« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

旅行記:北海道 2日目(1)

 そんなことで2日目に入りました。とりあえず進めていくことにします。

●8月12日(日)

 ※今日の旅行記記載内容が太文字です。

 【青森】8:24発-(特急白鳥93号)→【函館】10:26着、10:40発-(特急スーパー北斗7号)→【南千歳】13:29着、13:37発-(特急スーパーとかち5号)→【帯広】15:41着、16:04発-(普通)→【★稲士別】16:17着、17:04発-(普通)→【★幕別】17:10着、18:06発-(普通)→【池田】18:16着、18:31発-(特急スーパーおおぞら9号)→【釧路】19:45着

●この日の日程候補

 この日、青森駅発がそんなに早くないわけです。確かに、定期列車だとこれが始発なんですけど、この日は臨時列車もあるんでもうちょっと早く出ることができたんです。でもですよ・・・

 【青森】6:48発-(特急白鳥71号)→【函館】8:58着、9:30発-(特急北斗5号)→【南千歳】12:30着、13:37発-(特急スーパーとかち・・・・ということで以下同じ。

 とりあえず、南千歳での1時間程度を使って、隣の千歳駅ぐらい取材するか、とかせっかくなので一瞬だけ札幌駅に顔を出すか、という程度しかやることがないんですよね。

 この日泊まった青森でのホテルはスーパー銭湯併設で、朝6時から入浴可なので、どうせなら朝風呂に入っておきたいとか、朝食付きなので、朝食も食べたい(3年前の時は朝食を放棄して6時過ぎの「いなほ」で帰っている)、ということもありまして、青森発を遅らせることにしました。

 ただ、この「白鳥71号」って、新青森始発ではなく青森始発なんで、青森発の段階で座れる可能性が高かったということはあります。

 ちなみに、白鳥71号を使うと、多少、長万部-東室蘭間の駅を撮ることができたわけですが、今回は基本的に石勝峠以東に力を入れよう、ということになり(なお4日目についてはオプション的な意味があるのでその方針の対象外)、なるべく早めに東へ向かうことにしたわけです。

 それと、とにかく釧路に早く着きたい、ということであれば・・・

【南千歳】13:29着、14:47発-(特急スーパーおおぞら7号)→【釧路】18:14着。

 ということでして、そんなに早く着かないわけで、1本前のスーパーおおぞら5号が南千歳12:17発というのが実に悔やまれる話。

 というか、釧路着がその時刻なら、定期列車だったときの「日本海」に接続してその列車だったような気もするので、やっぱりなんか不便になったなという実感。

 それと、「スーパーとかち」で芽室・十勝清水などで降りる手もあったのですが、こうやって接続すると、時間帯によってはなかなか行けない稲士別駅がいとも簡単に行けてしまうということに気づきまして、そっちを優先させることにしたわけです。

●青森~函館

 そういうことで、3年前のシルバーウイークの時に「心残り」だったこのホテルの朝風呂と朝食。スーパー銭湯でのバイキング料理なわけでして、他のホテルの朝食と違って館内着というか部屋着で朝食を頂けるというのもなかなか乙なもの。

 3年越しの念願が叶って、青森駅へ。「周遊きっぷ」のゾーンは中小国からなので、もうしばらく「ゆき」券のお世話に。ゾーンに入って最初の停車駅が津軽今別なので、そこまでの自由席特急券を購入。実はこの列車に乗ることによってこういう部分でも多少お得だったりします。

 ちょっとだけのりばを勘違い(同じホームの反対側)していたこともあり、なんか並ぶのが遅れたのですが、これ、やっぱり行列の最初だったら確実に座ることができたと思います。ということで座れずに通路に立席。デッキだと冷房が弱いとか、それと蟹田-木古内間で「青春18きっぷ」の方で混雑するとか、ちょっと面倒なこともあるので自由席の客室内、通路に立つことにしました。

 そんなことで、3年前のシルバーウイークの時は行き帰りとも青函間は立席だったのですが、今回もそれかな・・・・、と思いつつ。

 とりあえず、窓から車両基地を見たり、北海道新幹線の建設中の高架を眺めたり、あるいは海を眺めたり・・・、ってこういうことって通路に立っているから両方見ることができるんだ、とプラスに考えつつ、蟹田。多分、ホームにいる人の数からかなり乗ってきたのだと思いますが、客室内にまで入ってくる人はほとんどいなかったので、事なきを得ました。

 そうしてこの景色、何度も見ているなと思いつつ津軽今別に停まってから青函トンネルへ。それを抜けて目の前に座っていた人が席を立ったわけです。

 というのは多分、家族6人ぐらいで乗っているようで、小さい子供が4人。父親と子供一人、そして母親と子供3人、という状態でバラバラになっていて、ちょうどその間に私が立っているような形になったのです。

 それで、だいぶ時間が経過するに従って、子供がその間を行き来するようになり、割と慌ただしい状態になっていました。「すいませんね」という感じで。で、何となく会話の内容から木古内で降りることが分かっていたので、それまでにはこの席は空くな、という算段でした。

 それが、そういう感じで慌ただしくなってきたので、その父親と子供一人が母親と子供3人いるところにもう行ってしまうことにしたようで、知内停車直前に2人掛けの席から離れて譲ってくれたという次第。そんなことで、木古内どころか知内停車前に席を確保することができまして、しかも海側の席。やっぱり可能な限り客室内で立っておくものです。

 そんなことで知内でも数人降りたのですが、木古内でも少し降りまして、ちょっとは落ち着きが出てきたようです。木古内以降はやはり一度は訪れている駅なので、そういう駅を見つつ、海も見ながら函館に到着。

 そんなことで、2日目の計画段階の話も書いてしまったのでちょっと長くなったのと、朝書いて夜続きを書いているのですが、23時になってしまったので一旦ここで切ります。続きは明日以降。なんか、やっぱり本文で10回シリーズになってしまうかも。でも3日目は親戚へ行った日になりまして、ここは詳しく書かないのでサッと終わる予定です。

| | コメント (0)

2012年8月30日 (木)

旅行記:北海道 1日目(2)

 ほんと、このペースでいくと旅行記本文が10回シリーズになりかねない訳ですが、とにかく進めていくことにします。実際ともともとの予定を比べてあーでもない、こーでもない、と述べる日はあと1日分、4日目にもあるので(2日目・3日目はあっさり終わる予定)、やっぱり長期化も避けられないかも・・・。

 ということで、改めて日程の再掲から。基本的に「こういう予定だったけどこうした」という記述は省きます。(昨日書いてしまったんで)

●8月11日(土)

 【金沢】7:19発-(普通)→【富山】8:21着、8:23発-(普通)→【糸魚川】9:37着、9:43発-(特急はくたか5号)→【直江津】10:05着、10:10発-(快速くびき野3号)→【新潟】12:05着、12:30発-(特急いなほ5号)→【秋田】16:10着、16:34発-(普通)→【青森】20:00着

●金沢~新潟

 そんなことで、前日から出ようとか、深夜に出ようと考えた割には朝、少しだけゆっくりできるスケジュール。朝食も家で食べることができました。

 自転車で駅へ行き、「みどりの券売機」で糸魚川-直江津間の自由席特急券を買っておいて乗車。普通列車を乗り継ぐ割には「青春18きっぷ」ではないというのも何とも。

 単純に片道だけを考えると、青春18きっぷ+一部乗車券というのが安かったみたいなんですけど、周遊きっぷ全体で考えるとかなり非効率な話でもあります。

 そういうことで久しぶりに金沢以東の普通列車に乗るので、久しぶりの乗り慣れた普通列車。やっぱりこっちの方がいいなと思うのですが、いつまでも走り続ける訳にも行かず、もう少しなんだなということを実感。でも今乗っている413系は残りそうなんですが。

 機械的に富山で乗り換え、糸魚川行きに。当初はちょっと混んでいたものの、直江津まで行かない列車なので、県境を過ぎる頃にはかなり閑散とした車内に。これが直江津行きだとすれば混んでいたのだろうなと思います。

 糸魚川で降りて1番のりばへ。さほど乗り換え時間もないのですが・・・なんかこの乗り換え、去年もやっているような気がしてきた。確か長野へ行く時、同じようなことをしたかも知れません。

 それで、福井始発の「はくたか」で結構混む印象があるのですが・・・、何か放送を聞いていたら指定席車両のデッキに乗ってもいい、ということだったので、自由席車両から離れた指定席車両のデッキへ。去年は確か洗面所の前に立っていたので外が見えなかったんですが、ゆったりしたデッキなら外も見えるし、どうせ1区間なんで問題ない訳です。

 ゆったりと外を見ながら直江津へ。そしてあまり余裕がないまま「くびき野」の乗り換え。始発に近いところだし、余裕で座れるかなと思ったら2席連続で空いているところもなく、通路側に座らせて頂くことに。

 とは言っても、なんか前の方の席が柿崎を過ぎると空いてきたので、すかさず移動。時折隣に座ってきながらも外をゆったりと見ることができる状態で新潟まで。

 途中、宮内に停まるのが特急との違い、とは言っても速度を抑えているなという部分は感じられました。

 さて・・・、新潟着の直前。なんか、乗り換える「いなほ」のホームと案内されたホームをちらっと見ると何か人だかりができているし・・・。

 この駅でこの日に混みそうなホームって「いなほ」のホームぐらしかないわな・・・。

 ということで、ちょっとトイレに寄ってからそのホームへ行くと、2両ある自由席のための人だかりと判明。座ることができないのはいいとして、ほんとうにこれ、乗れるのかなと。

 基本的に混雑を避けて東北新幹線経由にしなかったのですけど、唯一心配だったのがこの新潟からの「いなほ」なんです。ここだけはお盆のラッシュを避けられない区間だなと思っていました。かといって普通列車に逃げようのない区間だし・・・。

 しばらく待っていると「いなほ」が到着し乗車開始。すんなりその行列が流れるわけでなく、入っていけるのかどうか・・・。

 と、乗り込めるかなと思ったときに指定席の通路開放の案内。そりゃね、それは必要だと思います。

 そういうことで、またもや自由席から離れた指定席車両のデッキに立つことが決定。自由席車両の洗面所の前とかじゃなくてよかったなと思います。

●新潟~青森

 ドアの前に立ったのですが、そのドアを独り占めするほどの空き具合ではなく、ドアに沿って大人3人、子供1人が立っているような状態。でも外はしっかり見えるしいいか。

 豊栄・新発田・中条と開くドアがこっちになるかあっちになるかでちょっとひやひやしつつ、何とか村上まで。意外とこのあたりになると空いてくるもんで、ドアに並行して立っている人は2人だけになりました。とは言ってもデッキ全体では割と人がいます。

 一応は村上から先の風景を眺めるには不自由ない状況。各駅に降りたときのことを思い出しながら進みます。

 あつみ温泉を過ぎて庄内平野に入り、しばらくして鶴岡。鶴岡で割と降りていったので、この分だと自由席への着席も期待できるかなと思い、自由席車両へ移動。そして通路に立っておけば酒田で降りた人のところに座れる、というよく使う手。

 酒田に到着。でもそんなに空かなかったんです。で、通路側に座っている人が「ここに座ったら?」ということで窓側の席を差してくれたので座らせて頂くことに。この方は遊佐で降りてしまったので、そこからはゆったり座って行くことができました。

 さて・・・、ちょっとだけ話が前後しますが、南鳥海より先、「区間全駅」としては珍しく、車でまわった区間なんです。そのため、各駅どころか、その周辺の道路までも懐かしく感じるわけで、一概に「車で駅をまわるのはダメだ」とは言えないなと改めて思うのがこの区間を通るときです。とは言っても最近、車で駅をまわることがめっきりなくなっているのですが、単に車の方が面倒だからなんですけど・・・・。

 そういう感じで秋田まで到達し、一旦改札を出て改札の前のコンビニへ。新潟駅で昼食を買うことなどできなかったので(結局のところ並ぶ必要もなかったので、買えたといえば買えたし、うどんぐらい食べることができたのだが・・・)、軽くパンなどを購入。

 そしてそのまま普通列車ののりばへ行き、普通列車に乗車。

●秋田~青森

 普通列車の隣には特急つがるの車両が到着したところ。これ自体乗ったことないし、実は乗りたいなという気分もあるわけです。まあ、それは次の機会に置いておいて、普通列車に乗車。

 ロングシートではありますが、軽くパンを食べまして、その間に人が多く乗ってきました。

 それで、先ほど書いた車での駅巡りの後に、一度秋田まで来てその時回らなかった秋田周辺の駅を列車でまわっているのですが、それらは7年前の話。それ以来、この区間を普通列車で通り過ぎることはなく、特急列車か寝台車でしか通ったことがなかったのでした。

 そんなことで、改めてその時まわった駅を、今度は各駅の停まりながら(この列車は通過駅がない)進んでいくのはまた感慨深いものです。

 この秋田-青森間って乗車時間も長いし退屈するかなと思ったのですが全く退屈しませんでした。

 こうやって車で各駅に行ったり、あるいは列車で各駅に行ったり、時には駅間を歩いたりして各駅をまわる・・・、っていうことを一度行っているとその区間を列車で通り過ぎても意外と退屈しないものだなと改めて思いました。ただ、これが北陸本線ほどの乗車頻度だとまた別なんですが・・・。

 秋田県から青森県に入るあたりで完全に暗くなりましたが、まあ、各駅の状況は分かっているので同じように退屈せずに進んでいきます。ただ、最後、新青森駅だけは自分が知っている新青森駅ではありませんでした。でも、こうやって建物が建っているあたりは森だったんだよな・・・ということは何となく思い出すことができました。

 今回は新青森駅を取材する気持ちはあったのですが、行きも帰りもその時間はなかったわけです。これについてはいずれ、ということで。

 そんなことで青森着。

 今回宿泊するところは、3年前に北海道から帰ってくるときに泊まったところ。これ、スーパー銭湯が併設されていてなおかつ青森駅から簡単に歩ける距離にあります。(と書くと分かる方は分かる?)

 喫煙ルームしか取れなかったのですが、本当は禁煙希望であることを入力しておくと、ちゃんと禁煙ルームをとっていてくれました。有り難い話で。

 風呂に入って手足を伸ばすとほんと、有り難い気分になりました。

 あとは夕食は館内で食べることができるのは分かっていたので、夕食を取らずにチェックイン。スーパー銭湯の食事ではありますが、あまりこだわらなければそれで十分でした。

 ということで1日目の話は終了。先ほど、2日目はさらっと流す旨を書いたと思うんですが、実は出発時刻を巡りましてちょこっと検討した部分もありますので、やっぱりこれも検討した予定を並べてああでもない、という話からになると思います。

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

旅行記:北海道 1日目(1)

 その次の旅行記も書かなければならない状況になっておりまして、先に北海道の分を仕上げてしまわねば・・・。

 そういうことで、ダラダラと10回以上に分けて書くという手もあるのですが、今回は多少ブログの記事が長くなっても1日を1回の記事で書ききってしまうことにしたいと思いました。そんなことで日程の再掲から。

●8月11日(土)

 【金沢】7:19発-(普通)→【富山】8:21着、8:23発-(普通)→【糸魚川】9:37着、9:43発-(特急はくたか5号)→【直江津】10:05着、10:10発-(快速くびきの3号)→【新潟】12:05着、12:30発-(特急いなほ5号)→【秋田】16:10着、16:34発-(普通)→【青森】20:00着

●この日の他の候補

 実はこういう日程も考えていた、ということを参考までに。

1)秋田から・・・

 まあ、秋田から普通列車に乗っているわけですが、秋田で時間を潰す+自由席特急券を買う、ということであればこういうことも可能

【秋田】16:10着、17:30発-(特急つがる5号)→【青森】20:08着

 あるいは秋田での時間を

【秋田】16:10着、16:34発-(普通)→【四ツ小屋】16:40着、17:00発-(普通)→【秋田】17:07着(以下上に続く)

 ということも可能だったわけですが、そういや四ツ小屋駅って「乗降はしたことがあるけど未取材」という駅だったかも知れません。(健康ランド宿泊のために降りたことがあったはず)

2)根本的に

 行きの日本海が取れていたら

 【金沢】0:30発-(寝台特急日本海)→【青森】12:42着、13:17発-(特急スーパー白鳥19号)→【函館】15:10着

 でも、やっぱり定期の日本海がなくなったのはきついな・・・。函館着の時刻が去年の今頃と全く違う・・・。

 日本海じゃなくても

 【金沢】2:48発-(急行きたぐに)→【新潟】6:54着、8:25発-(特急いなほ1号)→【秋田】12:04着、13:08発-(特急つがる3号)→【新青森】15:41着、16:41発-(特急スーパー白鳥27号)→【函館】18:53着、19:41発-(特急スーパー北斗)→?

 夜行列車じゃないなら

 【金沢】20:35発-(特急サンダーバード35号)→【魚津】21:17着、21:27発(富山乗換も可能)-(普通)→【直江津】22:52着、6:16発-(快速おはよう信越)→【長岡】7:12着、7:26発-(Maxとき481号)→【新潟】7:50着・・以下上記と同じ
 注)長岡から「おはよう信越」に乗り続けると「いなほ1号」には間に合わない。これは定期列車だったときの「きたぐに」もそうだったんですが。

 ということもできたのですが、日本海は前日(大阪発基準だと当日)に空いてきたのですが、もう青森の宿泊のキャンセル料の問題が発生する頃だったし、直江津で1泊という割りにも青函間が稼げる程度だしな・・・。

 ということで、日本海側を経由するとすれば、金沢からは青森が限界。だから

【金沢】8:20発-(特急はくたか5号)→(直江津以降は実際と同じ)

 とすればもうちょっとゆっくり出ることができた(ただし特急料金は高くなる。)。

あるいは、青森着が遅くてもいいなら(多分、これが昔の「白鳥」の名残)

【金沢】10:34発-(特急北越3号)→【新潟】14:19着、14:32発-(特急いなほ7号)→【秋田】19:15着、19:26発-(特急つがる7号)→【青森】22:08着(「はまなす」に乗換可)

 というものがあります。

 ということでまあ、金沢~青森って移動が大変なんだな・・・、という話なのですが、実は

【金沢】7:10発-(特急はくたか3号)→【越後湯沢】9:54着、10:02発-(Maxとき316号)→【大宮】10:54着、11:22発-(はやて23号)→【新青森】14:33着、14:41発-(特急白鳥23号)→【函館】17:01着、17:11発-(特急北斗17号)→【札幌】20:49着

 なんていう、あっさりと行けてしまうルートがあるわけで・・・。しかしこれにしても実は「はくたか1号」に接続する「Maxとき」が大宮に停まらなかったり、その次の「Maxとき」が東北新幹線にうまく接続していなかったりで、結局「はくたか3号」で行っても一緒、という話になるわけなのですが、そのへんの接続もよかったりとか、あるいは北陸新幹線が金沢まで延伸されたりとか、さらに北海道新幹線が新函館までできると、ほんと「なんで日本海側をまわるの?」ということになるわけなんです。

 とは言っても、実は北海道へ行くのに大宮経由ってすごく抵抗があるんですよね・・・・。

 というのと、今回は実は13日と14日、お休みを頂いたのですが、(有給じゃなくて決算の時の振替ね。)それを16日と17日にするかどうかちょっと決めかねていた部分がありまして、正式に決まったときには既に1ヶ月を切っており、とても無予約で東北新幹線経由という無謀なことはできない、でも満席だ、という状況だったわけです。

 ちなみに、この日本海側のルートも例えばですよ・・・

【金沢】6:38発-(特急北越1号)→【新潟】10:20着、10:58発-(特急いなほ3号)→【酒田】13:07着・・・。これが秋田行きだったとすれば14時40分には着いているはずだし【秋田】15:08発-(普通)→【大館】16:50着、16:55発-(特急つがる53号)→【青森】18:08着、18:56発-(S白鳥31号)→【函館】20:47着

あるいは実際のルート

 【金沢】7:19発-(普通)→【富山】8:21着、8:23発-(普通)→【糸魚川】9:37着、9:43発-(特急はくたか5号)→【直江津】10:05着、10:10発-(快速くびきの3号)→【新潟】12:05着、12:30発-(特急いなほ5号)→【秋田】16:10着、16:34発-(普通)→【青森】20:00着

 これの秋田発16:34が仮に特急だったとすれば新青森着19:06頃には着いていると思うんで【新青森】19:38発-(S白鳥33号)→【函館】21:41着、というのに間に合っていたと思うし、かりに臨時列車のねぶたエクスプレスが定期列車なら

 【青森】21:51発-(ねぶたエクスプレス)→【函館】23:52着

 というのにも間に合ったし・・・。

 というわけで、計画段階で「どうにかして日本海側経由で函館まで着かないだろうか?」と必死で考えていたのでいろんなことを考えてしまっていたのでした。

 でまあ、実際のルートって特急をあまり使っていないので(「最低限」となると朝もっと早く出ると糸魚川-直江津間も普通列車にできるので、最終的には新潟-秋田間だけとなる。ちなみにずっと普通・快速だと行き着けるのは東能代まで)多分、コストパフォーマンスはよかったと思います。

 でまあ、話の内容としては未だに金沢駅を出発するどころか家すら出ていないのですが、長くなったのでここまで。ほんと1日目を書ききるつもりだったんですが、やっぱり無理ですね・・・。

 いやほんと、定期の日本海が普通に走っていたら、1ヶ月前からちゃんと予約を取って、朝8時台に青森に着いたところから始まったわけですが、ほんと不便になったもんだなと改めて思いました。

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

更新しました(第796版)

 今回の追加駅・・・北鉄浅野川線 三ツ屋・大河端・北間の各駅の差し替え。

 そんなことで、今回の更新は更新する日にちょこっと出かけていたため遅れてしまいました。旅が絡んでいる時の更新のため、簡単な更新。というわけで、浅電の掲載済分の差し替えです。簡単な更新と言っておきながら実際は原型をとどめていない大幅な更新になっています。そんなわけで、浅電の差し替えも残り3駅。あと1回の更新で終わるのですが、次に旅に行くのはいつになるやら・・・。

 一応、例によってこのブログ上は先日どこへ行ってきたかは書いていないのですが(北海道方面の旅行記も終わっていないし・・・)、「区間全駅」の目次ページの下の方にちょこっと旅の「成果」だけは書いてあったりします。

 実はこの高山本線 下呂-美濃太田-岐阜を繋げることにより、この「区間全駅」の「繋がり」が今までとはかなり異なるものになってしまうのですが、これについてはいずれ書きます。(どうせアップはずっと後になると思われるので)

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

旅行記:北海道方面 ツイッターのまとめ

 そんなことで、昨日日程を書きました北海道方面の旅行記。今日はツイッターをまとめます。普段は「ツイログ」からソースを取得してそのまま貼り付けるだけなのですが、今回はどうも順番が入れ替わっているようなので、入れ替わっている部分は元に戻します。あと、実際にツイッターに投稿された時刻が書かれていますが、かけ離れている場合は、手元のメール送信控から、本来の投稿時刻も併記します。(実 **:**)というのが実際にメールを送信した時刻です。

●8月11日

それではそろそろ出ますか・・・。一応、今日は青森まで行き着く予定。東北新幹線経由をしない限り、どうしても蟹田ぐらいしか行けないみたいなんですよね。かなり「おしい」接続が多いのですが。

posted at 06:38:46

普通列車富山行きに乗車。

posted at 07:48:53(実 7:18)

富山県に入った。ここから越中宮崎までよろしく。

posted at 08:28:38(実 7:43)

富山駅ですぐに普通列車糸魚川行きに乗り換え。

posted at 08:23:16(実 8:22)

新潟県に入った。ここから府屋まで…遠いな。

posted at 09:33:18(実 9:18)

糸魚川止まりの普通列車なので、県境をまたぐ乗客は多くない。

posted at 10:05:42(実 9:20)

糸魚川着。ここからはくたか5号。

posted at 09:42:44

自由席が混んでいるので、指定席から乗ってもよいとのこと。指定席車両の出入口にゆったりとたたずんでいるところ。

posted at 09:47:43

直江津でくびきの3号に乗り換え。意外と混んでいて、通路側に座らせて頂く。

posted at 10:26:39(実 10:11)

柿崎着。3つ前の窓側の席が空いたので移動。

posted at 10:43:24

(実 10:28)

新潟駅着。隣のホームにすごい列があったが、それがいなほ5号の自由席の列。ということで並んでいます。

posted at 12:13:23

指定席車両のデッキも乗ってもよくなったので、移動。

posted at 12:38:57(実 12:22)

村上駅停車。デッキが少し空く。

posted at 13:56:16(実 13:25)

鼠ヶ関通過。山形県に入った。山形県内は、そのままこの列車で通り過ぎる。

posted at 14:57:34(実 13:57)

庄内平野だ。

posted at 14:32:34(実 14:17)

鶴岡を発車し、余目へ。余目を出たら自由席車両へ移動しよう。

posted at 15:16:13(実 14:30)

酒田停車中。ようやく着席。でも思ったほど空かない。

posted at 14:47:43(実 14:47)

南鳥海駅を通過。7年前にこの駅から一駅ずつ、車で訪れて青森まで行った。ここから思い出深い区間がつづく。

posted at 14:58:31(実 14:58)

秋田県に入った。陣場駅までよろしく。

posted at 15:54:30(実 15:09)

秋田駅。しばらく待って特急に乗るよりも、普通列車青森行きに乗った方が8分早く青森に着くので、普通列車に乗車。

posted at 16:26:37

701系の窓と八郎潟付近の田園風景ってなんか似合う気がする。

posted at 17:26:18(実 17:10)

大舘停車中。だいぶ空いてきた。

posted at 18:28:19

青森県に入った。明日の午前、青函トンネル内までよろしく。というか、だいぶ暗くなって津軽湯の沢着。

posted at 18:45:40

青森6分延着。3時間半の普通列車が嫌になるかと思ったらそうでもなかった。

posted at 20:23:34(実 20:08)

青森で宿泊中。いつもツイッターに使用している「V2C」をUSBメモリーで持ってきたのでかなり便利。

posted at 22:16:11

日中は携帯メールから一方的に送り付ける方式でツイートしていますが、なんか今日は一部のメールに遅延があったようで、順番がおかしいところがあります。ご了承ください。

posted at 22:17:29

今日は駅の取材はもちろんなし。明日は2駅程度、明後日は列車にすら乗らないかも知れません。なんか今回は単なる移動で終わりそうな感じ。

posted at 22:18:38

●8月12日

おはようございます。朝風呂(温泉施設併設のホテルなんで)・朝食の後出発予定。

posted at 06:43:47

白鳥93号乗車。立席に決定。そういや3年前も青函間は往復立席だった。

posted at 08:51:00(実 8:20)

蟹田停車。まだ乗ってくる。一応、立席の中では快適な場所は確保。なんか、すぐ近くに座っている人たちは、木古内で降りる会話だし。

posted at 09:07:35(実 8:52)

青函トンネルから出て知内停車。座れた。

posted at 10:08:52(実 9:38)

函館でスーパー北斗7号に乗り換え。なんとか通路側に座れた。

posted at 10:49:27(実 10:34)

やっぱりいつもどおり大沼公園で空いてしまう。窓側確保。ここから未取材駅が現れる。

posted at 11:36:08(実 11:05)

南千歳で、スーパーとかち5号に乗り換え。スーパー北斗が7分遅れたので、この駅に同時到着となったが、無事窓側に着席。

posted at 13:43:09

帯広着。15分ぐらい遅延。普通列車釧路行きに乗車。2駅寄っていきます。

posted at 16:09:34(実 16:01)

稲士別駅。ということで、今回の最初の取材駅が難易度の高い駅。まあ、この列車か次の列車でないと、この駅で降りてまた乗るのが難しいということ。というか、雨が降ってきた。

posted at 16:39:31

幕別駅。なんとなく明るさが限界のような気がするが撮影は終了。今日の取材は2駅で終了。一旦池田駅まで普通列車で行き、そこから特急で釧路へ。

posted at 17:52:51

池田駅で特急列車待ち。13分遅延とのこと。

posted at 18:43:57

スーパーおおぞら9号に乗車。

posted at 18:45:45

このままの遅れだと、釧路着が20時頃になるので、車内販売の弁当を買って食べた。

posted at 19:37:45

釧路着。なんか、遠くに来たのに遠くへ来た感がないのは親戚が近いせいなんだろう。

posted at 20:18:39(実 20:03)

雨かなと思ったら霧だった。この感覚は普段はないわ−。

posted at 20:10:10(実 20:09)

●8月13日

朝食を食べて釧路→中標津の移動予定。取材駅もないが天気も悪そうなのでちょうどよかったといえばそうなのだが・・・。

posted at 06:14:43

阿寒バス羅臼行きに乗車。3年前に乗ったときより乗客が多い。中標津まで2時間ほど。

posted at 07:45:53(実 7:30)

この路線は病気めぐりからはじまる。どこを走っているのかわけがわからない。

posted at 07:47:44

中標津バスターミナル着。

posted at 09:53:08(実 9:37)

尾幌駅から普通列車釧路行きに乗車。

posted at 16:46:52(実 16:44)

上尾幌停車中。母親の実家の近くで、実はさっきしばらくいたのでした。ということで親戚モード終了。今夜も釧路で宿泊。

posted at 16:57:22

朝のツイートの訂正。(誤)病気めぐり(正)病院めぐり。つまり釧路駅前を出ると立て続けに病院を3つ経由するという意味です。

posted at 18:29:30

今日の動き。釧路駅前→中標津BT→叔母・いとこの家で歓談→そのメンバーで祖母のいる施設→祖父の墓(上尾幌)→人が住んでいない祖母の家(上尾幌)→そこで別の叔母と会いその叔母の宅で歓談(尾幌)→尾幌駅に送ってもらう→釧路で泊、という、ちょっと濃い日でした。

posted at 18:34:09

それにしても、叔母宅でいきなりストーブがたいてあるというのも。でも、1日、Tシャツ・短パンで過ごしたので、体感温度がめちゃくちゃな日だった。

posted at 18:35:10

以上、日中できなかった分のまとめツイート完了。明日から少しだけ旅モードになります。

posted at 18:35:56

●8月14日

さて、早いですが今から釧路駅へ。そういや4年前もこの列車だったと思う。

posted at 05:26:39

普通列車滝川行きに乗車。1両だが、クロスシートが全部埋まっている。さすが18きっぷシーズン。4年前の9月は2〜3人だったのに。

posted at 05:55:57(実 5:40)

白糠駅でクロスシートに移動。

posted at 07:22:23(実 6:22)

音別で6分停車。ここと厚内での長めの停車時間での取材は、前回やっているので、今回は降りない。ここから未取材駅が続くが、今回も力を入れられない区間。

posted at 06:41:46

浦幌駅で下車。せめて特急停車駅だけでも撮っておこうとすると降りなければならない。それで釧路発が早くなったということ。ここから1日1往復だけ停まる特急で帯広まで。

posted at 08:52:29(実 8:07)

浦幌からスーパーおおぞら4号に乗車。

posted at 08:35:16

帯広から快速狩勝、滝川行きに乗車。さっき浦幌で降りた列車に追い付いたということ。さっき見た人々が何人も。

posted at 09:17:51

十勝清水を撮ってすぐにスーパーとかち1号で芽室。

posted at 11:00:19(実 10:14)

芽室駅。これで特急停車駅については釧路までつながった。もう少し戻る。

posted at 11:11:02

西帯広駅。少しだけ変わった作りの駅。もう少し戻ります。

posted at 12:06:47

柏林台駅。この駅で降りることにより予定を変更。天気もよくなったので、新得−帯広間を厚めに取材することに。

posted at 13:25:22(実 12:54)

大成駅。通過列車が多いのでどんな駅かと思ったら、逆に通過列車が多いのが不思議なくらい。少し歩いたが、コンビニで昼食を調達できたし。

posted at 14:10:31

大成駅8分ぐらい遅発。

posted at 14:55:31(実 14:24)

羽帯駅着。さて2時間過ごすか、3キロほど歩いて御影駅にもどるか。この駅も通過列車が多いが、車の往来が多く、寂しさはない。

posted at 14:45:05

歩道もある道のようなので、御影駅まで歩くことに。さっき通過した普通列車が停まれば問題なかったのだが。

posted at 15:52:53(実 15:07)

羽帯駅から歩いて御影駅到着。そうか、まだ列車の時刻まで50分もあったか。

posted at 15:57:00(実 15:56)

御影駅取材終了。これで新得−帯広間は取材完了。実はこの区間を完了させる予定ではなかったのだが。ちなみに、柏林台、大成、御影、羽帯の各駅が予定外で、札内、川端、東追分が中止。差引1駅プラス。

posted at 16:27:43(実 17:16)

新得駅到着。掲載済駅なので取材はしない。でも1時間以上あるのと、宿泊先の苫小牧到着が遅いので、ご飯を食べてしまうことにしよう。

posted at 18:25:40

スーパーおおぞら12号乗車。2分ぐらい遅発のようだが、さてこれからどれだけ遅れるか。

posted at 18:20:38

追分駅8分か9分遅れて発車。南千歳での乗り換えは大丈夫そう。

posted at 19:43:02

南千歳8分延着。特急で苫小牧に行くつもりだったが、普通列車苫小牧行きが待っていたので、それに乗る。なんか途中で追い越されそうな気がする。

posted at 20:26:14(実 20:00)

沼ノ端をそのまま発車したので、苫小牧までは先着するみたい。

posted at 20:11:35(実 20:11)

苫小牧で宿泊中。改めて見るとやっぱり順番がめちゃくちゃになっているところがある。あとでブログに転記するときに携帯メールの送信控えと照らし合わせて順番の入れ替えがいるようで。

posted at 20:33:55

ちなみに、苫小牧駅に着いてごみを捨てていたら特急が着いたという次第。まあ、自由席から歩いてくることを考えたら普通列車のほうが早く着いたということになる。

posted at 20:34:52

●8月15日

さて、苫小牧のホテルを出て、苫小牧駅へ行きます。明日の朝、帰るまではメールを一方的に送りつけるだけのツイート方法になります。今から、寝台が取れたことにより追加で回ることができるようになった駅をいくつか回って、一気に帰ります。

posted at 05:46:47

普通列車長万部行きに乗車。もちろんこの列車で長万部まで行くわけではない。

posted at 06:31:15(実 6:00)

社台駅。取材時間が短め。

posted at 06:39:44

錦岡駅。こちらは30分ぐらい取材時間があるので、普通に撮ることができます。もう少し行って戻ります。

posted at 08:37:47(実 7:07)

竹浦駅。この駅も取材時間が短め。

posted at 07:55:16

萩野駅。残り1駅。

posted at 08:21:07

富浦駅。今日取材した中では、いちばん面白い駅。今回の最終取材駅。この区間では、虎杖浜駅だけ残す結果に。一旦登別に戻ってから、一気に函館へ。

posted at 09:30:09(実 9:14)

朝は快晴だったのにだんだん曇ってきた。夜から大雨のようで、多分、駅取材の日や時間帯のタイミングは最高だったのだろう。

posted at 09:22:50

北斗星に引き続きトワイライト通過。前日に金沢駅に停車したものだと思うと、なんか身近に感じる。

posted at 10:40:48(実 9:55)

登別から北斗8号に乗車。

posted at 10:42:39(実 10:27)

スーパー白鳥34号に乗車。1時間ぐらい待ち時間があるのでどうかなと思っていたら、列車が入っていて自由席に座れた。夕食用の弁当と木古内から青森の自由席特急券も購入。

posted at 13:26:12(実 13:09)

発車30分前で自由席は、ほぼ埋まった感じ。虎杖浜駅に行かずに1本早めて正解。ただ、1本あとだとスーパー北斗なので、トンネル内減速運転の影響で間に合うかどうか心配になるところだったが。

posted at 13:32:01

隣にスーパー北斗10号到着。少し遅れて発車見込み違い。通路が急に混んできた。

posted at 14:00:00

木古内停車中。普通列車が先行しているので嫌な予感がしていたが、やっぱり結構乗ってきた。ただ、蟹田下車のためか、客室には入って来ないみたい。

posted at 15:09:18(実 14:38)

まもなく青森着。乗り換えの間、土産を買ったり。

posted at 15:44:44

寝台特急日本海に無事乗車。さて、今から14時間。そういや上段はかなり久しぶりだと思う。

posted at 16:51:06(実 16:20)

検札終了。大阪の車掌さん。

posted at 16:57:43(実 16:41)

やることもないし、夕食を食べてしまうか。函館で買ったみがきにしん弁当と、青森で買った鶏の唐揚げ。

posted at 17:16:28(実 17:01)

津軽湯の沢通過。と、打っているうちにトンネルに入り、秋田県に入りました。

posted at 17:36:52

大舘で下段に人が来て、今、東能代で向かい2つが埋まった。

posted at 18:43:02

向かいの方に発泡酒を頂く。どうやってきっぷを取ったかの話。すいません、偶然見つけたキャンセルで。

posted at 19:55:25(実 19:10)

●8月16日

おはようございます。富山駅停車中。最近、これぐらいの時間に起きる習慣なので、特に抵抗もなく。

posted at 05:17:07

石川県に入った。

posted at 05:57:16

金沢駅定刻に着。

posted at 06:33:38(実 6:18)

家に着いて風呂入って朝食食べて。で、さっきまで持ち歩いていたカバンの中身を変えて、仕事に行ってきます。そんなことでまた通常モードに戻ります。

posted at 08:06:21

今日1日、仕事をしていてもなんか揺れている感じがしていた。「日本海」に乗って、そのまま出勤したせいかなと思ったが、どうも揺れ方がJR北海道のスーパーが付く特急のもののような気がする。そんなことで早めに寝ることに。

posted at 21:11:33

****

 多分、そのままリアルタイムで御覧になっていらっしゃった方がいらっしゃったら「?」となった部分が多いのではないかなと思うのですが、結構、メール送信からタイムラグがあって、かなりおかしなことになっていたようです。中には順番が入れ替わったり、あるいは中にはちゃんと1分以内に書き込まれるものもあったので、羽帯駅から御影駅まで5分程度で歩けたことになっていたり・・・。

 ということで、今後ともこのようなことがありましたら、あーまただな、と思ってください。

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

旅行記:北海道 日程など

 そういうことで、そういえばこのブログとしては書くのが初めてなのですが、お盆休み(とは言ってもうちは15日だけなので、13日と14日は決算の時の休日出勤振替で休みという扱い)で、北海道へ行ってきました。

 今回の主目的は祖母や親戚に会うということで、飛行機代も高いので(安かったら乗るかどうかは別問題)、陸上移動中心だったわけで、取材駅はさほど多くありません。

 ただ、後から偶然見つけたどなたかのキャンセル分の「日本海」の寝台券が取れたので、当初の予定より多めに回ることができた、という次第です。

 そんなことで、今回は例によって日程だけ書いておきます。普段は日程を書いたあと、ツイッターの転記をするのですが、一方的に携帯メールを送りつける方式で書き込んでいるツイッター、今回はメールの遅延があったみたいで後から見ると順番が入れ替わっている部分がいくつかあり、ちょっと送信記録と照らし合わせる必要がありまして、日を改めて転記させて頂きます。

 取材駅は「★」で示します。また、北海道内の特急列車はトンネル内の減速により遅れが出ていますが、定刻で書いています。遅れ等は今後書く本文中で触れる場合があります。

●8月11日(土)

 【金沢】7:19発-(普通)→【富山】8:21着、8:23発-(普通)→【糸魚川】9:37着、9:43発-(特急はくたか5号)→【直江津】10:05着、10:10発-(快速くびきの3号)→【新潟】12:05着、12:30発-(特急いなほ5号)→【秋田】16:10着、16:34発-(普通)→【青森】20:00着

●8月12日(日)

 【青森】8:24発-(特急白鳥93号)→【函館】10:26着、10:40発-(特急スーパー北斗7号)→【南千歳】13:29着、13:37発-(特急スーパーとかち5号)→【帯広】15:41着、16:04発-(普通)→【★稲士別】16:17着、17:04発-(普通)→【★幕別】17:10着、18:06発-(普通)→【池田】18:16着、18:31発-(特急スーパーおおぞら9号)→【釧路】19:45着

●8月13日(月)

 【釧路駅前】7:35発-(阿寒バス)→【中標津バスターミナル】9:35着・・・・(親戚関係)・・・・【尾幌】16:43発-(普通)→【釧路】17:24着

●8月14日(火)

 【釧路】5:45発-(普通)→【★浦幌】7:38着、8:32発-(特急スーパーおおぞら4号)→【帯広】9:06着、9:20発-(快速狩勝)→【★十勝清水】9:56着、10:12発-(特急スーパーとかち1号)→【★芽室】10:32着、11:13発-(快速狩勝)→【★西帯広】11:20着、12:19発-(普通)→【★柏林台】12:23着、13:09発-(普通)→【★大成】13:20着、14:15発-(普通)→【★羽帯】14:34着・・・(徒歩)→【★御影】16:45発-(普通)→【新得】17:08着、18:15発-(特急スーパーおおぞら12号)→【南千歳】19:42着、19:51発-(普通)→【苫小牧】20:13着

●8月15日(水)~8月16日(木)

【苫小牧】6:07発-(普通)→【★社台】6:27着、6:39発-(普通)→【★錦岡】6:45着、7:16発-(普通)→【★竹浦】7:39着、7:56発-(普通)→【★萩野】8:04着、8:22発-(普通)→【★富浦】8:49着、9:55発-(普通)→【登別】9:55着、10:26発-(特急北斗8号)→【函館】12:51着、13:56発-(特急スーパー白鳥34号)→【青森】15:46着、16:21発-(寝台特急日本海)→【金沢】6:13着

●使用きっぷ

 周遊きっぷ ゆき券+ゾーン券(北海道ゾーン)+かえり券
          ※ゆき券とかえり券は新津~新発田間が微妙に違います。

 自由席特急券 糸魚川-直江津・新潟-秋田・青森-津軽今別
           木古内-青森

 寝台券・特急券 青森-金沢

 その他、阿寒バスの乗車券(釧路駅前-中標津BT)

●「区間全駅」としての成果

 「区間」として全駅揃ったもの 根室本線 新得-帯広間
 「区間」として過半数(両端で他区間に掲載分含)が揃ったもの 帯広-白糠間
 (池田駅で切ろうかと思ったのですが、そのまま通してしまうことにします)
 未取材分の一部を取材 室蘭本線 東室蘭-沼ノ端間(虎杖浜駅だけ未取材)

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

旅行記:東舞鶴~豊岡 内容(2)

 できればこの件は今日で書き終わってしまおうかと思っています。ということでつづき。2日目です。

●7月29日(日)
【★江原】8:04発-(普通)→【★国府】8:08着、8:34発-(普通)→【★養父】8:52着、9:21発-(普通)→【★八鹿】9:27着、10:00発-(普通・停車中に和田山駅のホームだけ撮影)→【★梁瀬】10:24着、10:41発-(普通)→【★和田山】10:45着、11:15発-(特急きのさき12号)→【★綾部】11:53着、12:33発-(普通)→【★西舞鶴】12:56着、13:26発-(普通)→【東舞鶴】13:33着、13:35発-(普通)→【敦賀】15:36着、16:05発-(普通)→【金沢】18:33着

●江原~国府~東舞鶴

 そういうことで、朝食は7時からだったのでそれを食べて、後は江原駅まで歩いて、なおかつ江原駅の取材をすると8時ちょっと過ぎの列車に乗車。というよりもこれ、1本早めてもその先がほとんど変わらないというわけでして、それでさほど早く出なかったというわけです。

 一駅だけ豊岡方面へ近づき国府駅。今回の再遠到達地点。今回は豊岡駅までは行かなかったのでした。

 そうして割と効率よく、昨日すっ飛ばしてきた駅を取材。何となくセオリー通り「行きつ戻りつ」がきれいに成立してしまうダイヤだったわけで、割とやりやすかったです。

 ということで、各駅の状況はWebサイト本文に譲るので、ここでは省略。

 そうして、日程に書いていますが、八鹿駅から梁瀬駅までの間で、一旦、和田山駅の停車時間を使ってホームだけ撮っています。これが結構よかったのが、後から到着した和田山駅は先に撮っていたホームと違うホームだったということ。意外とこれが嬉しかったりもします。

 で、和田山駅。そういえばさっきから割と多くの特急が発着するけど、ここから福知山駅あたりまでそれに乗ったら割と効率的ではない?ということ。

 これ、特急を使わなかったらこういう予定だった、というものをお示しします。

○実際の動き(特急を使用)

【★和田山】10:45着、11:15発-(特急きのさき12号)→【★綾部】11:53着、12:33発-(普通)→【★西舞鶴】12:56着、13:26発-(普通)→【東舞鶴】13:33着、13:35発-(普通)→【敦賀】15:36着、16:05発-(普通)→【金沢】18:33着 

○もともとの予定(特急不使用)

【★和田山】10:45着、11:38発-(普通)→【福知山】12:25着、12:50発-(普通)→【★綾部】13:03着、14:32発-(普通)→【★西舞鶴】14:55着、15:25発-(普通)→【東舞鶴】15:32着、15:34発-(普通)→【敦賀】17:28着、17:52発-(普通)→【金沢】20:34着

とまあ、別にこれでも大丈夫といえば大丈夫なんですけど、次の日も仕事ということを考えると、家に帰り着くのが9時過ぎというのもちょっときつい、ということで、1,370円の追加支出でこれだけ早く帰ることができるなら素晴らしい、というわけです。

 北陸本線内だと1,300円ちょっとの支出でこれだけ早く着くというのは無理だったろうなということで、B特急料金区間(しかも確か49キロ台なんですよね)のなせる技だということで。

 ただ後から気づいたのですが、別に綾部まで特急に乗らなくても、福知山で普通列車に乗り換える手もあって、そっちの方が安くついたなという次第。綾部駅でもそれなりに時間も確保できたし・・・。

 そういうことで、サンダーバードの直流版(っていう表現がいいのかどうか)の電車で綾部着。綾部で撮って、西舞鶴へ。西舞鶴では前日のホームでの撮影は無かったことにして新たに撮りまして、東舞鶴。

 東舞鶴ではほとんど乗り換え時間がないのですが、一応、補助席(つまり、この電車、まん中のドアを比較的簡単な改造で作ることができるようにしてあるので、その部分が硬い補助席になっている)の海側。進行方向を向いているので楽です。

 そのうち、小浜になるとかなり空いてきたので、ここまで来ると特に海側でも海を見る割合が減ってくるので、山側の正席へ。こうやって座るとやっぱり補助席は硬いなと実感。

●敦賀-金沢

 敦賀に到着し、一旦改札を出て、割とすぐに戻り、金沢行きの普通列車のホームへ。なんか、姫路方面の新快速が運休とか、ただならぬ話になっているのですが・・・。あと、さっきの改札で、サンダーバードが鯖江で待避とかという話をしています。

 とまあ、このへんの話はツイッターで書いていまして、日程を書いたときに転記はしているのですが、もう1回転記しておきますと・・・

○ツイッターの転記(再度)

敦賀駅。ここから乗り換えなしで帰ることになる。同じ方向のサンダーバードが遅れているのが不安要素、って姫路行きの新快速が運休とか言っているし。

posted at 15:49:24

鯖江に停車中。ここまで定刻どおり。ここで敦賀で先発すべき特急の退避。

posted at 16:44:21

福井4分延着。途中、越前花堂で越美北線に接続する案内あり。

posted at 17:03:39

定刻で走っているしらさぎ57号を退避し、福井定刻発。サンダー93を退避する芦原温泉でどうなるやら。

posted at 17:08:35

芦原温泉、特急が来ないまま定刻発。

posted at 17:29:45

美川停車中。サンダー27を退避しているはずだが…特急列車が通りすぎることなく定刻に発車。

posted at 18:14:04

松任でも退避なしで発車。特急2本より先着するみたい。

posted at 18:23:43

金沢駅定刻着。ちなみにサンダー93は55分遅れ、サンダー27は1時間50分遅れらしい。

posted at 18:38:59

 というわけです。つまり、この日、新大阪-大阪間の線路にクレーン車が接触したとかどうしたとかということで、かなりダイヤが乱れていたようです。

 一応、敦賀を定刻に発車し、遅れていたサンダーバードを鯖江で待避し、4分遅れで福井に到着し、定刻のしらさぎを待避した後、本来追い越していくべき特急列車が遅れていたため、全く追い越されることなく、各駅を定刻に発車して、金沢駅に定刻でついたという次第。

 ちなみに、この後、鹿との衝突事故が起こったようなのですが、それの影響も受けることなく帰ってくることができたのでした。

 ということで、そんなに内容がなかった旅行記ですが、次の旅行記が支えているためにちょっと急いで進ませて頂きました。次回より北海道への旅行記となります。これ、ちょっとツイッターの部分が順番が入れ替わっていたりして面倒なので、日程部分とツイッター転記部分は別の回になるかも知れません。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

旅行記:東舞鶴~豊岡 内容(1)

 日程だけ書いて中身を書いていなかった、ということで、その次の旅行記も書かなければならないので、先にこちらの方を進めておきます。内容は薄めに、なるべく早く仕上げる方向で。

 なお、今回は1日目の分を全部書ききったので、特に日程の中での太文字表記は行いません。

●7月28日(土)
【金沢】6:56発-(普通)→【敦賀】9:53着、10:44発-(普通)→【東舞鶴】12:50着、13:18発-(普通)→【★淵垣】13:48着、14:38発-(普通)→【★真倉】14:51着、15:35発-(普通)→【★梅迫】15:45着、16:22発-(普通)→【★高津】16:41着、16:55発(遅)-(普通)→【★福知山】17:03着(遅)、17:45発(遅)-(普通)→【★上川口】17:52着(遅)、18:42発-(普通)→【江原】19:33着

●金沢~敦賀~東舞鶴

 実は今回、小浜線内をもう1本早い列車で通り抜けようと思ったのです。そのためには敦賀まで普通列車では間に合わずに、5時台の「しらさぎ」でなければならない・・・。

 でまあ、今回、基本的には昨年の10月に豊岡-鳥取間を撮ったときに、一部時間調整などで撮ることができた駅を除いて、東舞鶴~豊岡の残りの駅を撮ると。それにもし可能であれば亀岡~綾部の間の駅を何駅かでも・・・、と思ったのです。

 その亀岡~綾部の駅を全く撮らないことにすれば・・・、別に金沢から普通列車で行っても全部撮れてしまうではないか、ということに気づき、敦賀までの特急を使用しなかった次第です。

 そんなことで、西へ向かうときに事実上の「始発列車」(本当は1本前の列車があるのだが、敦賀まで着いてしまうとその先の乗り換えが変わらないこととなる)である6:14(ぐらい、その時によって違う。昔は6:26という頭だったのだが・・・)で行っても小浜線に接続していないので、その1本後。でまあその1本前だと4両なのですが、この列車は2両。

 去年、この列車に乗ってかなり混んでいた記憶があるので、座ることが出来ないことを覚悟していったのですが、なんの問題もなく着席可能。昨年の場合は少年野球の団体が乗っていたからなのでした。

 1本前の列車だと福井で長く停まるので、その間にそばでもうどんでも食べに行く、という流れだったのですが、この列車だと・・・、同じでした。ということで、これまた問題なく、朝食は福井駅のホームでにしんそば。座席にカバンを置いたまま食べていたのですが、特に極端に混むこともなかったので問題もなさそうでした。

 敦賀駅に到着し、一応改札を通りトイレへ行くと混んでいたのでそのまま改札内へ。改札内のトイレに行き、小浜線のホームへ。まだ列車は来ていません。

 それで、今回、初めて使用するデジカメ。それも家で全く試し撮りをしていないので、ここで2~3枚撮りました。前まで使っていたデジカメと同じメーカーで、何代か後にはなると思うのですが、多分後継機という扱いなので、特に操作性は変わることもなく。ということで練習完了。

 小浜線の2両の列車が入ってきまして、ホームにいた人達がワナワナと入っていきます。この列車、窓を含めると「快適な場所」って結構限られていまして、前回は補助席・逆向きという条件だったのですが、今回は正席へ。ただし山側。でもまあこの路線自体何度も乗っているし、無理して海側に行く必要もないわけで。

 発車時刻が近づくに従って乗客が増えて来て、やっぱり季節的に混む路線なのだなと。そうやって一気に、と言うほどの速さでもないのですが東舞鶴へ。この列車内ではかなり居眠りをしていたと思います。東舞鶴では一応、軽く昼食を購入。それ以外の動きは特にしていません。

●東舞鶴~江原

 何となくここまでは昨年の10月と同じような流れでして(ただし、その時は1本前の小浜行きが東舞鶴行きになっていたので、もうちょっと早く来ている)、特に代わり映えのしない流れでした。

 そうして、東舞鶴から乗車。西舞鶴で割と停車時間があったので、駅の構内の写真だけ撮っておきました。翌日、西舞鶴での時間がちょっと短くなる可能性もあったためです。実際、翌日の西舞鶴での時間は十分に取れたため、この時撮った写真は本文中では採用していません。

 同じ列車で、この後降りていく2駅を通り過ぎて淵垣駅。今回の最初の取材駅。

 でまあ、降りると暑い・・・。ずっとクーラーの中で過ごしてきたのでこの暑さが身にしみるわけです。

 特に待合室以外で日をよける部分もなく、ちょっとホーム周辺をウロウロして、駅の前に小高い場所を見つけて、そこに登って写真をとったりしているうちに反対方向の列車。

 真倉駅へ戻り、いろいろと撮影。各駅の印象は既に本文中でアップしているのと、今回は暑くて大きな動きもしていないので、特に「撮影裏話」的なものもありません。

 そして今度は梅迫駅。何となく駅前がしっかりしていたりして、ウロウロしても撮るものがあるような感じ。それと、駅前に丸形ポストがあったのが有り難い・・・。

 と、こういう順で撮っているのですが、本文中の掲載で何となく雲行きがおかしくなっているのにお気づき頂けるでしょうか・・・(昨日の更新で追加したので)。

 なんか、今にも雨が降ってきそうな雰囲気。淵垣駅での晴天が嘘のような感じがするのですが、まあ、夏ってこういう日もあるわなということで。

 梅迫駅から列車に乗って進んでいくとなんか急に雨が降ってきまして、淵垣駅も綾部駅も大雨の中。淵垣駅なんかさっきと全く違う表情を見せています。

 こりゃ、これ以降の取材は無理だな・・・。今回、朝、特急を使わずに普通列車で敦賀まで来たという部分で、実は「余裕の時間」を全く削ってしまった状態だったので、ここで高津駅や福知山駅を撮らないと予定の分を全部取り終わることができない・・・。まあ、そんな遠いところでもないしいいか、ということで綾部からそのまま山陰本線に入っていきました。

 そうやって福知山方面へ進んでいくと雨がやんできて太陽が出てきました。ということで、特に次の予定だった高津駅は取材には問題がない天気。(ただし雲は厚いが・・・)

 そんなことで、さっきの大雨はなんだったんだろう、というぐらい、全く予定通りに高津駅下車。やっぱり支線から本線に入ってくると線路の風格が違うなと思いつつ。

 何となく雨上がりだったので線路から湯気が出ているとか、ちょっと変わった風景も撮ることができ、高津駅を後に・・・、と思ったら園部から綾部までの間の区間で大雨のため列車が遅れているらしい。と言ってもあまりホームから離れることが出来ないので、そのままホームで列車を待ったわけです。

 そうして福知山駅。この駅も何度か降りているのに取材は初。でも前回、改札を通ったのは確か高架化前だったので、事実上、初めて降りる駅に近かったのかも知れません。

 その後は上川口駅。どうもこの駅で「交換」になることが多く、「行きつ戻りつ」やっていってもどうしてもこの駅がネックになってしまうのですが、まあ、夕方に降りて1時間待つだけなのでどちらかというと影響を少なくできたのかと思います。

 その日の取材はそこまで。で、この日の宿泊先。出来れば豊岡市内にしたいなと思っていたらなかなか空きがなく、江原駅の近くで空きがあるな、そこにしようかなと思っていたらいつの間にか埋まっていた、というわけです。仕方なく福知山とか舞鶴にしようかなと思いつつ、でもそれだと非効率だな、と思っていたら、なんとか江原駅近くで再び空いてきたので、すぐに予約を入れた、という流れでした。

 そんなことで、暗くなった中を江原駅まで移動。2食付きのビジネスホテル。行ってみるとホテルの前にある寿司屋で用意しているから、ということで行ってみたら寿司屋のカウンターでいけすの中にいる生き物を見ながら、ちらし寿司定食。

 夕食場所を探す必要もなく、スムーズに宿泊が出来、そのまま朝食もここで頂き、チェックアウト。朝食は7時からだというので6時55分に起きていったら狭いところで一生懸命に作っているところでした。

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

更新しました(第795版)

 今回の追加駅・・・舞鶴線 梅迫・淵垣の各駅。

 画質向上更新・・・えちぜん鉄道 永平寺口-勝山間、三国芦原線

 ということで、まずは舞鶴線の2駅を追加。本当はこれに綾部駅を追加せねばならないのですが、綾部駅は山陰本線の「区間」として扱いますので、一応「舞鶴線」としては完成ということにしておきます。

 本当は3駅の追加、としたいのですが、どうも今シーズン、どちらかというと数を稼げないところでの取材が多く、今後もその傾向が続くのではないかと思います。

 従いまして、3駅ずつ追加していたらどこかでネタが枯渇する可能性もありますので、基本的に新規取材駅の場合は2駅ずつ、差し替えの場合は3駅ずつ、という方向で進めていこうかと思っております。

 あとは、かなり久しぶりに「画質向上更新」。これをやること自体忘れていたのではないかと思われるのですが、年内に全部やってしまうという目標は放棄していませんので、今からちまちまとやっていくことにします。さしあたってえちぜん鉄道の2区間としました。

 ほんと、改めて当初と同じように撮ったものの中から画像を選ぶ作業をするのですが(全く同じものを選び、同じ順番で並べる)、「今だったらこれを絶対に入れるのにな」というものを容赦なくボツにしているのがなんとも。

 今の基準から見ると各駅掲載枚数も少ないし、どうせなら各駅、2~3枚ずつ、その当時ボツにしたものを新たに掲載しようかなと思ったりもします。

 年が明けてどこかの段階でネタが枯渇したら、そういう更新をやってしまうかも知れません。

 それにしても、こうやって作業をしていると改めてえちぜん鉄道の各駅に行ってみたくなってきます。

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

更新しました(第794版)

 今回の差し替え駅・・・北鉄浅野川線 磯部・割出・三口の各駅。

 ということで、前回の更新が遅れてしまったのに、今回の更新は繰上で早くやってしまっているので、なんか更新間隔がおかしなことになっていますが・・・。

 明日からちょっと出かける関係上、既に作ってしまってあったので、今日のうちにアップしておきます。

 旅が絡んでくる週なので、北鉄浅野川線の差し替え。ほんと、一気に3倍ぐらいの写真枚数になった駅もあったりします。

 割出駅については、中学生がたくさんいまして、落ち着いて写真を撮ることができなかった(掲載した写真内では、ほとんど人がいないことになっていますが・・・)ということもあり、ちょっと他の駅より撮影範囲が狭くなっています。そのため、何か同じような写真が並んでしまったような感じもします。

 次回更新は舞鶴線の続きなのですが、綾部駅は山陰本線の並びに含めてしまうので、残り2駅。多分、2駅だけの追加になると思います。

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

更新しました(第793版)

 今回の追加駅・・・舞鶴線 西舞鶴・真倉の各駅。

 ということで、前回書きましたとおり、特に更新に支障のない週は、北鉄浅野川線の「差し替え」ではなくて、新しい駅の追加・・・、だったんですが、今週末からの旅の計画などをしていると、日曜日に更新をしている時間がなくなってしまって、ちょっと延期していました。

 新たな区間の追加ということもあり、ちょっと手間もかかるので2駅とさせて頂いています。今後、諸事情があったときは2駅の追加に留める週も出てきます。つまり、臨機応変ということです。

 それで、今回の分よりデジカメが変わりまして、SDカードの容量も大きくなったことなので割と容量が大きい画像を撮っています。ただし、それをそのままWebサイト上に載せるのではなく、かなり画質を落としていまして、多分、容量や見た目は今までのデジカメとほぼ変わらないものになっています。つまり、デジカメからはき出される画像と、Webサイトに載せる画像の落差がかなり大きくなっているわけです。

 今後、転送量やら容量、回線速度を全く気にしなくてもよくなってきたらそのへんの画質は再度アップしようと思いまして、その時には前回までのデジカメ分と今回からの分は大きく変わってくるのではないかと思っていますが、今のところはほぼ同じということにしておきます。

 そういうことで、次回の更新は旅が絡んでくる日になりますので、北鉄浅野川線の差し替え分とさせて頂きます。

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

旅行記:東舞鶴~豊岡 日程など

 ということで、このブログとしては初めて書くのですが、先週末、東舞鶴~豊岡(舞鶴線・山陰本線)の未取材駅へ行ってきました。昨年の鳥取方面へ行った時にちょこちょことこの間の駅も寄っていったものがあるのですが、その時の「補足」という感じです。

 そういうことで、例によって日程を書きます。「★」が取材駅です。なお、既に「仮置き場」としてアップしてある石原・下夜久野・上夜久野の各駅には降りていません。さらに両端の東舞鶴・豊岡の各駅も取材はしていません。

●7月28日(土)
【金沢】6:56発-(普通)→【敦賀】9:53着、10:44発-(普通)→【東舞鶴】12:50着、13:18発-(普通)→【★淵垣】13:48着、14:38発-(普通)→【★真倉】14:51着、15:35発-(普通)→【★梅迫】15:45着、16:22発-(普通)→【★高津】16:41着、16:55発(遅)-(普通)→【★福知山】17:03着(遅)、17:45発(遅)-(普通)→【★上川口】17:52着(遅)、18:42発-(普通)→【江原】19:33着

●7月29日(日)
【★江原】8:04発-(普通)→【★国府】8:08着、8:34発-(普通)→【★養父】8:52着、9:21発-(普通)→【★八鹿】9:27着、10:00発-(普通・停車中に和田山駅のホームだけ撮影)→【★梁瀬】10:24着、10:41発-(普通)→【★和田山】10:45着、11:15発-(特急きのさき12号)→【★綾部】11:53着、12:33発-(普通)→【★西舞鶴】12:56着、13:26発-(普通)→【東舞鶴】13:33着、13:35発-(普通)→【敦賀】15:36着、16:05発-(普通)→【金沢】18:33着

●使用きっぷ
 青春18きっぷ 2日分
 和田山~綾部 乗車券 740円・自由席特急券 630円

●ツイッターの転記

○7月28日

金沢駅から普通列車敦賀行きに乗車。

posted at 06:54:26

福井駅で30分停車中。朝食として、にしんそばを食べる。

posted at 08:45:05

敦賀駅。小浜線のホームで列車待ち。

posted at 10:07:16

ということで今回は、一部を除いて空白になっていた、東舞鶴−綾部−豊岡の区間です。

posted at 10:10:57

東舞鶴着。改札外でサンドイッチだけ購入。次の西舞鶴は、基本的に明日にしますが、停車中に構内だけ撮ります。

posted at 13:07:57

淵垣駅。ずっと冷房が効いた中の移動だったので、歩き回ると暑い。

posted at 14:18:53

真倉駅。もしかして跨線橋のある駅を取材するのは、今年初なのでは。

posted at 15:16:59

梅迫駅。駅前に丸型ポストあり、WEBサイトのトップページのネタが撮れました。次の取材駅、高津では、やや取材時間が短いので、ツイートを省略するかも知れません。ただ厚い雲に覆わてきており、どうなることやら。

posted at 16:11:00

高津駅。途中、かなり強い雨雲の中になり、今日の残りは省略しようと思ったが、雨雲を抜けたようなので、予定通り続行。やっぱり本線の駅は違うなと実感。で、乗る列車は遅延中。

posted at 17:00:23

福知山駅。何度か乗り降りしているのに、未取材だった駅。ただし、高架になってから改札を通るのは、初めて。

posted at 17:39:13

上川口駅。今日の最終取材駅。50分ぐらい滞在する予定が、列車の遅れで15分ぐらい少なくなった。この後、宿泊地の近くの江原駅まで。

posted at 18:23:23

虫の鳴き声に包まれた駅。夏やな…。

posted at 18:25:25

○7月29日

さて、宿泊先を出て江原駅へ。今日は8駅を予定しています。

posted at 07:22:15

江原駅。宿泊地の乗降駅が取材駅というのは、なかなか効率がいいもので。さっきから立て続けに特急2本が発着。

posted at 07:55:17

国府駅。盛土の下のトンネルに特徴があり。今回の最遠到達地点。

posted at 08:27:00

養父駅。木造駅舎がしっかりした駅。この先、今日の取材駅の有人駅率が高い。

posted at 09:16:22

八鹿駅。待っていた列車はこの駅で10分ぐらい停車。写真は撮り終わっているので乗ってしまう。

posted at 09:51:27

和田山駅で5分停車なので構内を少し撮影。あとからまた来ます。

posted at 10:19:48

簗瀬駅。この駅も木造駅舎がしっかりしている。

posted at 10:38:04

和田山駅。ここから綾部まで特急を使うと2時間早く家に帰ることができるので、急遽予定を変更。サンダーバードの直流版。

posted at 11:16:54

綾部駅。特急から降りていきなり取材というのも何か変な感じ。ということであと1駅です。

posted at 12:26:22

西舞鶴駅。これで今回の取材は完了。

posted at 13:27:25

東舞鶴で乗り換え。海側の補助席

posted at 13:35:07

福井県に入った。これから牛ノ谷までよろしく。

posted at 13:46:36

小浜駅に停車中。補助席に座っていたら背中が痛くなってきたのと、この先海が見えるところが少ないのと、席が空いたので山側の正席に移動。

posted at 14:25:57

敦賀駅。ここから乗り換えなしで帰ることになる。同じ方向のサンダーバードが遅れているのが不安要素、って姫路行きの新快速が運休とか言っているし。

posted at 15:49:24

鯖江に停車中。ここまで定刻どおり。ここで敦賀で先発すべき特急の退避。

posted at 16:44:21

福井4分延着。途中、越前花堂で越美北線に接続する案内あり。

posted at 17:03:39

定刻で走っているしらさぎ57号を退避し、福井定刻発。サンダー93を退避する芦原温泉でどうなるやら。

posted at 17:08:35

芦原温泉、特急が来ないまま定刻発。

posted at 17:29:45

美川停車中。サンダー27を退避しているはずだが…特急列車が通りすぎることなく定刻に発車。

posted at 18:14:04

松任でも退避なしで発車。特急2本より先着するみたい。

posted at 18:23:43

金沢駅定刻着。ちなみにサンダー93は55分遅れ、サンダー27は1時間50分遅れらしい。

posted at 18:38:59

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

旅行記:北陸鉄道浅野川線 本文

 そういえば、7月16日の分の旅行記本文を書かないままになっておりまして、その後の分が出来たのに放置というのも面倒な話になってきたので、なるべく今回で完結できるように書いていきます。

●7月16日(月・祝)
 【内灘】10:00発-(普通)→【蚊爪】10:03着、10:33発-(普通)→【大河端】10:36着、11:06発-(普通)→【三ツ屋】11:08着、11:38発-(普通)→【割出】11:40着、12:10発-(普通)→【上諸江】12:13着、12:43発-(普通)→【七ツ屋】12:45着、13:15発-(普通)→【北鉄金沢】13:17着、14:00発-(普通)→【磯部】14:04着、14:34発-(普通)→【三口】14:37着、15:07発-(普通)→【北間】15:11着、15:35発-(普通)→【粟ヶ崎】15:39着、16:03発-(普通)→【内灘】16:05着

●内灘からか北鉄金沢からか

 何となく家から近いところを走っているように見える北鉄浅野川線なのですが、実は家から行こうとすると、内灘駅も北鉄金沢駅も大した距離が変わらないわけです。多分、多少の距離の違いがあっても金沢駅西口に自転車を停める→歩いてJR金沢駅の改札前を通って北鉄金沢駅のある地下へ行く、ということを考えると、内灘駅へ行って自転車を停め、すぐに改札口へいった方が近いのかな?という程度の違い。

 途中の駅に地図上の家からの最寄り駅があるのですが、割と効率的に道がある内灘駅・金沢駅と違って、ちょっと迂回せねばならない道なので実は現実、最寄り駅になっていない、というわけで、つまり各駅とも家から行くとなると大した変わらないわけです。

 となると、つまり生活上、利用することは全く無いという話になってくるわけで、見かけることが多い割には乗らない路線なのでした。

 で、つまりスタートの駅をどっちにするか?、ということなのですが、まあ、普段金沢駅から旅を開始しているし、今回は気分転換の意味で内灘駅から開始することにした、という次第。

 それにしても、家を出てから1キロちょっと、金沢駅へ向かうのも内灘駅へ向かうのも同じ道を通るというのも何とも・・・。

 そうして、金沢駅へ向かう道(通勤路)をはずれて内灘駅へ向かうわけですが、何となく距離があるんですよね。それだけこの路線がJR北陸本線に向かって垂直ではなく、斜めに伸びているという意味なのですが。

●各駅

 そういうことで、粟ヶ崎駅の前を通って内灘駅へ。意外と粟ヶ崎駅が実質的に最寄り駅なのかも知れないなと思いつつ、でも蚊爪駅も捨てがたいしな・・・。

 内灘駅に着く前に、一旦ホームと反対側にまわって自転車からちょっと降りて撮影。そうして線路の先へ行き駅の方向を撮影。ちょこっとこのへんは自転車を使わせて頂きました。そうして駐輪場に停めてきっぷ売り場へ。駅前広場を完全に横切る形になり、少し距離があるのですが、それでも金沢駅に自転車を停めることを考えると近いものです。

 1日乗車券を買ってしばらく待ってホームへ。列車が来て降りる人が改札を通るまではホームに行けない仕組み。

 さて、ここから1駅ずつ降りるのも何なんで、基本的に行きと帰りで1駅ずつ飛ばしていく形にしようと思います。よく路面電車でやる手です。

 それと、運転間隔は30分毎なんで、降りて戻らなければ各駅30分ずつの滞在なのですが、今日は他へ行くつもりもないし、早く終わってもしょうがないので、途中で戻ることなく撮っていくことにします。従って、各駅での滞在時間は均等に30分。ただし、終わりの方で運転間隔がこれより短くなってしまう時間帯があるので、その部分は滞在時間が短くなります。そんなことで、約10年前の12月に撮ったときと比べてかなり余裕がある感じになりました。

 そういうことで、1駅飛ばして蚊爪駅。そういやこの駅、とある方がいらっしゃったときに一緒にこの路線に乗り、内灘駅から歩いてこの駅まで来たこともあるなということで、実はちゃんと乗り降りしたことがある駅。この駅以外は、よく考えると約10年前は全部自転車でまわったので、途中の駅では乗り降りしたことがなかったわけです。

 この駅周辺も一時期、車で通ることが多かったので、駅周辺の町の構成などは何となく頭に入っているわけで、それを基に改めて駅基準の視点で見ると面白いものです。

 次の列車で大河端へ。堤防の真下にある駅が続くわけですが、すぐそこに見える踏切に行くために、集落の中をかなり迂回せねばならないのが何となく面倒だったり。

 そうして次は1駅飛ばして・・・と思ったら交換をする三ツ屋駅。北鉄金沢方面への電車(つまり乗っている方)が先に着いて、内灘方面への電車を待つ形になるので、つまり今降りないと2本の電車が並んでいる様子を撮ることができない、つまり反対方向の電車から降りると、2本並んでいる様子が撮れない、ということに気づき、降りてしまうことに。つまりここから当初予定と降りる駅が反対になってしまうわけです。その他、旧型電車が走っていた時代の古い駅の様子がちょっとでも残っているのがこの駅なのかも知れません。

 次が割出駅。某中学校の前でして、そういやこの中学校の名前を聞くと、この中学校卒業の人々が何人も頭をよぎってしまうわけです。というか、今の会社も前の会社も、この中学校の通学区域なんですよね・・・。

 ということなのですが、部活帰りの中学生などがうろちょろしているので、他の駅よりおとなしめに撮影。この駅はちょっと他の駅より写真枚数などは少ないかも知れません。

 そうして上諸江。えっとですね、この駅と次の七ツ屋の間からうちの会社の前(会社そのものではない)が見えてしまうわけで、完全に旅モードからはずれてしまう区域。

 ちょこっと歩いて主要道路に出てしまうと、もう完全に仕事中にたまに来るところだし・・・。どうせならこのまま七ツ屋駅まで歩いてしまうと、会社に寄れてしまう・・・。

 というわけで、それは避けようということでそのまま列車に乗車。次の七ツ屋を通過してもよかったのですがどうせ帰りであっても1駅で降りなければならないわけで、今のうちに降りてしまおうということで七ツ屋で降りてしまいました。

 実はここから金沢駅は近いわけで、JRの高架下をちょこっと歩くと着いてしまうのです。ただ、JRの金沢駅に着いて、そこから北鉄金沢まで歩くのもちょっと面倒。涼しかったら歩いたのですが、かなり暑いので、もう1駅ですが次の列車で北鉄金沢まで行くことにしました。これ、その都度運賃を払うぐらいだったらもちろん歩いたんですが、そこはフリーきっぷというわけで。

 そうして北鉄金沢着。普段のスタート地点が今回の「再遠到達地点」になるのも不思議な気分です。

 で、さっきJRの金沢駅から歩くのが面倒、と書いたんですが、結局、JR金沢駅西口まで歩いて、昼食を買ったり、「青春18きっぷ」を買ったりと。

 そうして、1本列車を見送って、その次の列車で内灘方面へ。

 今度は降りなかった方の駅を降りていくことになるのですが、行きより少なめになります。

 まずは磯部駅。ちょこっと歩くと8号線にまでたどり着けることが判明。自転車さえ置ければ意外と家から近いのかも知れません。ただ、唯一、待合室の建物がない駅でもあるので、ちょっと狭いわけです。

 そうして三ツ口駅。駅のそばの住宅からクーラーの室外機の音が聞こえてくるわけで、人はあまり見かけなくても各家にはそれぞれ人がいることを実感。

 次の列車で北間駅。駅の前の小学校で小学生が野球をしていたのをさっき見かけていたのですが、ちょうど終わって帰るところ。ここから運転間隔がちょっとだけ短くなるので30分の滞在ではなかったのですが、その間で駅の雰囲気がちょっと変わりました。

 最後に粟ヶ崎駅。何となく撮っていて、デジカメのズームを動かした瞬間に電池が切れてしまう・・・。前回書いた通り、ずっと電池交換マークが出たまま撮影を続けていたのですが、400枚ぐらい撮っているし、本当にここで電池が切れてしまったのかも知れません。

 ここから内灘駅まで、普通に歩ける距離なのですが、さっきの七ツ屋駅同様、どうせフリーきっぷなのだし、ということで1駅だけですが乗ってしまいまして、内灘駅に到着。

 金沢駅以外で、着いたところから直接家に帰ることができるのは何となく嬉しいのですが、そのまま自転車で帰宅。

 

  ということで、何とか書ききったので、次回から次の旅行記を書きます。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »