« 旅行記:長良川鉄道1回目 (3) | トップページ | 更新しました(第833版) »

2013年5月18日 (土)

旅行記:長良川鉄道1回目 (4)

 なんとか2日目に入りました。

●4月29日

【美濃太田】7:48発-(普通)→【★美濃市】8:19着、8:47発-(普通)→【★木尾】9:02着・・・(徒歩)→【★母野】10:05発-(普通)→【★洲原】10:07着、10:32発-(普通)→【★相生】11:05着、11:22発-(普通)→【★赤池】11:31・・・(徒歩)→【★美並刈安】12:35発-(普通)→【★深戸】12:41着、13:10発-(普通)→【★八坂】13:26着、14:03発-(普通)→【★福野】14:11着・・・(徒歩)→【★大矢】15:18発-(普通)→【★関口】15:57着、16:21発-(普通)→【★富加】16:29着、17:13発-(普通)→【美濃太田】17:22着、17:27発-(普通)→【岐阜】18:04着、18:12発-(L特急しらさぎ13号)→【金沢】20:53着

●美濃太田~

 前回泊まったときは朝風呂に入ったのですが、今日はその気にならず、単純に朝食より。そういや、前回、朝風呂に入った上に朝食前に美濃太田駅を取材する、なんていうこともやっていたんですけど、やっぱり季節的にそんなに早く起きるわけでないので(起床時刻は季節によって大きく変動する人)、6時45分からの朝食を、7時ちょっと前から食べるだけにとどまったのでした。

 朝食の勝手もだいたい分かっていたので、特に驚くこともがっかりすることもなく食べ終わりまして、一旦部屋に戻り、足に絆創膏を計10枚程度貼ります。ダイソーにかなり安くて大量に入っているのがあるんで、買ってあります。別に怪我をしているところに貼るわけでないので、普通のものだともったいないんですよね。

 体質的なものか、靴擦れが起きやすいわけでして、何とか1日目は何も起きずに済んだのですが、この日も結構歩く予定なので、念のため貼っておきます。駅間を歩くのも割と長距離なのですが、最近では単に駅に降りて取材して乗るだけでもかなりの徒歩距離になってしまいます。

 以前はホームの端から端と、これが2本あれば2本分、そして駅前ぐらいだったのですが、最近は近くの踏切に行ったり、駅の裏に行ったり、そして反対側の踏切へ行って戻ってきて・・・、ってやるので、多分下手をすると一駅で1キロ弱は歩いていると思います。

 さて、半年以上、旅には出ていなかったので、さて、どこに貼るんだったろうか、と思い出しながら貼るわけですが、結果をいうと部分的にちょっと足りなかったみたいです。

 そうやって用意をして美濃太田駅へ。ホームへ降りていくと窓口も空いていなかったので、前日にきっぷを買っておいて正解でした。関駅取り次ぎでもいいのですが、やっぱりちょっと面倒ですし。

 さて、降りる駅を決めないまま、美濃市行きに乗車。いきなり前平公園駅で降りてしまうのも手なのですが。

 基本的にこの日は美濃市駅以北に行くつもりで、しかも、それも全部ではなく、まして美濃市駅以南は「つまみ食い」程度にしかならない予定でした。(というか、実際そうなっています。)それで、なるべくいい駅、というよりも、取材するのに難易度が高そうな駅っていうのがありまして。

 物理的には「自然園前」駅なんか、多分、短時間滞在か、長時間滞在、隣接駅まで遠い、という難しさがあるなと思っているのですが、降りたのはいいが、取材しにくそうな駅、というのが2駅ほどありまして、それが関下有知駅と梅山駅です。

 物理的に高校のそばにありまして、下手をするとホームに高校生がたくさんいて、取材しにくい、ということがあるなと思ったわけです。

 だから、もし今、関下有知駅を通って、ホームに人がいなさそうだったら、今のうちに撮っておこうと思ったわけです。(梅山駅は湯の洞温泉口発着の区間運転列車を使う駅だと思っています。)

 それで、駅のそばの高校では既に野球部の練習をやっていたのが前日と同じ風景。それで、ホームを見ると、女子高校生が1名、椅子に座っていて、列車に乗るわけでもなく、うなだれている様子。

 となると、やっぱり降りて駅の写真を撮るっていうことがものすごくやりにくいんです。ということで、関下有知駅では降りず。

 とやっているうちに、終点の美濃市駅に着いてしまったので、この駅を取材。何となく、美濃市駅以北中心になってしまうことが確定したのでした。

 ちなみに、美濃市駅についても、既にアップしてありますので、特に詳細は書きません。一応、踏切の方向は目指したのですが、そこまで行かなくても構内を外から撮ることができる場所があったこと、反対側に行けないか、行こうとすると大がかりなことになること、ということで、歩く距離は比較的短い駅でした。

 それと、名鉄美濃町線の廃駅跡は、実は存在自体、この時知らなかったので、探すことをせず。次の機会、時間があったら行って見ようかと思います。

 ということで、これを書いているのが土曜日で、朝のうちにだいたい書いて、帰ってきてから付け足してアップするのですが、このまま書くと長くなるので、今日はここまで。明日は更新日なので、早くて明後日からこの続きを書きます。

|

« 旅行記:長良川鉄道1回目 (3) | トップページ | 更新しました(第833版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:長良川鉄道1回目 (3) | トップページ | 更新しました(第833版) »