« 旅行記:長良川鉄道1回目 (7) | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (9) »

2013年5月23日 (木)

旅行記:長良川鉄道1回目 (8)

 続きです。長良川鉄道線内は今回まで、次回で帰り着く感じになると思います。

●4月29日

【美濃太田】7:48発-(普通)→【★美濃市】8:19着、8:47発-(普通)→【★木尾】9:02着・・・(徒歩)→【★母野】10:05発-(普通)→【★洲原】10:07着、10:32発-(普通)→【★相生】11:05着、11:22発-(普通)→【★赤池】11:31・・・(徒歩)→【★美並刈安】12:35発-(普通)→【★深戸】12:41着、13:10発-(普通)→【★八坂】13:26着、14:03発-(普通)→【★福野】14:11着・・・(徒歩)→【★大矢】15:18発-(普通)→【★関口】15:57着、16:21発-(普通)→【★富加】16:29着、17:13発-(普通)→【美濃太田】17:22着、17:27発-(普通)→【岐阜】18:04着、18:12発-(L特急しらさぎ13号)→【金沢】20:53着

●関口~美濃太田

 大矢から乗った列車は、美濃市駅を過ぎて運転本数の多い区間に入りました。

 さて。このままゆとりを持って帰るなら、美濃太田駅へそのまま行って、岐阜経由で帰ること。実際、帰り着きたい金沢着の時刻から逆算すると、このまま美濃太田へ行くか、もう一駅だけ降りて、次の列車で美濃太田まで、ということになるわけです。

 でも、通常の乗り継ぎ時刻で、特にゆとりも持たずに帰るとなると・・・。つまり、ぎりぎり詰め込むとあと2駅降りることができる・・・。

 でまあこれ実際、反対方向の列車を使ったらもう一駅増やせたのですが、まあ、そこまではいいので、せっかくなので、撮れるだけ撮っておこう、ということで、美濃市駅以南で2駅降りておくことにしました。

 さてどの駅に・・・?。関口駅がちょっと前に無人化され、何やら案内によると「待合室とトイレは順次閉鎖します」みたいなことが書かれていたので、もしかすると、今回降りておかないと何か撮れなくなるかもな、ということで関口駅。あと、最初に通ったときに妙に感動してしまった富加駅の2駅としました。

 そういうことで、美濃市駅を過ぎてしばらく進み、ちょっと気になる関駅も過ぎ、駅間距離の短い刃物会館前も過ぎて、関口駅。

 やはりここまで来ると雰囲気が違ってきます。私鉄並みの駅間の短さなのに、国鉄らしい駅があるというのが何とも言えない雰囲気です。

 と、この駅の場合は既にアップしてありますので、ここで詳しく書くものでもないのですが、片方の踏切は駅のそばだったので楽に反対側に行け、そして、そのまま戻るのではなく、反対側にある踏切をまわろうとしたら結構遠かった、という次第。駅の雰囲気とは裏腹に、結構歩きました。

 そして、短距離を乗って富加駅。この駅も構内がすごいな、ということで降りたわけです。その前に大矢駅でこの雰囲気を味わっているので、似た部分もありつつ、どちらかというと、会計事務所が駅舎に同居していて、きっぷの販売も行っている、ということに妙に感動したのでした。

 そうして、さらに短距離を乗り、美濃太田駅へ。

 ということで、あと1日ひっぱるので、ここで切ります。なんか、曜日を間違えていて、今週いっぱい長良川鉄道でひっぱるようなことを書いたのですが、明日まで書いてもあと1日残りますよね・・・。別のことを書いて、月曜日から北近畿タンゴ鉄道、という流れにしたいと思います。

|

« 旅行記:長良川鉄道1回目 (7) | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:長良川鉄道1回目 (7) | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (9) »