« 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(2) | トップページ | 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(4) »

2013年5月28日 (火)

旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(3)

 昨日は一通り乗ったところで終わったので、続き。いよいよ駅を巡る話に入ります。

●5月4日

 【金沢】6:11発-(特急サンダーバード4号)→【敦賀】7:36着、7:43発-(普通)→【東舞鶴】9:34着、9:48発-(普通)→【西舞鶴】9:54着、10:26発-(普通・丹後あかまつ1号)→【★但馬三江】12:35着、12:50発-(普通)→【★甲山】13:05着、13:52発-(普通)→【★丹後神野】13:57着、14:23発-(快速丹波路)→【★久美浜】14:30着、15:22発-(普通)→【★網野】15:51着、16:26発-(普通)→【★木津温泉】16:33着、16:46発-(普通)→【★峰山】17:06着(同一列車。停車中。)17:25発-(普通)→【★丹後大宮】17:32着、17:55発-(普通)→【豊岡】18:46着

●但馬三江~久美浜

 雨だけは避けたいと思いつつ、小雨の中降りてしまったわけですが、天気予報で雨だったら、特に直前に予定を決めるときはなるべく旅すらも中止することにしつつ、天気予報を信頼して旅に出た以上、現実雨でも基本的に取材は続行することにしています。

 ただし、夕方近くなって、雨のため暗くなるのが早くなったら早めに終了、ということになるのですが、日中だし、乗りつぶす路線もないし、早くホテルに入るわけでもなし、何よりも小雨なので但馬三江駅では取材続行。そんな大きな影響のある雨ではありませんでした。

 とは言っても、時刻表を開いているとちょっと濡れるぐらいでして、おかげで北近畿タンゴ鉄道のページはすぐに開けるようになったのが良かったのか悪かったのか?

 それで、この駅以降、各駅の時間を短めにして何となく予定を考えていたのですが、この但馬三江駅に着く際に、ちょっと遅れたこともありまして、各駅での時間は多少ゆとりを持たせることにしました。というよりも、この駅に着くまでの間に考えていた予定がどんなものだったかが思い出せないのですが。

 小浜線の松尾寺駅にちょっと似た感じの但馬三江駅での時間が短めで、駅周辺をじっくりまわるというわけにもいかなかったのですが、小雨なので時間があってもまわることはできなかったのですが。

 ということで、反対方向の列車が到着。ようやく、普通の北近畿タンゴ鉄道の列車に乗ることができました。転換クロスシートで快適。のれんの掛かったトイレの横とか、変なカウンター席じゃなくて、普通の座席の方が快適だなと改めて感じました。

 再び県境を越え、一旦久美浜駅を通り過ぎ、甲山駅。ここまで来ると雨は降っていなかったのですが、曇の天気。ちなみに、雨に当たったのは但馬三江駅だけで、あと、この日に撮った駅は全て曇の中の画像となります。翌日はほぼ晴でした。

 さて、さっき「あかまつあおまつ車両」の中での案内にあった兜山。多分あれだろうなと思っていたら、どうも駅にある案内版を見ていると違うらしい・・・。どれも兜のように見えるし、どれがほんとなのかいまいち分からない訳で、もしかしたらWebサイト本文中、兜山じゃないモノを兜山と紹介してしまうかも知れません。とりあえず、それらしきものはいくつか撮ってあります。

 反対側に行ける駅でもなかったのですが、ちょっと歩いて川沿いへ。もっと時間があれば兜山に上るルートもあるらしいのですが、そこまで時間がないので省略。

 それで、実はこの駅での滞在時間を短くして

実際:

【★甲山】13:05着、13:52発-(普通)→【★丹後神野】13:57着、14:23発-(快速丹波路)→【★久美浜】14:30着、15:22発

この駅到着時の予定

【★甲山】13:05着、13:43発-(普通)→【★久美浜】13:49着、15:22発

 という、久美浜駅での時間がやたら長くなる予定を考えていたのですが、実はこのやたら長い久美浜駅での滞在時間は、丹後神野駅の滞在時間に振り替えることが出来る、ということが判明し、結果、甲山駅での滞在時間が、降りたときの予定よりも長くなってしまったのでした。

 ということで、一駅区間だけ列車に乗り、丹後神野駅へ。

 この駅の駅前からそのまま歩くと、小さい港の桟橋のようなところまで行き着きます。逆に、反対側には少し水田もあり、その水田越しのホームの様子も撮れます。ということで、海と水田という二つの水と駅を見ることができるという、ちょっと嬉しい駅でした。

 そうして、特急列車が途中から快速列車になってしまった列車で、一区間。甲山駅を通過してしまうので、一区間になります。

 この列車、ここまで来るとあまり乗客がおらず、2両目は誰も乗っていなかったので、その車両へ。車掌さんが検札に来るぐらいの豪華な対応をして頂いたのと、豊岡駅でJRへの乗換をするかどうか聞かれました。各駅での滞在時間が長くなっているので、そんなに遅れは意識していないのですが、ぎりぎりの接続だと、ちょっと影響のある程度の遅れだったようです。

 そういうことで、特急列車の車両に乗れて嬉しい気分も束の間、久美浜駅に到着。

 

 ということで、今日は久美浜駅に着いたところまで。この日は取材駅数が少ないのですが、あと2日は1日目が続きそうな気がしています。

|

« 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(2) | トップページ | 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(2) | トップページ | 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(4) »