« 旅行記:長良川鉄道1回目 (5) | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (7) »

2013年5月21日 (火)

旅行記:長良川鉄道1回目 (6)

 なんとなく、2日目になってから小出しで書くようになってきたのですが、続きです。

●4月29日

【美濃太田】7:48発-(普通)→【★美濃市】8:19着、8:47発-(普通)→【★木尾】9:02着・・・(徒歩)→【★母野】10:05発-(普通)→【★洲原】10:07着、10:32発-(普通)→【★相生】11:05着、11:22発-(普通)→【★赤池】11:31・・・(徒歩)→【★美並刈安】12:35発-(普通)→【★深戸】12:41着、13:10発-(普通)→【★八坂】13:26着、14:03発-(普通)→【★福野】14:11着・・・(徒歩)→【★大矢】15:18発-(普通)→【★関口】15:57着、16:21発-(普通)→【★富加】16:29着、17:13発-(普通)→【美濃太田】17:22着、17:27発-(普通)→【岐阜】18:04着、18:12発-(L特急しらさぎ13号)→【金沢】20:53着

●洲原~深戸

 洲原駅を出まして、この列車が北濃まで行く列車であり、時間的にもいい列車であるので結構混んでいます。混んでいようがとりあえず外が見えれば、長距離を乗るわけでないのでいいのですが。

 先ほど降りたり歩いたりしたところを見て、その次の駅、みなみ子宝温泉駅。割とこの駅で降りる乗客が多く、少し車内が落ち着きます。この駅前後、駅間距離が短いので歩くことをこの時点では考えていたのですが、実際、この駅だけ飛ばしてしまうという結果になりました。

 秋頃に温泉に入りがてら、この駅に来るのもいいなと思ったり、実際歩くと温泉に入る時間もないので、駅間を歩かない前提でこの駅に来るようにしたほうがいいかなとも思います。ということで、この路線の特徴のある駅として代表格であるこの駅は、今回は撮らず終いでした。

 さて、この先どんどん進んでいくのですが、何となくよさそうな駅、でも何か降りていく人が多いし、どうなんだろう?降りるのは辞めよう、とか思っているうちにさらに進んで行ってしまいます。

 この日は郡上八幡駅を含まないで、それより南の駅を集中的に、と思っていました。郡上八幡まで行ってしまうと反対方向の列車を1本見送ってしまうことになるので、若干効率が落ちるという意味合いも含め、自由に撮っているように見せかけて、実はある程度範囲を絞っていたのです。

 それで、なるべく美濃市に近い側からきれいに埋めていこうと思っていたのですが、結局降りそびれているうちに郡上八幡の一つ前、相生駅に来てしまったので、降りてしまいました。

 次の郡上八幡で交換する列車で戻るため、比較的時間は短めなのですが、その中でも割と歩いて撮ったのかなと思います。

 そして、反対方向の列車ですぐに戻ってしまいます。つまり、この日の再遠到達地点が相生駅なのですが、単純に自分の家からの直線距離で考えると、この路線、遠くなればなるほど家に近づいていることになりまして、何となく不思議な気分です。

 後ほど、反対方向の列車に乗ることが分かっているので、次の深戸で降りると明らかに非効率になるので、赤池。

 この駅、水田が近くに広がっていてかなりきれいです。是非降りたいと思った駅の一つです。

 それで、この駅で1時間?。物理的に無理ではないのですが、一応歩いて回る範囲もさほど広くないので、1時間ね・・・?

 ということで、例によって隣の駅まで行ってしまうことにしました。

 昨日書いた通り、各駅で歩き回る範囲を考慮すると、そこから戻って、と考えると隣の駅まで行ってしまっても大差がない場合がある、という実例にあてはまるような感じです。

 というのも、この駅だけで見るとさほど歩くところもなかったのですが、隣の美並刈安へ向かって歩いているうちに、少し離れたところからこの駅がきれいに見えるところがありまして、でもそこまで歩いて再び赤池駅に戻るとかなりの距離を歩く、じゃあ、美並刈安まで歩いたら、美並刈安でも、赤池駅に向かって結構歩く部分があった、という次第です。

 それはそうと、ちょっとだけ線路から離れるのですが、水田中心の風景の中を歩いて、美並刈安に到着。この駅も駅舎がしっかりしていていい駅です。

 歩いたにもかかわらず、美並刈安駅でも十分な取材時間があり、またもや北濃方面へ向けて乗車。この列車が前日、最初に乗った列車です。

 こうやって2~3日、ある路線に入り浸っていると、2日続けて同じ列車に乗ってしまうという現象が起こるのですが、やっぱり起こってしまいました。とは言っても、前日は全区間を乗ったのに対し、この日は2駅区間なのですが、先ほど飛ばした深戸駅。

 この駅も駅舎がしっかりしていました。また、駅の反対側には水田がありまして、ただし両側でなく片方だけ水が張ってある状態だったのですが、この季節らしい風景でした。

 ということで、昨日と同様、徒歩も含めて3駅分書いたので今日はここまで。この日、結果的に徒歩を含めた3駅取材というのを3回やっているのですが、明日はその第3セット目になります。

 

|

« 旅行記:長良川鉄道1回目 (5) | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:長良川鉄道1回目 (5) | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (7) »