« 更新しました(第758版) | トップページ | 依存 »

2011年12月 5日 (月)

メール注意書き

 一時期と違って、Webサイトって御覧になっている方が多くいらっしゃったとしても、反応が見えない、ということになっているのではないかと思います。

 つまり、コミュニケーションの場としての役割が、Webサイト本体から、SNSやフェースブックに移っていって、その中間にあるのがツイッターやブログ・・・。

 と書いていると、いや違う、ツイッターもSNSの一つで、等ということになってくると思いますが、本題ではないので省略。

 ちなみに、私自身、ブログやツイッターはやるけど、ミクシーやフェースブックはやらない、というのは、ツイッターの使い方も含めて、あまりネット上でコミュニケーション云々ということに力を入れていないことの現れだと思っています。

 で、何のことかというと、つまりですよ、ミクシーやフェースブック(って、さっきからこれをあえてカタカナで書いているのは意味が無いのですが)が、人と人との関わりがドロドロしているとすればブログやツイッターは割とマイペースで自分の言いたいことを一方的に言える世界、さらにWebサイトそのものは、完璧にマイペースで好きなことができる世界、という気がしているわけです。

 ちなみに、ツイッター自体に人と人との繋がりやらコミュニケーションということを考えていないので、実は私自身、かなりあっさりした使い方しかしていません。

 ということで、今現在は、マイペースで好きなことをネット上で展開できるのが、昔ながらのWebサイトではないかな?という気がしているんですよね。掲示板がなければ、御覧になっている方がもの申したい、ということであればメールということになるし(このサイトの場合は、ブログのコメント欄もその役割を一応は負っているんですけど)、これが意外と敷居が高いわけで、あまり人に構ってもらわずに、マイペースで何かしたい、ということであれば、Webサイトがよいと思うわけです。

 まあ、なんと言いますか、仕事でも「ひとり経理」となると、仕事の核になる部分って自分で決めて自分で実行して、あまり人からのフィードバックがない、ということになるわけで、今の仕事になってから「自己完結」が多くなって来ているわけです。

 だからインターネット上でも、「自己完結」があっさりしていていいな、と思うことも多くなって来たような気がします。

 で、こういうことを言いたいのではなく。

 メールアドレスをWebサイト上で晒している関係上、どうしても迷惑メールというのは避けられない事態になっているようです。

 と、これだけ迷惑メールが増えてくると、最近はめっきり少なくなっているのですが、Webサイトについてもの申したい、という方からのメールを見落とすことになりかねないのではないかと懸念しているわけです。

 一応、メールソフトの迷惑メールフィルター機能を使って、「迷惑メール」と判断されたものについても、タイトルと差出人は確認するのですが、一つ一つを精査することができないので(時間的ロスが大きい。それほど迷惑メールが多い)、もしかしたら見落としてしまっているのではないかというわけです。

 そういうことから、メールについても一応、注意書きを設定して、そのページを通してからメールを送ることができる感じにした方がいいかなと思っているわけです。

 とは言っても、あまりいろいろ言うのではなく、簡単に注意書きを作ってみようかなと思っています。

 で、その注意書きを・・・と思ったのですが眠いので今日はやめておきます。なんか、前半の意味のない文章で、本題に入ることができなかったなというわけで。

|

« 更新しました(第758版) | トップページ | 依存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第758版) | トップページ | 依存 »