昨今、自分の給与手取額がどのように形を変えていっているか把握したい、というわけなんです。

 ということで、年が変わるのを機会に、こづかい帳というか、家計簿というか、そんなものをつけてみようかなと思い立ったわけです。

 でも、現金出納帳を書いていってもしょうがないし・・・。

 でまあ、家計簿ソフトを利用するか、会計ソフトを利用するか?なんですよね。

 家計簿ソフトだと、光熱費とか、主食費とか、副食費とか、なんか費用科目に重点が置かれているようなイメージなんです。

 で、その費目ごとにグラフが出たり、これを削れとか、そんな話になってくるような感じ。

 会計ソフトだと・・・。そりゃ、もちろん、科目は純然たる個人の消費者に変えますけど、「売上高」には給与支給総額(手取りではない)を持ってきて、「売上原価」はね・・・。つまり「勤労原価」という感じ?

 これ、仕事に関係ある書籍とか、っていう考え方もできるし、昼食代とか、社会保険料・源泉所得税とか、給与から引かれているもの、という考え方もできるし。

 まあ、「売上高」に給与総支給額、「売上原価」に控除項目を持ってきて「売上総利益」のところが給与手取額、で、そこから何に使ったでしょう?みたいな表でもいいか。

 もちろん、ここから売上総利益率、つまり粗利益率を持ってきてもしょうがないし。でも、要するに「手取割合」だし。

 でもよ、源泉所得税って、単に年税額の仮払に過ぎないとすれば、年末調整が終わったものが初めて所得税の納税額になるんで、それまでは「費用」じゃなくて「仮払金」に過ぎないのでは・・・?

 と思ったのですが、まあ、そんなことを言っていたら目的からはずれるので、費用の扱いにします。

 そこから各費目。

 昼食代とか、パソコンの消耗品とか、書籍代とか、ガソリン代とか。

 ガソリン代も仕事に行くためのものと、プライベートのものと、自分が車に乗らないときに親が乗ったものがあるんですけど、目的から見るともちろん按分だし(つまり、仕入に相当するものと、交通費に相当するものと、寄附金か交際費に相当するもの?)、でもまあ、分けていてもしょうがないしいいか。

 で、書籍代って、投資か消費か・・・。まさか繰延資産じゃないしな・・・。

 あと、保険料。終身保険なんて保険会社が潰れない限りは死んだらお金がもらえることは確定だし、定期保険部分は費用としても、終身部分は「積立金」扱いに・・・してもしょうがないし。

 まあ、もし「適正な月次損益」を出したいなら、車の保険料と試験勉強の講座受講料ぐらいは「前払費用」にしておいて、毎月定額を費用化していくのはいいと思うんです。

 もちろん、投資信託の評価損益は営業外費用のところに銘柄ごとに表示して。

 で、これ、まともにやろうとすると、今住んでいる家の自分の持分を資産に計上して、減価償却していくことになるな・・・。でないと、家賃を払ってるのと区別が付かなくなるし。

 住宅ローンは返してしまったんですけど、これ、返済を続けているとすれば、単に借入だけ貸借対照表に載せてもしょうがないし、建物や土地も載せるとなると、建物は減価償却したいし。

 ちなみに、車については法定耐用年数が過ぎてしまったものに乗っているので、減価償却っていう話でもないし。でも法定耐用年数に縛られる必要はないけど、10年・定額法ぐらいでやっておく?まあ、自転車ぐらい、2年・定額法で減価償却しとくか。

 あとね、車検は2年に一度、突如費用計上したらイヤだし、引当金にするか、前払費用を崩すか・・・?

 まあ、よく親の支出を立て替えることがあるんで(車の保険とか)、支出でも「費用」になる部分と「資産」になる部分はあるので、それが管理できるのは助かるわけで、貸借を自由にいじることができるので、どっちかというと会計ソフトの方が自由度が高いなと思うわけです。

 あと、通帳も複数冊あるし、現金はもちろん、EdyやIca、ICOCAも管理したいし、それと損益計算を結びつけることができるのは会計ソフト、つまり複式簿記なんですよね。

 というのはいいんですけど、果たしてこれで出てきた「当期純利益」の数字って何を意味するのだろうか、ということなんですよね。

 もちろん、これで貸借対照表ができるわけなので、結構面白いものができるだろうなと思うんですけど、貸借対照表を作るために損益計算もできてしまう、でもこの場合の損益計算書って何ぞや?というわけで。

 まあ、これを眺めていてもしょうがないので、「資金繰り実績表」もいるわな・・・(キャッシュフロー計算書でもいいか)。まあ、その「資金繰り実績表」(キャッシュフロー計算書)が、いわゆる「こづかい帳」の集計で、でも立替金とか、何年かに及ぶものは支出したときにしか載らないし・・・。

 てなわけで、わけが分からなくなってきたので、多分、長続きしないと思うので、こづかい帳は作らないと思います。

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

年賀状

 というタイトルで書いていらっしゃる方も多いんだろうなと・・・。

 ということで、懸案の年賀状が終了。

 まずは裏面ですが、先だって親の年賀状を作るんで(作成代行)、実はこれの名前だけ変えて、あとはちょっとした空白部分をもう一つの絵で埋めて使います。

 一昨年ぐらいまでは、文面だけそのまま利用させてもらって、絵の部分はその年の旅で印象的な写真を載せていたんですけど(例:松山の路面電車など)、まあ、どうせ見ないわな、ということで、もう選ぶのも面倒なので、去年から絵もそのまま利用することにしました。

 一応、今年も写真は選ぼうと今年1年間に撮った写真は全部見てみたんですけどね。年賀状にふさわしいものという目で見るとほとんど無いかも。

 鎧駅からの写真も、駅の写真とすればいいんでしょうけど、それを外すと単に高いところから見た湾の写真だし・・・。能登に行けばそれぐらいの景色はありそうだし・・・。

 それで、毎年のことですが今年1年間、何らかの形で接触があった方(直接お会いする、またはメール等)には、特にひと言を書いていません。書いていたらきりがないし。

 そのかわり、宛名は慣れない筆文字で手書きさせて頂いておりますので、ご了承ください、という感じです。

 という基準で裏面に何かメッセージを書く人・・・2人ぐらいしかいないわけで。そういや、「年賀状だけのお付き合いの人」ってそんなにいないんですよね。

 で、まあ大半が今の会社の人なんですけど、従業員が今より少ないときの名残で、何となく全員に出す習慣がある会社なんですよね。

 まあ、年賀状が届いて数日後に全員顔を合わすのに、わざわざ年賀状を出すのもどうなんだろう?という考えもあり、人も増えて来たので、そろそろこの習慣もどうなんだろう、という話もあるのですが、一応、今のところはこの形。

 ちなみに、会社の人からの年賀状って、名簿を見ながら書いているんで、実際、今年その人から来たのかどうかよく分からない状態だったり、あるいはチェックすらしていなかったりします。

 それに比べて前の会社って、一部の人だけに出す習慣だったので(来たら返すという感じだった)、そういや今でも年に何度か顔を合わせているのに、住所すら知らんわー、という人が結構いたりします。

 だから、年賀状廃止論者同士だと、親しくても年賀状の行き来がないことが多いわけです。

 でまあ、前の会社の人にも何人か出しているんですけど、1名を除いて今年何らかの形で接触があった(というか、基本的に会っている)方々でして、またもや「ひと言」の対象外の方が多いなと。

 そんなことで、年賀状を出す相手のほとんどが今の会社か前の会社の人なわけでして。

 ほんとね、どちらかというと年賀状廃止論者なんで、あまりこだわりたくないなというところです。

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

途中経過

 ちょこっと外出(風呂に行く)するので、手短に。

 何となく、冬第二弾といいますか、体の調子がちょこっと変わる時期なんですよね。

 つまり、今までは体重が増える時期。冬に向けて脂肪を蓄えるというか何というか。まあ、1~2キロの増加で済みましたけど、でも「今までの最大の体重」って、この時期に記録することが多いです。

 で、冬至を過ぎますと、冬は冬でも様子が変わってきまして、要するに除雪をする日が出てくるわけです。それと、歩道に雪が積もるんで、ちょっとした、銀行程度のお出かけが徒歩になることが多いわけです。

 となると、冬ですけど体を動かす機会が増えてきまして、体重の増加傾向がストップする・・・はず。

 ということで、今日は今シーズン初の除雪をした日。これを書いておかないと記録にならないのであえて書いておきます。

 ついでに、年賀状は親の分は終了。自分の分は、まだ。

 思えば年賀状って数年前まで「元旦に書きます」ということをやっていたのですが、ある時期、年内に書いてしまうとものすごく気が楽だったので年内に書くようになっています。

 それと、片付けは一応、廃品回収に出す紙類の処分は完了。試験勉強の今年・去年目標の教材で、来年に向けて参考としてとっておきたい分だけ残しまして、かなりの紙類を処分。なんですけど、裏紙として利用できるものを保存したら、そっちの方が多かったかも知れません。

 ということで、年末の途中経過でした。

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

更新しました(第761版)

 ということで、13年目としては初の更新です。

 今回の追加駅・・・改称後の様子として、福井鉄道 仁愛女子高校(裁判所前)・赤十字前(福井新)・サンドーム西(上鯖江)・北府(西武生)・越前武生(武生新)を掲載するとともに、改称前の様子は付録として移転掲載。

 ということで、福井鉄道の追加駅シリーズの後は、ちょっと間を置きましたが、同時に取材していた改称駅・電停を差し替えました。

 まあ、改称ぐらいならほんと、看板が変わっただけなので、改称後の駅名標と駅舎を下の方にちょこんと載せるとか、そういう方法もあります。

 とは言っても、せっかく降りたのだから、ということで、一応、新たに掲載できるぐらいの写真を撮ったので、どうせなら差し替えてしまえ、ということで、差し替えました。

 でも差し替えた後の旧駅名の頃の様子も、万葉線を最初に撮ったものと違って、今の感性に近いものを撮ってあるので、これをなくしてしまうのも忍びない、ということで、そのまま付録扱いにして掲載を続けることにしました。

 そういうことで、改称前後のを比べると、同じようなところから同じような写真を撮っているなと思われるものが多々あると思いますが、まあ、駅自体変わってしまったわけでないので、そうなってしまいます。

 ちなみに今日は5駅分を追加したのと同じ作業量+改称前のページ移転云々で、結構時間がかかりましたので、画質向上更新は中止させて頂きます。

 というよりも、前回の更新と今回の更新の間に「12年目」と「13年目」という、「事業年度をまたがる」というような壁があるがために、この福井鉄道の改称駅のアップを前回と今回に分けなかったという事情があります。

 従いまして、前回やるべきだった福井鉄道の分を今回にまとめたのと同時に、今回やるべきだった画質向上更新は、前回にやってしまっている、ということでご了承ください。

 そんなことで、多分今年の更新はここまで。次回は、特に障害がなければ元旦に更新をします。山陰本線豊岡-鳥取間をいよいよ開始しますそれと並行して、次々回は長野電鉄長野線ということになり、その後は万葉線の差し替えなど。この「山陰本線」「長野電鉄」「地元の差し替え」の3つを3回ごとに更新していく形になります。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

飲酒

 健康診断で「お酒はどの頻度で飲みますか?」という質問に、「月1回」という選択肢がなくて、訊いてみると「飲まないに○をして下さい」と言われる訳ですが・・・。

 ということで、まあ、酒が飲めない体質でもないんですけど、飲んだ後、眠りが浅くなったりとか、次の日ぼーっとしたりとか、それよりも飲んだ後、例えば試験勉強などができなかったり、車を運転して風呂に行くことができなかったりと行動が制限される割に、それに対する見返りが全く無いので、あまり飲まないわけです。

 そんなことで、「月1回」になってしまうんですが、今月は先週の土曜日に飲んで(バスで出かけて途中にデパートに寄って、帰り1時間20分かけて歩くぐらいの用事と言えばそういうことですよね)、今日、家で飲んだわけです。

 多分、来週末近くにも飲むことになると思うんで、あー、破格的な状況。「毎週」ですよ・・・。ほんとね、毎日飲もうとは思わないのですが、週1でもめんどくさいなと思うわけです。

 それで、最近思うのが「飲むと甘い物が食べたくなる」という状況。今日なんか魚とか肉とか食べながら日本酒を飲んでいたら、なんか辛いなと思っていたら、ケーキを食べながらだとものすごく楽に飲める・・・、日本酒にケーキってすごく合う!、なんて思ったぐらいですし。飲酒後、ひたすら果物を食べる始末。

 しかも、その後、テーブルの上に饅頭があったので、それまで食べてしまったという次第。

 ちなみに、普段、家でビールを飲んだら、かならず冷凍庫からアイスを取りだしてきて食べるんですけど、今日はケーキと饅頭を食べたからいいや。でも、飴をなめたくなった・・・。

 そんな感じで、アルコールを飲む→甘い物を食べたくなる→体重増加、という流れになるんで、そういう意味でも避けたいわけです。

 なんか、この前、酒を飲んだ後寿司屋へいったんですけど、いまいち嬉しくなかったわけで、これが喫茶店とかファミリーレストランでチョコレートパフェ、なんていう流れだと多分しっくり来たんだと思います。

 ということで、夕食後、風呂に入って、ついでに昨日祝日だったんで風呂に行ってしまったんで、「散髪の日」だったのを飛ばしていたので、セルフ散髪をして、あがってから試験勉強をやるわけでもなく、Webサイトの更新をやるわけでもなく、要するにムダな時間を過ごしたんですけど、やっぱりそういう時間を過ごすと飲まない方がよかったかなと思ってしまうわけです。

 多分、今寝ても眠りが浅くなるんだろうな・・・。

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

紙の処分

 多分、書いているうちに日付は変わると思いますが、本日の23時59分投稿という形にさせて頂きます。

 さて。税理士試験というものを専門学校を利用して勉強していますと、恐ろしいぐらい紙が溜まります。

 ほんと、このペーパーレスの時代に・・・、と言っても、ペーパーレスなことはなくて、簡単にプリントアウトできてしまうからこそ、恐ろしく紙が増えている時代ではあるのですが・・・。

 まあ、試験自体がかなりのページ数を持った問題冊子と解答用紙から構成されていますし、それに合わせて何回分も試験に向けた練習をするとなると、恐ろしいぐらいの紙になるわけです。

 さらに「解き直し用」として、もう1セット問題冊子(ただし、A4がB5になっている)と解答用紙があるものだから、もうね、大変なものです。

 これが来年に向けて2科目をやろうとしているので、多分、大変なことになるだろうなと言うことは想像できるわけですが。

 で、実は5年ぐらい前に消費税を受講して、財務諸表論に力を入れてしまったがためにほとんど手をつけなかったということがありました。

 その時の大量の紙が実は捨てずに残っていたわけです。これがどうして残ってしまっていたのか、結構疑問なのですが、まあ、残っているものは仕方ない。

 それをそのまま捨てるか否か・・・。

 まずは税法の理論解答用紙って、今の法人税は問題ごとに専用の紙なのですが、その当時の消費税は少なくとも汎用の用紙。これは使えるので、まずはそれを区分。

 さらに計算問題の解答用紙。裏が白いし・・・。特に個別の計算問題集を解く時って、結構裏紙を探し出してそれで解答しているので、これはちょうどよかった。ただしこの紙、B4なので使い道がちょっと限られてくるのですが、まあいいや。

 そうして、あとは問題用紙は両面印刷だし、これは捨てよう(廃品回収へ)。

 というか、ちゃんと解いた問題をこうやって処分するなら紙も浮かばれるんですけど、解いていない問題を捨てるのはほんとね、いい気分ではありません。

 来年はちゃんと解いた問題を捨てたいと思います。

 ということで、ちょっとは本棚がすっきりしたのですが、今年の試験に向けて、ちゃんと解いた法人税の問題。それと去年の試験に向けてちゃんと解いた消費税の問題。

 これは一応、直前コースが始まるまでは参考として取っておきたいので、捨てる部分と捨てない部分に分別しないとダメなんですが、これは明日・明後日の仕事に。

 とにかく、この試験を受けていると本棚を空けるためにテキストやら問題集、そして模擬試験などを捨てる機会を年に1回は設けないといけないということがあるわけです。

 それが結果発表後の話であるので、ちょうど年末に重なるというわけでした。

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

廃線跡を歩く

 それで、昨日書いたデパートへいった話。その後の用事が結構遅くなりまして、バスで帰ってくることができなくなりました。ほんと、北鉄バス、特に土日の最終バスがやたら早くなりすぎていて、結構困ることが多々。

 そういうことで、タクシー・・・、とならず、雨の中歩いて帰ってきたわけですが、その時、バス停(一部を除く)ごとにツイッターへ投稿していたので、何となく記録のようなものになったかなということで転記しておきます。

 なお、金石街道をずっと歩いていたのですが、これって北陸鉄道金石線の廃線跡なわけでして、廃線跡を歩くみたいな感じになってしまいました。もちろん、廃線の面影はほとんど無いわけですが・・・。実際、ここでゴールになっている金石バスターミナルの先が、ちょっとだけ廃線の趣があります。

 で、一応、リアルに居住地を示さないために、金石バスターミナルのところでツイートは終了させて頂いております。

 それと、前日に少し雪が積もっていたので、雪用のブーツを履いていたため、靴擦れが起こっていまして、途中からペースダウンしているかも知れません。

さて武蔵ヶ辻にいますが。

posted at 00:20:56

中橋バス停(高架下)で小休止。

posted at 00:31:53

長田町バス停通過。

posted at 00:41:16

中央市場口通過

posted at 00:46:32

北町

posted at 00:51:31

北町西

posted at 00:55:32

藤江。ここまで来たなら金石まで歩こう。

posted at 01:03:10

市立工業高校前。

posted at 01:10:44

畝田。

posted at 01:13:44

観音堂

posted at 01:19:13

寺中

posted at 01:25:34

西警察署前。あと1区間

posted at 01:31:20

金石到着。深夜の廃線跡ウォーク終了。以下省略

posted at 01:41:34

家に着き風呂に入って体温が戻る。途中でタクシーに乗るつもりで、武蔵ヶ辻から歩き始めたので、六枚町・長田一丁目の実況中継は行いませんでした。というか、靴擦れが起きやすい体質をどうにかしたい。

posted at 03:12:49

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

百貨店

 先日の土曜日、金沢の市街地を通り抜ける用事がありまして、用事の内容からしてバスで行かねばならないものだったので、バスでいったわけです。

 その目的地は家の近くのバス停から乗ると、朝の1本か2本は直通しているのですが、普段は直通しておらず、乗り換えねばならないわけです。

 ということで、家の近くから乗ったバスと、目的地へ行くバスが重なる5つのバス停のうちどこかで乗り換えることになるのですが、香林坊で乗り換えることにしまして。

 それで、ずっと懸案になっていたのが、デパート券を使うこと。ほんとね、普段の生活で必要なものって通勤路でだいたい揃ってしまうし、それでなければネット通販なんかで(滅多に使わないが・・・)揃うので、改めてデパートへ行くことなんてないんですよね。

 なんか、ケーブルテレビの紹介キャンペーンやら、あと香典返しやらで結構貯まっていたので(1万円ぐらい)、使おう、ということで、ちょっと早めのバスに乗りデパートへ。

 ほんと、大和デパートに行くなんて10年ぶり・・・、いやそれ以上かも。久しぶりの話です。

 で、装飾品とかを買ってもしょうがないので家電売り場へ。ちょっと前に書いた「電子書籍リーダ」。これがあればどうせ使わないデパート券だし、それで買ってしまおうとおもったんですが。

 通勤路にある電機屋さんとくらべるとあまりにも小さい家電売り場には、電子書籍リーダはなし。ほんとね、プリンターのインクなんて電機屋さんの2割弱増だし。他に買うものがないかなと思って見てみたんですがやっぱりないので家電売り場を後にしまして、結局本売り場へ。

 本売り場はですね・・・・、普段行く本屋と同じモノを同じ値段で買えます。こういう部分が安心できる部分でして、単に品ぞろえだけで本屋を選べばいいし、楽なんですよね。

 ただ、あまりにも品ぞろえがよすぎると、自分の興味のあるコーナーしか行かなくなるんで、あえていつもより品ぞろえの悪い本屋へ行くと、普段は接しない分野の本も目に触れるんで、意外といいのかも知れません。

 とはいいつつ、普段触れる分野の本だけを3冊購入。多少、小銭を追い銭するつもりだったんですが、おつりが出てくるようだったのでなんか儲かった気分。

 半分以上を残してしまったんで、また時期を変えて本を買いに行かねばなりません。

 ということで、数年越しの懸案が半分弱終わったんですが、まだ完了していないので次の機会に。今度は名鉄エムザにも行こうかなと思います。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

12周年記念(4):この先1年間の更新予定

 なんか昨日のタイトルに(3)をつけなかったんですけど、まあ、飛ばしてもしょうがないので今日のタイトルに突如(4)をつけました。

 さて、昨日の話はこのWebサイトを運営するにあたり思っていることを適当に書いたのですが、では1年間、具体的な更新内容を書いてみたいと思います。

 とはいっても、「この方面をアップする予定です」と書いたところで、現実はそんなしょっちゅう出歩いているわけでもないですし、数少ないチャンスの中でその方面へ行かなければ現実化しないということもありまして、具体的な区間を挙げるのもどうなんだろう、と思うわけです。

 ということで、なるべく行きたいところからできれば行きたいところ、というような感じで書いてみたいと思います。

 ●なるべく行きたいところ
 飯山線。ただし全区間になるかどうか分かりませんが、未取材のまん中の区間の一部だけでも。
 長野電鉄長野線。中途半端に終わったので続きをしたいです。

 というのが長野方面。何となく来年も恒例で行きそうな気もしますので、予定しておきたいと思います。

 あとは山陰本線をちょっと進めたいなと思います。どの区間になるかはどれだけ休みがあるときに行くかによりますが、一区間ぐらいは進めたいなと思います。

 今年、樽見鉄道・北近畿タンゴ鉄道・伊賀鉄道へ行こうかと思い何度か候補に挙がったのですが、結局行きませんでした。このあたりのうちどれかを、と思っています。

 ●できれば行きたいところ
 何となく毎年挙がっていますが、伯備線伯耆大山~新見、境線、土讃線の阿波池田~高知、という「縦の線」が気になっているところです。

 また、北海道については、GWに行かなければ多分、来年は行く機会がないと思いますが、「日本海」が臨時化されるため、これがどのように走るかによっても変わってきます。

 結局のところ、北海道へ行く時は片道または往復は「日本海」を使ってきたので、これの有無で全く今までと変わってくるものです。

 ●差し替えについて

 以前、ここで書きましたが、本当の初期の頃に取材したものについて、再度取材をして差し替えたいと思っています。

 例えば北陸本線の金沢-福井・富山、大阪環状線等です。

 これについては今までは「ついでがあったら」というスタンスでしたが、しばらくはある程度積極的にやっていきたいなとも思っています。

 というところが具体的な構想です。

 ただし、ちょくちょく書いていますように、引き続き、試験勉強に時間を取りたいと思います。従いまして、数年前までのように更新ペースを上げるわけにも行かず、12年目同様、1回の更新における駅数を2駅、多くて3駅程度で続けていく時期が長くなると思います。

 また、上に書いた具体的な方面も、ほとんど現実化しない可能性が高いと思います。

 このへんは事情を斟酌頂き、ご了承頂ければと思います。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

12周年

 今から12年前の今日、このWebサイト「第1版」をアップしまして、世に公開することになったわけです。その当時は今の「JR各線を巡る旅の記録」のコーナしかなく、また、画像も一切使用しないものでした。

 それから干支が一回りする間に、全く違うサイトになったような感もありますが、第1版当時にアップした内容は残っています。

 同じような趣味活動をしているようで、その当時は「JR線の乗りつぶし」を主に行っていましたし、12年後の今は駅を巡ることを趣味としていますので、実は違った行動をしていると言えます。

 その変化をこのサイトは「趣味の受け皿」として、12年間、私自身の趣味を受け止めてきて、その変化に合わせて形を変えてきたと言えます。

 とは言っても、「乗りつぶし」が「駅巡り」にだんだんと変化していって、「区間全駅」ということを始めてから10年弱。「区間全駅」のコーナーはさほど形を変えず、一部技術的にスタイルシートを使うようにはなって、あるいは画質はブロードバンドの普及とサーバーの容量・転送量緩和、あるいはデジカメの買い換えにより変わってはいるものの、さほど見た目は変わらずに着実にご紹介する駅は増えています。

 ただし、「区間全駅」初期の頃と最近撮る写真を見比べると、やはり視点が違うなと感じることは多々あります。

 つまり、Webサイトを始めて12年、「区間全駅」が始まって10年弱の間に、趣味としてモノを見る目が変わってきているな、ということはこのWebサイトを通じて自分が改めて感じるモノであります。

 そういうことで、自分の行動の変化、あるいは視点の変化、感性の変化をこのWebサイトは受け止めていて、それを残しながら毎週、増殖していっているのです。

 御覧になる方には同時期にアップされている各駅の画像であったり、旅行記であったりするのですが、自分の中では12年間の行動・視点・感性の変化が随所に刻まれたものなのかも知れません。

 さて、最近はツイッターやフェースブック、あるいはミクシーやブログなど、手軽に情報や思いをネット上に公開できるツールが増えてきていまして、Webサイトという形が個人のモノとしては流行らないものになってきているような気がします。

 匿名掲示板群やこれらSNS、ブログなどが主流となっていて、情報の発信側も受け手も、かつてのように「個人ホームページ」というものを利用しなくなってきている傾向にあるのではかと思います。

 しかしながら、趣味を持っていて、それについて何かを発信できるとすれば、Webサイトというのはかなり自由度の高い媒体なのではないかと思います。このWebサイトの内容も、無理をすればブログという形でも公開可能なのですが、やはりWebサイトという形が最も向いているのではないかと思います。

 さらに、個人間の意見のやりとり等はWebサイト付属の掲示板よりもSNSが主になっている昨今、かつてのようにWebサイトで公開すれば何らかの反応を頂ける、というものではなく、毎週淡々と自分の好きなように自分の好きなことを公開できる、という環境だと思います。

 そういうものが張り合いがない、寂しいと感じる方も多いと思いますが、私自身、いまのこのような環境を割と心地よく感じています。

 もちろん、どなたかが継続的に御覧になっていらっしゃるのは何らかの方法で分かるので「完全に孤独に更新をし続けている」という訳ではないのは分かります。そういう状況で淡々と、反応を見ることなく自分の好きなように更新し続けることができる、ということが自分にとってはよい環境だと思うわけです。

 今は一時期、掲示板を設置していて皆様のご意見やご感想を頻繁に頂いていた頃とは違う状況。こういう環境もなかなか楽しいなと思います。

 そういうことで、今はこのような環境のもと、淡々と自分の趣味の成果を公開していって、ちょっとずつ変化していっている行動・視点・感性を記録していっている、そういうものなのだなと思います。

 さらに、このWebサイトが自分の私生活の中で占める地位も変化していっています。このWebサイトを開始する前から税理士試験というのは受けていたのですが、いまいち真剣に受けることなく、一応数年間の行動の集大成として1科目合格してからこのWebサイトを開始したのですが、その後はただ受けるだけ、そのうち受けなくなる、という流れにありました。

 そして趣味行動、さらにこのWebサイトの運営が私生活の中での大きな地位を占めていましたが、今はこの試験の勉強に対する比重を増やしています。従って、毎週の更新の量は減少していっています。

 しかしながら、毎週1回の更新は欠かさないことにより、試験勉強一色の私生活ではなく、ほんのひとときでも趣味行動に戻るということにより息抜きにはなっています。

 そういう意味でも「勉強の邪魔」ではなく、「息抜き」という役割も時期によってはになっているのがこのWebサイトです。

 今後、ネット環境が変わってくると思いますし、このサイトも今の形ではなく、何らかの変化を遂げる可能性はあります。また私自身も生活環境が変わるとすれば、このWebサイトが私生活の中で占める地位も変化してくると思います。

 従いまして、永続させるとか、あるいは今の形を死守する、ということは申しません。

 しかしながら、今現在は今の形で淡々と追加していくことが、自分の中では心地よいものになっているのです。

 よって、今の延長上に物事が動いていくうちは今の感じで進めていきますが、何か変化があるとすればそれに合わせて柔軟に変化していくこともあるのだなと思います。

***

 かなりまとまりのない文章で、例によってほとんど構想がないまま書きはじめた文章ですが、12年を総括してこのような文章を書いてみました。

 明日からはこの先1年間の更新予定などを書いてみたいと思います。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

更新しました(第760版)

 今回の追加・差し替え駅・・・なし
 画質向上更新・・・根室本線 釧路-厚岸間 東へ向かう仮置き場前編・後編、仮置き場、奥羽本線 弘前-青森間

 ということで、このWebサイト12年目最後の更新です。今回は追加駅や差し替え駅がありません。

 というのも、何かを始めると12年目と13年目にまたがってしまうわけです。一応、毎年12月19日(サイト開設日)~翌年12月18日を「事業年度」のようなものに見立てて、このWebサイトのいろいろな「区切りごと」をやっているため、そこをまたがってしまうと何となく気分がおかしいというか、何というかすっきりしないというか。

 という、どうでもいい理由で、今回は新規追加や差し替えなどは行いませんでした。

 代わりに「画質向上更新」を多めに行うことにより、普段の更新と同等の手間をかけておりますのでご了承ください。(御覧になる方にとってはどうでもいい更新ではあるんですけどね。)

 「画質向上更新」ですが、一応今回で北海道の「区間」が終了し、ついでに青森まで終わってしまったので、酒田駅より北の区間については全て終了したことになります。

 あと、「仮置き場」については、多分最後に忘れていた!、と言って更新することになるだろうなと思っていたのですが、今回、2004年に北海道へ行った時のものについて画質向上作業をしていたところ、ついでに釧路湿原駅もやってしまえ→となると、あと三滝駅さえ作業をしてしまえば、「仮置き場」は全駅画質更新作業が終わってしまう、ということで、一気にやってしまった次第です。

 また、奥羽本線 弘前-青森間は、かなり分散した取材時期になっているため、画質向上更新が遅くなっていました。

 それで、画質向上更新が行われていない区間を数えてみたら、49区間あります。

 従いまして、週1区間ずつやっていくと、約1年で終わる数になりました。そこで、次回以降、1回の更新で1区間を「ノルマ」としてやっていくと、来年の今頃(13周年記念)の時期には終わるのではないか、ということになります。

 そんなことで、1回の更新で1区間を「ノルマ」にしてやっていこうと思います。

 ということで、このサイト12年目もありがとうございました。こんな感じで13年目も続けていくつもりですのでよろしくお願いします。なお、そのあたりのお話はまた明日以降、書いていきます。

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

12周年記念(2):この1年間の更新の特色

 そういうことで、昨日の記事を再掲はしませんが、昨日の記事で1年間の更新の流れを書きました。

 では、その特色をつらつらと書いていきます。

●「区間全駅」以外は1件だけ

 基本的に更新は「区間全駅」のコーナーが中心なのですが、この1年間はその傾向が続きました。それ以外の更新は1回だけ、北鉄石川線の廃止区間の廃駅のご紹介だけ「ここはかつて駅でした」で扱ったのみです。

●ボリュームは少なめ

 1回の更新における追加駅を、試験勉強の件もあり、2~3駅にとどめる方針としました。つまり、取材駅数、ひいては旅に行く機会が従来より減っているため、1年間全体での追加駅数は大幅に減ったと思います。(数は数えませんが)

 これについては、このサイトを作った時から試験勉強との両立と言うことを考えつつ、いまいち試験勉強の方を頑張らなかったり、さらには長期間やらなかったり、ということで、長期的なテーマではあるのですが、ようやく試験勉強を頑張る気になったか?という程度だと思って下さい。

 さらに、追加する駅についてはかなり近場が中心となっています。これも旅に行く回数や日程の関係でそうならざるを得ないです。

 この傾向はこれから先も続きます。

●近江鉄道

 そのなかで、12年目で地道に全駅ご紹介できたのが近江鉄道。これもちょっと前からやろうと思っていたのですが、手軽な日程で取材できてしまうということから、この時間が取れない時期としてはやりやすかった路線だったと思います。

●長野電鉄

 先に廃線になってしまう屋代線、そして未掲載ですが長野線の一部、という流れです。一時期は広島・岡山へ多く行っていたのが、最近は長野へ行く機会が増えたなという感じがしますが、その中での「長野シリーズ」でした。

●新設駅

 昨年の今頃、「これから先1年間の見通し」ということで書いていたのですが、北陸にある新設駅の取材がしばらくの間、「目先の課題」として残っていました。これを夏の間にまとめて片付けたという次第です。

 夏の間、天気の関係もあり、あまり長期日程で旅に出ることができず、かといって青春18きっぷは残っているし・・・、ということで結局日帰りで隣県に行くことが多かったのですが、その時にこの「目先の課題」を片付けることができたのでした。

 今年の夏、北鉄も含め、地元を再発見できたなという次第。いろいろ乗ったのですが、富山ライトレール・のと鉄道・えちぜん鉄道には乗ることができなかったのが心残りです。

●差し替え

 取材した駅が多くなって「数をこなす」ということをやったあと、初期の頃に取材したものを再度見ると、ほんと貧粗な感じがします。あと、今と目線が違うので見ていて恥ずかしいというか、差し替えたいという衝動に駆られます。

 そのため、特に路面電車としては初期の頃に取材して、写真枚数も大幅に少なかった万葉線について、差し替えのための再取材(1電停だけ、新規の取材)ができました。

 あとは、北陸本線 金沢-福井間についても、一部行っていますが、これは未掲載です。

●山陰本線

 これも未掲載ですが、山陰本線豊岡-鳥取間を取材してあります。今後、新たな展開の入口になるかと思います。

●飯山線

 これも完成させたいと思いつつ、ちょこちょことやっていたのですが、今年は両端区間だけ。長野電鉄屋代線の廃止予定がなかったら、こっちをもっと進めたかも知れません。あとは夏に行った時に一部区間運休だったということもあります。

 ということで、「じゃあ今後どうするの?」ということは後で触れるため、あえてほとんどそれに触れずに書いたため、何となく舌足らずな文章となりましたが、この1年間を振り返りました。

 つまり、「試験勉強との両立」ということがテーマにあった1年だったと思います。それが、出かける方向や1回の更新での追加駅数などに影響しました。

 では、昨年の今頃考えていた「これから先1年」との差異を見てみましょう。

以下、昨年の分より引用。(かなり長め) 

 さて。12年目のこのWebサイトの方針ですね・・・。

 ひと言で言うと「試験勉強との両立」。つまり、そんなに自分の生活の中では力を入れないっていうことです。

 つまり、最近の状態がそのまま継続することになります。

 そういうことで、少なくとも春先までは1回の更新で2駅しか追加しないという状態は続きますし、そのあとも当然、7月いっぱいはそれを続けたいと思っています。

 割と自分の生活の中で、仕事を除くとこのサイトの占める位置が高かったのですが、その座を試験勉強に明け渡しておりまして、Webサイト更新や旅、つまり趣味の活動についてはそれより低い地位に置かざるを得ないというわけです。

 ただ、永遠に試験勉強をし続けるわけじゃないので(でも、税理士試験ってなんか試験勉強がずっと、仕事を辞めて老後というものになる直前まで続くんじゃないかと思ってしまう・・・)、どこかでまた趣味の活動の地位が高くなるかも知れませんし、そうなったら逆に趣味の活動をしている暇もない状況になるかも知れません。

 先のことは分からないのですが、とにかく来年の7月終わりまで、さらに9月から1年(ただ、来年9月から12月までは多少、楽ができるかも)は、試験勉強を仕事以外の生活の中心に置きたいと思います。

 というかこれ、このサイトを開設した直後からやっておけば今の状況って変わったかも知れないんですけどね・・・。せめて10年前に2科目は揃えとくんだった・・・。

 ということで、申し訳ありませんが、以前のような勢いでWebサイトの更新は行えませんのでご了承ください。

 となると、実はGWが終わるぐらいまでの更新の内容って既に用意されているわけで。

 飯山線 内ヶ巻駅。嵯峨嵐山駅の差し替え(以上、年内の更新)
 高山本線 高山-下呂間
 京福電鉄
 近江鉄道 米原-八日市、高宮-多賀大社前、近江八幡-八日市

 以上を5月ぐらいまでかけて追加していくことになります。なお、本来は一つの区間を一気に追加するんですが、特に近江鉄道は長期になりそうなので、高山本線・京福電鉄・近江鉄道に関しては交互に追加していくことにします。

 さて。一応、試験勉強にとって大事なGWについては、とりあえずどこか行こうと企んでいるわけですが、それも含めて、12年目に取材しようかなと思っているところ。

 ・飯山線 豊野~十日町
 ・近江鉄道の残り
 ・伊賀鉄道?
 ・富山と高岡の路面電車新設電停。福井鉄道の新設駅。

 そのあたりはやろうと思っているところです。ちなみに、伊賀鉄道については、「近江鉄道の残り」を日帰りで取材することになった場合は省略されます。1泊でいく場合はちょうどいい感じで行けるので行くことになります。だから日程次第です。

 ただ、これだけじゃないわけで、結局、行く時の直前に行く場所を考えるので、やっぱりこれはその時の気分や天候次第ということになります。

 特に今年全駅をご紹介した養老鉄道なんて、かなり思いつきだったわけです。

 それと、中央本線の大月~八王子、八高線、これで繋げるという構想はずっと前からありますが、これをやると神奈川・東京・埼玉といったところが繋がってしまうので、ちょっと12年目でやるかどうかは分かりません。

 あと、日が取れれば

 ・北海道のどこか(大沼公園~白糠までのどこか)
 ・阿波池田~高知
 ・新見~伯耆大山~米子~境港

 そのあたりは行きたいなと思うところです。

 何やかんやと言って行きたいところ、撮りたい駅は多いわけで、試験勉強とうまく時期を使い分けて両立したいなと思っております。

引用終了

 さて、今年の旅が小規模なものが多かったために、伊賀鉄道以外の「最低限の目標」がどうにか達成できただけかなという感じでした。

 その時考えていなかったことで、長野電鉄、あとは未掲載の山陰本線が付け加わっているというところ。山陰本線を本格的に始めたのは、1年前の考えの中には無かったことでした。

 伊賀鉄道は「近江鉄道の残り」が日帰りだったために、行きませんでした。ただし、実は行こうと思って画策はしていましたが天気の関係などで中止。

 できれば行きたいと思っていた遠方は、全て行かず終いでした。

 ということで、最低限の目標はだいたいクリアして、できればと思っていたことはほとんどできなかった、でも新たな展開が始まった、という1年でした。

 ということで、それではこれから先1年は?ということなのですが、明日は通常の更新を行う予定なので、明後日以降、書いていきたいと思います。

 ただし、明後日は予定というよりも、このWebサイトについての今現在の思いのようなことを書こうかなと思います。従って先1年の予定はもうしばらく後になります。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

12周年記念(1):この1年間の更新の流れ

 ということで、昨日書いた通り、12月19日にこのサイト開設12周年を迎えますが、この1年間を振り替えって、先の1年間の見通しを立てる、みたいなことを毎年書いています。

 まずはその第一弾として、今年の更新を振り返ってみることにします。

●「区間全駅」での新たな追加

○11年目で取材して、12年目で追加をした区間
 飯山線 十日町-越後川口間
 高山本線 高山-下呂間
 京福電鉄 嵐山線・北野線
 近江鉄道 本線米原-八日市間、多賀線、八日市線

○12年目で取材して、追加した区間
 近江鉄道本線 八日市-貴生川間
 飯山線 豊野-戸狩野沢温泉間
 長野電鉄屋代線
 福井鉄道福武線の新設駅
 万葉線の新設電停(末広町電停)
 富山地方鉄道富山市内線の環状線

○12年目で取材して、13年目で追加予定(未更新)
 長野電鉄長野線の須坂までとその先一部
 山陰本線 豊岡-鳥取間

●その他「区間全駅」
 画質向上更新の開始
 万葉線の差し替え
 未更新として、福鉄の改称駅、北陸本線の一部の駅の撮り直し、その他「仮置き場」

●「ここはかつて駅でした」
 石川線 中鶴来・加賀一の宮駅跡

というのが、この1年間の更新のダイジェストです。

だからどうなの?という話ですが、日付が変わるまであと数分なので、明日に持ち越します。

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

予告

 そろそろこのWebサイトも12周年記念(12月19日)。ということで、以前は周年記念の特別ページなどを作っていたのですが、最近はこのブログの中だけで「過去1年間を振り返り、将来1年間の見通しを立てる」という意味で、一連の文章を書かせて頂いています。

 という「一連の文章」をそろそろ明日あたりから開始しようと思っております。今日でもいいんですけど、12周年記念の日まで引っ張れなかったら困るしなということで、去年の例を見て明日ぐらいからと思っています。

 となると、普通のブログが書けるのは、今日まで。あとは12周年記念の日のしばらく後まで書けなくなるわけです。

 だから今日は思う存分・・・と思うならすでに書いていますって。何も思い浮かばないから予告編みたいな感じになっているのです。

 と書いていると、なんか異様に眠いので、この先、話を膨らませることができなさそうなので、今日はここまで。明日からまずはこの1年間の更新を振り返って、「12年目」という1年間の流れを見てみたいと思います。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

電話

 会社にかかってきた電話で、「低圧電力の測定」を北陸電力から委託された会社です、というもの。

 その電話が非通知でかかってきているのもなんか変だし、会社名を名乗らないのもやっぱり変だし・・・。

 で、「検針票を見て、その内容を確認させて頂いてからの訪問です」ということ。

 とまあ、怪しいことが多いので、一応「来てもいいですよ」という返事をしておきながら、「ちょっとその検針票、手元になくて、別のところにあるんです。明日になったら持ってきますから・・・」と言ってその場は切り抜けました。

 ほんとね、検針票をどこに持って行くんや、という冷静なツッコミが頭の中を駆け巡ったわけですが、まあいいや。

 ちなみに、検針票は自分の席に座っていたら5秒以内に、本社の分か支店の分のどれかを引っ張り出せるという、非常に整備されたデスクです。(単に片付けていないだけ)

 で、まあ、こういうことをわざわざ北陸電力さんに聞くのも申し訳ないな、お忙しいのに気の毒な・・・と思ったのですが(その前に、自分の仕事が遅れているのに、こんなことに付き合っている暇もないのだが・・・)、一応、お客様相談室的なところへお電話。

 なんか、なかなか繋がらないのですが、フリーダイヤルだからいいか。

 「こういう電話が非通知でかかってきて、一応、答えてはいないのですが、そういうことって御社で委託されていますか」「弊社ではそういう測定も委託もしていないので、お答えにならない方がよろしいかと思います。」「そうですよね、ありがとうございました」

 ということで、確実な証拠を得たので、翌日(つまり今日)かかってくる電話を待っていたら・・・かかってきました。

 「低圧電力の測定を・・・」「あー昨日の方ですよね」「そうです。それで検針票をご用意頂きましたか」「はい、用意してあります」

 そして、何を聞くのかなというと「まず最初に、お客様番号の下にある字を読んで頂けますか」

 ・・・っていうか「低圧電力の測定」って言うたやろ・・・。それをあえて読ませますか?

 でまあ、これ以上付き合っていても時間の無駄だし、遊んでいる暇もないので。

 「昨日北陸電力さんに確認しましたところ、そういう委託は行っていないということなので、お答えできません」

 というと、豹変するかと思いきや「分かりました、失礼します」ということでこの件は終了。

 ほんとね、わざわざ検針票を用意させるのもどうかという話。だって、検針票にはちゃんと「点検を装った詐欺が多いので注意してください」的なことが書いてあるし・・・。

 ちなみに「低圧電力の測定」と検索すると、ちゃんとこの手の電話のお話が出てきました。ここから訪問を許すと、点検をする→電気が漏れているし無駄が多いよ、この機械をつければ大丈夫→その機械を売りつけられる、という流れに移行するそうです。

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

年中行事2

 なんか、昨日「晴れているのに寒いという感覚がよく分からない」という意味のことを書いたのですが、まさか、その翌日である今日、そういう天気になろうとは・・・。

 ほんと、今日、そして予報だと明日もなんですけど、冬に天気がいいというのは貴重な日だったりします。月をみたのも久しぶりだと思います。

 さて。去年の書き込みを見ると、まさに同じ日に書いているんですけど、今年もふるさと納税が完了。

 一応、例年通り、福井県と珠洲市へ。この2つの自治体になぜふるさと納税をするかは何度か書いているので省略。

 ただ、今年は震災直後に「ふるさと納税」扱いになる寄付をやっていたりしまして、多分、限度額を超えるものになると思うんです。もともと、住民税の一部が軽減されるとは言っても、5,000円は純粋な寄付になる仕組みなので、オーバーする分も含めて、震災の寄付の分が自己負担になるかな?というぐらいだと思いますが、まあ、追求はしないことにします。

 それと、電子申告をするための電子証明書。これが3年で期限切れになるので、6月のうちに期限切れになっていたのですが、そのままにしておくと確定申告が紙申告になってしまうので、復活をさせてきました。

 ちょっと市役所の近くに仕事で用事がありまして、ついでに。まあ、この電子証明書も2年に1回は仕事で使うし・・・。そういうことで、3年半ぶりに市役所に行ってきました。

 ということで、毎年の年中行事1件と、3年に1回の行事1件でした。

 ちなみに、電子証明書を使う機会って・・・

 所得税の確定申告(年1回)
 税理士試験の願書提出(年1回)

 これが毎年使う用事。といっても、特に後者なんて、毎年書いていますけどわざわざ電子申告で出す意味が無いんですよね。電子申告したものをプリントアウトして提出しなければならないし・・・。

 それと、2年に1回(そのへんは会社法になってもいじっていない)、会社の登記で。会社から委任を受けた形にして、自分の電子証明を使って電子申請しているんで(とは言ってもやっぱり郵送する書類が多いのだが・・・)、その時に使います。

 まあ、どっちにしろ、電子証明がなくても紙申告も用事が終わるものなんですけどね。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

 最近、日曜日となると結構昼寝をするわけで、先週の日曜日なんかも朝起きて、朝食を食べる→再び布団に入って昼過ぎに起きる、なんていう生活でした。

 なんか去年の今頃のブログにも書いているんですけど、冬になるとやたら眠くなるんですよね。ただ、夜は夏場よりは起きていられるみたいで、単に朝型から夜型にシフトしたみたいな感じになるのですが、やっぱり休み眠くなるわけで。

 これが夏だとほとんど昼寝をすることもないわけで、何となく体のどこかに「冬眠」というものが残っているのではないかと思うわけです。

 で、昨日の日曜日。久しぶりに昼寝なしで済みました。

 親の年賀状とか、あと1年近く放置していた家電エコポイント(ポイントだけもらっていて、品物には変えていなかった)の交換手続など、いろいろとやっていたこともあるわけですが。

 まあ、これから「昼寝の休日」が減ってくることを目標にします。

 なんか、今から冬本番、なんですけど、どうも12月って一番暗いイメージがあるんです。

 あー、冬が「暗い」と思うのは日本海側特有の意識かも知れませんが、なんか、こっちにいると冬、天気がよくて寒い、という感覚がよく分からないんですよね。

 冬って鉛色の空で、霰がバーッと降って、次の瞬間、晴れて、また鉛色の空になって雨が降って、みたいな感じだと思うんです。そして雷が鳴ったりして。

 だから、太平洋側の冬っていまいち理解できないわけですが、本題でないし。

 で、12月ってなんかほんと暗い月だなというイメージ。これが1月・2月になると雪が積もる日も出てくるし、なんか明るいというイメージがあるんです。

 これも単なるイメージの問題で、実際は1月でも2月でも空は鉛色のことが多いし。でも冬至とか、雪の反射による明るさとか、そういうこともあるんかなと思います。

 確かに、体重の最大値って12月に更新することが多いんですよね。秋~12月に向けて体重が増えてくるんですが、1月以降、減少傾向になることが多いんです。

 どうも、これも「冬眠に向けて栄養を蓄える」というものが体のどこかに残っているのではないかと思うわけです。

 というか、単に外へ出たりとか、自転車通勤をする日が減るために体重が増える→1月になったら除雪をする日が増えるし、自転車通勤が少なくても体重が減る機会ができる、というメカニズムだと思うわけですが。

 そんなことで、どうも冬と言っても、12月と1月・2月ではちょっと体の変化という意味では違うものなのかなという気がします。これも、太平洋側の天気じゃ説明ができない、「日本海側の冬」から来る体の変化かなと最近思うようになってきました。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

更新しました(第759版)

 今回の更新内容

  富山地鉄 富山市内軌道線丸の内電停の差し替え。
                   西町電停の写真追加。
                   全電停、隣の電停へのリンクの形式変更
  画質向上更新 石勝線 新夕張-夕張間

 ということで、前回お知らせしましたとおり、年内は新規取材駅の追加はありません。

 それで、前回の続きというか、前回の更新に入れようとして入れなかった内容ですが、丸の内電停を今の形の画像に差し替えました。環状線開業に伴い、ホームが1本移動していたので。

 「万葉線方式」で、以前の画像も比較として残してあります。

 それと西町電停については、今のところ環状線の電停ではないのですが、環状線開業に伴いちょっとだけ風景が変わったのでその様子。ただし、「差し替え」ではなく「追加」という形にしてあります。

 それと、全電停、系統別に隣電停へのリンクを作成してあります。「広電方式」なんですけど、これを作ると以前の形が安っぽく見えてしまうんですよね。

 単に「■」の文字をfontタグで色を変えるだけという、何の芸もない方法の「四角」なんですけど個人的には結構好きな表示方法だったりします。一応、富山地鉄のWebサイトにある路線図に合わせた色としました。

 富山駅前電停は、他社や鉄道線の駅へのリンクもその路線の色にしよう、と思ったのですが、電鉄富山駅は路線図上、「本線」の色として、JRはJR西日本の色として、富山ライトレール。

 よく考えたら「七色」だし・・・。これと言った色もないので、一応、マークの色を使いましたが、そうなると電鉄富山と一緒な色になったわけで。

 そういうことで、今回の更新は小規模な更新となりましたが、このリンクの形式変更にちょっと時間がかかっていたので。

 それと、画質向上更新は石勝線の新夕張からの支線。なぜか北海道の鉄道線で、この区間が完結しているわけなんですが、このあたりは毎年北海道へ行っていたんで、こういう細かいところを撮れたようです。

 今から思うと南千歳~新夕張を撮っておくんだったわけで。未だに撮れていないわけですが。

 そんなことで、「このWebサイト12年目」の更新はあと1回になりましたが、12年目でやろうとしたことは終わりましたので、次回の更新は細々とした差し替えをします。ただ、どこをやるかは決めていません。

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

結果

 一応、ツイッターでも、もう一つのブログの方でも書いたんですけど、試験の結果が届きました。

 ほんと、このネットの時代に、科目合格か否か、という場合には郵送で送られてくるしか結果を知る方法がない試験なんですよね。

 毎年、発表は金曜日。金曜日に5科目揃う人は、官報などで結果が分かるんですが、同時にその日に通知を送るらしく、それが分かるのが早くて土曜日。土曜日に届かなかったら、悶々とした土日を過ごすことになり、月曜日に分かる、いや、月曜日に届かなかったら・・・・、ということなんです。

 で、一昨年は土曜日に届いたのを覚えているんですが、去年は月曜日着。今年は・・・

 今日は出勤でして、午後の早い時間に帰宅。その段階では郵便物が来ていませんでした。

 そして、2ヶ月半ぶりに床屋へ。散髪自体は8日ぶりなんですけど、夏の間は週3回、秋になってからは週2回、自分で刈っているわけで、床屋に行くときだけあまりにも刈る長さがなかったらどうなんだろう、ということで1週間伸ばすわけですが・・・。

 いやほんと、なんかものすごいうっとうしい。ほんと、坊主にする前って3週間に1回床屋へ行っていたんですが、よくまあ3週間も我慢できたなというぐらい。

 今じゃ髪を刈った翌日はおいといて、翌々日になると「あー伸びてきたな」ということが分かります。

 ただし、これに負けてさらに短くしてしまうと、それがさらにスパイラルに入ってしまうわけで、一応、今のところは6ミリ(床屋へ行った時だけ5ミリ)に留めています。

 って、なんか話がそれましたが・・・。

 床屋から帰ってきたら、ポストに何やら見えます。まず見えたのが某資格の学校のパンフレット。まあ、毎年お世話になっているんで、さらに学校を変えるといろいろ覚え治すことも出てくるんで、またお世話になるんですけど、とにかくパンフレット。

 その影に茶色い窓開き封筒が・・・。はい、今年はちゃんと土曜日に届きました。しかもちゃんと家族に悟られずに手元に届きましたよ。

 さてさて。部屋へ行きまして開封。まあね、そこそこできた気にはなっているんですが、合格はしていないだろう。で、不合格のなかでもA~Dのランクが付くんですが、Aだったらいいけど、まあそこまで法人税法って甘くないし、かといってDっていうことはないだろう。

 まあBかC。えい、Bかな(と考えているうちは受かっているかも知れないというかすかな希望もありつつ・・・)

 と思って紙を開くと、見事にB。

 まあ、落ちているならAでもDでも関係ないのですが。まあ、不合格の場合、どこまで採点しているかよく分からないので、アルファベットはさほど意味はなさないという説もあったりします。

 そんなことで、また法人税を勉強することになるのですが、もともと1年じゃ無理、仕事をしながら、夜も割と遅い、土曜日は完全に休みではない、という環境だし、その中でも初めて1年で最後までたどり着いて、初年度でB判定までたどり着いた、ということで、「不合格を悔やむ」のではなく、素直に今までの自分と比べて自分で褒めたいところです。

 ただ、来年に向けて2科目というのはちょっと問題があるかなと思い始めておりまして、このへんは検討が要、ってこれも別のところで書いているので、いいや。

 とりあえず、通知が届くときの様子って、毎年何かと思い出に残ることが多いので、記録としてここに書いておきます。

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

年中行事1

 今日は何を書こうかなと思って、そういや、そろそろ機械的に年内にここに書く内容って決まったものになってくる頃だな、と思い去年のを見ていたら、そのまま使えそうな文章が出てきました。

 多分、その前の年も同じようなことを書いているんですけど、去年のものをちょっと訂正する形で今日のブログにします。ということで、2010年12月10日(金曜日)のものから。

*****

 なんか、今日書こうとしたこと、1年前の今頃(日付基準じゃなくて曜日基準)も書いていた・・・。

 ということで、だいたい12月の今頃になると、毎年同じような展開になるんですよね。

 試験の合格発表→ダイヤ改正の概要発表→このWebサイトの周年記念→年末→正月。

 てなことで、まずはその第1弾、試験の結果発表なんですけど・・・。

 一応、今日が合格発表。と言っても、毎年書いているとおり、今日、結果が分かるのは5科目揃う人だけ。つまり、官報に載るんで、分かるわけです。(結果も届くんだったかな)

 科目合格者は、今日発送される(と言われている)通知が届くことによって結果が分かるんですが、例年、この流れでいくと月曜日ぐらいかな・・・。去年は土曜日に着いてしまったんですけど、やっぱり合格の方が早く届く?なんていう都市伝説もあったり。

 とにかく、今日現在は分かっていないんですけど、とりあえず、今年は受からないことは確実なんで、緊張も何もしていません。ただ、不合格の中での評価がアルファベットでくる訳ですが、Aにはなっていないだろうな・・・。せめてBぐらいだといいけど。

 そんな感じなんですが、今年受けた科目は、来年、一応受けないことにしたので、(そのへんは別ブログで書いています)再来年の試験に繋がるぐらいの意味しかなく、全く今年の結果って来年に繋がらないわけです。

 まあ、たまにもこれだけ緊張感のない12月中旬を過ごしてみるのもいいかもなと思いつつ、来年はどうなっているんだろうかと思っております。

 来年受ける科目って、1年目で「受かる場合もある」とか、1,000時間やって「受かるかも知れない」というより「試験会場で座ってもいい」ぐらいの次元なんで、今からかなりやっても、勝負をかけることができるかどうか全く見当がつかないんですよね。

 といいつつ、今年受けた科目を捨ててしまうぐらいなんで、ちょっとずつ(受かりたいという)欲は出てきているんですけど、とりあえず、このサイトとかブログにまで影響を及ぼしているわけなんで、いい方向へ行けばいいなとは思っています。

 ということで、12月の年中行事その1の予告でした。

****

 変更点→ダイヤ改正の発表については今年はどうなのか分かりません。

 試験結果を待つ気持ち→1年目の科目だと、実は全く読めないのですよね。ことしの法人税法の出来がそのまま財務諸表論の試験だったら「受かっているかも」と思うのですが、法人税法のレベルの高さを考えると、多分ダメだと思う。

 まあ、去年はBかも、と言ってC判定だったのですが、今年は違う科目だし、どうなんでしょうね・・・?

 あとは線で消した部分は、今年受けた科目の話なので、該当せず、ということです。

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

結果

 と言っても試験の結果ではなく・・・(ちなみに、一応は明日発表なのですが、科目合格の範囲なので、届くのは早くて土曜日、多分週明けかなというところ)

 昨日は「家に帰ってきてからはPCに電源を入れない」ということにした、ということを書きました。

 で、実際にやってみたわけですが・・・。

 まあね、まずは机の上に置いてあるクレジットカードの明細と一緒に来たチラシに目がいったり。で、それを読んだり。

 つまりですよ、ネット上で要るような要らないような情報に触れる、ということができないとどうしても紙ベースの要るような要らないような情報に触れたくなってしまう、という訳みたいです。

 そして、一応は試験勉強。こちらは捗った・・・、と言うわけでもないのですが、一応はやりましたよ、と言う程度。

 ただ、かなり注意力散漫な日だったので、多分、PCに電源を入れることを許す日だったら、きっとほとんど勉強をしなかった日だろうな・・・・、と思われる様子。

 そうして、その前日、火曜日は風呂に行って歩行浴をしていたので、筋トレらしきことはやっていなかったので、その前日にやる分と、その当日やる分の2日間分の筋トレを開始。

 最近、重量を増やしてきたので、かなりきつい様子。終わってから久しぶりに運動をしたなという感覚。つまり、息が上がっていたわけで。

 そんなこんなで、普段より早く帰ってきたんですけど、まあいいや、ということで22時半には就寝。ちょっとだけ暗記物をやっていて、22時50分頃眠くなって寝た、という次第。

 普段より1時間ほど早いって、結構ちがうもので、寝ている間に起きる回数はかなり多かったようです。

 何となく長い夜を過ごし、結局、朝起きるときの眠さは普段通りだったわけですが。どうも寝るタイミングがうまくいかなかったみたいです。

 朝は30分ほどPCを触る時間。この時間に普段、ネット上での巡回コース+ちょっとやろうとしたことが終わらないことが判明。

 つまり、ブログを書くことを含め、必要最低限しかPCを触らなかったな、という日は、1時間以上、PCを触っているということになるんですよね。

 さらに、ネットで時間が食われている、と感じる日はそれどころではないわけで、それを年間換算すると恐ろしいことになるなと・・・。

 もちろん、ネットから得る情報も多いし、それが不必要というわけでもないので、一概にネット時間=悪=勉強の邪魔、というわけでもないのですが・・・。

 そんなことで、昨日みたいに意識的にネットを遮断する日(時間帯)を作ると、勉強時間と筋トレ時間と、読書時間(それについては昨日は取らず)と睡眠時間が取れるというわけです。

 ただ、特にツイッターについては、半日間隔でなく、1日に1回しかTLをチェックしない、となると、実は読み込めない部分が出てくることも分かりまして、これは1日2回やった方がいいのかなというわけです。(まあ、別に全部読まなくてもいいんだが・・・)

 それと講義の受講ってPCに電源を入れないと始まらないし、これもちょっと検討事項だなということ。

 つまり、1日に2回やるべきものもあるとすれば、これをどうやって1日の中に落とし込んでいって、極力ネット上で「何となく何かを見ている時間」を減らすか、ということなんですよね。

 まあ、平日はいいとして、休日や出勤の土曜日(明るいうちに帰ってくる)について、どうやってネットを自分の中で規制するか、ということも考えねばならないと思っています。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

実験

 ということで、昨日書いた「ネット依存症」かな?という話。

 試しに、今日、家に帰ってきてから明日起きるまではPCに電源を入れないことにします。というのも、今日って「残業をしない日」ではあるので(といいつつ、そうでもない日も多いのですが)、帰りは早いはずなんです。

 だから、PCに電源を入れないと効果絶大・・・、のはず。

 ついでに、最近、寝るのが1時間程度遅くなってきて、起きるのも遅くなってきているので、その是正になれば。

 ただし、仕事の関係で、どうしても家でPCを開かなくてはならない、ということになったらその限りではなかったり、家の関係で・・・、まあ、自分以外の理由で何かがあったら、開くことにします。

 というか、朝、中途半端に時間があるもんで、ネット上のいろいろなチェックをする時間帯が1日2回あるというのも無駄な話なんですよね。

 ほんとうは勉強時間を朝に確保すればいいのですけど、最近はそれほど時間も確保できないし、そういうことなら時間制限のある朝をネットタイムにすればいいのでは、という話。

 そもそも、「朝出勤前にはPCに電源を入れません」というのと「帰ってきてからPCに電源を入れません」というのとでは、後者の方が偉いようなきがして、前者は変わった話でもないんですけど、でも何となく後者の方が大変なことをしているような気がします。でも、やっていることは一緒かも知れません。

 ということで、もう一つの「さらに別冊」のブログの方は、今日の書き込みはお休みとなります。(といっても毎日書いているわけでもないのですが)

 多分、試験勉強と言うよりも、本を読んで、早めに寝るのがオチだと思いますが。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

依存

 今日はブログはお休みしようと思ったのですが、なんか、11月以来ずっと続いているので、それを断ち切るのももったいないかなと思って書きはじめてはいるのですが・・・。

 テレビで「依存症」のことをやっていたのですが、何となくPC→インターネットに関しては依存症に近いかもな、と思っています。

 それ以外は特に、あー、ミンティアぐらいはそれに近い状況かも知れませんが、特に大丈夫かなと。

 旅についても、試験終了後は高頻度でいきますけど、寒くなってから試験までの間は休んでいるし、これは依存症でもないし。

 Webサイトの更新は依存、というより「続いている習慣」でもあるし、強迫観念があってやっているのではなく、習慣としてやっているだけだし。

 となると、Webサイトの更新ではない、Webサイトの閲覧というか、つまりインターネットで受動的に何かを見ているというのが何となく依存症に近いのかもなと思っています。

 ブログの更新は単なる習慣なので・・・、と書くと「習慣」と「依存」の区別も付かなくなってきたのですが、ただ、「Webサイトの閲覧」はダラダラと、気がつくと長時間やっているので、やっぱり悪い習慣・・・依存に近いものなんだろうなと思ったわけです。

 確かに、試験勉強についてはこの「ネット依存に近いもの」が悪影響を及ぼしているのは確かだし、どこかで何か対策をしなければならないなと思っています。

 まあ、単純に「家に帰ってから寝るまでに、PCに電源を入れてはいけない日」を作ればいいだけの話かも知れません。

 これね、1日2回、ツイッターを見なければ、全部のTLに目が通せない、という状況も合ったのですが、専用ブラウザを入れたんで、特にこのへんは問題がなさそうだし、ちょっとそういう日をたまに作ろうかなと思います。

 とりあえず、その日、朝のうちにブログを書かなかったら、その日は無条件でブログが休みになるのですが・・・。

 本当はそれを土曜日の帰宅後に設定すれば効果的なんでしょうけどね。

 と、単なる思いつきなので、実行するかどうかは分かりません。

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

メール注意書き

 一時期と違って、Webサイトって御覧になっている方が多くいらっしゃったとしても、反応が見えない、ということになっているのではないかと思います。

 つまり、コミュニケーションの場としての役割が、Webサイト本体から、SNSやフェースブックに移っていって、その中間にあるのがツイッターやブログ・・・。

 と書いていると、いや違う、ツイッターもSNSの一つで、等ということになってくると思いますが、本題ではないので省略。

 ちなみに、私自身、ブログやツイッターはやるけど、ミクシーやフェースブックはやらない、というのは、ツイッターの使い方も含めて、あまりネット上でコミュニケーション云々ということに力を入れていないことの現れだと思っています。

 で、何のことかというと、つまりですよ、ミクシーやフェースブック(って、さっきからこれをあえてカタカナで書いているのは意味が無いのですが)が、人と人との関わりがドロドロしているとすればブログやツイッターは割とマイペースで自分の言いたいことを一方的に言える世界、さらにWebサイトそのものは、完璧にマイペースで好きなことができる世界、という気がしているわけです。

 ちなみに、ツイッター自体に人と人との繋がりやらコミュニケーションということを考えていないので、実は私自身、かなりあっさりした使い方しかしていません。

 ということで、今現在は、マイペースで好きなことをネット上で展開できるのが、昔ながらのWebサイトではないかな?という気がしているんですよね。掲示板がなければ、御覧になっている方がもの申したい、ということであればメールということになるし(このサイトの場合は、ブログのコメント欄もその役割を一応は負っているんですけど)、これが意外と敷居が高いわけで、あまり人に構ってもらわずに、マイペースで何かしたい、ということであれば、Webサイトがよいと思うわけです。

 まあ、なんと言いますか、仕事でも「ひとり経理」となると、仕事の核になる部分って自分で決めて自分で実行して、あまり人からのフィードバックがない、ということになるわけで、今の仕事になってから「自己完結」が多くなって来ているわけです。

 だからインターネット上でも、「自己完結」があっさりしていていいな、と思うことも多くなって来たような気がします。

 で、こういうことを言いたいのではなく。

 メールアドレスをWebサイト上で晒している関係上、どうしても迷惑メールというのは避けられない事態になっているようです。

 と、これだけ迷惑メールが増えてくると、最近はめっきり少なくなっているのですが、Webサイトについてもの申したい、という方からのメールを見落とすことになりかねないのではないかと懸念しているわけです。

 一応、メールソフトの迷惑メールフィルター機能を使って、「迷惑メール」と判断されたものについても、タイトルと差出人は確認するのですが、一つ一つを精査することができないので(時間的ロスが大きい。それほど迷惑メールが多い)、もしかしたら見落としてしまっているのではないかというわけです。

 そういうことから、メールについても一応、注意書きを設定して、そのページを通してからメールを送ることができる感じにした方がいいかなと思っているわけです。

 とは言っても、あまりいろいろ言うのではなく、簡単に注意書きを作ってみようかなと思っています。

 で、その注意書きを・・・と思ったのですが眠いので今日はやめておきます。なんか、前半の意味のない文章で、本題に入ることができなかったなというわけで。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

更新しました(第758版)

 今回の追加駅・・・富山地方鉄道富山市内軌道線 国際会議場前・大手モール・グランドプラザ前の各電停。

 画質向上更新・・・石勝線新夕張-新得間

 ということで、今回は福井鉄道を中途半端な形にしておいて、富山市内線の新規開業区間(環状線)の各電停をご紹介。

 これによって、ちょっと懸案でありました富山県内・福井県内にある新規開業駅を全部ご紹介することができ、以前達成していて、新駅開業により事実上達成できなくなっていた「北陸3県の全駅(ただし黒部峡谷鉄道を除く)」を全て掲載している状態が回復できました。

 で、この富山市内線ですけど、実はこれも実に中途半端な形で今回の更新は終了しております。

 まずは環状線が分岐する丸の内電停。これ、実は環状線ができる前と比べてホームの配置が変わっているんです。

 そういうことで、「万葉線方式」で、一旦、今の状態をご紹介した後に、以前の様子を比較する形で載せる、という形式のページに差し替えるつもりだったんですが、遅くなりましたのでこれは次回以降に延期ということにしました。

 そのため、丸の内電停のページがちょっと中途半端になっています。それと、同じく分岐(一方通行なので合流)する荒町電停については何も変えないのですが(というか、変わっていないし)、その前の西町電停ついて、環状線の電停ではないのですが電停の中で環状線の線路が合流している、という場面になっていますので、これは今のページに写真を追加する形を採ります。あくまで以前の形を主にして、今の形を追録するという形式です。

 それと、各ページ、隣の電停へのリンクを、広島電鉄方式(系統ごとにリンクを作る形)にしようかなと思っていまして、そういうことを含めて、次回以降にもうちょっと手を加える予定です。

 従いまして、今のところは「以前の形の市内線」に、「無理矢理新規開業区間の電停をくっつけた」だけの中途半端な形で置いてあると思ってください。このへんの改良を次回以降にまわしたという次第です。

 それで、一応、年内は新規取材駅・電停の追加は行わない予定です。これ以降、年内の更新は以前に取材したものを取材しなおしたとか、駅名が変わったものを取材しなおした、というものをアップしていきます。新しく取材した駅をご紹介するのは年が明けてからとなります。

 あとは画質向上更新。今は亡き楓駅も含まれた区間です。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

定期預金

 ほんとね、某銀行の担当者の方がおっしゃってましたけど「銀行員を知り合いに持たない方がいいですよ」と。

 ということで、年末の定期預金キャンペーン。特に某赤色の銀行なんて、今までクレジットカード2枚、カードローン、投資信託2本に公共料金、挙げ句の果てに給与振込の一部、という感じで餌食にしてきたくせに、定期預金を勧められることは今まで無かったんですよね。それが今年、かなり勧めてきたりしまして、まあ、利率もいいし、ということで定期預金をする羽目に。

 それと赤色の信用金庫はですね・・・、カードローンが確か3件(カード2枚あるけど、キャッシュカードにもローン機能が付いていたはず)、投資信託3本、定期積金も何件か、確定拠出年金に一時払終身保険という感じで、やはりいろいろと餌食にしてきて、やっぱりここでも定期預金。

 ほんとね、一時払終身保険に入った後に「この前他から持ってきたし、定期預金崩させて」と言って、必要以上に崩しておいてよかった・・・、というか、この前崩した分が、形を変えてもとに戻ったみたいな感じになってしまいました。

 一応、口約束では2月頃に古い定期預金を崩すつもりです。じゃないと、試験勉強の受講料が払えないし・・・。

 てか、定期預金にしても定期積金にしても、単に預金が通帳間で循環しているだけの気がしてきた・・・。もう、こうなったら、キャンペーンに照準を合わせて、それ以外の時期では定期預金から普通預金へある程度シフトさせる動きをしておくか。

 とは言っても、銀行・信金が勧めてくるものって、例えば宝石を買うとか、布団を買うとか、そんなんじゃないし一応は今使わないお金を別の形にしておく、ぐらいのものなんでそんなに嘆くほどでもないわけです。

 それが、例えば大豆を帳簿上だけで買いなさいとか、そんな話になると拒否するんですけどね。

 でも、投資信託を買ったときって、あれだけ値段が下がるとは思わなかったわけで。前の会社でも投資信託を売っていたんで、投資信託は悪いものじゃない、っていうことがすり込まれていたしな・・・。でも「損切り」はしていないので、一応、望みは持っています。

 あと「一時払い終身保険」は、保険のつもりじゃなくて、やっぱりこれも定期預金の形が変わったものという認識なので。

 で、「投資信託」に入る前に「国債」というものを経るのを忘れていたのですが、これもどうやろうね・・・。ただ、これが元本割れするということは、もっと他のものが大変なことになるはずなので。

 それと、カードローン。多分、その気になればかなりの額を即借りることができるはずなのですが、当然、使ったことがありません。

 というより、このカードローンを契約するのは、当然、銀行員さんのノルマにご協力させて頂くだけの話でして、借りるつもりもないわけです。

 これね、多分、たくさんの人に契約させておけば、そのうちの何割かは使うだろう、という意味だと思うのですが、ほんと、コストの割にどれだけの意味があるのかな?という代物。

 いやほんと、カードの郵送料も普通郵便ではないしもっと高いと思うし、カード代だってかかるだろうし。

 こちらは単に個人情報を紙に書くだけで、いつもお世話になっている方の成績になるのなら、という程度でやっているだけなんですが。

 しかも、契約の時に「これって使ったら手数料がかかりますので使わないでくださいね」なんて言われる始末。

 ほんと、この前「仕事をしたつもり」という本を読んだのですが、何となく他人事でありつつ、この身近な話を思い出してしまったのでした。

 もちろん、銀行の収益源を貸付金の利息よりも手数料にシフトさせていく、という具体的な行動が、この各種のノルマになると思うんですけど、個別に見ると「?」と思うことがたまにあったりします。

 でも、投資信託にしても、自分の資産が減った(含み損)とは裏腹に、ある程度の手数料はそれぞれの銀行に行ってしまっているんだろうなと。でも高額じゃないし、大したことないか。

 この「仕事をしたつもり」、経理の業務では往々にして起こってしまうことが多いのですが、これはまた気が向いたら書くことにします。

 ちなみに、この文章、かなり方向性が定まっていませんが、何かを伝えようとして書いたものでなく、単に頭に思い浮かんだとおりに書いただけです。最初に考えていたのは定期預金をした、という内容だけです。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

変速

 自転車の変速を重くしたら、足の筋力向上(筋肉肥大化)に役立ち、軽くして回転数を増やしたら、脂肪を燃やす方向に役立つ・・・。

 ということで、今の自転車(6段変速)を買ったとき(今年7月)からずっと、一番重いギアで、発進の時からスピードを上げて漕ぎ続けるときまで走り続けていました。

 というのも、今までと変速のギアの仕組みが違うんで、最初に変速のタイミングを間違えて、チェーンがはずれてしまいまして、それが何度かあったので、もうめんどくさくなって変速を使わずにずっと固定して走っていたわけです。

 でまあ、この時期、黙っていたら体重が増える(脂肪が付く)時期でもありますので、先週末あたりから少し軽い変速で走ることにしました。

 といってもいきなり「1」にするわけでもなく・・・。

 この自転車って、一番重い「6」にしても、大した重くないんですよね。というかそれに慣れてしまったのかも知れませんが、ずっと「6」でも、発進の数メートルを順調に加速できれば、あとは普通に走れるわけです。

 ということで・・・、「4」まで落として、ずっとそれで走ることにしました。

 「4」でもかなり軽く感じまして、多分、それより低いとまともに走れないと思います。

 そんなことで、軽い走り始めのあと・・・、もう、高回転が待っています。一応、スピードは落とさないつもりなので、今まで通りのスピードを維持しようとすると高回転。

 おかげでちょっとだけ息が上がる感じがします。重い変速だとこういう感じってなかったんですけどね・・・・。

 そんなことで、体重に変化があったのかどうか・・・。何となく脂肪は少し減ったような気もしないでもないのですが、単にそう思っているだけかも知れません。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

欲しいもの

 基本的に「物欲」ってあまりなくて、「欲しいもの」って急に言われても出てこないんですよね。

 そういうことで、ちょっとあるものをある人からもらえる機会がありまして、「何欲しい?」と言われて、結局もらったのが図書カードだったりしまして。大事に使わせて頂いています。

 さて、そういう中で、電子書籍リーダーを欲しいかなと思ったわけです。

 白黒のやつで、別にネットワークに繋がらなくてもいいし、文字が読めればいいし。PDFファイルが見えればそれで十分、というやつ。

 そう思ったのですが、結局、どうでもよくなってきた・・・。

 なんかね、結局本を読むなら紙で十分だし。ただ、ハイライト的な部分はスキャンしてPDFファイルで保存したいと思うことはありますけど、文字を追っかける分には紙でいいわー。

 電子書籍版の方が充実していて、価格も大幅に安い、というなら考えるんですが、限られているし、いまいち安さも感じないし。というか、そこで多少安いものを狙うなら、図書館で借りたら無料だし、そこから保存したいものを電子書籍版で買うというなら・・・、PCで十分。改めて保存するときはPCの方がいいし。

 あと、試験勉強で暗記するものがPDFファイルで売られていて、それも持っているんで、それを見るのに使える・・・、

 と思ったのですが、やっぱり紙でいいわー。覚えるときは1枚ずつコピーしたものをプラスチックケースに入れればいいし、復習したり、一度にたくさんのものを見直すときは書籍版で十分だし。

 そんなことで、せっかく「欲しいもの」ができたのに、買う前から「要らないもの」になってしまいました。

 1万円ちょっと、儲かったかも。

 ただし、今後の動向により、この考えは簡単に変化する可能性が高いので、ご了承ください。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »