« 更新しました(第807版) | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(10) »

2012年11月15日 (木)

旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(9)

 1週間ほど放置していましたね。ということでつづき。

●10月8日(月・祝日)

 【市役所前】7:40発-(普通)→【★都住】8:18着、8:36発-(普通)→【★延徳】8:43着、9:08発-(普通)→【★桜沢】9:12着、9:54発-(普通)→【★小布施】10:00着、11:11発-(普通)→【長野】11:47着、12:45発-(普通 妙高3号)→【直江津】14:17着、14:51発-(普通)→【富山】16:54着、17:14発-(普通)→【金沢】18:12着

●都住~

 そんなことで、小布施駅を通り過ぎて、まずは都住駅。1面1線の駅でして、踏切も遠くないので撮ることにはさほど時間がかからない駅でした。駅の反対側にはりんご畑もあり、ちょっとそのりんごと一緒に駅を撮ってみたり。

 こうやってりんごの実が間近に見えるというのは、この季節にここに来てよかったなと思う部分でした。

 次はこの日の再遠到達駅である延徳駅。駅の反対側へ行くにはちょっと時間がかかったのですが、時間的には問題なし。撮り終えて駅に戻ると、何となく人が増えてきていました。

 そうして次は桜沢駅。この駅も駅と反対側へ行くにはちょっと時間がかかって、あと、行きと帰りで経路を変えたのでちょっと大回り。ということで、「次の列車」には間に合わず、1本遅らせることにしました。もう、このあたりまで来れば、朝の出発時刻はかなり余裕をもって設定してあったので、特に慌てる必要もないわけで。

 列車1本分、待ち時間になってしまったので、駅舎の中にある写真集のようなものを見てみたり。地元の小学生が作ったものでした。

 そうして、今度は最後に小布施駅。この駅をこの日最後にしたのは、時間調整を見越してという意味でした。ということで、構内をひとしきり撮って、駅前に出ると、何となく時間があるわけで。

 そんなことで、いわゆる小布施の町の方へ歩いて行って、落雁を買ったり、今朝採ってきたという栗を買ったり。ある程度町の中を歩くのですが、本格的に歩くにはちょっと時間が足りないかもな・・・、と思って早めに切り上げ、駅へ戻ります。

 そうして、もうちょっと写真を撮って、あとは構内に展示してある以前の「ゆけむり号」のところへ行ったりしているうちに、乗るべき列車が来たので乗車。

 そんなことで、昨年の夏の分も含め、2日券を2回使って、屋代線を含む長野電鉄全駅の取材は終わったのでした。

 長野駅に戻りまして、昼食として、そば。やっぱり葉わさびが入るとうまいな、と思いつつ、あとは「駅そばキャンペーン」の応募葉書をもらって、あとは特にすることもないので改札内へ。

 そうして、早々にホームへ行くと、既に直江津行きの「妙高」が入線していたので、そのまま乗車してしまいました。

 ということで、今日も15分制限なのでここまで。まあ、あと1回で終わると思います。

|

« 更新しました(第807版) | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第807版) | トップページ | 旅行記:飯山線・長野電鉄完結編 本文(10) »