« 更新しました(第797版) | トップページ | 旅行記:北海道 4日目(1) »

2012年9月 3日 (月)

旅行記:北海道 3日目

 ということで続けますよ・・・。で、3日目なんですが、「このために北海道へ行った」という日ではあるのですが、ここでそのことを詳しく書こうとすると親戚関係の現状なんかを書かないとダメでして、長くなる、というよりもあまりにも個人的すぎるのでどうなんだろう、ということで、詳しく書きません。

●8月13日(月)

 【釧路駅前】7:35発-(阿寒バス)→【中標津バスターミナル】9:35着・・・・(親戚関係)・・・・【尾幌】16:43発-(普通)→【釧路】17:24着

●釧路~中標津

 そんなことでホテルで朝食。実はこの7:35発というのが曲者でして、7時朝食開始というホテルだとちょっと朝食を食べることができないか、かなり慌ただしくなる、というわけなんです。そんなことで、この日に泊まったホテルを選んだ理由の一つが「朝食は6時からだから」なんです。

 さて、ホテルを出ましてバスターミナルへ。結構近いです。

 4年前もこういう感じでバスターミナルに行っているし、特に迷うことなくきっぷを買ってしばらく待ちまして乗車。

 4年前とちょっと変わっていて、このバス自体「市民病院」発。そこからこのバスターミナルを経てその後病院やらがんセンターやら3つの病院を通ります。なんか「釧路市内病院巡り」をしているような感じ。

 というより、そんなことをしているので釧路駅~イオン釧路前の道ってよく分からないままなんですよね。イオン釧路前ぐらいまで行ければ後は地図なしで中標津とか上尾幌へ行けるんですが・・・。

 そんなことでイオン釧路前を超えて、右に曲がっていよいよ郊外の道を走り出し、別保駅を過ぎて尾幌・厚岸方面の道と分かれると本当に集落がほとんど無い道になります。

 ちょっとだけ山を抜けると後は牧場があったり、たまに山の中を通ったり。このへんまで来るとバスもフリー乗降区間になりまして、バスの中は静寂に包まれます。ただ、ちょっと霧の中を走っているのが気になるな・・・。

 そんなことで4年前に乗ったり、あるいはその前にも逆方向から乗っていたりとこのバス自体3回目。でもこの道は何回か通ったことがある道でした。

 中標津まで2時間。確か前回、トイレ休憩があったはずだけど・・・、朝食直後に乗ったのと、気温が低くなっているのでトイレが近い状態。で、トイレを我慢しながら中標津着。

 バスのりばまで迎えに来てくれた従兄弟との挨拶をそこそこに、荷物を従兄弟の足下に置いて、トイレへ直行。

 で、「確かトイレ休憩ってなかったっけ?」と言うと「トイレ中にあるよ」との話。バスの前の方に座ったんで中の方まで見ていなかったんですよね。このバス、羅臼行きなんで、この先も運転を続けるんですが、トイレ休憩らしきものがなしで中標津を発車したんで(乗務員は交替した模様)、やっぱり中にトイレがないと話にならんわな・・・。

●中標津~尾幌

 そんなことで、ここからこの旅のメインになるわけですが、旅行記としてはばっさりとカットします。

 一応ツイッターで書いたのが

 

今日の動き。釧路駅前→中標津BT→叔母・いとこの家で歓談→そのメンバーで祖母のいる施設→祖父の墓(上尾幌)→人が住んでいない祖母の家(上尾幌)→そこで別の叔母と会いその叔母の宅で歓談(尾幌)→尾幌駅に送ってもらう→釧路で泊、という、ちょっと濃い日でした。

 という内容でして、書きはじめると長くなるんで、ここまでにしておきます。

 ちなみに、上尾幌の祖母の家ですが、何年も人が住んでいないのでかなり朽ちていまして、一応、雨はしのげるんですけど、中で歩くと床が抜けたりしていました。

●尾幌~釧路

 そういうことで、尾幌駅に送ってもらいまして、その日唯一の乗車。

 すぐに上尾幌で、そこで交換のためちょっと停車。上尾幌自体はこういう感じで行くことがあってもなんか上尾幌での乗降って最近やっていないかもな・・・。

 そうして、上尾幌から別保まで、何となく酔ってしまう区間ではあるのですが、今回は酔わずに別保着。

 それにしても普段の旅の感覚と違って、こうやって親戚との会話の後に列車に乗ると、頭の中に占めるものが違ってくるなと思います。

 釧路に到着し、外を見ると雨。実はこの日、結構雨が降っていまして、祖母のいる施設の中にいるときがかなりの土砂降りでした。墓参りもできたのですがろうそくや線香が使えないぐらいの小降りだったり。

 逆に言うとあまり天気自体考慮しなくていい日だったんで、日程中どれか1日雨が降るけどどれがいい?と言われたらこの日だろうな、という日でもありました。

 さて、釧路駅。雨が降っております。

 ちょっと待ってみたのですがやみそうにもないので、カバンの中から小さい折りたたみ傘を出して歩き始め、ホテルへ。昨日のところだったら近かったのですが、ちょっとだけ離れています。

 夕食は無料のカレーライスがありまして、別にそれ以上に食べたいわけでもなかったので(親戚の家でちょこちょこといろいろ頂いて食べてきたので)、それで終了。そんなことで翌日早かったので早めに寝たわけです。

●参考

 ちなみに、バスなんですけど、釧路→中標津、という直行バスの他に、旧標津線のルートをたどる感じで、標茶→中標津方面、というバスと厚床→中標津というバスがあります。あと、根室→厚床→中標津BT→中標津空港、というバスもあります。

 というわけで、なんか釧路→中標津の直通バスに乗る機会が多いので、今回はそれ以外のルートも考えたんですけど、いかんせん接続が悪くて、なんか標茶駅や厚床駅で2時間以上待たねばならない、という事態に遭遇し、中標津着が午後になってしまうわけです。

 そういうことで今回も釧路→中標津(→羅臼)のバスを利用したのでした。

 このあたりが今回の旅で最初に頭をひねったところなんですけど、結局何のひねりもなかったのでした。

 ということで次回は4日目。「区間全駅」のための旅としては本格的な日でもありますので、多分、3回ぐらいに分けて書くと思います。明日は予定の変遷やら、まわる駅の位置づけやらで、結局、釧路から出発しないところで終わるような気がしています。

|

« 更新しました(第797版) | トップページ | 旅行記:北海道 4日目(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第797版) | トップページ | 旅行記:北海道 4日目(1) »