« 更新しました(第803版) | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(1) »

2012年10月16日 (火)

旅行記:飯山線・長野電鉄完成編 経緯など

 ということで、またもや旅行記の間が空いてしまったのですが、旅行記を続けます。

 今日は経緯のようなことを書いていると、多分、時間が来てしまうのではないかと思うので、経緯で終わらせます。日程を書いてからちょっと時間が経っているので、先に日程の再掲から。

*****

●10月6日(土)

 【金沢】9:22発-(普通)→【富山】10:19着、10:24発-(普通)→【直江津】12:54着、13:02発-(特急はくたか11号)→【十日町】13:30着、13:36発-(普通)→【★平滝】14:28着、14:50発・・・(徒歩)・・・【★横倉】15:17着、16:46発-(普通)→【★森宮野原】16:51着、18:15発-(普通)→【戸狩野沢温泉】18:53着、19:06発-(普通)→【北飯山】19:15着

●10月7日(日)

 【北飯山】6:01発-(普通)→【★信濃白鳥】6:44着、7:16発-(普通)→【★西大滝】7:27着、7:50発・・・(徒歩)・・・【★桑名川】8:18着、9:28発-(普通)→【★上境】9:39着、11:27発-(普通)→【★上桑名川】11:33着、12:25発-(普通)→【戸狩野沢温泉】12:37着、12:42発-(普通)→【替佐】13:09着、13:55発-(長電バス 永田・親川線)→【中野駅】14:18着【★信州中野】14:40発-(普通)→【★信濃竹原】14:52(の少し前)着、15:20発-(普通)→【★中野松川】15:24着、15:52発-(普通)→【★夜間瀬】16:04着、16:44発-(普通)→【信州中野】16:56着、17:01発-(B特急ゆけむり)→【長野】17:38着

●10月8日(月・祝日)

 【市役所前】7:40発-(普通)→【★都住】8:18着、8:36発-(普通)→【★延徳】8:43着、9:08発-(普通)→【★桜沢】9:12着、9:54発-(普通)→【★小布施】10:00着、11:11発-(普通)→【長野】11:47着、12:45発-(普通 妙高3号)→【直江津】14:17着、14:51発-(普通)→【富山】16:54着、17:14発-(普通)→【金沢】18:12着

*****

●行き先について

 実はですね、今回、かなり前からこの3連休の行き先を既に決めていまして、それが鳥取方面だったわけです。

 昨年、山陰本線の豊岡-鳥取間をこの3連休に取材しまして、その続きをやろうかということで。それと、その手前の綾部-鳥取間も終わらせていますので、この先、山陰本線を続けていくことを考えると、是非ともいっておきたい鳥取。

 しかも、1人行動だと、山陰方面のフリーきっぷは、周遊きっぷが大幅に少なくなった今、青春18きっぷかこの秋の乗り放題きっぷぐらいしかないこともありまして、例えばGWに行こうとしてもままならない部分がありまして、ちょうど今しかない・・・。

 というわけで、ほんと、宿泊先も目星をつけていましたし(ただ、目星をつけていただけなので、気がつくと予約で埋まっていたり)、だいたいの日程も考えていました。

 ただですよ、どうしても現地での時間を確保したい、となると普通列車でちまちまと行っている場合ではない、ということで、サンダーバード→スーパーはくとの乗り継ぎで12時前に鳥取着。

 で、鳥取から乗り放題きっぷを使用し始めて、その日じゅうに何となく倉吉あたりまで、一部の駅を除いて終わるかな?という感じで(でもかなりの駅を除いてしまいそう)見ていたんですけど、でもそれなら「戻らない」ことにして、この日は倉吉までの乗車券を使って降りていってもいいかも、なんて考えていまして。

 それで2日目は米子・松江あたりまで撮れるだけ撮って、鳥取で泊まり、3日目を鳥取9時頃出ると、日本海側経由で普通列車で帰ってくることができる、という感じ。

 となると、なんか実質1日ちょっとしか駅をまわることができない、でも特に片道で結構お金がかかってしまう・・・。ということで、実はとても行きたい、と思う日程でもなかったわけです。

●一方

 それで、実際は長野に行っていますが、これ、その2週間前に1泊2日で行こうかと思って直前まで検討していたものをベースにしているわけです。

 1日目、ゆっくり出ていますが、これをはくたか1号にして、一気(といっても直江津から普通列車ですが)に豊野へ行き、「信州北回廊パス」を買って、その日は飯山線。翌朝、長野電鉄へ行って残りの駅を撮り、なんとか帰ってくる、というものでした。ただこれ、飯山線については確か2駅程度(森宮野原と横倉)がどうしても行けないことになるので、何となく非効率だなと思って、結局行かなかったのでした。

 最近、毎年必ず長野県に行っているんですけど、そういや今年は行っていないし、特に長野市付近については、北陸新幹線ができれば大幅に行きやすくなるところなのですが、その時まで、飯山線の残りと長野電鉄の残りを放置しておくのも気持ちが悪いし、ということで、何となく気になっているエリアではありました。

●結局

 ということで、前日まで宿泊先を予約しなかったのも、この2方面のどちらかということで迷っていたからでして、前日に会社から帰宅するぐらいまで迷っていた部分でもあります。

 で、本当に迷ってしまってどっちにも行かなかった、というのもおかしな話で、何となく「伊賀鉄道」ということも頭をよぎったのですが、結局、前日もちょっと帰宅が遅くなって、鳥取まで行く気力もなくなっていたし、1日目を早く出る気力もなくなったので、普段会社行くぐらいの時間に出ることができる長野にしたという次第です。

 そんなことで、前日の夜、急いで宿泊先の予約。とくに1日目なんか、長野市内にほとんど宿泊先がなく、結局飯山市内になったのですが、この日程から見るとその方がよかったのだと思います。(実は先に考えていたのは十日町市内なんですけど、それも予約が埋まってしまったし・・・)

 後は天気。雨は降らないものの、曇りがち、という予報がずっと続いていまして、結局、鳥取と長野、どっちの天気がいいのよ、ということでずっと見ていまして、ある意味これが行き先を決める重要な要素だったんですけど、

 東の方の天気がいい→西の方の天気がいい→東の方の天気がいい、という具合に変遷してきまして、長野方面の天気の方がいい、という予報になったときに決めてしまったようです。

 出発当日、どうやら西の方の天気の方がいい、ということになったのですが、実際はどうだったかは詳しく追求しないことにします。

 ということで、まあ、鳥取から先の新しい区間に手をつける、というよりも、昨年の夏(飯山線の戸狩野沢温泉までと長野電鉄の今回取材駅以外)、そして今年の9月(飯山線の十日町までの新潟県区間)に取材したものを完成させる補完の方を取ってしまった、というのが今回の行き先のテーマだったようです。

|

« 更新しました(第803版) | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第803版) | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(1) »