« 更新しました(第810版) | トップページ | PCの件(1) »

2012年12月10日 (月)

旅の改善点 2012年12月版

 ということで、旅行記のネタがなくなったと言って、このブログを休みにしていたら、多分、春になるまで「更新しました」しか書かなくなると思いますので、そろそろ平常営業に戻します。

 で、旅行記と「更新しました」以外のことを書くのは、確か7月以来だと思います。

 といいつつも、旅行記に近い内容になるんですが・・・。

 以前、旅に持っていくものということで、記事を書いたことがあります。

http://kukanzeneki.cocolog-nifty.com/1/2010/04/post-f840.html

 2010年頃の話でして、まあ、今の旅のスタイルに近づきつつあるときの話なんですけど、

 その時まで宿泊先はカプセルホテル・健康ランド中心だった→ビジネスホテルへ移行(今ではほとんどカプセルホテルに泊まることはなくなりました。というのも、カプセルホテルがある都市に泊まることがほとんど無くなったので・・・)

 という時期でもありまして、カプセルホテル・健康ランドだと基本的に「ナイロンタオル」が自由に使えることが多く、不自由を感じたことがなかったのですが、ビジネスホテルが主になると、ナイロンタオルがなく、普通のタオルで体を洗わざるを得ない、ということでナイロンタオルを持って行くと結構快適、ということに気づいたあたりの時期だったのです。

 そこから2年以上経ちまして、完全にビジネスホテルでの宿泊が自分の中で定着してきたこともありまして、それを前提に、旅の持ち物も変化していっているわけです。

 ということで、特に今年の旅で変化のあったことをちょこっと書いていきます。

●携帯ウォシュレットの導入

 これは6,500円ぐらいで入手したものなのですが、家のトイレで普段自分が使っている方のウォシュレットが壊れてしまいまして、それを修理するまでの間に合わせという意味もあって買いました。そちらは修理が終わったので、今は不要になって、純粋に「持ち運び用」になったわけですが。

 でまあ、ウォシュレットが必要なことって(以下、遠回しの表現ね)、私の場合は朝に限られる日が多いわけですけど、これが普段の生活スケジュールを前提にすると、8時半出発じゃないと、完全に「ウォシュレットが必要なこと」が終わらない場合があるわけで、こればっかりは腸の働きの問題もありまして、完全に理性だけでコントロールできるもんじゃないんですが。

 となると、5時台とか6時台から動こうとすると、完全に「ウォシュレットが必要な状態」が終わっていないこともありまして、例えば6時台から動き始めて、7時台にウォシュレットが必要になっても、駅やら列車内のトイレやらではそれがない事が多いわけです。

 ということで、トイレとある程度の水さえ確保できれば、極端な話、汲み取り式トイレであっても、普段通りの快適さを確保できる・・・。ということが可能になりました。

 といいつつ、これを旅で使い始めた当初(7月・8月頃の旅)って、結局、朝起きた瞬間に腸にスイッチが入ってしまって、家や宿泊先を出る頃には既にその日の「ウォシュレットが必要な状態」は終了してしまっていたことが多かったわけですが、9月以降は、腸にスイッチが入るタイミングがずれてきた(要するに、ウォシュレットが必要な状態が訪れる時刻が遅くなった)こともありまして、重宝しました。

 というか、遠回しに書こうとすると、かなりくどい文章になってしまったかも・・・。

●着替えの少量化

 ビジネスホテルに泊まると、風呂で洗濯ができてしまうわけで、それを前提に、日程にかかわらず、着替えは1日分のみとしました。

 大浴場のないホテルになると、ホテルに着いてから朝食までの間は部屋に閉じこもることになるので、となると、着替えすら要らないことも多く、事実、持って行った着替えをそのまま持ち帰ることも多かったわけですが(まあ、これもその間の服装にもよるんですけど、まあ、本題でないし)、とにかく、洗濯を前提とすると大幅に荷物は減ります。

 ただ、ホテルの風呂での作業を毎日やることになるんで、ちょっと手間であることは確かです。(おかげで母親が留守にして、洗濯をやることになったとき、洗濯機が異様に便利な道具であるということに気づいたり・・・。)

●USBメモリーに

 USBメモリーに、普段PCで使っているソフトの一部をそのまま入れまして(それが可能なものに限る)、つまり、ツイッターのタイムラインを一旦ダウンロードして見る形式のソフトなんですけど、これを持ち歩くことにより、ホテルのロビーにあるパソコンでも、いちいちログインして、最新のものから遡って見ていって、途中で重くなって、見ることができなくなって・・・、というのではなくて、前回の続きからサクサク見ていくことができるようになりました。

 ただし、USBメモリーからの読み込みができない設定のパソコンもありまして、この場合は使えませんでした。

●ホテルのアメニティーは不使用

 結局ですね、ホテルに備え付けの歯ブラシやらひげそりって、ちょっと使い勝手が悪いこともありまして、快適性から考えると、普段使っているものを持っていった方がいいわけです。

 そういうこともありまして、ホテルにおいてある消耗品は、基本的に使わない、ということを前提とすると、意外と快適ということに気づきました。ただし、ちょっとだけ荷物は増えます。

●ひげそりクリームの持ち歩き 

 そういや、ひげそりクリームというか、普段はシェービングスプレーを使っているんですが、それを持ち歩くと大げさなので、ちょっと小さい入れ物のクリームを持ち歩くことにしました。

 意外とですね、ホテルにあるボディーシャンプーやら、洗顔料って、ひげを剃るにはちょっと役不足な部分がありまして、要するに痛かったわけです。

 ということで、これも荷物が増えるんですけど、ちょっと持ち歩くだけで違いました。

●バリカンも持って行ってしまえ・・・

 夏の間は2日に1日は散髪しているという始末。まあね、旅の前日に普段の6ミリじゃなくて、3ミリで刈ってしまえば済む問題だという話もあるんですけど、とにかく、列車に乗っていて暇だとちょっとのびただけでも気になってしょうがない。

 というわけで、ちょっと日程が長かった北海道の旅の時は、バリカンを持って行きました。

 で、1日目の大浴場がある宿で泊まったときと、最終日の寝台車の日を除いて、結局暇なので毎日刈っていたのでした。ただ、毛が飛び散らないようにするのと、多分、頭を刈っているなんて思って掃除していないと思うんで、ある程度気を使って思い当たるところは一通りこちらで掃除しておく、ということはやっておいたので、ちょっと手間かも知れませんが、でも快適な旅でした。

 というところが今年の旅の改善点。実は、今年の旅が終わってから、タブレットを買ったこともありまして、実は来年以降の旅でのスタイルがちょっと変化する可能性があります。

 このへんはまた来年、何かを書くかも知れません。

|

« 更新しました(第810版) | トップページ | PCの件(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第810版) | トップページ | PCの件(1) »