« 旅行記:北海道 4日目(3) | トップページ | 更新しました(第798版) »

2012年9月 7日 (金)

旅行記:北海道 5日目・6日目(1)

 そんなことで最後の5日目に入りました。(6日目は早朝だけなので、5日目と一緒にします。)今日はやっぱり日程上のああでもない、こうでもない、という話で終わるような気もしますが、できれば本文中にも入ってしまいたいと思います。

●8月15日(水)~8月16日(木)

【苫小牧】6:07発-(普通)→【★社台】6:27着、6:39発-(普通)→【★錦岡】6:45着、7:16発-(普通)→【★竹浦】7:39着、7:56発-(普通)→【★萩野】8:04着、8:22発-(普通)→【★富浦】8:49着、9:55発-(普通)→【登別】9:55着、10:26発-(特急北斗8号)→【函館】12:51着、13:56発-(特急スーパー白鳥34号)→【青森】15:46着、16:21発-(寝台特急日本海)→【金沢】6:13着

●大前提

 3年前にこの長万部-東室蘭-苫小牧を取材しまして、取材済と未取材駅が入り乱れる「区間」になってしまっています。

 【 】が取材済、( )が未取材(いずれも、この旅の前の状態)

 【長万部】(静狩)【小幌】(礼文)(大岸)(豊浦)【洞爺】【有珠】【長和】【伊達紋別】【北舟岡】【稀府】【黄金】(崎守)(本輪西)【東室蘭】【鷲別】【幌別】(富浦)【登別】(虎杖浜)(竹浦)【北吉原】(萩野)【白老】(社台)(錦岡)【糸井】【青葉】【苫小牧】【沼ノ端】

 という感じになっていました。

●苫小牧か東室蘭か

 そんなことでこの日は寝台券が取れたための完全な「おまけ」の日。寝台券が取れなかったらこの日は単に函館や青森から帰るだけの日でした。

 ちなみに、メモ書き的に寝台券が取れなかった場合の日程を書いておきます。

 【函館】7:24発-(特急スーパー白鳥20号)→【青森】9:15着、10:04発-(特急つがる4号)→【秋田】12:49着、13:00発-(特急いなほ10号)→【新潟】16:33着、17:04発-(快速くびき野4号)→【直江津】18:59着、19:08発-(普通)→【金沢】22:15着又は【直江津】19:35発-(特急はくたか22号)→【金沢】21:23着(糸魚川で普通→特急という手もあり)

 ただ、この日を潰すかどうか、寝台が取れるかどうかにかかっている、といいつつ、壮大なオチがありまして、函館-青森間は実際に乗ったものですけど・・・。

【函館】13:56発-(特急スーパー白鳥34号)→【新青森】15:59着、16:08発-(はやて34号)→【大宮】19:22着、20:36発-(とき347号)→【越後湯沢】21:21着、21:30発-(特急はくたか26号)→【金沢】0:03着

 ということで、実際のところ「寝台」って要らなかったのではないか?という話になるわけです。寝台券をくっつけるぐらいなら、大宮まわりの運賃+特急券でも大した変わらなかったはずでして。

 ほんと、定期列車として走っているときの「日本海」にくらべて、臨時の「日本海」は新幹線との比較という問題も出てきています。定期の時は「他に代替手段がない」というぐらい便利なものだったんですけどね・・・・。

 逆に言うと北陸新幹線ができて、北海道新幹線が新函館までできたら、陸路で北海道へは行きやすくなるんだろなと思います。といいつつ「片道は羽越本線経由にしたい」とか言い出すのだと思いますが・・・。(ただし、今の周遊きっぷみたいに行きと帰りでルートが違っても割引になる場合に限りますが。)

 で、なんか小見出しで「苫小牧か東室蘭か」と書いた割には、苫小牧も東室蘭も出てこないんですが。

 実はこの日(というか、前日)、宿泊先を苫小牧にするか東室蘭にするかでちょっと迷ったのでした。もちろん、苫小牧で泊まった場合と東室蘭で泊まった場合とでまわる駅は全く違ったものになったのです。なお、前日、苫小牧まで行くのも東室蘭まで行くのも大した違いはない、という前提で。

 東室蘭で泊まったとしたら、こんな日程になっていました。

【東室蘭】5:50発-(普通)→【崎守】6:02着、6:47発-(普通)→【本輪西】6:53着、7:28発-(普通)→【東室蘭】7:34着(1本後でもよい)、8:16発-(普通)→【富浦】8:31着(以下実際と同じ)

 多分、函館までの特急を1本遅らせることにして、虎杖浜駅で降りることにしていたのだと思うのですが、それをやると虎杖浜で2時間になってしまうわけで、そう考えて「やっぱりロスが多いな」と思ってやめたんだと思います。(紙に書き出していなかったので分からない

 そんなことで、3年前に残してしまっている黄金・崎守の各駅に行けるのはいいのですが、まわる駅が少ないかなということで、朝の運転本数が多い時間帯をフル活用できる苫小牧~東室蘭を撮ることにしました。

 で、実は割と少ない時間で割と多い駅数を撮っているのですが、運転本数が多い時間帯から少ない時間帯に変わってしまう関係で、富浦駅ではちょっと時間が長くなっているわけです。これ、予定ではちょっと違ったことを考えていまして・・・

→【★富浦】8:49着、10:14発-(普通)→【東室蘭】10:30着、10:38発-(特急北斗8号)→【函館】12:51着(以下同じ)

 ということで、まあ、同じことをしているだけでして、単に富浦駅での時間が恐ろしく長くなるだけの話でした。この長時間滞在を避けるために、登別駅に「避難」した、というのが正しい表現かも知れません。

 それと、根本的に、時間的ロスの大きい時間帯に入ってしまったからには、富浦駅じゃなくて他の駅を、というならこんな事も可能でした。

 【萩野】8:22発-(普通)→【登別】8:38着、8:42発-(特急北斗4号)→【八雲】10:10着、10:53発-(普通)→【鷲ノ巣】10:57着、11:16発-(普通)→【森】12:00着、12:10発-以下実際と同じ。

 これね、3年前に八雲駅を撮っていないなら迷わずこれにしたと思います。なんせ、森~長万部については、八雲駅を除いて全く手をつけられない状態でして、そんな中で一駅だけでも突破口が開けるのは有り難い・・・。でもまあ、せっかくなんで、東室蘭-沼ノ端間は完成に近づけようということで富浦駅にしました。

 それと虎杖浜駅だけ、どうしても残ってしまったんですけど、これ、駅名の響きだけを考えるならこの駅だけは行きたいと思ったんですけどね・・・・。どうしても残ってしまっています。

 実はこれ、ちゃんとこれを埋めることができたんです。

→【★富浦】8:49着、10:12発(別に、9:55発で登別9:59/10:16の乗り換えでも可)-(普通)→【虎杖浜】10:20着、10:48発-(普通)→【東室蘭】11:10着、11:52発-(特急スーパー北斗10号)→【函館】13:52着、13:56発-(特急スーパー白鳥34号)→(以下、実際と同じ)

 まあ、函館~青森までちゃんと指定をとってあればこれで十分、という考えもあったんですけど、特急列車が基本的に遅れる、という中で、寝台列車への接続がある中でのプレッシャーってちょっと怖いな、ということ。それと、これをやってしまうと確実に函館~青森まで座ることができないだろうな、ということ(実際、自由席に乗っていると確実に座れない結果でした)で、いろいろな意味での確実性を取って、虎杖浜駅を「犠牲」にしてしまったわけです。というのと、虎杖浜駅ではもうちょっと時間が欲しかったかな?ということもあります。

 後で書きますけど、函館駅着を1本早めて正解だったと思います。

 そんなことで、やっぱり本文に入っていない旅行記でした。続きは明日、と言いたいところなのですが、明日は日帰りで旅に行ってきまして、多分、PCの電源を入れている時間がないと思われます。従いましておそらくブログはお休みとなります。日曜日は「更新しました」になると思いますので、早くて月曜日に続きを書きます。

|

« 旅行記:北海道 4日目(3) | トップページ | 更新しました(第798版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:北海道 4日目(3) | トップページ | 更新しました(第798版) »