« 旅行記:松本電鉄 内容(3) | トップページ | 旅行記:松本電鉄 内容(5) »

2013年11月 7日 (木)

旅行記:松本電鉄 内容(4)

 続きです。本格的に駅取材をしているのが2日目だけなので、簡単に各駅での動きを書いているのですが、その後半です。

●9月22日(日)
 【松本】7:59発-(普通)→【★新島々】8:30着、9:19発-(普通)→【★渕東】9:21着、10:10発-(普通)→【★波田】10:13着、10:53発-(普通)→【★下島】10:56着、11:39発-(普通)→【★森口】11:41着、12:17発-(普通)→【★三溝】12:19着、13:04発-(普通)→【★新村】13:07着、13:41発(普通)→【★北新松本大学前】13:43着、14:22発-(普通)→【★下新】14:24着、15:04発-(普通)→【★大庭】15:07着、15:47発-(普通)→【★信濃荒井】15:49着、16:29発-(普通)→【★渚】16:31着、17:10発-(普通)→【★西松本】17:12着、17:51発-(普通)→【松本】17:53着、18:22発-(普通)→【村井】18:32着

●北新松本大学前~

 そういうことで、次の北新松本大学前駅で下車。松本大学がそばにあるのですが、大学のそばに駅があるのは羨ましいなと思うわけです。

 さて、大学が近いということは他の乗客がいる可能性が高いということで、はたまた駅の近くに人がいることが多いというわけで、コンパクトであるとはいってもカメラを持ってパシャパシャ撮って歩くのもどうかなという部分もあり、遠慮がちになるわけです。

 とりあえず、降りた瞬間は人がほとんどいないので(松本方面に行く人が乗ってしまうので)、着いてすぐにホームや駅舎を撮り、あとは周辺。といっても、駅の反対側には民家のようなものや竹藪のようなものがあって、バッチリ反対側からホームが見えるわけでなし、踏切は駅のすぐそばにあるし、また、大学の方の方へ行ってもしょうがないし、せいぜい、大学と駅の間にある水田越しに駅を撮ってみるぐらいで割と行動範囲の狭い駅となってしまいました。

 そういうことで、駅のホームに佇む時間が長くなってしまうのですが、人も増えてくるし、おとなしく駅のホームで佇んでいたという次第です。

 さて、次の下新駅。こちらは駅の反対側に水田が広がっていて、割と行動範囲も広そう。駅に酒蔵の広告があるのをチェック。

 一通り撮ったあと、駅と反対側の水田の方へ行っていると、前から酔っぱらったような人達が数名。どうも、その酒蔵の見学+飲酒にいっていた人みたいで、その人たちが駅で列車を待っている間、ちょっとうるさい感じになっていたので、先に駅を撮っておいてよかったという次第。

 そうして、一度は引き返したものの、また水田の方へ行って、さらに進むとその広告の酒蔵が。見学が出来るのですが、敷地をウロウロしていると、売店の人がいらっしゃい、という感じでレジに立ってしまったので、どうしたものか・・・。

 とりあえず、何かを買おうと一通り見てみるのですが、買いたいものもないしな・・・、ということで御礼だけいって店を出まして、駅へ戻ります。

 ちょうど反対方向の列車も走っていて、水田からその様子を見ることもできました。駅へ戻るとさっきの人達がやっぱりいたのですが、特に写真を撮る必要もないので、問題なく。

 次は大庭駅。駅のまわりに稲刈りが完了した水田が少しあったり、集落があったり。ホームも1本で、駅のそばに踏切があるので、行動範囲が広くならないパターン。とはいっても、駅を挟んで反対側の少し離れた踏切まで歩いて行ったりと、割と歩きまして、少しホームに佇んだという次第。

 そして信濃荒井駅。こういう駅、長野電鉄で見たことがあるような気もするのですが、とりあえず、狭いホームの1面2線の駅。このあたりまで来ると町の中になるので、駅を囲んで反対側を求めて遠くまで行く、なんていうことがなくなってきます。とはいっても、駅近くの川までいってみたりと、駅が見えないのに行動範囲が広かったような気もします。

 次の渚駅。えっとですね。駅名標がどうしようかと・・・。そりゃ、撮りますけど、どうもうちのサイトの雰囲気じゃないんですよね。

 それ以外の部分では、駐輪場が駅のホームにあったりとか、あとは目の前に見えている「ホームと反対側」へ行くのにちょっとまわったりとか。この駅では行動範囲を広くしすぎると北松本駅に着いてしまうので、あまりそちらの方へは行かないようにして行動範囲を限定。

 そして北松本駅。駅のそばの交通量が多いので、ちょっと撮るのに躊躇するのですが、とりあえずいろいろ撮影。あとはこの駅の直前にある川まで、ちょっと大回りして行きまして、下まで降りていってそこから駅を撮ってみたり。

 このあたりまで来るとだいぶ暗くなってきたのですが、この季節だと何とか撮れる範囲。ただ、1本でも遅くなるともう無理だったと思います。

 この駅はJR東日本の車両基地が近くなってしまうのですが、やっぱり行動範囲を広げると松本駅に着いてしまいまして、それでもいいかなと思ったのですが、結局次の列車で松本駅到着。

 2日にわたって分けなければならないかなと思ったのですが、きれいに1日で終了しました。

 ここから、暗い中を行けば糸魚川で最終のはくたかに間に合って、家に帰ることが可能なのですが、宿も取ってあるし、帰るのは次の日にしました。(というか、ここでやっぱり帰ろうというわけにもいかず。)

***

 ということで、2日目はもうちょっと続けます。あとは宿までいった話程度ですが。

|

« 旅行記:松本電鉄 内容(3) | トップページ | 旅行記:松本電鉄 内容(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記:松本電鉄 内容(3) | トップページ | 旅行記:松本電鉄 内容(5) »