« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

更新しました(第990版)

 今回の更新内容・・・北陸本線 敦賀駅の差し替え。差し換え前のものを再構成して付録化。

 ということで、先週は風邪で寝ていた(仕事はいっていたが土日は寝ていた)ため、でも日曜日の昼過ぎからは寝ずに座っていたのですが、やる気が出なかったため、更新はしませんでした。

 それで、2015年取材分を終わらせようということで、今回は敦賀駅。本当は駅前広場改修完成後も撮ってそれを掲載したかったのですが、それを待っていると来年になりそうなので、2015年9月取材分で一旦掲載しました。

 駅前が歩行者天国だったりと実は特異日だったなと思うのですが、一旦この状態でアップします。この駅に関しては今後、付録として新幹線駅工事の様子も掲載していくと思いますので、この状態は一時的なものだと思います。

 この駅ですが、かつては「気になる駅」(いや、もしかしてその前身の「不思議な駅」)からスタートして、ただ、その時の画像があまりにも粗いので「区間全駅」として撮り直して、再構成したものでした。(だから、周辺の駅と違って1年遅い当初取材日になっているのですが、この駅自体は2001年取材分が最初です)

 そして、跨線橋完成分は大幅にページを変更せずに、単純に追加しただけにしたので、「付録ページ」を一切作らずにここまで来たのでした。

 それで、結構この駅を通ったり降りたり乗り換えたりしているので、この2003年と2013年の間に撮っているだろう、と思って今までの画像を漁ってみたのですが、どうやら2012年が唯一、その間に撮ったものだったようです。(しかも、7月まで使っていたデジカメの初めての画像がこの駅で撮ったものだったようで・・・)

 一応それも付録の中に織り込んでありますが、ほんと、ほかの駅同様、記憶の中にあるかつての敦賀駅が画像として残っていなかったなと思います。

 ということで、2015年取材分はあと1駅、能登鹿島駅なのですが、この駅は付録ページがありまして、それをどう扱うかなんですよね・・・。

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

更新しました(第989版)

 今回の更新内容・・・のと鉄道七尾線  田鶴浜駅の差し替えと、差し換え前のものを付録として掲載(再構成)

 ということで、今回はのと鉄道七尾線の差し替えの回、で、差し換えていない駅は田鶴浜を入れて3駅あるのですが、田鶴浜を差し換えたので残り2駅。

 うち、能登鹿島駅は昨年再取材分なので早々に。あと、西岸駅は今年再取材分なのですが、昨年取材分のアップが終わったら早々にアップということで、この区間の差し替えはなるべく早く終わらせる予定です。

 また、差し換え前の分は桜の咲く頃と夏の分両方をまとめて付録としています。これは他の駅と同じです。(穴水駅のみ桜の頃の分はなし)

 田鶴浜駅はあまり変化はなくて、どちらかというと変わった部分だけ数枚、下に掲載する方式で良かったのかなと思いますが、ほかの駅と統一するために付録方式としました。

 あと、田鶴浜駅は駅周辺と七尾湾まで歩いた様子になっていますが、本当は町中心部の町歩きをすべきだったのかなとか、野鳥公園まで行くべきだったのかな(実は七尾湾沿いにあるのであと少し歩けば野鳥公園だった)と思うのですが、そう思ってしまうとまた行ってしまいかねないわけで。

 こうやって付録方式で差し換えるたびに、能登線が残っていたらこんな感じで延々と更新できたのになと思います。

 あと、能登鹿島駅は既に付録ページがあるので、付録ページを2ページ作ることにするかどうか迷っています。特に能登鹿島駅の場合は「春」「夏」「秋」を意識した3シーズンという形かなとも思います。(ほかの駅もそうなのですが・・・)

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

更新しました(第988版)

 今回の更新内容・・・七尾線 宇野気・和倉温泉の各駅を新たに取材しなおしたものに差し換え。

 先週はちょこっと出かけていて、帰りが20時を過ぎてしまっていて、特にどこで告知することなく更新を延期させて頂いておりました。

 ということで、今回から今までの3つを交互に出す、という法則を崩しまして、七尾線の差し換えです。

 先日書きましたとおり、昨年取材分を慌てて出しているのですが、あと1週間でこれを再取材した日になるわけで、何か今の季節にちょうどいい更新になったような気がします。

 「あいの風とやま鉄道」の最近の駅取材感覚だと、例えば和倉温泉駅だったら和倉温泉街に行くし、宇野気駅だと西口の駅前の坂道を当然上がるだろうな・・・、と思うのですが、そういや和倉温泉街を撮ったのはデジカメでなくスマホだったな(ツイッターであげるために)と。

 ただ、あいの風だとどうしても主として2年前のJRとしての再取材と差別化する必要があって「町歩き」が主になっているので、七尾線ならこれぐらいでいいのかなと思っています。

 ということで、七尾線の再取材ですが、七尾線のみならず城端・氷見・高山・越美北・小浜の各線、えちぜん鉄道・福井鉄道・北陸鉄道・富山地方鉄道については今後、新たに取材しなおしたものに差し換え、ということをやっていくと思います。

 ただ、北陸本線の金沢以東のように第三セクター化による〆切は今のところないので、ぼちぼちと差し換えていく、という感覚です。数年のスパンで、行きたいところに行くという程度での差し換えだと思ってください。当然、1回の取材でのまわる駅数は「当初取材」と比べて大幅に少なくなります。

 ただ、七尾線の場合、「トライアングルルートきっぷ」を使うとすれば2日連続取材になりますが、片方は城端・氷見線にすればいいのかも知れません。

 ちなみに、七尾線については来年になってからの差し換えになると思いますが、今年の5月に金丸・免田の各駅を再取材しています。

 次回は田鶴浜駅の差し替えを予定しています。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »