« 更新しました(第795版) | トップページ | 旅行記:東舞鶴~豊岡 内容(2) »

2012年8月20日 (月)

旅行記:東舞鶴~豊岡 内容(1)

 日程だけ書いて中身を書いていなかった、ということで、その次の旅行記も書かなければならないので、先にこちらの方を進めておきます。内容は薄めに、なるべく早く仕上げる方向で。

 なお、今回は1日目の分を全部書ききったので、特に日程の中での太文字表記は行いません。

●7月28日(土)
【金沢】6:56発-(普通)→【敦賀】9:53着、10:44発-(普通)→【東舞鶴】12:50着、13:18発-(普通)→【★淵垣】13:48着、14:38発-(普通)→【★真倉】14:51着、15:35発-(普通)→【★梅迫】15:45着、16:22発-(普通)→【★高津】16:41着、16:55発(遅)-(普通)→【★福知山】17:03着(遅)、17:45発(遅)-(普通)→【★上川口】17:52着(遅)、18:42発-(普通)→【江原】19:33着

●金沢~敦賀~東舞鶴

 実は今回、小浜線内をもう1本早い列車で通り抜けようと思ったのです。そのためには敦賀まで普通列車では間に合わずに、5時台の「しらさぎ」でなければならない・・・。

 でまあ、今回、基本的には昨年の10月に豊岡-鳥取間を撮ったときに、一部時間調整などで撮ることができた駅を除いて、東舞鶴~豊岡の残りの駅を撮ると。それにもし可能であれば亀岡~綾部の間の駅を何駅かでも・・・、と思ったのです。

 その亀岡~綾部の駅を全く撮らないことにすれば・・・、別に金沢から普通列車で行っても全部撮れてしまうではないか、ということに気づき、敦賀までの特急を使用しなかった次第です。

 そんなことで、西へ向かうときに事実上の「始発列車」(本当は1本前の列車があるのだが、敦賀まで着いてしまうとその先の乗り換えが変わらないこととなる)である6:14(ぐらい、その時によって違う。昔は6:26という頭だったのだが・・・)で行っても小浜線に接続していないので、その1本後。でまあその1本前だと4両なのですが、この列車は2両。

 去年、この列車に乗ってかなり混んでいた記憶があるので、座ることが出来ないことを覚悟していったのですが、なんの問題もなく着席可能。昨年の場合は少年野球の団体が乗っていたからなのでした。

 1本前の列車だと福井で長く停まるので、その間にそばでもうどんでも食べに行く、という流れだったのですが、この列車だと・・・、同じでした。ということで、これまた問題なく、朝食は福井駅のホームでにしんそば。座席にカバンを置いたまま食べていたのですが、特に極端に混むこともなかったので問題もなさそうでした。

 敦賀駅に到着し、一応改札を通りトイレへ行くと混んでいたのでそのまま改札内へ。改札内のトイレに行き、小浜線のホームへ。まだ列車は来ていません。

 それで、今回、初めて使用するデジカメ。それも家で全く試し撮りをしていないので、ここで2~3枚撮りました。前まで使っていたデジカメと同じメーカーで、何代か後にはなると思うのですが、多分後継機という扱いなので、特に操作性は変わることもなく。ということで練習完了。

 小浜線の2両の列車が入ってきまして、ホームにいた人達がワナワナと入っていきます。この列車、窓を含めると「快適な場所」って結構限られていまして、前回は補助席・逆向きという条件だったのですが、今回は正席へ。ただし山側。でもまあこの路線自体何度も乗っているし、無理して海側に行く必要もないわけで。

 発車時刻が近づくに従って乗客が増えて来て、やっぱり季節的に混む路線なのだなと。そうやって一気に、と言うほどの速さでもないのですが東舞鶴へ。この列車内ではかなり居眠りをしていたと思います。東舞鶴では一応、軽く昼食を購入。それ以外の動きは特にしていません。

●東舞鶴~江原

 何となくここまでは昨年の10月と同じような流れでして(ただし、その時は1本前の小浜行きが東舞鶴行きになっていたので、もうちょっと早く来ている)、特に代わり映えのしない流れでした。

 そうして、東舞鶴から乗車。西舞鶴で割と停車時間があったので、駅の構内の写真だけ撮っておきました。翌日、西舞鶴での時間がちょっと短くなる可能性もあったためです。実際、翌日の西舞鶴での時間は十分に取れたため、この時撮った写真は本文中では採用していません。

 同じ列車で、この後降りていく2駅を通り過ぎて淵垣駅。今回の最初の取材駅。

 でまあ、降りると暑い・・・。ずっとクーラーの中で過ごしてきたのでこの暑さが身にしみるわけです。

 特に待合室以外で日をよける部分もなく、ちょっとホーム周辺をウロウロして、駅の前に小高い場所を見つけて、そこに登って写真をとったりしているうちに反対方向の列車。

 真倉駅へ戻り、いろいろと撮影。各駅の印象は既に本文中でアップしているのと、今回は暑くて大きな動きもしていないので、特に「撮影裏話」的なものもありません。

 そして今度は梅迫駅。何となく駅前がしっかりしていたりして、ウロウロしても撮るものがあるような感じ。それと、駅前に丸形ポストがあったのが有り難い・・・。

 と、こういう順で撮っているのですが、本文中の掲載で何となく雲行きがおかしくなっているのにお気づき頂けるでしょうか・・・(昨日の更新で追加したので)。

 なんか、今にも雨が降ってきそうな雰囲気。淵垣駅での晴天が嘘のような感じがするのですが、まあ、夏ってこういう日もあるわなということで。

 梅迫駅から列車に乗って進んでいくとなんか急に雨が降ってきまして、淵垣駅も綾部駅も大雨の中。淵垣駅なんかさっきと全く違う表情を見せています。

 こりゃ、これ以降の取材は無理だな・・・。今回、朝、特急を使わずに普通列車で敦賀まで来たという部分で、実は「余裕の時間」を全く削ってしまった状態だったので、ここで高津駅や福知山駅を撮らないと予定の分を全部取り終わることができない・・・。まあ、そんな遠いところでもないしいいか、ということで綾部からそのまま山陰本線に入っていきました。

 そうやって福知山方面へ進んでいくと雨がやんできて太陽が出てきました。ということで、特に次の予定だった高津駅は取材には問題がない天気。(ただし雲は厚いが・・・)

 そんなことで、さっきの大雨はなんだったんだろう、というぐらい、全く予定通りに高津駅下車。やっぱり支線から本線に入ってくると線路の風格が違うなと思いつつ。

 何となく雨上がりだったので線路から湯気が出ているとか、ちょっと変わった風景も撮ることができ、高津駅を後に・・・、と思ったら園部から綾部までの間の区間で大雨のため列車が遅れているらしい。と言ってもあまりホームから離れることが出来ないので、そのままホームで列車を待ったわけです。

 そうして福知山駅。この駅も何度か降りているのに取材は初。でも前回、改札を通ったのは確か高架化前だったので、事実上、初めて降りる駅に近かったのかも知れません。

 その後は上川口駅。どうもこの駅で「交換」になることが多く、「行きつ戻りつ」やっていってもどうしてもこの駅がネックになってしまうのですが、まあ、夕方に降りて1時間待つだけなのでどちらかというと影響を少なくできたのかと思います。

 その日の取材はそこまで。で、この日の宿泊先。出来れば豊岡市内にしたいなと思っていたらなかなか空きがなく、江原駅の近くで空きがあるな、そこにしようかなと思っていたらいつの間にか埋まっていた、というわけです。仕方なく福知山とか舞鶴にしようかなと思いつつ、でもそれだと非効率だな、と思っていたら、なんとか江原駅近くで再び空いてきたので、すぐに予約を入れた、という流れでした。

 そんなことで、暗くなった中を江原駅まで移動。2食付きのビジネスホテル。行ってみるとホテルの前にある寿司屋で用意しているから、ということで行ってみたら寿司屋のカウンターでいけすの中にいる生き物を見ながら、ちらし寿司定食。

 夕食場所を探す必要もなく、スムーズに宿泊が出来、そのまま朝食もここで頂き、チェックアウト。朝食は7時からだというので6時55分に起きていったら狭いところで一生懸命に作っているところでした。

|

« 更新しました(第795版) | トップページ | 旅行記:東舞鶴~豊岡 内容(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第795版) | トップページ | 旅行記:東舞鶴~豊岡 内容(2) »