« 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(4) | トップページ | 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(6) »

2013年5月30日 (木)

旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(5)

 ようやく1日目が書き終える予定?

●5月4日

 【金沢】6:11発-(特急サンダーバード4号)→【敦賀】7:36着、7:43発-(普通)→【東舞鶴】9:34着、9:48発-(普通)→【西舞鶴】9:54着、10:26発-(普通・丹後あかまつ1号)→【★但馬三江】12:35着、12:50発-(普通)→【★甲山】13:05着、13:52発-(普通)→【★丹後神野】13:57着、14:23発-(快速丹波路)→【★久美浜】14:30着、15:22発-(普通)→【★網野】15:51着、16:26発-(普通)→【★木津温泉】16:33着、16:46発-(普通)→【★峰山】17:06着(同一列車。停車中。)17:25発-(普通)→【★丹後大宮】17:32着、17:55発-(普通)→【豊岡】18:46着

●丹後大宮~豊岡

 本当は丹後大宮か野田川、あるいは天橋立あたりで宿泊ができれば一番効率的なんですけど、なかなかこの駅巡りと宿泊というのは厳密にリンクしないことが多いです。それよりもこの日、これだけきれいに丹後大宮~豊岡の各駅の取材がきれいに終わるなんて想定していなかったので、50分ぐらい、今降りてきた駅を見ながら、徐々に暗くなっていくところを豊岡へ「戻る」という行為になってしまいます。

 さて、豊岡に着いて、一昨年の秋もここで降りているので何となく勝手は分かっているのですが北近畿タンゴ鉄道基準で行くと橋上駅を上がらなくて済むので楽です。

 その一昨年の秋、どこで食べたか・・・。飯田とかいろいろな町と混同してしまっていて、全く思い出せないのですが、確かこのへんに定食やさんがあったはず、なかったらどこかの町と一緒になっている、と思ったらありました。うっすらと記憶にあったものは、豊岡の町で間違いなかったようです。

 そして中に入ると、記憶にある席でして、まさに一昨年の秋、ここで夕食を食べたのでした。多分、唐揚げ定食を頼んだと思うのですが、まさに今回もそれを頼んで食べたのでした。

 そのあと、駅の向かいにあるスーパーへ。翌日の昼食としてのパン。この日のように昼食を食べ損ねることが多く、しかもスーパーなのでコンビニより安く買えるので、今のうちに買っておきます。ただこれ、結果的には買う必要がなかったのですが、その話は翌日の宮津駅のところで書きます。

 それと水も安いので買っておいたり、少しだけおやつ(麦チョコ)。多分、2年前の秋もここで同じようなモノを買ったはずです。

 そして、またもや2年前と同じホテルへ。何となくフロントまわりとかも覚えていたので、特に戸惑うことなくチェックイン。2年前の時は部屋に入る前にロビーのパソコンを触ったのですが、タブレットがあるとそういうことをしなくてもいい、というのが違いかも知れません。

 今回は大浴場があるホテルではないので、部屋の風呂に入り、早めに就寝。

 そして、朝食は7時からだときついなと思っておりまして、この7時32分を逃すと8時52分(久美浜から特急)、そして9時43分の普通、というようになってしまいます。下手をすると8時52分発だと但馬三江駅に行けないし、ということで、前日但馬三江駅、そして甲山駅を優先させたという経緯があったのです。

 それで朝食開始時刻は6時。まあ、そこまで早くなくて良かったのですが、かなり余裕をもって、朝食を食べてから部屋でくつろげるぐらいの余裕がありながらチェックアウトできました。

 そして、駅へ行ってみるとやっぱり窓口は開いている時間ではなかったです。前日にきっぷを買っておいてちょうどよかったのでした。

***

 ということで、内容的に2日目の朝まで書いてしまったのですが、どうにか1日目は終了。次は2日目なのですが、さて、何日かかることか・・・。

|

« 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(4) | トップページ | 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(4) | トップページ | 旅行記:北近畿タンゴ鉄道宮津線(6) »