« 旅行記:第4回山陰本線 内容3 | トップページ | 旅行記:第4回山陰本線 内容5 »

2013年10月 8日 (火)

旅行記:第4回山陰本線 内容4

 ということでつづき。多分、かなりのハイペースで書かないと次の旅までに終わらないので、今週は優先順位を上げて書いていきます。

●8月16日(金)

 【★米子】8:30発-(快速アクアライナー)→【★仁万】10:26着、11:22発-(普通)→【★湯里】11:39着、12:06発-(普通)→【★馬路】12:16(数分前)着、13:13発-(普通)→【★江津】13:39着、15:04発-(普通)→【★温泉津】15:23着、15:47発-(普通)→【★黒松】15:55着、16:43発-(普通)→【★浅利】16:49着、17:31発-(普通)→【★石見福光】17:40着、18:32発-(快速アクアライナー・乗車区間は全駅停車)→【大田市】19:01着

●江津~

 江津駅から、一気に、といってもそんなに一気ではないのですが、温泉津駅へ。ここから先、行ったり来たりしていますが、ここで「穴」が出来なかったのがちょっと奇跡的なぐらいなんです。

 そうして温泉津駅。ここでは滞在時間が30分を切っています。昔だと十分すぎるぐらい何ですけど、今だとかなり短い部類。それで、駅を出て、しばらく歩いて線路を跨ぐ歩道橋まで行って、そこから構内を撮ってみたり。ほんとうはその歩道橋と反対側へ行くと、海の方へ行けるのですが、そちらは時間がないので行けず終い。

 時間があれば行きたいところ、なのですが、足の水ぶくれがひどくなってきているので、歩きにくいということもあるわけで、こういう「時間制限」も必要なのだと思います。ほんと、時間制限がなければ、ひたすら歩いているわけで。

 そして、江津の方へ戻り、黒松駅。何となく山の中にあるような雰囲気なのですが、降りていくとやっぱり海に出ることが出来ます。今回はしっかりと降りていって海へ。足が痛いとかいいつつ、しっかり歩いているのですが。しかも、行きと帰りでしっかりとルートを変えているし。

 その次は浅利駅。この駅に行き着くまでに小学生の団体が列車内にたくさんいたのですが、花火でも見に行くのだろう、と思ったら、一緒にこの駅で降りる羽目に。ぞろぞろと駅舎の方に行き、迎えに来ていた人に「こんにちわ」とか言っているので、多分、その人のところに泊まるのだと思いますが、とりあえず、駅が落ち着いてから普通通り撮影。

 この駅の場合は海に出るというものでもなかったので、ちょっと踏切の方まで行ったり、国道に出たり、というところで終了。

 そして、今度は石見福光駅。この駅も海が近いのですが、時間的に結構遅くなっています。海へ行っても「青空の下の海」という風景でなく、人がいなくなってしまった海水浴場、という風景になってしまいました。

 「福光海水浴場」という、北陸から見ると違和感ありまくりの海水浴場をちょっとだけ歩き、駅へ戻りまして、しばらく駅舎にいたり、ホームに佇んだりと。

 海が近かったため、実際、さほど歩く距離がなかったので、取材自体は割と早く終わって、駅で佇む時間がちょっと長めでした。それと、ここから乗る列車が遅れたこともあり、さらに佇む時間が長かったようです。

 そして乗っているうちに暗くなり、大田市着。

 駅前のホテル・・・、といきたいところなのですが、駅とホテルがちょっと離れておりまして、この足が痛いときにさらに歩くことに。しかも地図を見間違えていて、駅を出てまっすぐ行き、曲がる方向を間違えたので、駅から遠ざかる羽目に。

 なんか、駅と反対方向へウロウロと歩いて行き、その誤りに気づき、修正。弁当屋さんがありまして、まさかそこで買えばよかった、と後悔する羽目になろうとは。

 ようやくホテルに着きまして、夕食を食べずに着いてしまったので、さて、このへんに定食屋さんなり、中華料理屋さんなり、ラーメン屋さんなりないでしょうか?とチェックイン時に質問。

 結局、近くても5分ほど歩いたところにある居酒屋ぐらい、ということ。

 居酒屋もね・・・、酒を飲みたいわけでないし、単に何かを食べることができればいいだけだし。というよりも、今日はもうこれ以上歩きたくない・・・。

 ということで、かなり貧粗な食生活になってしまったのですが、フロントで「どん兵衛」と「イカフライスナック」を購入し、部屋でお湯を沸かして食べる羽目に。まあ、何も食べないよりはいいや。

 ほんと、さっき通りかかったほっかほっか亭で何か買うんだった・・・。

 まあ、お昼に江津でガッツリと食べておいたのでよかったのですが、よくありがちな「お昼を食べていなかった」ということにならなかったので良かったと思います。昼食べていなかったら、無理矢理にでも居酒屋に行っていたかも知れません。

***

 ということで、2日目終了。3日目も割と駅をまわっているので、長くなるなら2日間に分かれるかも知れません。

|

« 旅行記:第4回山陰本線 内容3 | トップページ | 旅行記:第4回山陰本線 内容5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:第4回山陰本線 内容3 | トップページ | 旅行記:第4回山陰本線 内容5 »