« 旅行記:2件分の行き先変遷 | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (1) »

2013年5月14日 (火)

基準改定

 と、今回の旅行記を書くにあたり、ちょこっと旅の間考えていたことを書いておきます。

 といっても、かなりくだらない話なので、このサイトに興味がある奇特な方以外は、特に読まなくても構いません。明日以降の旅行記をお待ちください。

 「区間全駅」のコーナーは、あくまで「主要駅と主要駅の区間」の「全駅」を目標にご紹介するコーナーです。

 ここには「線区」という単位は重要視されておらず、例えば東海道本線なんて米原~神戸と米原~名古屋(米原を境に方向が逆になってしまうのがこのサイトらしい部分で)だけご紹介して、東京~名古屋は置き去りになっています。

 とは言っても、支線のようにさほど距離が長くない「線区」は、一つの「区間」として扱うことが多く、最近はなるべく細切れせずに、一つの路線を一つの区間にするように心がけています。(例:長野電鉄長野線・長良川鉄道越美南線など)

 それで、この「区間」ないし「線区」は、日程の関係もあり、一度行っただけで「全駅」を取材することができないことが多いです。

 その場合でも、取材してきたものを順にアップしていくわけです。そして、次に行ったあとに、残りの駅を追加していく形にしています。

 さて、これとは別に、たまたま通りがかったときに、せっかくなんで撮っておこう、ということで撮っておいた駅がありまして、いずれ「区間」として扱うかも知れないが、今のところはこの駅と周辺の数駅だけなんで、「区間」を設定せずに、「区間全駅」から見ると「仮状態」のままご紹介することがあります。これが「区間全駅」の中の「仮置き場」のコーナーです。

 だから、一義的には「区間全駅」として「区間」を設定するのは、全駅を撮り終えたか、全駅を撮り終えないまでもある程度撮ってきた「区間」又は「線区」に限ります。一方、「仮置き場」というのはスポットで一駅又は周辺の数駅を撮ってきた場合に使う項目です。

 そういう意味では現在の「仮置き場」って、たまたま撮ってきた駅、という位置付けの駅がほとんどだと思います。

 さて。では、「区間を設定する」のと、「仮置き場」って明確な区分があるのかどうか・・・。いろいろ例があり、単純に割り切れるものではありません。例えば、「区間」を設定するとすれば8駅ある「区間」があるとします。その中の3駅を撮ってきました。来年あたりにもう一度行って、あと4駅ほど撮ってこようかなと思っています。では、この撮ってきた3駅はどうやって掲載するでしょうか?

 ということで、これは、今のサイト上に書いてある説明では「区間」を決めて、その中の過半数の駅(他の「区間」で扱っている駅を含む)を取材したなら「区間」を設定し、「本編」(つまりその「区間」)として掲載する。過半数に達していなかったら「区間」を設定せずに「仮置き場」として掲載する、ということになっています。

 なお、「区間」を設定するときの「主要駅」には、特に明確な区別な定義はない、ということになっています。(予讃線の川之江駅で切ってあるのも、その駅まで取材できて、周辺の駅の中で大きい駅だった、という程度の意味です。)

 だから、飯山線で「十日町-越後川口間」という設定をしてしまったのも、「仮置き場」を通さないための措置でもありまして、「仮置き場」を通さないために「区間」が設定される、ということもあるわけです。

 というところが、何となく復習と言いますか、何度か書いてきたお話です。つまり前提です。

 それで、今回の長良川鉄道越美南線について。

 結果的には美濃太田駅も入れて38駅中20駅ということで過半数に達したのですが、これ、過半数に達しないかも知れない、と旅の間考えておりました。

 じゃあ、例えば18駅撮れたとして、これを全部「仮置き場」にするのか?とか、「美濃太田-美濃市間」と「美濃市-北濃間」に分けるのか?ということもあり得るなと思いました。多分、ちょっと前なら後者のように分けたと思います。

 でまあ、過去には表向き「仮置き場」と書いておいても、どうせすぐに追加取材するし、ということで、URL上は既に区間を設定してしまって「本編」になっていた、ということもあります。

 ということで、今回のような例も出てこないとも限らず、どうせしばらくしたら行くのに、わざわざ「仮置き場」にしたり、その時の取材状況により区間を細かく切ってもしょうがないな、と思うわけです。

 そこで、一応、今まで通り「区間」を設定したとすれば、他の区間にある両端の駅も含め、過半数が揃ったら「区間」として扱う、という「過半数条項」は残します。

 そのうえで、特例としまして・・・

 1.その区間の5駅以上(他区間に含む駅を含む)を取材したこと。

 2.おおむね1年以内に、追加取材をしたい願望があること。

 これを満たせば、「過半数」を満たさなくても「区間」として掲載することにしました。

 まあ、5駅ぐらいあれば「区間」として見応えはあるかな、という程度。これが、今後、もし4駅しか撮れないところがあったら、この「定め」を変えるんだろうなと思います。

 また「追加取材したい願望」だけなので、結果行かなかったら「仮置き場」に変更する、という意味でもありません。永遠にそのままかも知れません。だから一応「5駅」という縛りを作っておくのです。

 じゃないと、男鹿線の3駅が「仮置き場」にありますが、これ、本当は早々に行って全駅撮ってくるつもりだったんですよね・・・。でも3駅(追分駅を入れて4駅)だと、やっぱり「区間」として見応えがないですし、やっぱり5駅ぐらいの縛りは必要かなと思います。

 もしかしてこの「定め」、「函館本線 森-長万部間」で活用できるかも知れません。両端+八雲駅が取材済なので、あと2駅撮れば「区間」の設定ができてしまう・・・。実はこのGWに行こうかなと考えていたときに「区間の過半数」ということがちょっと頭をよぎっていたのです。でも「1年以内に取材」はできないと思うんですが、すぐにでも行きたい「願望」はあるし・・・。

 ということで、珍しく連日ブログを書いていると思ったら実にくだらない、個人的定めを書いてしまうという暴挙に出たのですが、いよいよ次回から旅行記となります。一応、長良川鉄道越美南線の旅行記を書くにあたり、ちょっと今回、掲載方法としてひっかかっていたことなので先に書いておきました。

|

« 旅行記:2件分の行き先変遷 | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:2件分の行き先変遷 | トップページ | 旅行記:長良川鉄道1回目 (1) »