« 旅行記:北海道 4日目(1) | トップページ | 旅行記:北海道 4日目(3) »

2012年9月 5日 (水)

旅行記:北海道 4日目(2)

 なんか、このブログ、旅行記と「更新しました」しか長いこと書いていないような気がするのですが、その後の旅行記もあるので続けます。昨日は4日目の計画についての話だったので、今日は本格的に進めることにします。

●8月14日(火)

 ※今日書く内容は太字の部分です。

 【釧路】5:45発-(普通)→【★浦幌】7:38着、8:32発-(特急スーパーおおぞら4号)→【帯広】9:06着、9:20発-(快速狩勝)→【★十勝清水】9:56着、10:12発-(特急スーパーとかち1号)→【★芽室】10:32着、11:13発-(快速狩勝)→【★西帯広】11:20着、12:19発-(普通)→【★柏林台】12:23着、13:09発-(普通)→【★大成】13:20着、14:15発-(普通)→【★羽帯】14:34着・・・(徒歩)→【★御影】16:45発-(普通)→【新得】17:08着、18:15発-(特急スーパーおおぞら12号)→【南千歳】19:42着、19:51発-(普通)→【苫小牧】20:13着

●釧路~柏林台

 この日泊まったホテルを選んだ理由が「朝食が大したことなさそうだから」。もう一つの候補は大浴場があるのですが、どうも「朝食が売り」らしく、結構いいらしい。

 というのも、これだけ朝が早いと朝食時間になる前に出てこなければならないので「権利放棄」しなければならないのです。そりゃ、口コミのところに「施設はちょっと何だけど、朝食が素晴らしかった」という書き込みでもあろうものなら、かなり悔しい結果になるわけで。

 そんなことで、さほど朝食は強調されていないホテルだし、夕食として軽いカレーライスが出てくるぐらいなら、まあ、朝食(それもカレーライスらしい)を放棄しても悔しくないかなということで。

 昨晩の雨は何とか上がっていて、厚めの曇の中を釧路駅へ。特急列車の時間帯でもないし、改札を出て地下道を通らずにそのまま1番のりばの単行列車に乗車。

 4年前もこの列車に乗っているのですが、その時は「青春18きっぷ」のシーズン外だったので、3~4人しか乗っていない有様。途中、音別や厚内でちょっと長めに停まるときに取材しているのですが、その時に運転手さんに話しかけられたり「遅れても待っていますよ」と言われたり、なかなかよかったんですけど、今回はさすが18シーズン。1両が埋まっています。ちょっと早めに駅に行ったはずなのに、クロスシートに座れずにロングシートに。

 まあ、この中の人々の何割かは滝川まで行く人々だと思うんで、それに比べて浦幌までという「短距離利用」なら、ロングシートでいいか。と思いつつ、白糠でクロスシートが空いたのでそちらへ移動したのですが。

 4年前と同じく、音別と厚内でちょっと長めの停車。それを利用してホームなどに降りる人もいたのですが、そのまま降りずに乗車。4年前に取材できた同じ駅に、今回も長めの停車をすることが何となく悔しかったのですが、この光景を見たら別にどうでもよくなってきました。この状態だと落ち着いて取材ができないわな・・・。

 厚内でスーパーおおぞら2号が追い越していくのですが、浦幌駅を撮らないなら別にこれでよかったわけで、何となく今日の始まりは浦幌駅に左右されているわけです。

 そういう浦幌駅に着。なんか、降りようとすると何人かに「こいつここで降りるの?」という目で見られたのですが、確かに、長距離客の中でこういうところで降りてしまうのは異様かも知れません。

 浦幌駅で1時間弱。この後の芽室駅でもそうなんですけど、北海道の場合は列車が到着する数分前まで改札を行わない(列車別改札制)なので、ホームの撮影は乗る前じゃなくて降りてから撮る方が落ち着いて撮れます。ただし、一旦、一緒に降りる人と共に改札へ行き、きっぷを見せてから「すいません、ちょっと中の写真を撮らせてください(表現は違うが)」という感じで断ってからゆっくりと撮ります。

 浦幌駅から1日1往復だけの特急で一旦帯広へ。こうやって特急が停まるためにどうしてもこの駅を撮る羽目になってしまったのです。

 そのままこの列車が十勝清水に停まってくれればよかったのですが、帯広以降は速達列車になってしまうので、ここで「快速狩勝」に乗り換え。そういや4年前の時はこの普通列車で池田駅の長時間停車を使ってそこも取材した後、帯広駅で今降りた特急に乗り換えたのでした。

 それで、さっき釧路から浦幌まで乗った普通列車が、帯広から「快速狩勝」になるので、つまり1時間弱、浦幌駅に滞在したにもかかわらず、一度降りた列車に追いついてしまったことになります。

 そういう目で車内を見渡すと、確かに帯広近辺から乗ったと思われる「新しい顔ぶれ」の奥には、早朝、釧路から乗った顔ぶれがかなりありまして、やっぱり長距離列車なのだなという実感。

座れなさそうなので一旦はデッキに立ってみたのですが、ロングシートなら座れそうなので改めて座りまして一旦十勝清水へ。

 ほんと、浦幌駅を除くと一気に十勝清水に行くだけなんで、6時台の「スーパーおおぞら」でよかったのでした。ちなみに、5時45分発の普通列車に乗ることができなかった場合の「裏予定」としてスーパーおおぞら2号で一気に十勝清水へ行き、芽室・御影・西帯広の順にまわる予定は作ってあったのでした。

 十勝平野の中をマッタリと走り十勝清水へ。ほんと、北海道内の列車って、一部札幌近郊を除いて、普通列車と特急列車の速度差がすごいなと感じます。同じ線路を走っているとは思えないぐらい。

 十勝清水では16分間ぐらい。一応、近くの踏切までは行けたのですが、意外と時間がないわけです。というよりも、以前は「15分」というのが駅取材における「標準時間」だったんですが、今では15分どころか30分でも短く感じるぐらいです。

 先にホームでの撮影をしておいたのですが、ホームと駅舎の間は跨線橋を通らないとダメな構造である上に跨線橋と駅舎がちょっと離れているため、先に(無断で)ホームの撮影をしてから、改札を通ることに。

 そんなわけで撮り終わって駅舎へ戻るともうすぐ列車が来そうな勢い。多少遅れるだろうと思っていたら、この「スーパーとかち」は遅れない列車でした。全ての列車が遅れると思ったら大間違いのようです。

 十勝清水→芽室の移動は予定通り。この段階では羽帯駅・御影駅に降りる予定ではなかったので、「早くこの駅に来たいけどいつになるかな?」という感覚で通過。

 芽室に到着。ここでも駅員さんに一旦断ってホームの撮影。ここでは割と時間があるので、ゆっくりと駅のまわりを散策。

 そうして芽室からなんか混んでいる快速狩勝。この列車、「乗りつぶし」の時に乗ったような気がするのですが何となくその時、この芽室駅の印象が強かったわけです。割と乗客の多い列車のようで、その時と同じように混んでいました。

 混んでいてもさほど距離もないわけで、やはり「早く来たいな」と思いながら大成駅を通って西帯広駅へ。

 さて。この駅で1時間。ちなみにここから柏林台・帯広へ向けてバス路線があるのは知っていたのですが、この時間帯に都合よく柏林台駅まで行ける便がないことも調査済。

 ちょっと変わった構造の西帯広駅の写真を撮り、時刻表を眺めつつ。

 で、ここでここ以降の予定を大きく変えてしまったことは昨日書きましたので省略しますが、何となくさっき見てきた大成駅などに惹かれるものがあったのだなと思います。なんか、完璧にこの日の予定を考えたんですけど、現場でいとも簡単に覆ってしまう・・・。

 こういう感じで駅を巡っていると、時間の経過と共に「可能性」というものがだんだんと狭められてくるものだなと思うのです。

 家を出る段階では、もちろん宿は予約していますが、北海道へ行こうと思いながら、西の方へ行くこともできるし、日程に応じて無限に訪れることができる駅が広がっているわけです。

 それが東の方へ向かうとともに、例えば鹿児島へ行く可能性が消え、それを進めていくうちに、例えばこの日、釧路から出るときにも網走・根室方面も含めいろいろと可能性があったのに浦幌から十勝清水と進んで行くにしたがって早朝の段階では行くことができた駅へ行けなくなってしまう。

 そうして夕方になるとあと数駅しかまわることができなくなって、そのまわることができる駅もその駅周辺の数駅に限られてしまう・・・。

 この日、西帯広で「予定を変えよう」と思った「転機」だったのですが、これが予定通り帯広まで、あるいは札内まで行ってしまっていると、その時に「大成・御影・羽帯の各駅に行って、さらに苫小牧で泊まりたい」と思ってもできなかった・・・・。「転機」を捉えるのは大事だなと思った次第。

 さあ、これを人生にまで広げて考えるかどうかは別なんですけど、駅を巡っている日って、何となくぼんやりとそんなことを考える時があります。

 そんなことで、西帯広駅以降、日程を変えてしまったのですが、実際にこれを行動に移すのは予定通り西帯広駅から列車に乗って、柏林台駅で降りるかどうか・・・。ここで降りてしまったら新しい予定になるし、降りずに帯広駅に着いてしまったら、予定通り札内駅へいくことになるし・・・。柏林台駅に到着し、自分の足で運転席横の出入り口まで歩いて、きっぷを見せて列車から降りるかどうかにかかっている・・・、

 なんて大げさなことを考えずに、柏林台駅で降りてしまいましたとさ。ということで、降りてしまったからには、逆に札内駅へ行って戻って、石勝線の駅を1つか2つ巡ることはできなくなってしまう(いや、できたかも知れんが)。てなわけで、さっき「早く行きたいな」と思って眺めていた大成・御影・羽帯の各駅はこれからまわることになったのでした。

 そんなことで、4日目、要らないことも書いてしまったのでやっぱり移動記録は2日にわけさせて頂きます。次回は日程が変わってからの内容です。

|

« 旅行記:北海道 4日目(1) | トップページ | 旅行記:北海道 4日目(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:北海道 4日目(1) | トップページ | 旅行記:北海道 4日目(3) »