« 更新しました(第763版) | トップページ | 更新しました(第764版) »

2012年1月12日 (木)

こづかい帳 途中経過

 そろそろブログを書かない日が2日続いたんで、何か書きます。本当は試験勉強をしている時間なのですが、ちょっと開始するタイミングを逃したので、朝のうちにブログを書いておこうということで。

 そんなことで、この前から何度か書いているこづかい帳の話。

 やっぱり会計ソフト(複式簿記)にしておいてよかったなと思うわけです。

 気合いを入れて年始の貸借対照表を完成させてから始めたのではなく、必要に応じて随時、貸借対照表の期首残高を登録することにしているので、今のところは貸借が合わないまま突っ走っています。というより、最終的に純資産の部の適当な科目に差額を放り込むしかないんですけどね。(個人事業者の「元入金」みたいな感じ)

 ということで、普段動いている資産・負債相手に、何か買ったときのものをぼちぼちと入力しているだけなんですが。

 当初はこの無料ソフト、現金出納帳の入力画面がないので、ちょっと不便かなと思ったんですけど、あまり現金を出し入れする場面ってないんですよね(会社に売りに来るヤクルトとか回数券を買っていない風呂屋の入浴料ぐらい)。むしろEDYとか図書カードの方が多いかも知れません。

 だから、結局のところ会計伝票の入力画面のほうが、入力画面をいちいち移動させなくて済むので楽と言うことに気づきました。

 そんなことで

 昼食費/EDY
 図書費/図書カード

 みたいな仕訳が入っていっているわけです。あと

 ガソリン代/カード未払金

 という感じ。やっぱり仕事柄、「何にいくら使ったか?」というのではなくて、現金とかEDYとか図書カードとかの貸借科目の金額があっているかどうかの方が気になって仕方ない・・・。

 まあ、貸借をきっちり合わせれば、損益は自動的にできているはず・・・。

 ちなみに、預金関係は今のところ全く入力していません。これはまあ、あとでまとめてでもいいなというわけで。

 問題が投資信託なんですよね。

 今のところ、どうせ制度会計が関係ないので、貸借対照表上、銘柄ごとに
 取得価額(手数料含む)
 △配当金累計(どうせ、特別分配金ばかりだし)
 △評価差損

という感じで表示してしまおうかと考えていて、評価差損はどうせだし、純資産の部相手に洗い替え(もちろん税効果は考慮しない)しようかと思っているんですけど、配当金累計を集計するのがちょっと面倒だなと思っています。

 てなことで、意外と自分のお金だと、結構マニアックにこづかい帳が作れるなと思ったわけです。

 そういうことで、この話、今度は預金の入力ができた段階で何か書くかも知れません。

|

« 更新しました(第763版) | トップページ | 更新しました(第764版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第763版) | トップページ | 更新しました(第764版) »