« 更新しました(第888版) | トップページ | 更新しました(第889版) »

2014年6月10日 (火)

旅行記:第5回山陰本線 内容(4)

 少し間を置きましたが、2日目続き。

●10月13日(日・祝)
 【鳥取】8:04発-(普通)→【★八橋】9:41着、10:30発-(普通)→【★下北条】10:43着、11:19発-(普通)→【★由良】11:29着、11:53発-(普通)→【★下市】12:24着、13:04発-(普通)→【★中山口】13:07着、13:29発-(普通)→【★名和】13:42着、14:14発-(普通)→【★青谷】15:41着、16:11発-(普通)→【★浜村】16:18着、16:59発-(普通)→【★宝木】17:04着、17:30発-(快速とっとりライナー)→【鳥取】17:50着

●由良~

  コナンに囲まれた由良駅から、かなり西へ進み、今度は下市駅へ。ホームを撮ったあと駅前へ。国道の方向へ歩いて行き、国道へ出るのですがそこから海の方向を見るとさらに通そう、というより、ここまでの距離と比較にならないくらい海までの距離があるわけで、とても歩けない、ということで通行量の多い国道を渡るぐらいで終わらせ、そこから海を見た様子を撮って引き返しました。あとは普通に踏切付近からの様子を撮って終了。

 一駅戻って中山口駅。この駅はホームが1本だけで、行動範囲は狭いかなと思うのですが、ホームと反対側に農道があるし、確実にあそこまでは行けるわな・・・、という計算が駅に着いた瞬間にできてしまうのも何とも。

 このあたりの駅は大山と海がどの程度撮れるかというのが一つのテーマになりつつあり、海についてはこの駅も遠そうなのでホームからの様子で終了。あとは少し歩いて踏切を通り、反対側から駅を撮ったりしてこの駅の取材は終了。

 さっき降りた下市駅、前回降りた御来屋駅を通って名和駅へ。昨日、夕方に降りようとして結局暗くなったのでやめてこの日になったのですが、天気がよくてかえってよかったと思います。

 この駅がこの日の再遠到達地点になりまして、どうしてもこの駅で折り返すことになるのですが、どこかの交換駅での都合か、折り返すときのこの駅の滞在可能時間がどのパターンを見てもさほど長くならない・・・、ということで、なるべく長くなる組み合わせを考えてそれが優先された形になっています。

 さて、この駅は海も近そうで、今回は海まで行けるなと思いつつ下車。ホームを撮ったあと駅舎から外へ。駅を見下ろせそうなところが駅のすぐ裏にあったので、まずはそこへ上り撮りました。

 そうして踏切は駅のそばにあるので、反対側へ行くのも楽でそこから集落へ。

 さて、海へ・・・、なのですが集落の中の切れ目がない・・・。集落の中の通りから少し進むと海なののですが、その海へ出るための道がなく、ずっと家が続いているわけで、さっきからずっと海岸線と並行に進んでいるだけ・・・。これは計算外。とにかく海に出られればいいわけで。

 ということで、やっと海への道を見つけ、海を撮り駅の方向へ。駅の手前で1段低くなっている国道へ出て、そこから撮り、駅へ戻り、しばらくして乗車。

 さて、ここから一気に東へ戻るわけで、1時間以上の休憩タイムになるわけです。駅取材って結構疲れるもので、何駅か連続して撮ったあと、こういう休憩タイムになると寝てしまうわけですが。

 そうして倉吉も過ぎて、折り返しの列車で運転本数が増えている青谷駅へ。秋の午後の遅い時間帯に1時間以上も休憩すると、急速に暗くなってくるわけですが、さっきの名和駅とうって変わって夕方の雰囲気になりつつあります。

 普通にホームを撮って駅前へ。そこから少し町の中を通って近くの踏切へ。駅の反対側は工場なので、反対側からの様子は撮れそうにもないので踏切を渡ってしばらく行ったところで引き返し。

 踏切のそばの川には小さな舟が浮かんでいるので、海はそれなりに近いかなと思うのですがそれらしきものは見えないのでそちらの方向へは行かず駅へ戻ります。

 

****

 ということで、やっぱり2日目は3回に分けなければならないようで、今日はここまで。

|

« 更新しました(第888版) | トップページ | 更新しました(第889版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました(第888版) | トップページ | 更新しました(第889版) »