« 途中経過 | トップページ | こづかい帳 »

2011年12月27日 (火)

年賀状

 というタイトルで書いていらっしゃる方も多いんだろうなと・・・。

 ということで、懸案の年賀状が終了。

 まずは裏面ですが、先だって親の年賀状を作るんで(作成代行)、実はこれの名前だけ変えて、あとはちょっとした空白部分をもう一つの絵で埋めて使います。

 一昨年ぐらいまでは、文面だけそのまま利用させてもらって、絵の部分はその年の旅で印象的な写真を載せていたんですけど(例:松山の路面電車など)、まあ、どうせ見ないわな、ということで、もう選ぶのも面倒なので、去年から絵もそのまま利用することにしました。

 一応、今年も写真は選ぼうと今年1年間に撮った写真は全部見てみたんですけどね。年賀状にふさわしいものという目で見るとほとんど無いかも。

 鎧駅からの写真も、駅の写真とすればいいんでしょうけど、それを外すと単に高いところから見た湾の写真だし・・・。能登に行けばそれぐらいの景色はありそうだし・・・。

 それで、毎年のことですが今年1年間、何らかの形で接触があった方(直接お会いする、またはメール等)には、特にひと言を書いていません。書いていたらきりがないし。

 そのかわり、宛名は慣れない筆文字で手書きさせて頂いておりますので、ご了承ください、という感じです。

 という基準で裏面に何かメッセージを書く人・・・2人ぐらいしかいないわけで。そういや、「年賀状だけのお付き合いの人」ってそんなにいないんですよね。

 で、まあ大半が今の会社の人なんですけど、従業員が今より少ないときの名残で、何となく全員に出す習慣がある会社なんですよね。

 まあ、年賀状が届いて数日後に全員顔を合わすのに、わざわざ年賀状を出すのもどうなんだろう?という考えもあり、人も増えて来たので、そろそろこの習慣もどうなんだろう、という話もあるのですが、一応、今のところはこの形。

 ちなみに、会社の人からの年賀状って、名簿を見ながら書いているんで、実際、今年その人から来たのかどうかよく分からない状態だったり、あるいはチェックすらしていなかったりします。

 それに比べて前の会社って、一部の人だけに出す習慣だったので(来たら返すという感じだった)、そういや今でも年に何度か顔を合わせているのに、住所すら知らんわー、という人が結構いたりします。

 だから、年賀状廃止論者同士だと、親しくても年賀状の行き来がないことが多いわけです。

 でまあ、前の会社の人にも何人か出しているんですけど、1名を除いて今年何らかの形で接触があった(というか、基本的に会っている)方々でして、またもや「ひと言」の対象外の方が多いなと。

 そんなことで、年賀状を出す相手のほとんどが今の会社か前の会社の人なわけでして。

 ほんとね、どちらかというと年賀状廃止論者なんで、あまりこだわりたくないなというところです。

|

« 途中経過 | トップページ | こづかい帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 途中経過 | トップページ | こづかい帳 »