« 年中行事2 | トップページ | 予告 »

2011年12月14日 (水)

電話

 会社にかかってきた電話で、「低圧電力の測定」を北陸電力から委託された会社です、というもの。

 その電話が非通知でかかってきているのもなんか変だし、会社名を名乗らないのもやっぱり変だし・・・。

 で、「検針票を見て、その内容を確認させて頂いてからの訪問です」ということ。

 とまあ、怪しいことが多いので、一応「来てもいいですよ」という返事をしておきながら、「ちょっとその検針票、手元になくて、別のところにあるんです。明日になったら持ってきますから・・・」と言ってその場は切り抜けました。

 ほんとね、検針票をどこに持って行くんや、という冷静なツッコミが頭の中を駆け巡ったわけですが、まあいいや。

 ちなみに、検針票は自分の席に座っていたら5秒以内に、本社の分か支店の分のどれかを引っ張り出せるという、非常に整備されたデスクです。(単に片付けていないだけ)

 で、まあ、こういうことをわざわざ北陸電力さんに聞くのも申し訳ないな、お忙しいのに気の毒な・・・と思ったのですが(その前に、自分の仕事が遅れているのに、こんなことに付き合っている暇もないのだが・・・)、一応、お客様相談室的なところへお電話。

 なんか、なかなか繋がらないのですが、フリーダイヤルだからいいか。

 「こういう電話が非通知でかかってきて、一応、答えてはいないのですが、そういうことって御社で委託されていますか」「弊社ではそういう測定も委託もしていないので、お答えにならない方がよろしいかと思います。」「そうですよね、ありがとうございました」

 ということで、確実な証拠を得たので、翌日(つまり今日)かかってくる電話を待っていたら・・・かかってきました。

 「低圧電力の測定を・・・」「あー昨日の方ですよね」「そうです。それで検針票をご用意頂きましたか」「はい、用意してあります」

 そして、何を聞くのかなというと「まず最初に、お客様番号の下にある字を読んで頂けますか」

 ・・・っていうか「低圧電力の測定」って言うたやろ・・・。それをあえて読ませますか?

 でまあ、これ以上付き合っていても時間の無駄だし、遊んでいる暇もないので。

 「昨日北陸電力さんに確認しましたところ、そういう委託は行っていないということなので、お答えできません」

 というと、豹変するかと思いきや「分かりました、失礼します」ということでこの件は終了。

 ほんとね、わざわざ検針票を用意させるのもどうかという話。だって、検針票にはちゃんと「点検を装った詐欺が多いので注意してください」的なことが書いてあるし・・・。

 ちなみに「低圧電力の測定」と検索すると、ちゃんとこの手の電話のお話が出てきました。ここから訪問を許すと、点検をする→電気が漏れているし無駄が多いよ、この機械をつければ大丈夫→その機械を売りつけられる、という流れに移行するそうです。

|

« 年中行事2 | トップページ | 予告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年中行事2 | トップページ | 予告 »