« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月25日 (日)

更新しました(第761版)

 ということで、13年目としては初の更新です。

 今回の追加駅・・・改称後の様子として、福井鉄道 仁愛女子高校(裁判所前)・赤十字前(福井新)・サンドーム西(上鯖江)・北府(西武生)・越前武生(武生新)を掲載するとともに、改称前の様子は付録として移転掲載。

 ということで、福井鉄道の追加駅シリーズの後は、ちょっと間を置きましたが、同時に取材していた改称駅・電停を差し替えました。

 まあ、改称ぐらいならほんと、看板が変わっただけなので、改称後の駅名標と駅舎を下の方にちょこんと載せるとか、そういう方法もあります。

 とは言っても、せっかく降りたのだから、ということで、一応、新たに掲載できるぐらいの写真を撮ったので、どうせなら差し替えてしまえ、ということで、差し替えました。

 でも差し替えた後の旧駅名の頃の様子も、万葉線を最初に撮ったものと違って、今の感性に近いものを撮ってあるので、これをなくしてしまうのも忍びない、ということで、そのまま付録扱いにして掲載を続けることにしました。

 そういうことで、改称前後のを比べると、同じようなところから同じような写真を撮っているなと思われるものが多々あると思いますが、まあ、駅自体変わってしまったわけでないので、そうなってしまいます。

 ちなみに今日は5駅分を追加したのと同じ作業量+改称前のページ移転云々で、結構時間がかかりましたので、画質向上更新は中止させて頂きます。

 というよりも、前回の更新と今回の更新の間に「12年目」と「13年目」という、「事業年度をまたがる」というような壁があるがために、この福井鉄道の改称駅のアップを前回と今回に分けなかったという事情があります。

 従いまして、前回やるべきだった福井鉄道の分を今回にまとめたのと同時に、今回やるべきだった画質向上更新は、前回にやってしまっている、ということでご了承ください。

 そんなことで、多分今年の更新はここまで。次回は、特に障害がなければ元旦に更新をします。山陰本線豊岡-鳥取間をいよいよ開始しますそれと並行して、次々回は長野電鉄長野線ということになり、その後は万葉線の差し替えなど。この「山陰本線」「長野電鉄」「地元の差し替え」の3つを3回ごとに更新していく形になります。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

12周年記念(4):この先1年間の更新予定

 なんか昨日のタイトルに(3)をつけなかったんですけど、まあ、飛ばしてもしょうがないので今日のタイトルに突如(4)をつけました。

 さて、昨日の話はこのWebサイトを運営するにあたり思っていることを適当に書いたのですが、では1年間、具体的な更新内容を書いてみたいと思います。

 とはいっても、「この方面をアップする予定です」と書いたところで、現実はそんなしょっちゅう出歩いているわけでもないですし、数少ないチャンスの中でその方面へ行かなければ現実化しないということもありまして、具体的な区間を挙げるのもどうなんだろう、と思うわけです。

 ということで、なるべく行きたいところからできれば行きたいところ、というような感じで書いてみたいと思います。

 ●なるべく行きたいところ
 飯山線。ただし全区間になるかどうか分かりませんが、未取材のまん中の区間の一部だけでも。
 長野電鉄長野線。中途半端に終わったので続きをしたいです。

 というのが長野方面。何となく来年も恒例で行きそうな気もしますので、予定しておきたいと思います。

 あとは山陰本線をちょっと進めたいなと思います。どの区間になるかはどれだけ休みがあるときに行くかによりますが、一区間ぐらいは進めたいなと思います。

 今年、樽見鉄道・北近畿タンゴ鉄道・伊賀鉄道へ行こうかと思い何度か候補に挙がったのですが、結局行きませんでした。このあたりのうちどれかを、と思っています。

 ●できれば行きたいところ
 何となく毎年挙がっていますが、伯備線伯耆大山~新見、境線、土讃線の阿波池田~高知、という「縦の線」が気になっているところです。

 また、北海道については、GWに行かなければ多分、来年は行く機会がないと思いますが、「日本海」が臨時化されるため、これがどのように走るかによっても変わってきます。

 結局のところ、北海道へ行く時は片道または往復は「日本海」を使ってきたので、これの有無で全く今までと変わってくるものです。

 ●差し替えについて

 以前、ここで書きましたが、本当の初期の頃に取材したものについて、再度取材をして差し替えたいと思っています。

 例えば北陸本線の金沢-福井・富山、大阪環状線等です。

 これについては今までは「ついでがあったら」というスタンスでしたが、しばらくはある程度積極的にやっていきたいなとも思っています。

 というところが具体的な構想です。

 ただし、ちょくちょく書いていますように、引き続き、試験勉強に時間を取りたいと思います。従いまして、数年前までのように更新ペースを上げるわけにも行かず、12年目同様、1回の更新における駅数を2駅、多くて3駅程度で続けていく時期が長くなると思います。

 また、上に書いた具体的な方面も、ほとんど現実化しない可能性が高いと思います。

 このへんは事情を斟酌頂き、ご了承頂ければと思います。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

12周年

 今から12年前の今日、このWebサイト「第1版」をアップしまして、世に公開することになったわけです。その当時は今の「JR各線を巡る旅の記録」のコーナしかなく、また、画像も一切使用しないものでした。

 それから干支が一回りする間に、全く違うサイトになったような感もありますが、第1版当時にアップした内容は残っています。

 同じような趣味活動をしているようで、その当時は「JR線の乗りつぶし」を主に行っていましたし、12年後の今は駅を巡ることを趣味としていますので、実は違った行動をしていると言えます。

 その変化をこのサイトは「趣味の受け皿」として、12年間、私自身の趣味を受け止めてきて、その変化に合わせて形を変えてきたと言えます。

 とは言っても、「乗りつぶし」が「駅巡り」にだんだんと変化していって、「区間全駅」ということを始めてから10年弱。「区間全駅」のコーナーはさほど形を変えず、一部技術的にスタイルシートを使うようにはなって、あるいは画質はブロードバンドの普及とサーバーの容量・転送量緩和、あるいはデジカメの買い換えにより変わってはいるものの、さほど見た目は変わらずに着実にご紹介する駅は増えています。

 ただし、「区間全駅」初期の頃と最近撮る写真を見比べると、やはり視点が違うなと感じることは多々あります。

 つまり、Webサイトを始めて12年、「区間全駅」が始まって10年弱の間に、趣味としてモノを見る目が変わってきているな、ということはこのWebサイトを通じて自分が改めて感じるモノであります。

 そういうことで、自分の行動の変化、あるいは視点の変化、感性の変化をこのWebサイトは受け止めていて、それを残しながら毎週、増殖していっているのです。

 御覧になる方には同時期にアップされている各駅の画像であったり、旅行記であったりするのですが、自分の中では12年間の行動・視点・感性の変化が随所に刻まれたものなのかも知れません。

 さて、最近はツイッターやフェースブック、あるいはミクシーやブログなど、手軽に情報や思いをネット上に公開できるツールが増えてきていまして、Webサイトという形が個人のモノとしては流行らないものになってきているような気がします。

 匿名掲示板群やこれらSNS、ブログなどが主流となっていて、情報の発信側も受け手も、かつてのように「個人ホームページ」というものを利用しなくなってきている傾向にあるのではかと思います。

 しかしながら、趣味を持っていて、それについて何かを発信できるとすれば、Webサイトというのはかなり自由度の高い媒体なのではないかと思います。このWebサイトの内容も、無理をすればブログという形でも公開可能なのですが、やはりWebサイトという形が最も向いているのではないかと思います。

 さらに、個人間の意見のやりとり等はWebサイト付属の掲示板よりもSNSが主になっている昨今、かつてのようにWebサイトで公開すれば何らかの反応を頂ける、というものではなく、毎週淡々と自分の好きなように自分の好きなことを公開できる、という環境だと思います。

 そういうものが張り合いがない、寂しいと感じる方も多いと思いますが、私自身、いまのこのような環境を割と心地よく感じています。

 もちろん、どなたかが継続的に御覧になっていらっしゃるのは何らかの方法で分かるので「完全に孤独に更新をし続けている」という訳ではないのは分かります。そういう状況で淡々と、反応を見ることなく自分の好きなように更新し続けることができる、ということが自分にとってはよい環境だと思うわけです。

 今は一時期、掲示板を設置していて皆様のご意見やご感想を頻繁に頂いていた頃とは違う状況。こういう環境もなかなか楽しいなと思います。

 そういうことで、今はこのような環境のもと、淡々と自分の趣味の成果を公開していって、ちょっとずつ変化していっている行動・視点・感性を記録していっている、そういうものなのだなと思います。

 さらに、このWebサイトが自分の私生活の中で占める地位も変化していっています。このWebサイトを開始する前から税理士試験というのは受けていたのですが、いまいち真剣に受けることなく、一応数年間の行動の集大成として1科目合格してからこのWebサイトを開始したのですが、その後はただ受けるだけ、そのうち受けなくなる、という流れにありました。

 そして趣味行動、さらにこのWebサイトの運営が私生活の中での大きな地位を占めていましたが、今はこの試験の勉強に対する比重を増やしています。従って、毎週の更新の量は減少していっています。

 しかしながら、毎週1回の更新は欠かさないことにより、試験勉強一色の私生活ではなく、ほんのひとときでも趣味行動に戻るということにより息抜きにはなっています。

 そういう意味でも「勉強の邪魔」ではなく、「息抜き」という役割も時期によってはになっているのがこのWebサイトです。

 今後、ネット環境が変わってくると思いますし、このサイトも今の形ではなく、何らかの変化を遂げる可能性はあります。また私自身も生活環境が変わるとすれば、このWebサイトが私生活の中で占める地位も変化してくると思います。

 従いまして、永続させるとか、あるいは今の形を死守する、ということは申しません。

 しかしながら、今現在は今の形で淡々と追加していくことが、自分の中では心地よいものになっているのです。

 よって、今の延長上に物事が動いていくうちは今の感じで進めていきますが、何か変化があるとすればそれに合わせて柔軟に変化していくこともあるのだなと思います。

***

 かなりまとまりのない文章で、例によってほとんど構想がないまま書きはじめた文章ですが、12年を総括してこのような文章を書いてみました。

 明日からはこの先1年間の更新予定などを書いてみたいと思います。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

更新しました(第760版)

 今回の追加・差し替え駅・・・なし
 画質向上更新・・・根室本線 釧路-厚岸間 東へ向かう仮置き場前編・後編、仮置き場、奥羽本線 弘前-青森間

 ということで、このWebサイト12年目最後の更新です。今回は追加駅や差し替え駅がありません。

 というのも、何かを始めると12年目と13年目にまたがってしまうわけです。一応、毎年12月19日(サイト開設日)~翌年12月18日を「事業年度」のようなものに見立てて、このWebサイトのいろいろな「区切りごと」をやっているため、そこをまたがってしまうと何となく気分がおかしいというか、何というかすっきりしないというか。

 という、どうでもいい理由で、今回は新規追加や差し替えなどは行いませんでした。

 代わりに「画質向上更新」を多めに行うことにより、普段の更新と同等の手間をかけておりますのでご了承ください。(御覧になる方にとってはどうでもいい更新ではあるんですけどね。)

 「画質向上更新」ですが、一応今回で北海道の「区間」が終了し、ついでに青森まで終わってしまったので、酒田駅より北の区間については全て終了したことになります。

 あと、「仮置き場」については、多分最後に忘れていた!、と言って更新することになるだろうなと思っていたのですが、今回、2004年に北海道へ行った時のものについて画質向上作業をしていたところ、ついでに釧路湿原駅もやってしまえ→となると、あと三滝駅さえ作業をしてしまえば、「仮置き場」は全駅画質更新作業が終わってしまう、ということで、一気にやってしまった次第です。

 また、奥羽本線 弘前-青森間は、かなり分散した取材時期になっているため、画質向上更新が遅くなっていました。

 それで、画質向上更新が行われていない区間を数えてみたら、49区間あります。

 従いまして、週1区間ずつやっていくと、約1年で終わる数になりました。そこで、次回以降、1回の更新で1区間を「ノルマ」としてやっていくと、来年の今頃(13周年記念)の時期には終わるのではないか、ということになります。

 そんなことで、1回の更新で1区間を「ノルマ」にしてやっていこうと思います。

 ということで、このサイト12年目もありがとうございました。こんな感じで13年目も続けていくつもりですのでよろしくお願いします。なお、そのあたりのお話はまた明日以降、書いていきます。

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

12周年記念(2):この1年間の更新の特色

 そういうことで、昨日の記事を再掲はしませんが、昨日の記事で1年間の更新の流れを書きました。

 では、その特色をつらつらと書いていきます。

●「区間全駅」以外は1件だけ

 基本的に更新は「区間全駅」のコーナーが中心なのですが、この1年間はその傾向が続きました。それ以外の更新は1回だけ、北鉄石川線の廃止区間の廃駅のご紹介だけ「ここはかつて駅でした」で扱ったのみです。

●ボリュームは少なめ

 1回の更新における追加駅を、試験勉強の件もあり、2~3駅にとどめる方針としました。つまり、取材駅数、ひいては旅に行く機会が従来より減っているため、1年間全体での追加駅数は大幅に減ったと思います。(数は数えませんが)

 これについては、このサイトを作った時から試験勉強との両立と言うことを考えつつ、いまいち試験勉強の方を頑張らなかったり、さらには長期間やらなかったり、ということで、長期的なテーマではあるのですが、ようやく試験勉強を頑張る気になったか?という程度だと思って下さい。

 さらに、追加する駅についてはかなり近場が中心となっています。これも旅に行く回数や日程の関係でそうならざるを得ないです。

 この傾向はこれから先も続きます。

●近江鉄道

 そのなかで、12年目で地道に全駅ご紹介できたのが近江鉄道。これもちょっと前からやろうと思っていたのですが、手軽な日程で取材できてしまうということから、この時間が取れない時期としてはやりやすかった路線だったと思います。

●長野電鉄

 先に廃線になってしまう屋代線、そして未掲載ですが長野線の一部、という流れです。一時期は広島・岡山へ多く行っていたのが、最近は長野へ行く機会が増えたなという感じがしますが、その中での「長野シリーズ」でした。

●新設駅

 昨年の今頃、「これから先1年間の見通し」ということで書いていたのですが、北陸にある新設駅の取材がしばらくの間、「目先の課題」として残っていました。これを夏の間にまとめて片付けたという次第です。

 夏の間、天気の関係もあり、あまり長期日程で旅に出ることができず、かといって青春18きっぷは残っているし・・・、ということで結局日帰りで隣県に行くことが多かったのですが、その時にこの「目先の課題」を片付けることができたのでした。

 今年の夏、北鉄も含め、地元を再発見できたなという次第。いろいろ乗ったのですが、富山ライトレール・のと鉄道・えちぜん鉄道には乗ることができなかったのが心残りです。

●差し替え

 取材した駅が多くなって「数をこなす」ということをやったあと、初期の頃に取材したものを再度見ると、ほんと貧粗な感じがします。あと、今と目線が違うので見ていて恥ずかしいというか、差し替えたいという衝動に駆られます。

 そのため、特に路面電車としては初期の頃に取材して、写真枚数も大幅に少なかった万葉線について、差し替えのための再取材(1電停だけ、新規の取材)ができました。

 あとは、北陸本線 金沢-福井間についても、一部行っていますが、これは未掲載です。

●山陰本線

 これも未掲載ですが、山陰本線豊岡-鳥取間を取材してあります。今後、新たな展開の入口になるかと思います。

●飯山線

 これも完成させたいと思いつつ、ちょこちょことやっていたのですが、今年は両端区間だけ。長野電鉄屋代線の廃止予定がなかったら、こっちをもっと進めたかも知れません。あとは夏に行った時に一部区間運休だったということもあります。

 ということで、「じゃあ今後どうするの?」ということは後で触れるため、あえてほとんどそれに触れずに書いたため、何となく舌足らずな文章となりましたが、この1年間を振り返りました。

 つまり、「試験勉強との両立」ということがテーマにあった1年だったと思います。それが、出かける方向や1回の更新での追加駅数などに影響しました。

 では、昨年の今頃考えていた「これから先1年」との差異を見てみましょう。

以下、昨年の分より引用。(かなり長め) 

 さて。12年目のこのWebサイトの方針ですね・・・。

 ひと言で言うと「試験勉強との両立」。つまり、そんなに自分の生活の中では力を入れないっていうことです。

 つまり、最近の状態がそのまま継続することになります。

 そういうことで、少なくとも春先までは1回の更新で2駅しか追加しないという状態は続きますし、そのあとも当然、7月いっぱいはそれを続けたいと思っています。

 割と自分の生活の中で、仕事を除くとこのサイトの占める位置が高かったのですが、その座を試験勉強に明け渡しておりまして、Webサイト更新や旅、つまり趣味の活動についてはそれより低い地位に置かざるを得ないというわけです。

 ただ、永遠に試験勉強をし続けるわけじゃないので(でも、税理士試験ってなんか試験勉強がずっと、仕事を辞めて老後というものになる直前まで続くんじゃないかと思ってしまう・・・)、どこかでまた趣味の活動の地位が高くなるかも知れませんし、そうなったら逆に趣味の活動をしている暇もない状況になるかも知れません。

 先のことは分からないのですが、とにかく来年の7月終わりまで、さらに9月から1年(ただ、来年9月から12月までは多少、楽ができるかも)は、試験勉強を仕事以外の生活の中心に置きたいと思います。

 というかこれ、このサイトを開設した直後からやっておけば今の状況って変わったかも知れないんですけどね・・・。せめて10年前に2科目は揃えとくんだった・・・。

 ということで、申し訳ありませんが、以前のような勢いでWebサイトの更新は行えませんのでご了承ください。

 となると、実はGWが終わるぐらいまでの更新の内容って既に用意されているわけで。

 飯山線 内ヶ巻駅。嵯峨嵐山駅の差し替え(以上、年内の更新)
 高山本線 高山-下呂間
 京福電鉄
 近江鉄道 米原-八日市、高宮-多賀大社前、近江八幡-八日市

 以上を5月ぐらいまでかけて追加していくことになります。なお、本来は一つの区間を一気に追加するんですが、特に近江鉄道は長期になりそうなので、高山本線・京福電鉄・近江鉄道に関しては交互に追加していくことにします。

 さて。一応、試験勉強にとって大事なGWについては、とりあえずどこか行こうと企んでいるわけですが、それも含めて、12年目に取材しようかなと思っているところ。

 ・飯山線 豊野~十日町
 ・近江鉄道の残り
 ・伊賀鉄道?
 ・富山と高岡の路面電車新設電停。福井鉄道の新設駅。

 そのあたりはやろうと思っているところです。ちなみに、伊賀鉄道については、「近江鉄道の残り」を日帰りで取材することになった場合は省略されます。1泊でいく場合はちょうどいい感じで行けるので行くことになります。だから日程次第です。

 ただ、これだけじゃないわけで、結局、行く時の直前に行く場所を考えるので、やっぱりこれはその時の気分や天候次第ということになります。

 特に今年全駅をご紹介した養老鉄道なんて、かなり思いつきだったわけです。

 それと、中央本線の大月~八王子、八高線、これで繋げるという構想はずっと前からありますが、これをやると神奈川・東京・埼玉といったところが繋がってしまうので、ちょっと12年目でやるかどうかは分かりません。

 あと、日が取れれば

 ・北海道のどこか(大沼公園~白糠までのどこか)
 ・阿波池田~高知
 ・新見~伯耆大山~米子~境港

 そのあたりは行きたいなと思うところです。

 何やかんやと言って行きたいところ、撮りたい駅は多いわけで、試験勉強とうまく時期を使い分けて両立したいなと思っております。

引用終了

 さて、今年の旅が小規模なものが多かったために、伊賀鉄道以外の「最低限の目標」がどうにか達成できただけかなという感じでした。

 その時考えていなかったことで、長野電鉄、あとは未掲載の山陰本線が付け加わっているというところ。山陰本線を本格的に始めたのは、1年前の考えの中には無かったことでした。

 伊賀鉄道は「近江鉄道の残り」が日帰りだったために、行きませんでした。ただし、実は行こうと思って画策はしていましたが天気の関係などで中止。

 できれば行きたいと思っていた遠方は、全て行かず終いでした。

 ということで、最低限の目標はだいたいクリアして、できればと思っていたことはほとんどできなかった、でも新たな展開が始まった、という1年でした。

 ということで、それではこれから先1年は?ということなのですが、明日は通常の更新を行う予定なので、明後日以降、書いていきたいと思います。

 ただし、明後日は予定というよりも、このWebサイトについての今現在の思いのようなことを書こうかなと思います。従って先1年の予定はもうしばらく後になります。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

12周年記念(1):この1年間の更新の流れ

 ということで、昨日書いた通り、12月19日にこのサイト開設12周年を迎えますが、この1年間を振り替えって、先の1年間の見通しを立てる、みたいなことを毎年書いています。

 まずはその第一弾として、今年の更新を振り返ってみることにします。

●「区間全駅」での新たな追加

○11年目で取材して、12年目で追加をした区間
 飯山線 十日町-越後川口間
 高山本線 高山-下呂間
 京福電鉄 嵐山線・北野線
 近江鉄道 本線米原-八日市間、多賀線、八日市線

○12年目で取材して、追加した区間
 近江鉄道本線 八日市-貴生川間
 飯山線 豊野-戸狩野沢温泉間
 長野電鉄屋代線
 福井鉄道福武線の新設駅
 万葉線の新設電停(末広町電停)
 富山地方鉄道富山市内線の環状線

○12年目で取材して、13年目で追加予定(未更新)
 長野電鉄長野線の須坂までとその先一部
 山陰本線 豊岡-鳥取間

●その他「区間全駅」
 画質向上更新の開始
 万葉線の差し替え
 未更新として、福鉄の改称駅、北陸本線の一部の駅の撮り直し、その他「仮置き場」

●「ここはかつて駅でした」
 石川線 中鶴来・加賀一の宮駅跡

というのが、この1年間の更新のダイジェストです。

だからどうなの?という話ですが、日付が変わるまであと数分なので、明日に持ち越します。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

更新しました(第759版)

 今回の更新内容

  富山地鉄 富山市内軌道線丸の内電停の差し替え。
                   西町電停の写真追加。
                   全電停、隣の電停へのリンクの形式変更
  画質向上更新 石勝線 新夕張-夕張間

 ということで、前回お知らせしましたとおり、年内は新規取材駅の追加はありません。

 それで、前回の続きというか、前回の更新に入れようとして入れなかった内容ですが、丸の内電停を今の形の画像に差し替えました。環状線開業に伴い、ホームが1本移動していたので。

 「万葉線方式」で、以前の画像も比較として残してあります。

 それと西町電停については、今のところ環状線の電停ではないのですが、環状線開業に伴いちょっとだけ風景が変わったのでその様子。ただし、「差し替え」ではなく「追加」という形にしてあります。

 それと、全電停、系統別に隣電停へのリンクを作成してあります。「広電方式」なんですけど、これを作ると以前の形が安っぽく見えてしまうんですよね。

 単に「■」の文字をfontタグで色を変えるだけという、何の芸もない方法の「四角」なんですけど個人的には結構好きな表示方法だったりします。一応、富山地鉄のWebサイトにある路線図に合わせた色としました。

 富山駅前電停は、他社や鉄道線の駅へのリンクもその路線の色にしよう、と思ったのですが、電鉄富山駅は路線図上、「本線」の色として、JRはJR西日本の色として、富山ライトレール。

 よく考えたら「七色」だし・・・。これと言った色もないので、一応、マークの色を使いましたが、そうなると電鉄富山と一緒な色になったわけで。

 そういうことで、今回の更新は小規模な更新となりましたが、このリンクの形式変更にちょっと時間がかかっていたので。

 それと、画質向上更新は石勝線の新夕張からの支線。なぜか北海道の鉄道線で、この区間が完結しているわけなんですが、このあたりは毎年北海道へ行っていたんで、こういう細かいところを撮れたようです。

 今から思うと南千歳~新夕張を撮っておくんだったわけで。未だに撮れていないわけですが。

 そんなことで、「このWebサイト12年目」の更新はあと1回になりましたが、12年目でやろうとしたことは終わりましたので、次回の更新は細々とした差し替えをします。ただ、どこをやるかは決めていません。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

更新しました(第758版)

 今回の追加駅・・・富山地方鉄道富山市内軌道線 国際会議場前・大手モール・グランドプラザ前の各電停。

 画質向上更新・・・石勝線新夕張-新得間

 ということで、今回は福井鉄道を中途半端な形にしておいて、富山市内線の新規開業区間(環状線)の各電停をご紹介。

 これによって、ちょっと懸案でありました富山県内・福井県内にある新規開業駅を全部ご紹介することができ、以前達成していて、新駅開業により事実上達成できなくなっていた「北陸3県の全駅(ただし黒部峡谷鉄道を除く)」を全て掲載している状態が回復できました。

 で、この富山市内線ですけど、実はこれも実に中途半端な形で今回の更新は終了しております。

 まずは環状線が分岐する丸の内電停。これ、実は環状線ができる前と比べてホームの配置が変わっているんです。

 そういうことで、「万葉線方式」で、一旦、今の状態をご紹介した後に、以前の様子を比較する形で載せる、という形式のページに差し替えるつもりだったんですが、遅くなりましたのでこれは次回以降に延期ということにしました。

 そのため、丸の内電停のページがちょっと中途半端になっています。それと、同じく分岐(一方通行なので合流)する荒町電停については何も変えないのですが(というか、変わっていないし)、その前の西町電停ついて、環状線の電停ではないのですが電停の中で環状線の線路が合流している、という場面になっていますので、これは今のページに写真を追加する形を採ります。あくまで以前の形を主にして、今の形を追録するという形式です。

 それと、各ページ、隣の電停へのリンクを、広島電鉄方式(系統ごとにリンクを作る形)にしようかなと思っていまして、そういうことを含めて、次回以降にもうちょっと手を加える予定です。

 従いまして、今のところは「以前の形の市内線」に、「無理矢理新規開業区間の電停をくっつけた」だけの中途半端な形で置いてあると思ってください。このへんの改良を次回以降にまわしたという次第です。

 それで、一応、年内は新規取材駅・電停の追加は行わない予定です。これ以降、年内の更新は以前に取材したものを取材しなおしたとか、駅名が変わったものを取材しなおした、というものをアップしていきます。新しく取材した駅をご紹介するのは年が明けてからとなります。

 あとは画質向上更新。今は亡き楓駅も含まれた区間です。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »