« 旅行記:飯山線・長野電鉄完成編 経緯など | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(2) »

2012年10月17日 (水)

旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(1)

 そういうことで、経緯は書き終わったので本文に入ります。なお、今回は前日に行き先を決めているので予め用意した日程を変更する、という余裕もなかったので、ぶっつけ本番でした。従いまして、こういう予定を考えていたが、こういう行動に変更した、という記述はありません。(強いて言うと鳥取方面行きを変更した、ということがそうなのですが、これは昨日書いたので。)

●10月6日(土)

 【金沢】9:22発-(普通)→【富山】10:19着、10:24発-(普通)→【直江津】12:54着、13:02発-(特急はくたか11号)→【十日町】13:30着、13:36発-(普通)→【★平滝】14:28着、14:50発・・・(徒歩)・・・【★横倉】15:17着、16:46発-(普通)→【★森宮野原】16:51着、18:15発-(普通)→【戸狩野沢温泉】18:53着、19:06発-(普通)→【北飯山】19:15着

●金沢~直江津

 そういうことで、普段は5時台とか6時台に出ているのですが、何となく疲れていたので、強いてこれを早く起きるのもどうかな、ということで、普段通りに家を出ると乗れる列車に設定。

 というよりも、飯山線の十日町発時刻を見ていると、前回は臨時列車があったのであの時刻だったのですが、今回は臨時列車もないし、金沢駅を朝発車すると乗れる11時台のものは接続が悪すぎるし、今回行きたい駅を全て考慮するとこの13時台十日町発でも大丈夫みたい、ということで逆算するとこの時刻になったということもあります。

 さて、いつもどおり金沢駅へ行きまして、「秋の乗り放題きっぷ」を券売機で購入・・・、と思ったら入っていないんですね。昨年までの「鉄道の日きっぷ」は券売機でどちらも(全国版もJR西日本版も)買えたはずで、サクッと買って乗っているんですけど、券売機にない・・・。

 と、窓口を見ているとなんか列ができているし・・・。でも今回はこれを買わないことには予定が狂ってしまうし、並ぶしかない、ということで行列に並びまして、発車時刻が迫る中、無事購入。

 ちょっと急いで列車に乗車。前回、富山~金沢の521系初乗車だったのですが、それに引き続き、またもや521系。どっちかというとこの区間って、475系(等)とか413系でマッタリしたいと思って乗るわけで、なんか521系だと期待はずれという意識もあります。

 で、発車直前だったので誰かの隣に座れば座れるのですが、面倒なので立席。そこから東金沢で補助席に移動。津幡で正席が2席並んで空いたのでそこへ移動、という感じで石川県内にいるうちに座席がどんどんアップグレードしていったわけです。

 富山駅で475系(等)に乗換。やっぱりこっちの方が落ち着くなと思います。

 で、なんか青空が見えない・・・。曇というのは分かっていたので何なんですけど、ちょっと青空もみたいなと思うのですが、まあしょうがないということで。

 そうして糸魚川着。糸魚川で40分ぐらい停車しまして、事実上別列車、と思いきや本当に列車番号が変わってしまうというわけです。

 その間、列車内にいてもしょうがないし、なおかつそんなに混んでもいないので荷物を持って下車。駅舎が仮設になってから改札口を通るのも初めてなので、一度、この駅を取材する感覚で一通り撮ってみました。

 それと、駅前から商店街の方へ歩いてみるのですが、なんかちょっと前、よくこの駅に降りていた頃はもっとこの町は賑やかだったような気がする・・・。と思うのですが、単にアーケードを撤去してしまうと町の印象って変わるものだなと実感。

 それで、確かセブンイレブン(北陸にセブンイレブンができる前は、事実上、家から一番早く着けるセブンイレブン)があったはず、と思いきや、ないので、スーパーで昼食を購入。それと、場合によっては翌日の朝食を購入できるのがここか、次の直江津駅が最後になる可能性も高かったので、ちょっと多めにパンを買っておきました。(実際、翌日の昼食も兼ねてしまったのですが・・・)

 駅の売店でもうちょっとだけ食べ物を買って、再び同じ列車へ。同じ座席は既に埋まっていたので、違う座席となりました。

 そうして直江津へ向けて発車し、(この間は省略し、)直江津着。

 ということで、まだ飯山線に入っていないのですが、今日はここまで。今後、基本的に8時~8時半という時間の一部を使って書いていくことにしようと思いますので、1日あたりの文章量は短め、つまり長期間にわたって書いていくことになると思います。

|

« 旅行記:飯山線・長野電鉄完成編 経緯など | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:飯山線・長野電鉄完成編 経緯など | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(2) »